今日も元気でいましょうね^^

返事の中までKUONです。

まさこさんの「アッピール」


私には不可解だった昨日の東宮家の武蔵野御陵への参拝。

三人は横並びに墓参のぎょうじを行った。皇太子さんは、確かに、玉串をどうやらしておられた模様でした。

雅子さんと愛子さんは玉串を奉奠しなかった。

奉奠している動画も写真も無い。

愛子さんに関しては、実際にその動作が「不可能」だったかも知れません。それをあげつらえません。出来ないことは仕方が無い。その「画」を、あえて映さないやり方も「あり」かも知れません。

しかし、あくまで親が言い張って隠していることがあるので、その点を云々されるのも、仕方がないとも思います。内親王は公人なのですから。

雅子さんは、「長期療養中」とはいえ、事情が違います。

恥ずかしくないかね、ああ、何度も「療養中」と言われて。

・・・行きます行きますと騒いだのに、その「画」が無いとは、そんなことも「出来ないヒデンカ」設定でいいのか?と、ふにおちなかったのですが。

あそこで、玉串を捧げてはいけなかったのか、いけなかったのだよなあ。と考えれば、不可解の謎が解ける気もしないでは無い。

鳥居をくぐれない方、と言われてきたあのヒトが。どのような理由でか、およそ12年ぶりに、墓参りをしてやった(本人評価)。

でも、鳥居の前には行っても。玉串を奉奠する自分の姿を、全国に披露するわけにはいかない。

行ってやったけど、マサコの筋は通したわよ。

玉串。それ何のこと。クワガタの餌にもならないでしょ、んなもの。

全国の支持者に向かっての「アタクシは変わらない、負けない、今までのアタクシよ」アッピールでしたか。

あの例の三色の旗の会の皆様は、「しなかった」ヒデンカに納得、喝采?。

「画」の編集のさばきもお見事です。見せなかったのですから。

・・・そのストーリーなら、ううん、何と申しますかね。

これ、いいんですかね、知らないけど。

こんなこと、通るのですね。

皇族のなさる、先帝のみささぎへのご参拝ではなかったです。

ファイトは失せませんが、あまりにもバカにされたので、脱力しています。

綺麗な色の何か、明日くらい、買いに行ってこようかなあ。ハンカチ一枚では脱力、抜けそうにありません、かなぁ。

お返事は、ゆっくり書かせていただきます。




神社で正式参拝する場合や、いろいろな祈願をする際には、一般的に玉串を捧げて拝礼いたします。 
玉串とは、榊などの小枝を用い、これに紙垂(しで)や木綿(ゆふ)、麻苧(あさお)を付けたものです。紙垂や木綿は、古来から神聖なもの、清らかなものを表すために付けられました。
玉串を捧げる意味については、神籬(ひもろぎ)と同様に御神霊を迎へる依代(よりしろ)として、また玉串を捧げて祈る人の気持ちがこめられることにより、祭られる神と祭る人との霊性を合わせる仲立ちとしての役割を果たすという考えがあります。このほか、いろいろな説がありますが、神様に対して参拝者自らがまことの心を表すために捧げるということに変わりありません。
玉串の捧げ方は、神職より手渡された玉串を右手で根本を上から持ち、左手で榊の中程を下から支え、胸の高さに捧げ持ちますご神前に置かれた案(祭事に用いる机)に進み出て一礼をし、玉串を立て左手を下げて右手に揃え、玉串に祈念をこめたあと、右手で玉串の中央を下から支え、根本を時計回りにご神前に向け、案の上にお供えします。その後、二回頭を下げ、二回拍手、もう一回頭を下げる、いわゆる「二拝二拍手一拝」の作法で拝礼します。

神社新報 『神道いろは』より転載
平成九年十二月二十二・二十九日
第二四四一号





スポンサーサイト

コメント

こんにちわ。うっとおしい梅雨のじめじめ天気、早く明けないかなあと思っております。KUONさまもお元気でしょうか。
このじとじとが美味しいお米を作るためには必須と分かっていながらも、どうしてもこの時期は気分が落ち込みますね。

そんな中のこの出来事…。
マザゴは我々日本国民を愚弄し、敵認定することに血道を上げているともっぱらの噂ですが、ただでさえイラつくこの季節にこの処遇とはまったくもってそういう才能に だ け は長けているようで。
しかし盗宮家には姿見の一枚も無いのかしら…とニュースを見ながら思いました。
他の方々も書いておられましたがあの「なんじゃこりゃドレープ」、ドレープもどきと言った方がいいのでしょうか。
仮にあんなの着て衆目の前に立てと言われた場合、大半の女性は恥ずかしくてとてもじゃないけど勘弁してくれと言うでしょうに。
私もそうです。婚家の恥になるようなことはなるべくしたくないですし、もちろん自分のためもありますが。
なのにグッチだのシャネルだのは着れるのね…分かりやすいw
マザゴが玉串を捧げなかったのは、それが昭和帝の陵墓であるからというのも一因な気がします。
KUONさまもご存知でしょうが、昭和帝は最後まで
「チッソの血縁者を皇室に入れることなど言語道断、罷りならぬ!」
と大反対された気骨ある方です。

そんなジジィになんでアテクシが頭下げなきゃならないのよ、アテクシはオトーサマとオカーサマにしか従わないわよこんな昔の知りもしない会ったこともないジジィの墓に愛子連れて来てやっただけでも感謝しなさいよ愚民どもあーハラヘッタ。

多分こんなところだろうと。
浩宮は生まれた時男皇子だったせいもあり、特別昭和帝から可愛がられたというのは有名な話です。
なのに偉大なおじい様の言われることを聞かず、崩御された途端足蹴にし、更に自分の過去まで否定する有様。
この様子を、昭和帝は天からどのような目でご覧になられたのか。
日頃は穏やかでも筋の通らぬことは決してお許しになられなかったかの方の御心情を思うと、それだけで涙が溢れそうです。

モドキのよう…

KUONさま こんばんは。

参拝モドキのロケですかね?

昭和帝も嘆いておられるかも・・・

これ以上、愛子さんを盾にするようなことは止めていただきたいもの

です。 多分愛子さん自身も何をやらされているのかも理解できてい

ないと思われるのですが、アレラはその場を凌げばいける…とでも

天皇皇后両陛下も映像は御覧に成られていらっしゃいますよね。

それでも御決断は叶わないのでしょうか。

アレラが次代だなんて、恐ろしい!!!





何はくとも・・・・・・、

廃太子廃妃、はよ!!

動画を見ましたが・・・

FNNのを見たのですが、3人横並びで一礼をした時
確かに玉串をそれぞれが手に持ってはいました。

特に雅子さんは後ろ姿の巨体さで玉串が隠れてしまって
すごくわかりにくいのですが・・・

問題は肝心のそれを捧げている場面が動画にも写真にも
出てない所なんですよね・・・

幼い悠仁さまが一人でお出来になられたことも
愛子さんには神職の補助が必要だったとか?

まさか玉串を持つポーズだけは撮らせて
捧げたのは皇太子だけだったとか??
本当にありえるから怖い・・・

たぶん実際は雅子さんもいちおう仕方なくしたんでしょうが
玉串を奉奠する自分の姿を、全国に披露するわけにはいかない。
捧げてる場面が出てこないのは、まさにこれなんでしょうね。

墓参りなのに車中からニラニラお手振りして
何の猿芝居、アッピールですかね。
神聖な場所をこの一家に穢されたくないです。


冒涜

鳥居の前に張られたあのダルダルのテントですが
某所に「鳥居を隠すためでは?」という書き込みがありました。
妙に納得。鳥居を少しでも隠して見えないことにしてアレラ的には鳥居はくぐってないことにしたとか。
そして、玉串奉奠もしないって、とてもとても神道の形式に則った参拝とは言えないでしょう。そして、それを公認した皇太子って皇太子の自覚あるんですか?
私、亡き父が一時期神主をしていたこともあり、神道にはいろいろと思い入7れがあるので、このような参拝をされると「随神の道」が穢されたようで不愉快です。
アレラは自ら自分たちが皇族に相応しくないことを白日の元に晒しましたね。

奈々氏さん。

お返事遅れてしまいました。

鬱陶しい空とあの夫婦。犯罪的なことがばれてますね。

愛子さんの玉串奉奠はなされず、神職さんがなさった。もう、これで脱力しています。しかし雅ドン。雅ドンはお榊に、触れてもいない気がしますが、アレの悪事は、デカイ体が視界を遮って・・・あの女はもう「終わりですよ。

今回欺いたのは、人間ではないから。

はい、私も知っておりますよ、雅ドンの母方の祖父のことを。苦界浄土は、もうずいぶん昔に読んでいますので。

あの一家の主に手に現れる異変も、すでに都市伝説では無い。

今回も、三人横並びのとんでもない参拝風景の写真の、愛子さんの脚が、透けているのどうのと囁かれています。

雅子さんの祖父の罪は、雅子さんに関係無い、とも言えます。しかし、そのことに対する、あまりに不遜傲岸な態度、一度も水俣へ行こうとしない…彼女の中では関係ないこと、むしろ云われて迷惑でしかない・・・そこに問題があると、ずっと、考えています。

昭和帝が反対されたのは。

祖父の前述の事。男性関係の事。素性の事。と言われていますが。

それでも、この20年の過ごし方が違っていたら、と、思います。

杏奈さん。

お返事遅くなりすみません。

はい。きっぱり、もどきでした。なので、お墓に参られたとは言えません。他のことはともかく、これは、他の事とはちがいます。

もうダメですよあの夫婦とその周辺は。

伊勢へ、どんな風に参るか。今は仕方ないからそれを見てみようと思っています。

華さん。

お返事遅れてしまいました・・。

>廃太子廃妃、はよ!!

そうです。それしてくれたら後はどーでもいいです。

廃太子廃妃。望みはそれのみ。

奈津さん。

お返事が遅くなりすみません。

今日(20日・日曜日)のフジの番組で、愛子さんの玉串がどうであったか、わかりました。そうであろうとは思っていましたが。

出来ないのは仕方が無い。それを「した」と言い抜けることが、恐ろしいと思います。

BBさんのブログのgifでよくわかりました。

脱力したし、今も腹立ちが収まっていません。

人間を騙すとは違うレベルのことをして、平然としている皇族(一応)がおそろしい。

伊勢で、思いっきりなことがあればいいとさえ、願っています。逃がしたくないです。

冒涜。

メゾピアノさん。

これです。

このひとこと。

今朝のテレビで、愛子さんの玉串奉奠の嘘を見せつけられ。

胸も手も震えました。脱力。

あの場で、あれをして、平気で、中華食いに行ったか、あれらは。

恐ろしくないのか、と。ないのでしょうね。

でも、これでは済まないと思う…願う・・・ここまでやったわね、と、妙に冷静。もう少しだ。かな?。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/1686-2c536c9d

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (64)
ゆれ・ふら・とーく (136)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (62)
今の思い (240)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (5)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (89)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (15)
美しいこと (30)
厚かましい話 (57)
おそろしいこと。 (55)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (1)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (35)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (11)
みんなのうた (10)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


三好達治『乳母車』

母よ――
淡くかなしきもののふるなり
紫陽花いろのもののふるなり
はてしなき並樹のかげを
そうそうと風のふくなり


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


三好達治『乳母車』

母よ――
淡くかなしきもののふるなり
紫陽花いろのもののふるなり
はてしなき並樹のかげを
そうそうと風のふくなり


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん