KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. あほらしいこと
  2. tb: 0
  3. cm: 11
  4. [ edit ]

まさこのせいかつ。そのいちぶ。

こんばんは。

少しバタバタしていて(ご心配は無用です)記事も返事も書けません、ごめんなさい・・・って、私が勝手に書いてるブログなのですけどね。てへにか。

週刊の新潮は買いました、一部読みました。

雅子氏は愛子さんが初等科を卒業した頃から昼夜逆転で23時頃に夕食。

午前3~4時過ぎに寝て正午に起きる生活。

皇太子と愛子さんは別に済ませる。

ママは昼しか起きないので、愛子さんは朝、食事をとって学校へ行く。

7月28日から一泊二日の日程で検討されている、ご一家の伊勢神宮参拝の件。

実現の暁には、愛子さんは初めて 雅子さんにとっても実に20年ぶりのお出ましとなる。

「伊勢に関しては、殿下はお三方で行かれることを前提に進められておられます。妃殿下だけを残して愛子さまとお二人
 で、という選択肢はお考えでなく、妃殿下の体調次第では、ご参拝そのものが流れてしまうかもしれません」(東宮職関係者)


云々が記事の概要で。

とある方がよそでコメントしておられた

「徳仁は馬鹿なのか、鬼畜なのか分からなくなった」

に爆笑しました。どっちなのかちらねえ、ナルちゃん。

と。もう一つ。

初等科を卒業したころから再び昼夜逆転の生活がぶり返したって書いてありますが。

ぢゃあ聞くが。

愛子さまのお弁当作りが大変で、云々。と言いふらしたどっかの誰かたち。唐揚げ春巻き、なんだったのかな。

「中等科に入ったばかりで馴染めない愛子さんのマネージメントをなさっておられます」

定例会見で、いけしゃあしゃあとこんなことぬかしたエラい(らしい)ヒト。

嘘なんだね。

嘘つき。


今夜はこれで失礼します。



スポンサーサイト


  1. 2014.06.20 (金) 00:09
  2. URL
  3. さぶた
  4. [ edit ]

嘘は、いつかはバレる……
いや、もうすでに
嘘は、声に出した途端にバレる!

嘘つきは、泥棒の始まり。
泥棒小和田一家のメンバーになってしもうた徳仁くん。
神宮参拝は無理。

「馬鹿なのか、鬼畜なのか?」……
笑っちゃった。

KUON様、どうぞブログ主さまのペースでお続けくださいますよう、お願いいたします。
お耳も大切に、ご自愛なさいませ。
  1. 2014.06.20 (金) 01:15
  2. URL
  3. あきら
  4. [ edit ]

伊勢の神宮参拝が流れたら その時点で何かが証明されるような気がします。
人は欺けても 神様は欺けないでしょうから。
  1. 2014.06.20 (金) 09:53
  2. URL
  3. ぽちゃこ
  4. [ edit ]

独り言…パソに向かって

お弁当は夜作って冷蔵庫に入れてますのよ、伊勢神宮は3人で行かなきゃ意味ないでしょ?アテクシの瞳孔じゃなくて動向は注目されてるのですからホホ…カメラの前では『ALWAYS SMILE』を心がけておりますからお目々パッチリしとかないと。そうそうスイスに行ってるダンナの写メにさぁ『MAD KING』って落書きあったけどあれ何て意味ぃ?アテクシ英語苦手なのよぉ誰か教えてくんない?
  1. 2014.06.20 (金) 18:06
  2. URL
  3. ねこ
  4. [ edit ]

いい、御身分ダ ニャン。
  1. 2014.06.20 (金) 19:43
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

さぶた さん。

日常で嘘をつく習慣が無いので、息する前に嘘のあるあそこの神経の経路がわかりまっせん。

通ると思うとるのか。なんでそう思える?。まあ、別に、このトシになって嘘の指南もいらんですばい。

昔はまだ、ばれるのに時間が稼げる嘘を、つきんしゃったとばいが。今は。すうぐにわかる嘘、重ねとらすばいね~。

そんな遠いコツやなか、と、思うばってん、早う、早う、と、心は一心に、急きますばい。

間にさえ合えばええ、とは、胸を押さえつつ、ですぅ。

次の世代には偽りないものを、バトンタッチしたいです。

優しいお心遣い、ありがとうに頂きましたとばいよ。

  1. 2014.06.20 (金) 19:45
  2. URL
  3. ひーたん
  4. [ edit ]

ぽちゃこ様にも座布団を!

KUON様こんばんは。

ぽちゃこ様にも座布団お願いします。
座布団のお渡しは次回ぢょし会ってことで、KUON様お預かりお願いします。

コメント欄お借りします。
ぽちゃこ様、いろいろありがとうございます。ぽちゃこ様も好きよ~!


別にアップされた眞子様のご留学ですが、東宮家でも愛子さんの留学に必死になるのではないでしょうかね。

宮家の娘が留学ですって、フン何を生意気なことを!アテクシの娘は東宮家ですのよ。身分も上なんですから、中学から留学させてもよろしくてよ。アテクシも心配だから同行させていただくわ。何か文句ある?ねぇ~おとうさん。
って、スイスから帰国後、皇太子さんに噛みつきそうな。それが原因でどこかを負傷して伊勢神宮参拝取り止めにすることになったりして。(アテクシ行きたくないから思いきり力を入れさせていただきましたわ。ホホホ)

  1. 2014.06.20 (金) 19:49
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

あきら さん。

真にそう思います私も。

伊勢の神宮は、行きたくても、お呼びがなければ行き得ない場所ですとか。云われていることを、鼻で嗤うようなあの一家には、踏み入り難い場所ではないでしょうか。

潔斎のあれこれもあるとか。そんなことも、ばれなきゃいいと軽んじる穢れた思いの徒だと信じます。神も仏も心に棲ませない拝金教の徒であるあれには、恐ろしい場所であるはず。


>伊勢の神宮参拝が流れたら その時点で何かが証明されるような気がします。
人は欺けても 神様は欺けないでしょうから。<

本当に本当に、共感、同意、させていただきます。
  1. 2014.06.20 (金) 19:56
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

ぽちゃこ さん。
笑。マッドキング。鮮やかですねえ、あの文字。それにぴったしの三歳児のごとき穢れなき(はああ?)笑顔。カメラ持ってないね、どちたの?ぼく。
卓上に、ガーベラ2本飾ってもらって。舐められコータイシ、ナルちゃんってボクのことさ。えっへん。お土産は雅子の欲しがってるもんで、一つ。両陛下?ああ、親の事ね。親がどうかしましたか?記念品を差し上げたい?いや、親はいいですから、ツマの土産物リストに添って、まあそこはそんな感じで、えへへへ。
帰りの飛行機が、もんのすごく乱高下して、怖くて泣いちゃって、よれよれ姿で空港へ着いて、みんなに笑っていただけまうしょうに。
ロイヤルお笑いピン芸人。持ち芸は・・・うふふ。言わなくてもわかるわね。

誕生日、飾り文字でお祝い下さって、ほんとにありがとうございました。嬉しかったっす。
  1. 2014.06.20 (金) 20:01
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

ねこ さん。

初めまして。にゃんこそおいで~。

いいご身分、ほんとほんと。でも、真のペット界の貴族(そうなの?)、にゃんさまには及びませんわ。だって。

あの人、きちゃないんだもん。ね。高貴な感じも無し、ひれ伏したいような滑らかな美しさも、いっさい、にゃい。んですもの~。
  1. 2014.06.20 (金) 20:08
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

ひーたん さん。

ぽちゃこさんの座布団も、お預かりするの? うち、収納パンパンになって、ブランドバッグや靴や毛皮や、大量に除けなあかんのですかい? いや。持ってないからいいけど、座布団部屋が要るようになるとは・・・きゃ。嬉しい悲鳴のつもりさ。

愛子さんは、気の毒ですが。留学どころか。

けっこうシビアな情報。そうかに侵された長の「しょとーか」でなく。中等科の先生方は、妥協の無い姿勢で、ことにあたっておられるようですよ。

だって。伝統をぐちゃぐちゃにされたくないじゃん。まともな教師なら。だから、あれこれあるみたい。

ゴリ押しだけではどんならん世界のあることを、これから知るんだ、雅ドンは。

そんな甘いもんか、生金泥棒しながらの甘い汁など期間限定。既に期限は切れていると知りなさい。

はい、座布団、預かりましたよ。当分は薄目の夏座布団にして下さいね。
  1. 2014.06.21 (土) 10:53
  2. URL
  3. ぽちゃこ
  4. [ edit ]

座布団嬉しいな♪KUONさん家が座布団で埋まる前に座布団圧縮袋買っとかなきゃ。ひーたんさんこんな私を『好き』ってやだぁ~ホント?嬉しい~有難うございます♪私も一言次のぢょし会は座布団持参よ~!

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・