KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 茶番じゃ。なこと。
  2. tb: 0
  3. cm: 29
  4. [ edit ]

今日も今日とて猿芝居。追記少しあります。訂正もあります。




東宮一家は本当に武蔵野の御陵に行きました。

三人で行きました。

陵墓へ向かう車の中で、まさこさんはにらにら笑っていましたが、やっぱりというか、やっちまっていました。でっかいお手手でのお手振り。

皇太子さんは、予告した通り、妻と子をお墓参りに連れて来られたのが嬉しかったのか、とってもな笑顔でした。

お手振りだの満開の笑顔だの。おまけにナルちゃんは、どうだ見てよのふんぞりペンギン歩き。

足元のシルエットが不思議な屈折具合だったのは、秘密靴のせいでしょうが。が。そんなことくらいは国民は大目に見ますとも。靴が上げ底なくらいの些細な偽りは。どっちゅことない、小さい小さいこと。

玉串を捧げて拝をするシーン。墓参、クライマックスの見せ場です。

その前に、親子三人横並びになって、雅子さんのトルソがギリシャ神話の豊穣の女神のごときであったこと・・・女神さんごめんなさい・・・結婚早々に神武天皇陵にお参りされた時の参拝服が、リフォームされていたのですが…まるで異なるラインの服になっていて・・・こういうことはケチるんですね、徹底的に公的な場に出る服を軽視する。間に合わせでやっつける。公式な服が嫌いなのか、イヤなら出て行っていいですよ、一日ジャージでごろごろしているライフスタイルに合わないですもんね、裾の長い服なんて。この一族の者の証みたいな服、嫌いなのね、出て行きなさいよ、何度でも言うたるわ、出て行ってね、出て行きなさいね、出て行けよ、バカ雅さん。

一族と、凄まじく食べまくっているお金の領収書、見ましたよ、すごい金額、あれ、言ってみれば公金横領して食いまくっている・・・どんだけ口の卑しいヤカラどもなんだか。・・・どんどん脱線していますが。

皇太子さんは、玉串を奉献されていたように、見えます。後ろ姿の両脇と言うか、左右に、お榊らしきものが見えていました。ナルは、榊くらい操れますよね。

隣の雅子さんと愛子さんは・・・ううん。

玉串って何?   だったのかな? 存在すら、彼女たちの前方に感じられず・・・アタシタチに、何かカンケーあるモノなの、玉串って? って感じだったのかな。   玉串、そもそも、無かった気がします。

一家の主が代表で捧げました、で、終り。そーゆー存在なのね、あの家では。

でもあの家、神道の長の家ですよね。

・・・それから下りて来たのでしたが、皇太子、ひでんか、ないしんのう、の列が、いささか乱れた・・・愛子さんが前へ出て来そうになった・・・実際、並んでしまったくらいまで前進してしまった・・・のは、映像に映っていたけど、私は目をつむってしまいました。そして、

数秒だけ前で組むことのできた愛子さんの両手が、すぐに、無筋力状態のようにダラリと両脇に垂れてしまっていたこと・・・。

表情は、無表情。というより、愛子さんが気になるわが目には、怯えたような、何だかわからないことを強いられているような悲しい表情に見えました。この言葉を使っていいのなら、痛ましい・・・申し訳ありません、よそ様の大切なお子に。

クスリを使ってた?・・・わかりません。

でも、あのお嬢さんを、そんな参拝のありさまだったからと、責められないと思います。

解ってないんです、絶対的に、絶望的にそうだと思う。

その子を、ひったてて、連れて来た。なぜかイヤミのようにこの↓セリフが使われているのです、

「愛子さまの学校は20日から夏休みに入ります」

土日祭日にかかるから、「20日」からは、ずれるのかも知れませんが。

休ませて連れて来た、と、言外に、せめて伝えたい意志、なんてものがあったのか。

あの一家には謎が多くて不明ではありますが。

今日の御陵行。

今更何のため?。

何の企みで?。

あれこれ、思うことはあるのですが、私は、一家があの場へ行ったからとて。

参拝をなさったとは、考えられません

鳥居の前方に張られた、ゆるだるの白テント。ゆるゆるで、だらんだらんで皺が寄って、清冽の気も凛冽の雰囲気もあればこそ。

夏の日差しの中で、だるゆるの、白テントでした。だらしのないテントでした。

あれが、今日の茶番、猿芝居の象徴。

イヤだからしない、愚か者が厚顔にも不敬にもそれで通し切るつもりでもあったのか、なんで方向転換するのか、あれもこれも投げ捨てて娘を言い訳にして盾にして、肝心なこと一切、何も、な~んにもわかっていないバカ者どもの、大騒ぎしてPRして、決行。したはずの、世にも浅ましい東宮家の猿芝居やん。

と、やっと思いが定まりました。

自分の家の継ぎ接ぎの墓に参るとて。

念珠も持参せず両手をお腹の前に地面に水平に突っ立てて、サングラスの坊さんの読経の傍で仏頂面していた育ちの奥さんだから。今日の日の有るのも不思議では無い・・・のか? 婚家のやり方に馴染めないなら、出て行くしかないという考え方も、まだ、この国には残っている気がします。

どこのどなたさんですか、とうぐうさん一家って。

追記です。

教えていただきました。

参拝もどきが終わって降りて来て、三人順番に歩くべきところで、愛子さんがフラフラと(という感じで)前の方に出てきてしまった。親に並ぶか越しそうになってしまった。その刹那。

お母さまの鋭い叱責の声と、きつい目での制止が飛んで、愛子さん、一瞬にして萎縮してしまったと。

雅ドンの威力、そんな風であると。

あるのか・・・。


お詫びと訂正です。

このところ、思い込んでしまって、正しい事実を知っても脳が受けつけないことありまして。

くすん。

間違って書いていました。

愛子さんが先に出てしまって、お母さまに声と激目線で叱咤されたのは、参拝後でなく。

車から降りてすぐのタイミングでした。

訂正して間違いをお詫びします。

そうとなれば、おもうことはまた、多々、出てまいりますが、それは後ほど・・・。






スポンサーサイト


  1. 2014.07.15 (火) 19:48
  2. URL
  3. 詠み人知らず
  4. [ edit ]

行ったのは事実ですね

私はキリスト教徒なので、仏教的行事はしません。お盆、法事、葬式。
ですがたーくさん実生活で行事があります。わざわざ出向いて誠意を見せてるのに、夫の親戚からは焼香しないから何しに来てんのやと罵られています。でもしないもんね。。。絶対。夫もキリスト教に改修しました。

私は信仰故に他宗教の行事には迎合しませんが、日本人ですから一般的な事柄は存じ上げているつもりです。
下品な旦那の親戚の罵倒に代表されるよう、玉串捧げてこその参拝ではなかろうかとも思います。行くだけやったら、クリスチャンの私でも行けんねん。
  1. 2014.07.15 (火) 19:53
  2. URL
  3. アイリス
  4. [ edit ]

くおん様こんばんは。
今日は暑い一日でございました。

私、テレビというものを最近 目の敵にしているもので、
いつもは 見ないのですが、さすがに今日の昼のニュースはチェックいたしました。

まぁ、
あれらの顔が画面に映った途端に
顔面のチックが出ましたのよ~!
ここ何十年も経験していなかった まぶたのピクピク、
口元のペキペキ、
びっくりしましたわ~!

そして
まさ鈍の お辞儀を見て またまた
ピクピクしましたわ。
あの方の礼って
どうして あんなにみっともないのでしょうか。
品格のかけらもありませんねぇ・・。
卑屈な感じしか伝わって来ません。
おそらく
子供の時から
まともな お辞儀というものを 身近で見たこともなければ経験したこともなかったのでしょうね。

頭さえ下げれば
丁寧に見てもらえると思っているらしく
素晴らしくぶざまな 礼を国民に見せてくれましたわね~。
こんなお辞儀をしたら育ちが知れますわよ、と
身を持って見せてくれて本当に
ありがとう!
馬鹿雅!

でも
テントが良い仕事してましたね。
シワシワで
ダルダルでした。
写真というものは
見えない世界からのメッセージを
実に忠実に伝えるものだと
感じいった次第です。
どんなにあがいてもひとつ
  1. 2014.07.15 (火) 20:08
  2. URL
  3. アイリス
  4. [ edit ]

失礼いたしました。まだ 文章の途中で送信してしまいました。

続きです。

どんなに
あがいても
ひとつのながれは
もう止められませんね。

正しき道に
戻そうとする
何かの力。

その力を信じて
います。
日本は
大丈夫です。
秋篠宮様がおいでです。
お辛い毎日を
国民のために
祈りを捧げて下さっています。
心より
感謝しています。
どうぞ
御身
ご健勝であらせますように
お祈り申し上げます。

くおん様
いつも力強いブログを有難うございます。
  1. 2014.07.15 (火) 21:03
  2. URL
  3. みなも
  4. [ edit ]

kuonさま こんばんは

東宮家のご参拝・・私もあれがご参拝とは思いません。
敬い、拝むという心のないものを参拝とは言いませんでしょう。
心に尊崇の念をもちつつ、頭をたれるのが、おじぎというものでございましょう。
東宮御夫妻にはそういうものを感じ取ることはできませんでした。
kuonさまおっしゃる通り、saru芝居でございましたね。
masakoさんの醸し出すブラックのオーラはさすが、でございました。
あまり直視されないほうがよろしいかと思います。
  1. 2014.07.15 (火) 21:28
  2. URL
  3. ららら♪
  4. [ edit ]

あの一派にしてみれば、
どや、しっかりやってやったぞ!
とでも言いたい、今日のパフォーマンスだったでしょう。

まさか、あちこちのブログで火だるまになるとは思いもよらず。

あのだらしのないテント、ありえないです。
いかにものやっつけ仕事。
あのご一家の参拝(?)と同じ。

雅丼のあの目つき、もう隠せませんよ、
品のなさ、恫喝が目に現れている。

だいたい、車に乗るに、自分が一番手前ってどういうこと?
東宮を後ろに追いやって、自分が布袋 女帝みたいな
お手ふりの浅ましさ。
・・・・・・すみません、布袋は女帝の変換間違いですが、体型はまさしく布袋さまなので・・・・

女性週刊誌には、「行き詰った皇室を打破するには、女性天皇」
なんて書かせて、
まだまだあがきは続くんでしょう。

で、伊勢参拝の猿芝居にも、国民はお付き合いしなくちゃいけないんですね・溜息
  1. 2014.07.15 (火) 21:57
  2. URL
  3. たぬきち
  4. [ edit ]

行きましたね

東宮一家 行きましたね。愛子さん 沢山練習したのでしょうか!?

しかし、あの3人並び…愛子さん、ひとりでは お辞儀も出来ないのでしょうね。 東宮一家は、お出掛けは、いつも いつも 3人並び!!
おっと、今回は只のお出掛けではありませんでしたね・・・危うく 愛子さん、鳥居の所でも3人並びになりそうに…
いつもの訓練の成果でしょうか~(褒めてませんよ~)
愛子さん、お辞儀はできましたね、初めて見ました。12歳で初お辞儀?
玉串奉奠は? オデンはチラッと見えたような、マスゴミさん、撮すなって言われました!? ばれるから!
これで 東宮一家 エッヘンでしょうね。 だって お手ふり やっちまったし(遊びじゃあないよ!! )

しかし雅ドン 立派な お・し・り でしたわ~テレビ見て 思わず“ ゲッ”っと言ってしまいました!! 広い肩 立派な背中…伊勢には 新しい参拝服を お召しになられますように!!

おっと 自衛隊出動の 片参りでしたわね~ 庶民のたぬきちでも、早朝から、きちんと 外宮 内宮 お参りいたしましたわ!!

皇祖神が お怒りです!!

KUON様 暑さ厳しき折 ご自愛くださいませ。

  1. 2014.07.15 (火) 22:12
  2. URL
  3. アビ
  4. [ edit ]

まさしく猿芝居

KUON様 こんばんは~
ニュースの解説者がどんなに持ち上げても
映像は嘘はつきません。
なんでも自分流に!
でも、これは駄目でしょ・・・
神道の長の息子の家族がこの有り様では!
もう、この一家の目つきが気持ち悪い。
早く皇室から出ていって下さい。
一国民の切なる願いです。


  1. 2014.07.15 (火) 22:30
  2. URL
  3. モッコク
  4. [ edit ]

ばいこさんが気の毒

最初のニュースでは「愛子さまが参拝」と、主役は愛子様のような報道の仕方をしていましたが、疲れたようなばいこさんの表情、だらんとした佇まい、参道を歩く順番を間違える、どれをとっても、御優秀だの、お友達とご活発に活動されていらっしゃる等の記事との乖離が大きくて、私はばいこさんが気の毒になりました。

なるまさはドヤ顔でしたが、さすがにこれはおかしいと思う人が出てくるレベルだと思います。

前記事の猿芝居に、何度もコメントしようとしては考えなおしていたのですが、今日のマサのドヤ顔を見ていて前記事から考えていたことが明確になってきました。

雑子はようやく、婚家の下でおとなしくしてた方が得だと考えるようになったのではないか。
陛下に逆らわない方が自分の為だと、まあ損得でしか考えられないでしょうし、誰かの入れ知恵かもしれませんけど、そんなふうに見えました。
モッコクの浅い考えです。

時、既に遅し。
20年かけて自分の低いレベルまで下げさせた、毀損してしまったものは取り返しがつかない。
もはや笑われるだけ、誰もほめてくれないことに後退し負債はどこまで気がついているのでしょう。

陛下の傘寿の祝いの鑑賞会。
皆々様お揃いのご様子を拝して、なんとも言えない気持ちでした。
陛下のお祝い。というより、次代(・・・なる、とも、秋篠宮殿下とも言えません。悠仁様もいらしたので、広い意味での次代です・・・)へ繋げていくための一族の顔見世のようにも見えたし。

傘寿のお祝いでも、雑子は身を乗り出して話に加わろうとしてましたよね。
なると話そうとしてたのか、陛下とお話ししてるなるに加わろうとしたのか不明ですが、嬉しそうに最前列に座ってる雑子は、ようやく夫なくしては自分の地位も贅沢もないことがよ~くわかってきたように思います。

今更なコメントをしてしまったかもしれません。

だからといって、本質が変わるわけないのがマサくおりてぃーなのですが。
  1. 2014.07.15 (火) 23:17
  2. URL
  3. 涼子
  4. [ edit ]

KUON様こんばんは。
東宮一家、決行なさいましたね。
車を降りて一礼してから歩き出す時に、雅子さんより先に歩き出した愛子さんに、雅子さんは一体何と言ったのでしょうかね?
で、3人並んで玉串拝礼とは!
しかも玉串を持っているのは皇太子さんだけ?しか見えませんでしたが?
だいたい数十年ぶりに、初参拝、そんでもって数十年前のデザインの古着ときた(笑)
無駄遣いしてません、リフォームして節約していますアピールのつもりですかね?
シャネルやら着こんでるくせに!

  1. 2014.07.15 (火) 23:32
  2. URL
  3. [ edit ]

愛子さん

とても頑張ったと思います
小学生の頃、お腹を突き出してグニャグニャするのを見てギョッとしましたが
あの頃から比べれば格段に良くなったと思います
武蔵野東の先生が、専門的な療育をされているのでしょう
しかし、秋篠宮ご一家の映像と比較すると、あまりの違いに愕然ですが。

暑い中、突然暴走することもなく、他人事ながらホッとしました

一方雅子さん、お手振りしちゃってどうしちゃったんでしょうね?
いつものことなのでしょうか?
気が狂ってるとしか思えないお振る舞いですね




  1. 2014.07.16 (水) 00:42
  2. URL
  3. ぽちゃこ
  4. [ edit ]

モッコクさんの書かれた事、そうかもしれませんね。長年の療養生活でようやく気づいた『夫無くして特権も贅沢もできない』と。今頃かっとツッコミの入りそうなものですが、そこはホレ、お可哀相な牙子様を演出しまくった甲斐あって擁護派の目は大丈夫。だけど、他のモンの目は厳しいぞ。あの何も見えてない目、歩き方、見るに忍びなかった。画像にもちょっと気になる感じはあったし。昨日は怪獣シリーズにしたけど、怪獣はそれなりに目的はあるが彼女には今日何をしにきたか解ってなかったし誰も解らせてなかった様に感じました。ごめん!ピグモン!(やっぱそこかい)ニヘラニヘラしてどこに行ってもお手々フリフリ…茶番は止めようよ。神域が侵されるのは嫌だもん。
  1. 2014.07.16 (水) 01:51
  2. URL
  3. ひーたん
  4. [ edit ]

KUON様こんばんは。

東宮一家の武蔵野御陵の参拝をニュース画像でみました。
御陵に到着する間際?にお手振りする雅子さんが映って、こりゃダメだと思いました。
うつむき加減で物静かな映像を期待してはいませんでしたが、私的に墓参に行くことも公務のつもりでお手振りでしょうかね。

モッコクさんやぽちゃこさんのコメントに、雅子さんは自分の後ろ盾が近い将来なくなることが理解できるようになったから大慌てで動き出したのか?などと思ったのですが。

そうだとしたら参拝に行くことを自分たちの都合のために利用してはいけませんよね。(国民にそう思わせるようではいけませんよね。)
東宮一家が、これを機に参拝に行かれるようになったところでもう遅いですが。
次は十年後でしょうか。(その頃は東宮一家の扱いではなくなっているかな?)

自分たちの保身に走るより先に愛子さんの先行きを考えていただきたいです。

晴れて暑いくらいで雷が落ちなくて良かったです。
  1. 2014.07.16 (水) 02:04
  2. URL
  3. アラ50
  4. [ edit ]


もしかして雅子、玉串って「串に3玉刺さった玉こんにゃく」と勘違いしていたんじゃないですかね。

「あらやだっ!コンニャクどこにあんのよっ!コンニャクっっ!コンニャクっっ!クワガタ、クワガタ!キィィッッ!」

胸クソ悪いの極みです。


「夏バテのようなもの」で「体調の波」に振り回されて読み逃げしているアラ50でございますが、連日のドヤ顔雅子に辛抱たまらず「決意」してノコノコ出てきてしまいました。


御陵参拝とは片腹痛い。
あんなもの御陵に「行った行ったロケ」に過ぎず、浅ましき企みで御陵や伊勢を利用するなんざ、大したタマだよ雅子。

自分はうっかりデカい手を振っちゃったくせに、娘のうっかりは許さない。

そんなアンタをあたしらは絶対許さない。
わかったかボケッ!


ナルさんの薄汚い包帯はいつの間に取れたのでしょうね。
ま、ぶっちゃけナルさんの指の1本や2本、私にはどうでもいいんですが。


おねーちゃま♪
またお邪魔しますね。
  1. 2014.07.16 (水) 16:55
  2. URL
  3. 水月
  4. [ edit ]

三人の横並び。ありえない図に、さらに違和感を覚えていました。
なんだろう・・・とずっと考えておりました。
神職の方が、ぴたりと横についておられる。
思うに、指導と号令をかけておられたのでは。
「はい、手は前」「はい、捧げて一礼」

お参りの仕方ぐらい、前もってお勉強して来なさいよ。
てか、神道のおうちの方でなくても常識でしょうよ。
つーか、でんかは泥酔しててもできなきゃおかしいでしょうよ。

あいぼさんは、試験休みをご利用になってのことだそうで。
ご利用するな!
昼から登校だの、ずる休みだの、さんざん休んでるじゃないの。
中学生になったご報告ならば、3月末に行くべきでしょうよ。

自慢げに笑顔ふりまいていらっしゃいましたが、
えらかったね、とはどこをとっても到底申し上げられないこのありさま。
先帝がおやさしいお方であったことは、存じ上げておりますが、
バチのひとつでも当てていただきたかったと思うのは不遜でしょうか。

  1. 2014.07.16 (水) 23:47
  2. URL
  3. さぶた
  4. [ edit ]

愛子さん、かわいそうでした。

国民に、真実を伝えていれば、
「よくできました。」と察しっているのに、

まだでも「優秀」だと言い張る親に怯えながら、
硬張った、悲しげな表情で歩く姿に、
胸が痛みました。

この異常な状況を変えられない
宮内庁って、皇室って、政治家って、国民って、…

無関心は、罪だ!と思う昨日今日です。
  1. 2014.07.17 (木) 20:02
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

詠みびと知らず さん。

HNが長いので「知らず」さんとお呼びしていいですか。

キリスト教の信者さんですか。夫さんも改宗・・・なるほど・・。

知らずさんの仰るように、神道の家の人ですから、いわば、玉串捧げてこその「参拝」ですね。初めから、あの人の場合、入るべきでない家へ入った。

それでまあ、迷惑なこと、鬱陶しいこと。いいかげん、あの人がどうだかは知らんが、見ていたくないので消えて欲しい。と。

姑が仏壇、神棚、なんとか寺のなんとか、ぜんぶまつっていて、ぜんぶ後をやれ、と言うのを、黙ってやり過ごして数十年の私は、そう思いますね。私には信じている神様がおわしますのです。あれもこれも、粗末には思えないけど、ぜんぶは無理、と、心の中で・・・ふう。
  1. 2014.07.17 (木) 20:14
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

アイリスさん。

まあ大変、チックですか。よほどイヤなものをご覧になった・・・あら、日本の国の皇太子さまご夫妻ですか。なんとまあ…ブラックなジョークみたいですが・・・他にも、吐いた、とか(すみません)とか、瘧が起きて震えた、とか、部屋の中が暗くなったとかの東宮現象が報告されています。破壊力は、テレビのあちらからも威力を発揮している模様。

私も、関わると心の中の黒い自分が出て来るぞ、と、イヤなんですが、ぐえ、とか思いながら、見てしまいます。

雅ドンのお辞儀は、目ぇ、かっぴらいたままの尻出しの儀。お辞儀ではありまっせん。今年高校を出て就職した若い娘さんでも、数か月後の今では、きちんと「御辞儀」をしています。

DNAレベルの間違いですから、どうにもなりません。

あの場で人間(もどき)夫婦は、ソノ、ナンでしたが、仰る通り、テントはいい仕事してました。皺ダル。見事でした。

でも、あれは、なんとも不敬不遜な。鳥居を隠すためだった・・・。

現実とも思えない惨状醜状の展開する皇室ですが。

信じております。人間業ではないことを。

力強い、と言って下さってありがとうございます。嬉しくて、そして、ほんとにそうなろうと頑張りたいです。
  1. 2014.07.17 (木) 20:21
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

みなも さん。

お返事遅くなり申しわけないことでございました。

・・・お辞儀でも無く。

参拝でも無く。

ちょっと誤った娘を恫喝し(家でのやり方が見えました)。

一人では拝さえ出来ず。

玉串奉奠はしなかった。テレビに、奉奠の映像が流れるなど許されないから。

どぶんとぶっとい背中をさらして、にたにたと「参拝」を終えて帰った。

帰路には、親夫婦妹夫婦と合流し、麻布十番のチャイニーズを召し上がったそうです。

くたばれ。ですわ、天罰が、私の方にくだるとしても。願います。

くたばれ、ナルたん、マサ丼。赤飯炊いてお祝いします。

・・・失礼しました、ここ数十時間ずっと、怒りがほどけてくれません・・・。
  1. 2014.07.17 (木) 22:54
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

ららら♪さん。

コメントを読ませて頂いて思ったのですが。

あれら、あれを「やってやったぜ、ふふん」って、思ってるのか・・・ざぁあああああ・・・血の気の引く音。

中華料理屋では祝杯上げたのかなむみょ、とかも、あげたのか?。

事実はネットでは「火だるま」その通りですよね、しかしテレビのヒトは「玉串を上げて参拝した」と言うてます。

嘘ばかりがまかり通る表マスゴミ。大きな手が、テレビ局とかつまみあげて、「ゴミ」とか、放り投げて下さいませんでしょうか。

今までの事とは質の違うような、悲しみに似た怒りが去ってくれません。

どうにもならないことに、そうだ、漫画の話には共通項がありましたが。

歌はどうでしょう。「ハチのむさしは死んだのさ」あれ、このごろのわがトマト頭の中に、鳴り響いたりするのですが。。。


>女性週刊誌には、「行き詰った皇室を打破するには、女性天皇」 と<

って。行き詰まっているのはナルたんのお帽子のジャストフィットが困難なことと。

雅ドンとやらの悪行を覆い隠すベールが、だんだんみつからなくなってきたこと。

優秀伝説の、ほら、あの・・・個人的に自粛・・・

行き詰まってるのは東宮家。
すべて東宮さんのおうち。

秋篠宮家は、ますますのご活躍。弥栄を!。
  1. 2014.07.18 (金) 20:35
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

たぬきち さん。

かぶってた猫が脱げて来ると。たぬきち以前のぴょんぴょん可愛かった生き物の姿が見えて来るとか? 笑。

文体でねえ。わかることがあるのです。

でも、ここでは「たぬきち」さんでコメント下さってるんですからね。これからも「たぬきち」さんってお呼びしますよ。

猫かぶるか否かは、ご自由ですけんね。
  1. 2014.07.18 (金) 20:38
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

アビさん。

何日も猿芝居、猿芝居、って。猿に申し訳ないですね、ホント。

神をもおそれぬ、という言葉がありますが、その実写版が、あの夫婦。

やっちまったな~、平気な顔しているな~、って。

高見の見物しましょうか、こうなればヤケクソデでオモロイかも知んないですよ。

ホントに、もう、イヤ。
  1. 2014.07.18 (金) 20:46
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

モッコクさん。

モッコクさんの目の醒めるようなご意見について、じっとまだ、考えております。

アタマの中がむにゃむにゃしてます。

もしも、そうだとしても。

もう遅い。

決定的に、絶対的に、絶望的に(このフレーズを先日も内親王関連で書いた・・・なんたること・・・)、もう、遅い。

許して微笑んで受け入れようとなさるお方もありかも知れませんが。

慈愛なんかここでは信じません私は。現実は・・・自粛。

私は、もう、遅い、と、断じます。種まいてすぐに、促成でできあがる簡単な園芸では無いです、皇室のおつとめは。まず「そう思うし。形は何とかごまかせても。あの腐りきったふやけきった夫婦は、無理です。

でも、もう少し考えてみたい、雅ドンのためでなく、そういう見方もある、と、教えて下さった方の気持ちになってみたいです。
  1. 2014.07.18 (金) 20:51
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

涼子さん。

まさしく、参拝された、ではなく、武蔵野御陵へ「行った」、ナルマサ夫婦でした。

あれは参拝とは呼べません。行くだけなら、誰だって本願寺さんやバチカンや、ええと他に・・・どんな聖地、どんな伽藍の前にだって立てます。

あの夫婦のマイナス点が、大きく増えただけです。

で。あの時雅ドンは何と言ったか。

今日、知りました。

「愛子、後ろ!」

と、低く短く叱責し、愛子さんは一瞬固まった。目の光がいっそう失せてしまった。

あの夫婦は、児童虐待法でつかまっていいレベルの親だと思います。
  1. 2014.07.18 (金) 20:59
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

月さん。

愛子さんは頑張りましたね。本当に、特訓、受けていたのでしょうか・・・。

幼い頃から、あのおうちの子なら、理解云々のみでなく、体にしみこむように教えれば、お辞儀も出来たでしょうし、玉串を捧げることもできたでしょう。

誰も、それ以上の難しいことを、意地悪く望みもしないはず・・・。親のやり方次第だったのに、愛子さん、躾けてももらえなかった。

親に無理なら、優秀な養育係がつけつお立場、でも、雅ドンの気に入らなければ、止めさせてしまったのだから。痛ましいです。

ところで。

>武蔵野東の先生が、専門的な療育をされているのでしょう

これ、どんな意味でしょうか?そこって、擁護学校ですよね? 愛子さんに、何か関係しているのですか? よろしければお教え下さい。

あのお子さんのためには喜ばしいことと思います。
  1. 2014.07.20 (日) 15:56
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

ぽちゃこ さん。
ワタシの書いてきたことを判っていて下さることに甘えて、そうなんですよ~、ねえ~、と、同感のみの返事にさせてもらいますね。
軽く見ているのでなくて。がっくし来ているんです・・また。
  1. 2014.07.20 (日) 15:58
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

ひーたん さん。

にも省略お返事で失礼!。

雷落ちなかったですね。落ちても良かったのに。

あの人たち大嘘つきですよ~って、怒鳴って回りたいわ。しないけど。
  1. 2014.07.20 (日) 16:05
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

アラ50さん。

体調の波でしたか、夏バテのようなもの、で。

それならよかった(よくないけど)。少し心配してました。

>「夏バテのようなもの」で「体調の波」に振り回されて読み逃げしているアラ50でございますが、連日のドヤ顔雅子に辛抱たまらず「決意」してノコノコ出てきてしまいました。 <

庶民は、38度あっても薬呑んで注射打って、オシゴト行かなくてはね。私もそうですよ、特権階級じゃないもん。そのかわり、好き放題も言えます。ありがたや。

「叱らない子育て」を標榜するバカ親ですが。特訓の結果が外れた娘さんに

「愛子、後ろ!」と、それは低いおとろしいお声だったそうで。帰ってつねられた無いといいけど、墓参の帰りは中華だったらしいので、腹いっぱいで忘れたかな。

すまんが省略返事です。また来て下さいよほんまに。

  1. 2014.07.20 (日) 16:15
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

水月さん。

あの神職さんは、号令かけてたんじゃなく、あの場で固まって玉串を捧げることが出来ない愛子さんの、代わりに、奉奠されたようです。

動画に残ってる・・・で、直後、走って場を去られたんですね。

ナルマサ二人は、にもかかわらずニタコラ平然と、香淳さまの方に回り、帰り道、どうも本当らしいけど、両親と妹などと(誰でもいいですわ、もう)、麻布の中華料理・・・なんともかとも、私の中ではもう、完全に「終わり」です。

パン屋さんのお子、教師のお子、なら、玉串にどきどきするかもしれない。間違えるかも・・・いや、三つの子でも、する子はします・・・いっさい、神様に無縁の生活をしているとしか考えられません。教えられても来なかった。

ダメですよ。もう遅い。と、思ってます・・・。

>先帝がおやさしいお方であったことは、存じ上げておりますが、
バチのひとつでも当てていただきたかったと思うのは不遜でしょうか。 <

いや、同感です。不遜では無い、同じと思います。

私も、神罰よくだれ、と、あの夫婦と周囲に対して願っていますよ。
  1. 2014.07.20 (日) 16:22
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

さぶた さん。

お返事遅くなりました。


>まだでも「優秀」だと言い張る親に怯えながら、
硬張った、悲しげな表情で歩く姿に、
胸が痛みました。

この異常な状況を変えられない
宮内庁って、皇室って、政治家って、国民って、…<

これ。

親が毒親で。あのお子さんを、普通なら案じて何とか、とか、祖父母が、と、いつも考えます。

ご立派な祖父母が二組、揃っておられて。

何も言いようがないですけど、あんな不可思議な立場のお子も珍しい。法の手も届かない。誰もあのお子を、どうもしない、どうすることも出来ない、晒し者になっているだけ。

ナルマサはもういいけど。お子さんは、これから長いです。躾もされずわがまま放題の子と言われるけど。あのお子さんのせいではない、と、どうしてもどうしても、思う。

だからと言って、触れないあ、とは言えません。ここがね・・・

あの。あの、個人のお部屋のことは、秘密なのですか?どうなんでしょ?ずっと気になってます。

無関心は、罪だ!と思う昨日今日です

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・