KUONのブログへようこそ。

ブログタイトル変えました。中身は変わらずKUONです。

マジメにミーハーのつもりです。

ミーハー風味なる記事を書ける自覚持ちつつ、おそるるなかれミーハー心さらによしとて恥ずかしうとも己はげまし

思いのおもむくままにいささかの、文字を連ねてみ・・まいらす。

斃れしままにひとたびも心拍もどらすことの無くみまかりたまいし桂宮さまの。

長くおそばにはべりたまいたるお一人の。

すでにお名前あきらかになりいるとて・・・あきません。

無理して書いてたら続きません。自分語で書きます。

若いうちは自分の立場に悩んで・・・という割には、大酒も呑み徹夜マージャンもやり、そのままスキーに行っちゃったりして、大学の卒業も遅れた・・・なんて、言う人に言わせれば「お気楽なコーゾク」とか言い捨てられそうなはしっこの皇族でいらした、桂宮さま。三笠宮家のご両親は、親王方に、あまりうるさくおっしゃらなかったのか。

仰っても、聞き入れなかったか、お子さんがた。そういうことはまた、別の話として。

40歳で倒れて半身不随となられた宮さまが、病床から連絡をとって欲しいと依頼されたのが、有坂昭子さん。早くからお知り合いで、当時は、一児を連れて離婚している女性だった。

三笠宮家から連絡を受けて、ハンドバッグ一つ抱えて、札幌から駈けつけられた。お父さんはフィギュアスケートの名選手、ご本人も高校国体出場歴のある方。みっつ年上。

以来、週刊新潮最新号に寄れば、世話係として献身的に殿下の傍におられた。生活の面倒はすべて、有坂さんが見ておられたとは、知る人ぞ知ることでした。

公然の秘密。秘密ではないが、有坂さんを「お妃に」という話は、全く出なかったそうです。

新潮に寄れば

「日陰の立場に甘んじ、公的行事では並んで立つことも許されず、当然、相続人になることもない」

そして、お金のことなども、記事には出ています。私はそういうの、この場合、どうでもいい。

ええかっことそしられても、どうでもいい。と、思ったこと書きます。

殿下からプレゼントされたネックレスを、とても嬉しそうに知人に見せていた、などの話は、本当に「いいなあ~」と、胸熱く読みました。でも、それ以上の話は、もちろんど庶民の私などに関係ないし、どうでもいい。桂宮邸の土地建物は国有財産なのでいずれ管理する宮内庁に返還される、使用していた車も、邸内の什器、美術品の類も、同様とのこと。

ただ。

終生一ミーハー。ロマンチックが時に欲しいばあちゃん。のKUONが気になっていたのは以下のことで、これを知りたさに週刊誌買って来ました。

お舟入(入棺式)の儀の当日は、皇族、元皇族、親戚の方々 なに某雅子さん を除いて 訪れられ、殿下とのお別れを惜しんでおられた。

そんな‘身内‘ばかり集まった席に、一人、招き入れられた女性職員がいた。(略)

有坂さんが殿下にとって大切な人だったことを、皇室の皆様はご存知です。それだけに、彼女が殿下と最後の対面をした時は、胸に迫るものがありました。彼女がずっと殿下に寄り添い、献身的にお世話したからこそ、殿下もここまで(略)


その時の様子など誰が見ていたんじゃ、と心中に毒舌吐きつつ。恥ずかしながら私は、涙が出ます。

ミーハーとも週中(週刊誌にヤられること、またはその当事者の意)とも嗤うがよい。こういうのに弱いんじゃ。

後のことは、騒がなくても、心ある方が、心あるなさりようでされるのです、こういうことは。そう思う。

ラストまでミーハー路線で占める所存。

何がどうでもこうでも、お二人、お幸せでいらしたのでしょう。それでいいじゃん。

皇室の方も、そんな処置をとられることもあるんじゃん。

それにつけても。愛も献身も一途も小さな幸せも。いつみてもどこみようとしても、そーゆー世界のきれっぱしもな~んにも、無い、なにやら某。

スペインへ行きたいから伊勢の神宮への参拝「こなしておくつもり」と、書かれておりますぞ。

呆れ果ててものが言えん、言えんので、勝手に喪中バージョンなので言わぬが。

小さい声で一言だけ言う。 出てお行き。 出て行け。

。あら~。

・・・お返事は、夜に、させていただきます。








スポンサーサイト

コメント

存じておりました

桂宮様に事実上の奥様がいらしゃるのは存じておりました
むか~し週刊新潮だと思います 父が毎週必ず購読してましたから
その新潮に桂宮様が倒れた後体調が悪くて取り乱して誰が相手をしてもお気持ちが落ち着かないご様子になってしまわれた そこで三笠宮様両殿下が急いである女性に来てもらったなど色々と書かれてました
その女性は離婚歴があって云々 いっそ妃殿下になってもらってはどうかという声も出たが、正式に皇族になってしまうと公務に追われて殿下のお側にいられないし何より離婚歴があって子供がいるような女性は・・・とかなんとかでご結婚はできなかった←もしかして今回もこのような内容でしたか?
KUON様がすでに知ってることをなぞって書いてますねきっと
皇族に対する敬語がハチャメチャです お許しください

若いときに読んだので「へーそんなこともあるんだね」って思っただけでした でも今思うと宮様はとてもお幸せだったのではないかと
病弱でお身体が不自由な男性に献身的に寄り添う内縁の妻
こう書いてしまうのは簡単ですが誰でもそうそうできることじゃありませんよ そりゃ宮邸ですから侍従や女官はいるでしょうが、それでもね本当にその人のことを愛してないとできないことです、二十数年の間でしょう?

結婚して21年です、うち、交代しさんとこは6月、うち5月でした
お見合いなんて前時代的な経緯で結婚して色んなことありました いいことも悪いことも 独り身では味わえなかったと思います
男女が連れ添って積み重ねていく歳月って不思議ですよね

殿下もそうやって実質的なご夫婦として経た歳月お幸せだったと思います 介護は大変だったでしょうけどこの有坂さんてえらいなあ
これってとてもいいお話だと思います、私

そして私もKUON様と同じ考えです
おそらく三笠宮様が「長い間ありがとう」と応分の何がしかはお渡しになるのではないか、もしかしたら陛下もそのように取り計らってくださるのではないかと だってそれだけのことをなさったでしょう有坂さんは
「出ていけ」なんて非人情なことないですよね

出て行け・・・うん、うさみみも言いたいな同じ年に結婚して食う寝る遊ぶのあの人たちに(笑) 

どのような…

離婚歴有る方は妃にはなれぬという決まりがありまして…ましてや殿下が学生時代に心無い言葉を浴びせられ皇族を増やしてはいけないとお考えになり独身を通されました。
20年余…仲睦まじく御体が不自由な殿下のお側で仕えて色々な意味で苦労されたと思います。でも充実した年月であったと自分は信じたい気持です。
それにひきかえ(空しくなるんで以下略)
おそらく何も無く(職員としての退職金はあると思いますが)思い出のたくさん詰まった場所を退出されていくかと。
この方の余生は穏やかであって欲しいと祈らずにはおれません。

しつこく連投

三重県神社庁が(職員のどなたが仰ったか存じませぬが)「神宮参拝の意味を踏まえた上でいらして頂きたい」という趣旨のことを言ったと某雑誌に書いてあったそうな。
ましてや大宮司は鷹司尚武さん、鷹司和子さまの御養子です。頑張って頂きたい!皇族として伊勢の大神をおろがむ事はどういう意義や意味を持つのか考えろ!カイガイカイガイのひきかえぢゃねぇんだよ!このスットコドッコイ!
あら…つい本性丸出しに…おほほほ。

衣通媛様

三重県神社庁のどなたかがそんな素敵なことを!
というよりそんなこと言われてしまうって、それでも参拝してしまおうって考えてるとしたら・・・ひどいもんですね~

衣通媛・・・兄が皇太子で廃太子になった軽皇子でしたよね?
衣通媛っていいお名前ですね それに廃太子・・いいですね~(笑)

分をわきまえた生き方・・・

桂宮様にそのような女性の存在がいたことは、ネットで知りました。
最後までご自分の分をわきまえたお方のようですね。
だから、皇族の方々もそっと見守り認めていらした。
ある意味では、桂宮様はお幸せでしたよね。

こんな時に比較はしたくないが・・・
マサドン、とんでもない女ですね~
マサドンは何方と結婚しても駄目でしょうね~
心根が腐りきっているもの~
適応する気が初めから無い!
ナルサンまで悪に染めてしまうとは・・・
3人で、皇室離脱して日本から出て行くのがベストです。

うさのうさみみ さん。

早々にコメントいただき、ありがとうございました。

衣通媛さん。

>20年余…仲睦まじく御体が不自由な殿下のお側で仕えて色々な意味で苦労されたと思います。でも充実した年月であったと自分は信じたい気持です。<

この「自分は信じたい気分」というあたり同感です。こてこて言えば、突っ込めば、あれこれあるんだろうとは百も承知。

いってみればファンタジーでもありますね。しかし私は、皇室ファンtジーを信じたかった気分です。

この、方のこれからがどうなるか、知るよしもありませんが、静かに、この方なりに満ち足りた今後になられるのでは、と。そう、これも、信じたいです。

離婚歴のある方は妃になれない。これも、理解できる話です。そやけど。

有坂さんは、オリンピックにも出たほどの、まあ言えば立派な方と、結婚して、故は存じませんが、きちんと別れて。

雅ドンの、友人の別荘での結婚前の空前絶後にきちゃならしい動画を、ご覧になったことおありですかい。

火のついたままのガス台のぐるりをざざっと吹いた布巾を、キッチンペーパーロールの上に掛けようとして、はらりと落ちたのもきずかず・・・だった、あれ。まともじゃないのはあのシーンだけではない。友人のお子の方に手を回すしぐさ。何より、泣いている(泣かせた?)子のそばに、ぱっと屈んだ彼女の、腰つきが。普通でなかったですよ。とても未婚の、それなりに「ええとこ」のお嬢さんのそれではない。はっきり申しまして、皇室へ入れるような女性の腰つきでは無かった。。断固、言う。恋愛の経験ばかりではない。それについては言いません、が。みずごのれいの幾つか、ついてて不思議でないと、私は見た。見て、はっきりわかる女性もいて、雅子さんは、わかる人でした。不浄な。

それが、東宮妃です。ぎー!。

衣通媛さん。

連投オーライです。私はその記事、読みました。持ってます雑誌。いま、探しあぐねております。しかしばっちり、小さな記事ですが書かれていました。

よおく、解ってから、来い、と。これでナルちゃん、にらにら笑って行ったら、まるっきりアホ、ですやん。マサ丼が行くわけないです。

行くとしたら出て「行く」しか、ない。

仰る通り、伊勢の神宮の大宮司は鷹司尚武氏。去年のご遷宮の折に、黒田清子さまの後ろを、厳しいお顔でわたっておられた方。ほかで笑顔の写真見せてもらったら、とってもチャーミングでした。

あの方に、真正面から見られたら、ナルマサ、そこにいられないだろうな、とか、考えますが。ナルはへら~っと。雅ドンははなっから、行かないし。言っても鳥居くぐれないし。

くぐったら(形だけでも)カルトのオバチャンたちに「かわいそうにくぐらされた」とか?笑。

雅ドンは、行って、歩いても、アタマをもし下げても。まあ・・ダメだと思います。

「スペインへ行くためのノルマとお考え」とか、書かれていました。

失せろ。

>皇族として伊勢の大神をおろがむ事はどういう意義や意味を持つのか考えろ!カイガイカイガイのひきかえぢゃねぇんだよ!このスットコドッコイ<

ここ、いただき。

わかったか、スットコドッコイ。・・・わかんねえんだよな、これが。想像を絶する害虫が棲みついております。

久子さん、あなた、ワールドカップ、私的に、やっぱり、行くつもり?。

息子さん失くしてがっくりきておられる舅姑。まだお若い彬子さまに、ぜんぶ押し付けて、行く?行きたいでしょうねえ。私的なブラジル行き。

衣通媛さん。

しっぽの部分に申し訳ないことですが。

時おり、挨拶も無しに声をかけて来てマイペースな失礼な人もおられますが、いっさい、お気になさりませんよう、ブログ主KUON、お願いを申し上げます。

うさのうさみみ さん。

先日来、私としては時間をかけ、わかっていただけるよう思いを(勝手に)尽くした気がしますが。あくまで勝手に、ですけど。

まったくおわかりになっていないと判断しました。

何度も謝っておられた気もしますが。

何より。

前回はひーたんさんに許していただきましたが。

今日、あなた、衣通媛さんに、どんな失礼なことをしたか。

軽皇子と衣通媛のからめ方、無神経極まりない。無惨なほど、ひどいです。腹が立ってまだ収まってません。土曜日の行く先、一つキャンセルして書いていると、あえて書かせていただきます。

廃太子、いいですねえ~だと。

どの顔してそれを言うか。

うすらナルと軽皇子を平気で同列に並べる。これは単なる一事ですが。あくまでも私の、ですが、神経には、しんど過ぎます。

先日、あなたの謝罪めいたコメント幾つと共に、私の怒りの返事も消しました。あまりなことをすることを、自分が恥じたからです。

今日のは当分消しません。秘密のコメントは、もう、もらいたくないです。しないで下さい。言いたいことがもしもあるなら、秘密でなく、いかがですか。読むくらいは読むでしょうね。

いいかげんにして下さい。



アビさん。

分をわきまえる、など言えば、人によっては反発してこられそうな気もします。

しかし、これ、大切なことだと思うのです。だから、知った人間は、そのお気持ちを慮って・・・という流れになって行くのでは。

急激にお悪くなられて、あまりにも急なお別れ。覚悟なさってはいられたでしょうが、いまはまだ、大変な気持ちの中におられるでしょうね。

でしゃばった感もありますが、世の片隅の、ミジンコみたいな存在でも、私が・・・私たちが、桂宮さまと有坂さんの今までに、こんな思いを向けています、ということを、記しておきたかったのでも、あると、思うのです。

>どなたと結婚してもダメだったでしょうねえ。

笑。私もそう思う。人を愛する気持ちも、思いやる気持ちも、な~んにも無いヒトモドキには、築きあげて行くことも、育んで行くことも、無いのでしょうね。

呑気な言い方をすれば。

カルトが言うのとちがう意味で。

可哀そうな人。せっかく生を受けて、不自由なところも無いのに、どんなことでもできたのに、何も生かすこともできない。

可哀そうなひと・・もどき・・・。

わかりません

KUON様 わかりません
今パソコン開いて読みました え?なんでって感じです

私も古事記に出てくる軽皇子のこと知って書いたんですが 決してナル皇太子と一緒に語ったつもりはないですよ
廃太子できたらいいですねって 古代ですが過去にもそんな事例がありますよね だからそうなってもいいんじゃないのって意味で書いただけです
あと衣通媛は美しい姫君だったと だから美しくていいですねって書いただけですよ
前回KUON様を怒らせた理由はわかりますが、こんかいのこれはわかりません たぶん私の書き方が悪かったんでしょうが
残念です 誤解です 悪いと思ってないんで謝罪もしませんっていうかできません とても戸惑っています
私の今回のコメントそんなにおかしいですか?
秘密にする気もないです ただKUON様の予定を変えさせたのはわるかったです なんか全然わかんないです なんでですか?

衣通媛様

いけません、急に本題に入ってしまって失礼しました
衣通媛様 もし御不快な思いをされたらすみません 失礼しました
伊勢の関係者の方のお話を教えてくださったので、ついストレートに挨拶もなしに書いてしまいました

あとKUON様が怒ってらっしゃいますが、わたしは決して軽皇子のことをナルさんと同列にしてないし衣通媛のお名前も単純に美しくていいなあって、古事記のお話ご存知なのねって、だから「いいですね」って言ったんですが
でも、もし不快に感じていらっしゃったとしたら申し訳ありません
ここでしか謝れないのでこの場をお借りして書かせていただきます

KUON様もすみません こちらを勝手にお借りしました
場所を借りたことは謝罪いたします すみませんでした

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

今どき・・・

KUON様
そうですね!
今どき、「分をわきまえる」なんて言葉は反感をかってしまいますね!
読者の皆様の中に、気分を害した方にはお詫びいたします。

有坂昭子さん、とても優しいお方だったと思っています。。
26年余りの長い年月を宮様に尽くされて宮様と共に生きてきた
幸せであったと思いたい・・・
残された人生、穏やかにすごしていただきたい。

偉そうなことは言えませんが

こんばんは。
最近東宮御一家の検索をしていてKUONさまのブログを拝見するようになりました。

皆さんのコメントとても勉強になります。

本来の主旨に沿わないコメントになりますが、うさのうさみみさまへ一言言わせて下さい。

「前回」のことは知りませんが、うさのうさみみさまが、ある方のハンドルネームについて誤解を生じてしまった?と書かれましたが、第三者から見ると誤解するコメントです。
一つの段落に改行も無く区切りなく続けて書かれていらっゃいますよね。
せめてKUONさまにコメントされたように少し説明を書かれていらっゃれば違った文章になったと思いますよ。

私は、文才も無く平凡な人間ですが、提出書類を書き上げた後には読み返してから(先に下書きして書き直しをして)提出しています。

うさのうさみみさまはじめ人の事をあれこれ言える立場ではありませんが言わせていただきました。

うさのうさみみさまがお腹立ちになられたならそれまでですが。

KUONさまのブログのコメント欄に外れたコメントになったことをご了承いただきたく存じます。

これからもKUONさまのブログ楽しみにしています。

そうですね

梅雨空様のコメントを読みました

確かに言葉足らずでしたね それで誤解を招いたんですね
冷静な第三者のご意見はよくわかりました どうもありがとうございます

ただ、今回の私のコメントは昨夜の22時38分に書いたように決してKUON様を怒らせるようなつもりではなかったことは是非ともご理解いただきたいと思います
そうですね 説明不足でした その点は申し訳ありませんでした
KUON様とこちらを訪れて不快な思いをなさった皆様に深くお詫び申し上げ
ます 大変失礼いたしました

ちょいと仕事がたてこみまして、毎日読むのが精一杯でしたが、ようやく仕事も一段落したのでノコノコとやって参りました♪

確か私が前回コメント欄にお邪魔したのは5月の末あたりでしたが、僅か半月あまりの間にお孫さんの婚約や次男殿下のご不幸と三笠宮家は慌ただしく、ご高齢の殿下妃殿下の健康状態が気になります。

この二週間、皇室は話題に事欠くことなくて。

トックリーズの伊勢神宮私的参拝計画、まさかの雅子の巻き髪(コロネがぶら下がっているみたいだった)、突き指おでんのスイス行き会見、それに久子さんのブラジル行きですと?知りませんでした。

末息子の突然死に始まり、ご長男、そして大層不憫であったであろうご次男までをも見送らねばならなかった傷心の高齢の義理の両親を支えるでもなく、労るでもなく、寄り添うでもなく、この事態に先約束の私的なお楽しみを久子さんが優先されるのであれば。久子さん、あなたも謗りを免れない。

トックリーズの伊勢。
何を今さら。何のつもりで。まさかの神頼みでっか?

どーかボクチンがテンノーになれますように!
どーか雅子の暴力が止まりますように!
どーか愛子がボクチンの次にテンノーになりますように!
どーか雅子の暴力が止まりますように!
どーか家族三人でカイガイに行けますように!
どーか髪の毛がはえますように!
どーかどーか重ね重ねお願いしますがくれぐれも雅子の暴力が止まりますように!

我が身のことだけ、まさかのナンミョーしちゃうんじゃないでしょうね?


ひたすら読むことに徹するしかなかった半月。
KUONおねーちゃまを中心に集う方々皆様の豊かな知識や感性に改めて惚れ惚れ致しております。

私は両陛下が好きで秋篠宮ご一家が好きで雅子さんが許せない。ただそれだけでしかない。知識もない。教養もない。何の嗜みもない文字通り生きるだけで精一杯の1人でしかない。
でもこちらで皆様からたくさんのことを教えていただける。

うただって何にもわからない私だけれど、いいなぁ、素晴らしいなぁ、もっと知りたいなぁって思う。

本当にありがたいことだと思っております。

そう思えば思うほど無知な自分が恥ずかしく、こちらに書き込むのもいかがなものかと迷いもするのですが、何はともあれ雅子さんにはなにがなんでも退いていただかねばなりませんから、晴れて提灯を振るその日まで声を上げる所存でございます。

改めて。
深く豊かなKUON様に感謝します。
久しぶりでなんだかかしこまっちゃう(照)

おねーちゃま!
愛してるぜぃ!!
今日も元気でいましょうねっ!!

KUONさま

はい!例の動画や写真見たことあります!
まったく「すげぇな…おい!」ですね、大酒飲みの自分が言うのもアレですが、林立するワインの瓶、煙草の箱まで置いてあり、子供の間近で包丁持った鬼婆…もとい若かりし頃の妃殿下(棒)
以前「既知外ってのは目付きがおかしいんぢゃない、目自体がおかしいんだ。」と言った方がいましたが、顕著な例ではないかと。 御実家の方々の頭ん中も理解できません。例の「胡座寿司」や「新弟子検査」や「ゲ〇吐き赤ちゃん」などの写真は自分の娘が東宮妃に決まったら出しませんって。面白い感性の方々ですよね。流石に「トップレス」や「アヘ」は出ませんでしたが、出してくれてもよかったのに…。破談になったのに…。

うさのうさみみさん

どうかお気になさらないで下さい。
自分は廃太子と聞いてヤッター\(o⌒∇⌒o)/オワタ!!と思っちゃいましたから。不梨軽皇子と不梨軽皇女…同腹の兄妹ですね。大変美形な方々で兄妹で愛し合っちゃったのが廃太子の原因の一つなんでしょうかしらん。 ヴィジュアル的にアレで歌詠みの才能も無い自分が「」め電網空間の中もはて…。と他所でも使っているHNです。

うさのうさみみさん

きゃ~!昨晩の酒が未だ残ってたのかコメントの結末がぁ!!


正しくは↓
ヴィジュアル的にアレで歌詠みの才能も無い自分が「せめて電網空間の中では…。」と他所でも使っているHNです。

お詫びして訂正致します。

衣通媛様

何度もよそのお庭をお借りします すみません

衣通媛様
あー よかったぁ そう言っていただけると安心いたしました
あちらにもこちらにもご迷惑をおかけしたみたいで もうどうしようかと・・・
お返事下さってどうもありがとうございました

ヒミツのコメントさん。

お心遣い、本当にありがとうございます。嬉しいです。

お気持ち、深く心に刻みました。ありがとう、そして、また。

アビさん。

その言葉は、私が日常、突きあたったりすることから書いたものです。

分相応とか口にして、すっごい激しく言われたことも在る。笑。ケンリケンリと言い立てるタイプに多いですね。雅子とか言う名のコーターシヒも、すぐに言いそう。私の権利、権利って。豊かな静けさってものを知らないのですね、多分。

有坂さんとおっしゃる一途だった女人と、桂宮さまの「一途」との、静に続いた優しいハーモニーを想像して、胸が揺らいだのでした。お気持ち、おそらく一緒だと思わせていただきます。そうですよね。

梅雨空さん。

初めまして。いつも読んで下さっているとのこと、ありがとうございます。

私の大人げない振る舞いへのお叱りかと、ドキッとしましたが。

そうです、ワタシ、大人げなくて。どんどん、大人げなくなるんですわ。

とか、うそぶいてる、アホな人です。

これからも読んで下さるとのこと。嬉しいです。

できるだけまっすぐな心で、書いていたいとは、願っております。

ありがとう。ございますは抜きます、ありがとう。

アラ50さん。

お忙しかったのですね。

忙しいのなら無理は言えませんが、

>そう思えば思うほど無知な自分が恥ずかしく、こちらに書き込むのもいかがなものかと迷いもするのですが、何はともあれ雅子さんにはなにがなんでも退いていただかねばなりませんから、晴れて提灯を振るその日まで声を上げる所存でございます。<

私思うに、無知は恥ではありません。己の無知を自覚しているのは、尊いことと考えます。無知以上に恥ずかしいのは、知っている以上に知ったふりをすることです。そして、無恥…恥を知らないことを、恥と感じないことです。

自分の中にもそういう感覚はあります。知ってるふりをしたがったり、ヨユーかましてみたりして、後で、あちゃー、と、一人で赤面するなど晩飯前。

固い話は無しでね。

可能ならばまた、コメント下さい。


ケケケって楽しいし。

愛してる、なんて、めったに行ってもらえないことを、ど正面から言っていただけるなんて。

ケケケ。けけっ。こんなほんわかなことは無いわあ。もっと言うて下され。言うてや!。

明日も元気でいましょうね!。

衣通媛さん。

大酒飲みさんなのですか。すっごいなあ。負けた・・・何に?。

パソ打つ手が笑うくらい、間違うくらい、お酒、かっくらえたらさぞ、楽しいでしょうなあ・・・負けた…だから、何に? おほほ。ジョーク。

自称公称現実にげこげこの下戸ですが、楽しい酔っぱらいさんは大好きです。

で。オトナな対応に感謝申し上げます。

並のレベルでも在り得ない阿婆擦れ、顔さえ出てるカオとやらがべっどで撮ったと言うとっぷれす写真。どなたのって。あのあれの、ですがな。ま。は、ま~さこ~の~ま。

在り得ない、と怒る話なら納得ですが、そのごとき写真が存在することを、隠そうとした。無かったことにした・・・のが、なんですか、やんごとなき方々をまとめておられる某内庁?。

おかしな話ですね。そんな写真のある女性を、切り離さないで、写真の存在を隠して入内させたとは。

メメズも笑う、土の中。そういうのは「大人の」裁量とは呼びますまいよ。

「すげぇな…おい!」

衣通媛さんの大人力にも、すげえなあ、おい、と。

またよろしくお願い申し上げます。

既婚者で子供もいる女性に手をつけた宮さま

ということは、故桂宮殿下は、既婚者であり子供がある女に手をつけたということ。その子は誰の子?

献身的介護などときれいごとを言ってるが、詭弁。
国民の税金で暮らしていることを忘れて、自分の好きな女性に贈り物か。。。

とおりすがり さん。

その「子」は、有坂さんなる女性が、初めの結婚(はじめと言っても結婚は一回のみ)で設けたお子さん。結婚相手は元スピードスケートの選手、だったようです。今は故人です。

詭弁か何かはどうか、学習院時代には顔見知りではあったようにも報じられていますね。

三つ年上であるし、皇族との結婚を考えない女性だったのでしょう。で、北海道で結婚して子を生んで、離婚した。

宮さまが倒れた時に呼んで欲しがったことは、よく、書いてありますね。三笠宮殿下が、たのんで、来るようにはからったとか。詳しいことは知りません。当時は彼女は独身だったらしいですよ。

お子さんは、宮家でではなく、ちゃんと育ちあがっておられるようです。

このことについては私は、他の方へのコメント返事に「ファンタジー」であると書きました。きれいごとかなにかしらんが、私にとってはファンタジー。とおりすがりさんにとって「詭弁」なら、それはそうなのでしょう。

私が思うことなので、どなたにも押し付けていない。自分のブログに書いているだけ。

>国民の税金で暮らしていることを忘れて、自分の好きな女性に贈り物か。。。

これには私は何も言えませんね。

週末だけ自宅へ帰る、日ごろはグループホームで暮らして、作業所へ通って、月々3000円ほどの「給料」をもらっている、親友の息子。

その彼に、毎年の誕生日に、プレゼントをもらっています私。グループホームに要る費用は、それこそ税金からいただく障害者年金。不足分は親が足しています。でも毎年、必ず、プレゼントくれる。

わたし、何か悪いことでもしているのかなあ。

日本スケート連盟監事の1人 有坂昭子

浅田真央を“最悪のリンク”で調整させた日本スケート連盟

日本スケート連盟名誉会長の荘英介は在日
日本スケート連盟監事の1人 有坂昭子(週刊誌に実名と関係記事)は、故桂宮殿下の愛人で一緒に暮らしていた。
高円宮と韓国の密着度

有坂昭子は、既婚者で子供もありながら殿下の愛人になり離婚し、殿下と同居。
なにか、韓国がらみありかな?

ななし さん。

初めまして、ですか?。

有坂昭子さんのお父さんはフィギュアスケート日本選手権で5回優勝された選手。有坂さん自身も国体に出る実力の選手だったとのことですね。北海道スケート連盟の理事や審判も務めていた、と。有坂さんの離婚された元・夫君もスピードスケートの五輪代表選手だったようですね。

宮さまが倒れて呼ばれた時は、離婚して独身だったそうです。愛人だか内縁の妻だか介護人だか、呼び名はどうあれ、公私ともに食事や入浴のお世話をしてらしたのでしょ。一口ひとくち、食べさせて、あれこれ身の回りの用があって。連盟の方の仕事を重く考えれば、どっちかを取る選択もあったのでは。

もちろん、一般の家庭の中で一人の人間が、すべてしなければならないという状況では無かったでしょうけれど。そこに引っかかるひとはいますね。きれいごとだとか。

有坂さんは現在も日本スケート連盟の監事の一人だそう。報酬は無い。

ほとんど東京にいて、宮家にいて宮さまのそばにいて、どれだけ連盟の仕事ができるか口を出せるのか、私にはわかりません。

高円宮さんと韓国の密着に関しては、あれこれ、あるのですが。

半身まひの身でおられた桂宮殿下と、韓国が、ここでもからんでいるかどうか。どうからんでいたか、絡むことが可能だったか。

私に断言できることは一つもありませんが。

何を私に言いたくてのコメントか、理解しかねるのは事実ですけど、知ってることを書いてみました。

私は、浅田真央さんの大ファンの一人でもあると思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ごあいさつです

KUON様
ここ数日ずっと考えていたのですが・・・
どうも私はこちらにお邪魔するのはやめた方がよさそうです
町で顔を合わせるわけでなし、わざわざ言わなくても来なければいいのかも知れませんがこのまま一言のごあいさつもせずにフェードアウトするのはあまりに礼儀知らずだと思いますのでちょっと書かせてください

私は決してKUON様を不快にさせようとか怒らせてやれとか思ってないのですが、幾度となく結果そうなっております
今回の件で、もしお許しいただいてもしばらくしたら性懲りもなく同じ轍を踏みそうな気がします
KUON様のブログを訪れるのが楽しみでした
でも、読んだらちょっと一言いいたくなり、そのあらぬ一言でKUON様を傷つけ、また他の読者の方々を不快にさせてしまいます おそらく私のこの迂闊な発言癖は治まらないと思いますので訪れないのが一番いい解決策だという結論に至りました

こちらでは色んなことを教えていただきました 大変勉強になりました
どうもありがとうございました
それから全く個人的なことを聞いてもらい的確なアドバイスをしていただいて助かりました カウンセラー役までさぞご迷惑なことだったでしょう
申し訳ありませんでした

遠く九州からKUON様のご健康とご多幸をお祈りいたします




ヒミツのコメントさん。

v-16わ~い~た~わ~い~た~、キムチのつ~ぼ~に~。

世の中にはおかしな虫もおるものですね。

他のとこへも行って、いちゃもんつけとりますね。

ここは一つ。秘めコメさんに穢れをつけたくなく。

おかしな虫には無視を。・・お後がよろしいようで。

アトヨロ、は、ナルちゃん。あほたれ、は、誰でしょう。笑。



うさのうさみみ さん。

楽しんで来て下さっていたのに、私は狭量で優しさの少ない人間だったようですね。これが私という人間の痛いところだとの自覚はあります。

うさみみさんの、純なところ可愛いところ一直線なところを、わかっているつもりで、あるいはわかろうとした傲慢さで、結果、傷つけてしまったようです。おかしなことを書いておりますが、わかっていますが、私は人と、こんな具合に勝手な向き合いようをしてしまう人間なんです。さら~っと読み飛ばせていれば、もっとシンプルだったかもしれません。

むきになってしまうので、本気で腹も立ちました。それは事実でした。どちらかのいい、悪い、では、無いと思います。

少し胸が痛みますが、お引止めはしません。

どうか、お元気で、古事記の勉強などもお励み下さいね。

ご健康と、お幸せを、これは心から、お祈り申しあげます。

さようなら、うさみみさん。お元気でね。



本当に最後です

KUON様 お返事下さってどうもありがとうございます
勝手なこと言ってやって来て、都合が悪くなると去って行くとお腹立ちではないかと少し心配しました お返事いただけるとは思いませんでした
最後にお話できてよかったです

KUON様が狭量とか私が傷ついたとかそんなことはないと思います
強いて言うなら相性とご縁でしょうか
ここはKUON様のブログです KUON様の思うようになさるのが筋
もし逆なら私も同じように自身のやり方を通すことでしょう
だからどちらがいい、悪いではないことです

引きとめられなくてよかったです またまたKUON様に甘えて、これまで以上にご迷惑をかけること必定
この辺が潮時だよと神様も教えてくださっているのでしょう

お名残り惜しいですが本当に最後です
今まで本当にどうもありがとうございました
KUON様もどうぞお元気で
益々舌鋒鋭く「今日も元気でいましょうね」が末永く続きますように
さようなら


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/1643-c6061895

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (78)
ゆれ・ふら・とーく (137)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (63)
今の思い (254)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (6)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (90)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (15)
美しいこと (30)
厚かましい話 (58)
おそろしいこと。 (56)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (2)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (38)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (11)
みんなのうた (17)
くおんの万葉集 (10)
くおんの万葉集・番外もあり。 (2)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん