FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

理子のこと・その一

待ち合わせの駅までの車窓、曼珠沙華の花が、ずっとずっと赤く赤く続いていた。

最後に見舞ったのは、その十日ほど前。

痩せてかさ低くなった理子は、ベッドの上で、身の置きどころのない様子で、吐くために器に屈みこんだり、吐くものが無い苦しさに悶えたり、横になったり、また置きあがって深い呼吸を乞うて天井を仰いだり、立ち尽くす私とK子が目に映っていても構っていられない苦しみの中にいた。

胃癌。

内科病棟のナース、長い間を婦長として過ごして来た身は、自身に巣くって増殖し続けているものの正体を、当然知っていただろう。

九月の半ばで、私は、象牙色のパンツ・スーツを着ていた。まだ十分暑い頃だった。理子は、ツルツルした化繊に見えるパジャマを着ていて、私は、そのことに、誰に向けようもない怒りを抱いていた。

綿の、汗を吸う、さっぱりした寝巻きを着せてやってよ。
でっかい花柄の、汗をかいたらネトネトしそうなパジャマが気にいらなかった。

私の、そんな「怒り」に気づかず・・・というか、そんなことどうでもいい理子は、ただ、ただ気持ち悪くて、苦しくて、水を含めば水さえのどを通らず、吐きたいのに吐くことが叶わず、すでに背中を向けて涙ぐんでいる優しいK子と私の前で、くにくにと中途半端な苦しみにやられ続けていた。

何を言えないままベッドのそばを離れ、無言で二人、病院を出た。

その十日後が、もう、葬儀の日だった。

T駅前で待ち合わせ、十人が三台の車で京都へ向かった。

准看養成所時代は「半開き」「居眠り姫」の異名をほしいままにしていた理子は、高等看護学院へ進んだ頃には、同じ市内を自転車の音ぎしぎしと動き回る、大学の柔道部のモサなどにえらくモテる「小柄で眠そうな目のたまらん」女子学生に変身、試験に受かってナースとなり、それなりの収入を得る身となって後は、買う、買う、買いまくる、服を靴をバッグを、の、欲しがり理子ちゃんに変貌を遂げていたそうだった。

高看へ進まなかった私は、仲間たちと高校時代を過ごした町を離れて、一人の暮らしを始めていた。
仲の良かった数人が、さまざまなことを、風の便りとして届けてくれていた。

同じ学寮にいた頃、理子は、寮生の皆が大喜びで受け取る、自宅からの小包、というものに縁の無い女の子だった記憶がある。

理子の父も母も、理子に関わりのないあたりで、互いにそれぞれ家庭を持っていた。理子は、その隙間から、すぽーんとこぼれた子供だった。
私も、親との縁の濃いとは言いがたい人間だったし、理子が積極的にものを言ったり身を乗り出したりしないわけが、なにか自分に通じる気がして、けっこう、ぼそ、ぼそ、と、いろんなことを、話し合ったりしていた。

理子は、ひもじい女の子だった。食べ物にもお洒落な洋服にも。ソックスでさえ可愛いものを持たず、爪先をずるずる引きずって歩いていた。
自分のお金でものを買えるようになって、激烈に買いまくっていると聞いた時、あらためて、理子の、長い長い「飢え」の深さが思われて、笑えなかった。

西陣織の職人さんと結婚し、姑さんとうまく折り合って、男の子二人、女の子一人を授かり、仕事を辞めずに続けて婦長を務めていると聞いた時は、理子らしい、と思った。

理子は、手に入れられるものは総て欲しいのだろうと思った。

クラス会というものに、私はほとんど参加しなかったのだが、ある時、理子も来ていて、終わったあと、喫茶店で長話した。

思いだすことは、その日のことだけでも沢山あるが、長くなり過ぎる。

目一杯、理子は、おしゃれしていた。
ピンクのスーツ。ハイヒール。バッグ。目いっぱいお洒落にきめているようで、正直、どこか垢抜けていなかった。
「何を、どう組み合わせればいいのか、自信が無いの」

だからいつも、行き易い店へ行って、勧められるまま買ってしまうの、と理子は、白くきっちりと並んだ歯並びを見せて笑った。

綺麗だった。

きれいだ、理子。そう、私は言った。いつもあなたはそう言ってくれてたね、と理子は言った。

そうかしら、と首をかしげると、そうだったよ、と、また、笑った。

いいもの着たらマシになるかしらと思うんだけどね、わたしセンスが無いのね。にこやかに言う理子に、私は、好きなもの着ればいいのよ、と言った。

自分がいいなら、人のこと気にしなくていいよ、と。

うふふふふ、と、理子は笑った。

そういうとこが、私には、無いのよ。言って笑った。



すみません、どんどん長くなりそうです、後半は明日に。読んでくださっていると思いこんでいる、この厚かましさ、ね。


水素の話です。

はじめ、1パーセントの水素、と出ていました。

翌日(昨日)は、福島原発第一号機の、格納容器につながる配管の中は、ほぼ100パーセントが、可燃性のガス・・水素ガスだと、発表されていました。

いつもテレビで見かける、ドジョウさんでなくフグさんみたいな「松本」さんが、でも、着火物が無いので安心、と言っておられました。

基本的な知識として。

水素は、宇宙で一番軽い気体である。

燃え易い気体である。

ガス仲間の、たとえばプロパンガスなどの、ヨン倍くらいは威力がある。多分、爆発時の、かな・・・。

ふつー、4パーセントとかの存在で、火災、爆発の危険性がある、と言われている。

この、格納容器につながる配管を満たしている水素ガスは、今まで、というか以前のものが残っているのでしょうか、新たに発生しているのでしょうか。

とても気になりますが東電さんは、今のところ大丈夫、着火物が無いから爆発しない、と。

ライターやマッチや着火マンでなくても、静電気のチカッ、でも、反応してしまうそうです。

わたし、心配し過ぎなのでしょうか












スポンサーサイト





  1. 2011.09.26 (月) 02:56
  2. URL
  3. sarah
  4. [ edit ]

日々のこと

その1
環境省が1キロあたり10万(!)ベクレル超の焼却灰も埋め立てを許可とのこと。
お師匠、これって大丈夫なんでしょうか、泣。

その2
山口県上関町で原発推進派町長が3選、驚。
原発建設については、立地自治体だけじゃなくて半径100キロのすべての自治体が賛成しなきゃ建設すべきじゃないと思います!
(当選した現町長の方、眉毛が薄くて・・・、苦手なタイプ・・・。町長ファンの方々、スミマセン、私個人の好みに過ぎませんので)

その3
山内賢さんが亡くなりました、ご冥福をお祈りいたします。
特にファンというわけでもないのですが寂しいです・・・。
不老不死が手に入ったとしても、自分だけ永遠に生き残るということは寂しさの極みかもしれません。

そのヨン
大河ドラマで、草刈正雄さんと加賀まりこさんに会えるのがとっても嬉しいです。
私の憧れの人たちです、ステキに年輪を重ねていらっしゃるなあと。

関係の無いコメントを、すみません。
最近は怒ることばかりで・・・、ため息。
自然も怒っているように思えてなりません。
  1. 2011.09.26 (月) 20:24
  2. URL
  3. yuuta
  4. [ edit ]

KUONさん こんばんは

恐いよ~ 恐いわ 
大丈夫って言われたって全然信用できないもの
嘆くだけでなんにもできない自分が嘆かわしい

理子さんの事 
KUONさんが思い出して お話してくれて
ここに集う人が聞いてくれて
もしどこかで見ていてくれるならいいな

いつも今は亡き人を想うときそんなこと思います

理子。。という名前 娘の名前にしようとしたんだった
結局違う名前になったけど今でも一番好きな名なのよ


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・