KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. おそれながら、なこと
  2. tb: 0
  3. cm: 7
  4. [ edit ]

眞子さまを。

若いファミリーが先に夕食を摂っている間、ぼんやりテレビを見ていたら(今も見てます)、皇室のスペシャル番組のごときが流れていまして。

先日のオバマ大統領をお迎えしての晩餐会の折りの、眞子内親王様が大きく映されて。

瑞々しく若々しい気品に満ちておられて、ただただ、嬉しかったです。

晩餐会の卓上花は、皇后陛下がお選びになるとか。丈を低くとなど、気遣われるとか。

雅ドンは気に入らないらしい、上等の御料牧場の牛乳とか。

清子さまが両陛下と一緒に歩いておられるお姿とか。

ナルさんの意味不明のニタニタ笑いとか。

・・・眞子さまを、もう少し拝見したかったな!。

「皇室の窓スペシャル」でした。
スポンサーサイト


  1. 2014.05.07 (水) 22:30
  2. URL
  3. うさのうさみみ
  4. [ edit ]

私も見ました!

夕方番組をチェックしてたら「天皇家のお食事」?
これははずせん、即録画!

眞子さま もう立派な成年皇族としてきちんとお仕事をしておられますね
何も心配いりません
録画した分はまたあとでゆっくり見ます(ほっこり)
  1. 2014.05.07 (水) 22:51
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

うさのうさみみ さん。

ご覧になりましたか。

けっこう長い間見せてくれましたね。私、今のテレビになってから録画とか留守録(同じ?)できないまま時を重ねております。

あまりテレビ見ないのに、今日は、よかった!。

紀子妃殿下がどうされていたか、解らなかった(わたしに)のが残念です。

番組中ずっと、雅子さんの存在を一ミクロンも感じさせなかったですよね。

勝手ばかりしていて、今は、お望み通り、期待されずに放っておいてもらってる妃殿下。

よろしゅうごぜえますね。ごゆっくりなさいませ。半年くらいはロイヤルニートも通用しますかしら。

でも、超・長期休む場合、この先どうするのか問われるとか、診断書提出を乞われるのが、納税者の多くのありかたざます。

どうするんですか。子どもが、プチ・ストライキして押し入れに潜んでるのと違いますよ。

出て来てももう、させることも無いので、本格的に自由な空へ、羽ばたかれるが妥当かと。

鳥籠はとっくに、オープンになっています。

雅子さん。残りの人生。だらだらで行けないです。いったんは「妃」であられた御身、始末のお覚悟を・・・無理か。

つい、わかる人に言うみたいに言いそうになった、KUONのば~か。ば~かば~か、ばかばかば~か。

箒で叩き出す。

埃がすごいわね~。

猫の首の鈴。

雅子たんを追い出す箒の埃。

誰が請け負う?。

ナルさんはやっぱり、そこでも笑ってる? どうされる? お手て、ポッケの横で必死にパタパタ、羽ばたいて・・・ハチのムサシはどうしたんだっけ。 
  1. 2014.05.07 (水) 23:55
  2. URL
  3. アビ
  4. [ edit ]

関西だけ・・・?

夕方は、食事の支度しながらテレビを見たり聞いたりするのですが・・・
番組表には、載っていませんでした~ 残念!
もう一度みたかった~

晩餐会のニュースもその日にテレビでさらっとしか流れませんでした。
眞子様は秋篠宮様のお隣のお席でしたよね~
きりっとしていて、素敵でしたね。

園遊会に続いてのご公務でしたね~
眞子様も、お忙しくなるのでしょうね。
素敵な笑顔に安堵しております~^^




  1. 2014.05.08 (木) 12:01
  2. URL
  3. こより
  4. [ edit ]

だ、誰か you tube はよ〜😭

私も見たかったです〜!
最近...ここ 半年くらいテレビを観る、と言えば 映画のDVDを再生するのみ。
テレビのない暮らしをしてきましたが、
眞子様は拝見したかったぁ。
大きな画面で...。
良識のあるTV業界の方々に お願いしたい!
両陛下や秋篠宮御一家、そしてさあやさんのご活躍の映像が見たいです。
一日中、ダラーっとその映像 流しっぱなしでもいい!
そうしたら、もう一度テレビのスイッチを 入れよう...という気になります。
くだらなくて、うるさいばかりのバラエティや、歪曲報道番組ばかりで
若者の「テレビ離れ」も進む一方。
我が家も、そんな人達の一部です。
反日企業のCMを「見せられる」のも気分が悪くなるし...、主人は、どうしても観たい
「旅番組」などは、予約録画して CM全飛ばしで楽しんでいます。

あの妖怪夫婦 抜きの「皇室特集」があったら、録画しちゃいます!

(モザイクでもいいです。)
  1. 2014.05.09 (金) 21:13
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

アビさん。

私も、あれが何チャンネルだったかさえわかっとらんです。ふと見たら、そうだったのでした。

眞子さまは、数秒でしたが、にほひたつがごとし、でした。画面から にほひたって来るものがありましたよ。とっても安心しました。

今はちょっとしか出さないマスゴミですが。本物の持つ力、じわじわと広がって来て下さるの必至です。

ゆったりとお持ち申し上げたいです。今年中に東宮問題に、どんな形でか大きな動きがあれば、昔の皇室のニュースみたいな香りのいい映像が流れる・・・

どう言えばいいか・・・底力。信じたいです。
  1. 2014.05.09 (金) 21:33
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

こより さん。

私だけ(じゃないが・笑)ええもん見せてもろて、申し訳ない気分。

テレビ業界に「良識」あるや否や。とにかく視聴率とスポンサー様のご機嫌・・・かつて小店を営んでいた頃、何度かテレビの取材が入りました。まあ、態度でかかったですよ。

映してやるって態度で。細かくは言いませんが。これ欲しいな~と、タレントが言うのを、当然無料であげて、という感じだった。私、きっちり代金いただきましたね。領収書渡して。こっちから頼んで来てもらったわけじゃない、と・・・ははは、若さゆえのいきがりもあって今になるとすっごく恥ずかしいが・・・店の中に、タレントと並んでにっこり写った写真を飾ろうという気は無かったので、それができたかも。

ADさんが一人で気を遣ってあちこちアタマ下げてて、あとは皆、傲慢とすら言える態度でした。

内緒で言うと、中で、ちいたけお さんは、澄んだ綺麗な目の方で、態度もとても素敵な方でした。ちい さんには、欲しがっておられた小物プレゼントしました。ADさんにも、きれいな小物差し上げました。喜んで下さいました。

あれ。脱線しました。

ふだんあまりテレビに頼ってないのです。

ボクシングは見ます。スポーツの大きな大会も見ます。

BSの映画ばっかりのチャンネルを、雑用しながら見ていることがあり、先日、懐かしの「旅情」観ました。

ロッサノ・ブラッツィとキャサリン・ヘップバーン。昔見た時と全く異なった感情で見ました。

名作と呼ばれる意味が、よおくわかりました。

・・)妖怪夫婦抜きの番組があったら・・・そうですね!。

本物の皇族方ばかりが見られる皇室番組に戻ったら、幼い女の子も一緒に拝見したいですね。

お辞儀や笑顔や、背筋をのばして身じろぎもなさらないお姿など、そういう皇室番組を、見せてやりたいです。
  1. 2014.05.10 (土) 00:07
  2. URL
  3. こより
  4. [ edit ]

いつもご丁寧な返信、ありがとうございますm(_ _)m

そうでしたか...。
テレビの取材で そんなご経験が!
ご返信、大変興味深く 読ませて頂きました。
>店の中に タレントと並んで ニッコリ笑った写真を飾ろうという気はなかった.....
KUON様の そういう所が好きです(笑)💖💖偉いっ!!(←上から すみません)
こちらのブログの人気の訳も解ります。

地井武男さん、奥さまを亡くされてすぐ「北の国から」の撮影があった時、
しかも セリフが「女房が 癌で手遅れだ。」...現実の傷をえぐる様なシーン。
渾身の、鬼気迫る芝居をした後、その場に残る事が出来ずに「すまん!」と
涙を浮かべながら、お帰りになったとか...、そんなエピソードを拝見した事があります。
(その頃は、テレビっ子でした。)

時々は いい番組もあるのでしょうが、
もっぱら「真央ちゃん」を応援する時とか、オリンピック、ワールドカップ、
箱根駅伝...などですね。
しっかり座ってテレビ観るのは。

こちらのサイトでも「テレビ離れ」について議論?されていますよ。

http://girlschannel.net/topics/134626/

お暇な時にどうぞ🌷

あ!それと、このコメはご返信いいですよ(笑)
記事のUPと御返事大変そうですものね。
新しい記事の方にも行きます!(KUON様の魂の怒りを感じる記事でした。)

では、ピョーンと...!


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・