KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 今の思い
  2. tb: 0
  3. cm: 6
  4. [ edit ]

こぼれてしまった墨汁を。

おはようございます。

テレビ視聴時間を長く取れたので、オバマ氏の来日の映像、あれこれ、見ることができました。

オバマさんはまあいいんですけど、両陛下と、ほれ、そちらのことが気になり。

歓迎式典。制服は嫌いだったくせに見る制服集団はなんか、好きだわ~。かっこええわ。自分はゆるゆるのカッコして見ていて、気分もゆるゆるミーハー。

去年のインドで、歓迎を受ける側であらせられた天皇陛下の、自然な風なのに威厳に満ちた堂々としたお姿に、つい・・・だったわたくし、今回も、陛下の、身に付いてご立派なお姿に、ものすごくミーハーな気分で「皇室があってよかった」と、感じました。私にとってはこういうシンプルなことでもある、と、思うのですが。

オバマ夫人が来ない理由が「二人の娘のなんちゃらの用で」とか「大統領夫人としてより家庭人としてどうとか」など読んで、アホらし、来たくないなら来るな、とか来てくれんでいい、あえて見たくも無い、とか、センソウに負けたら、こんなチャラこいこと言われなあかんのか、とか、ウチのヒデンカがサボってるが、やはりこーゆー感じで「フン」されてるのかそれは腹立つな、とか、アメリカ人がそんな態度を温かく見守っているなら、アメリカ人も思っている通りにアホなんだな、とか、あんなにファーストレディの好きな国民のはずだったのに、今は違うのか、とか、アメリカって国、確か、いっこしか無かったよね、とか、舐められてんのか日本人、とか。

舐められてるから。確かに。こっちからも、別に歓迎感、無いし。

この部分、追記しますが、ミシェル夫人の来日しなかった理由とされる内容が上記であったこと、何か企みを感じたりもします。

アメリカの大統領夫人だって、家庭の方を一に考えてるんだ、とか・・・雅子さんがサボっていることに絡めて、とか。考え過ぎかも知れませんが、何をどう、言いくるめてくるか解らないヤカラなら、誰を貶めるどんなことだって言うだろう、するだろう、とか。

単にオバマ氏が「実務的」な人で、一人で来ることに躊躇の無い人なのか。前回も一人だったし。しかし今回は「国賓」とか、勝手にあれこれ考えて(ほんまヒマやわ、わたし)、他の場合よその国でも、国賓で一人で行くナルちゃんの背景を、こんな風に勘ぐられて、など考えると。

やはり、基本的に、公式なお招きにはカップルで、というスタイルが、少なくとも私には、ぴったり来ます。

子どもの都合がどうとかの理由は、私には添いかねる感覚があります。


冷たいお善哉ゆっくり楽しみながら、突っ込んでおったのです。

夫婦の関係が悪化して、ミシェルさんは来なかった説も。それも、へえ、そうなんですかって話。

でも、皇后陛下のような本物の貴婦人に対しては、とても気持ちのこもるオバマ氏、の感じはあって、ちょっと、ほのぼのしました。

天皇陛下も、そのままでおられてやはり、どしっと天皇陛下で。

こういうのを、見たかったんだなあ、と、ミーハーを楽しみました。


晩餐会、なんで、もっと皇族方を映さない?。

どの写真でもどなたかの陰になること多く、20回くらいコピーされた写真みたいに、文字通り「薄かった」皇太子さん。いっちょ前に出て来て、歩いて、オバマと握手なんかもしていて。

オバマにお察しされながら握手しているナルちゃんを、にこにこ、見つめ見守っておられる両陛下のお写真に、

「・・・している皇太子殿下をお見守りになる両陛下」

みたいな、まんまそのままキャプがつけられ。

・・・ああ・・・・・・・・・・・みたいにも、感じたけど。


常陸宮妃殿下のお姉さまが亡くなられて、妃殿下ご欠席とは報じられても、雅子の「ま」の字もどこにも無かった。

一応、なんで出て来ないのか説明があってもいいんじゃないか、一応、と思ったし。

こうして、こぼれてしまった墨汁を、バケツの水、替えながら替えながら拭いて雑巾すすいで、色を薄くして行くように、元々無かった色、に、して行くのか、なあ。とか。

愛子さんの入学式時のあの「山姥」顔が見納めか、との直感は、あたってるか?。

雅子やぶれたりぃ、と、あの日に思った。

あれが(あれ・・)が出てこないと、空気も景色もよろしい。

ぜんぜん、他の方々を映さなかったけど。マスコミだか何だかはそういうことをしていたけど。

ほの見えた紀子妃殿下ははんなりと気品に満ちておられたし、眞子さまは、竹から現れたばかりのかぐや姫のように、ほんのりと確かに周囲の空気を照らしておられました。

女性皇族方は和服姿で、素敵でした。

・・・じわじわと少しずつしか、無理なのでしょう。

じわじわでいい、少しずつでいい、そういう世界のやりようでいい(エラソー)ので、消して差し上げて下さい。

酷いことを言うようですが。

例の船の事故で感じた。ものすごく感じました。どこから、何が、どんな形で来るかはわからないんだ、と。

でも、来てしまうものはあるんだ、と。

来たらもう、現実でしかなくなるんだ、と。

皇室の穢れが退きますように。今年いっぱいでいいから、除けられますように。

強く思い入れなくても、何かの時に拝見して、あ、皇族の皆様方が、ああして、そこに、おつとめ下さっているんだ、ありがとうございます、と。

安心して、自分の日常の中にいられますように。

そう、願っています。

韓国の船の事故については、海に向かって読経しておられるお坊様の背中の写真が心に残っています。

私のたおれたことについては、お案じ下さってありがとうございました。感謝します。

当たり前にもうとうに100点の身では無いから。70点か60点くらいでいられたら満点として、できることは、したいように、して行きます。

しんどい時は「しんどい」と、書いて行きたいと考えます。

ありがとうございました。








スポンサーサイト


  1. 2014.04.25 (金) 20:09
  2. URL
  3. すみれ
  4. [ edit ]

お具合はいかがでしょうか?

野の花と呼んで頂き、何だか穢れた自分がつつましやかで清楚なモノにでもなった気分に一瞬酔いしれまして、KUON様のふくよかな優しさに感謝でございます。
お身体は大丈夫ですか?春先は何かと体調が崩れますものね。大事な方ですから、どうぞどうぞご自愛なさってくださいませ。

何回かコメント書き込みしては自分で誤って消してを繰り返し、今日こそは!と思ううちに、世の中はどんどん進み…。
小保方さんに、園遊会に、韓国の海に、大統領に。
思う事はあれこれですがKUON様に頷くばかりです。
大統領夫人はどこぞの妃と同じに日本嫌いなのでしょうかしらん。
別にお出でいただかずとも、痛くも痒くもなく…。
陛下のお姿に、こうした変わらぬ至高の存在の有り難さをかみしめつつ
次代の先行きにひたすら不安を感じ。

昔むかしに、某フジテレビでお妃候補の一人として妹さんと二人リポーターに追いかけられている間中、何が可笑しいのかこちらが不快になるほど二人して明らかにリポーターを小馬鹿にした態度で性格の悪さを姉妹して丸出しにし、それに笠井アナがムカつきつつ、きちんとご挨拶できる他の候補のお嬢様をイチオシしていたのを思い出しまして。
研修先の異国の地でも、追っかけにキレつつ「どこの局?名刺出しなさい!」の迷言も、候補から決定になるとぴたりと映像では流されなくなり。
時とともに、ますます偏ったご都合主義な映像ばかりで…。
そんな中、佇まいも精神もお美しい秋篠宮両殿下と、どこまでも清らかな眞子様をご一家をもっと見せて欲しい!と言ってもせんないことなのでしょうね。

ああ、やはりぐだぐだとどうでもいい愚痴でお目汚しになりました。
失礼致しました。
私もほどほどを目指して参ります。
どこぞお身体お大切になさってくださいませ。
  1. 2014.04.25 (金) 22:45
  2. URL
  3. 通りすがり
  4. [ edit ]

オバマ夫人、察して頂ける?

何となくですが、私はオバマ夫人が子供がどうたら、、、で来ないのは理解できるし、アメリカ人も理解してると思うな。お察し下さいがあると思うんだな。絶対的なお母さんのサポートが学校から帰ったらあるし、お母さんは守るわよ❗️とガンガン子供達にメッセージ飛ばしてると思うのね。任せたらえーやんと思われるかもしれませんが、同じような人達で全て取り囲むのは無理があるでしょ。オバマはハーフだけどね、子供は非白人系の家庭出身でしょ。差別ありきが前提の社会で前に出て行く女子を成功させるのは、お母さんのサポートの成せる技だと思うのよね。そこんとこアメリカ人もお察ししてるから、絶対ミシェル夫人に対しての海外公務非随行にはコメントしないよね。言っても夫婦中悪いからとかお茶汚し程度だし。
  1. 2014.04.25 (金) 23:34
  2. URL
  3. アビ
  4. [ edit ]

あらためて・・・

天皇皇后両陛下の威厳に満ちたお姿に見とれてしまいました。
日本の誇れる皇室のお姿がありました。
どんな、大国のお客様にも優る気品と優しさと威厳!
しっかりと感じ取れました。
園遊会等でお疲れのはずなのに・・・お元気そうなお姿に安堵いたしました。

ナルさんのお隣に紀子様が~?
ここだけ違和感が・・・
ナルさんは居ない方がすっきりして良かった~!





  1. 2014.04.27 (日) 09:05
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

すみれ さん。

コメント下さりありがとうございます。

三色スミレも華やかですが、野すみれの愛おしさ。小さくても、見る人少なくても私はここで咲くんだよ~ん、みたいな感じが、何とも、です。

>大統領夫人はどこぞの妃と同じに日本嫌いなのでしょうかしらん。
>別にお出でいただかずとも、痛くも痒くもなく…。
>陛下のお姿に、こうした変わらぬ至高の存在の有り難さをかみしめつつ
>次代の先行きにひたすら不安を感じ。

生まれながらでないにしても、大人になって位置を占めることになった「公人」ならば、好きだの嫌いだの、云々以前の問題と、普通の日本人は思いますね。

一人で来た大統領も、国でなにやらしておられたという夫人も、駐日大使の半そでワンピースもカーディガン姿も。アメリカって、こうなのね、と、改めて私が感じても別に、いいんじゃんね、と思いました。すきやばし次郎とやら、黙って座れば一人3万円だかのお寿司。最近とみに有名になられた、あの、アラ90のご店主さん、全身清潔感でピッカピカのあのお方、ハワイの寿司より美味いと言われて、どうだったんかな、とか、余分なことを考え。笑。

人って、その時に相対している相手の格に、知らないままに合う部分もあるかな、と、両陛下と共にいるオバマ氏、パク女史と一緒にいる時のオバマ氏、を眺めながらまた、余計な事を考えたりしました。

当然、オバマ氏はアメリカの大統領、アメリカの政治家でいらっしゃるので、そのごとき言動は当たり前のことと思い、今回は日本の首相も、ずるずる寄り切られないで政治家でいらしたな、と、私は、考えておりました。

来日感の華やかさではやはり、ダイアナ妃はすごかったなあ、とか、も、感じました。皆さま仰るほどの・・でもないとは感じつつ。両陛下にカティシーされた姿はやはり、美しかったです。

まさこさん? あ。もう、忘れかけた気がする・・・カティシー? ドス子の? ううん。なんじゃかな、それ。

朝から快調に意地悪ばあさんしてます。笑。

私もこうして、どうでもいいこと書いてます、お気になさらず、またいらして下さいね。
  1. 2014.04.27 (日) 09:23
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

通りすがり さん。

挨拶は無しでよろしかったですか。

以前にも同じ名の方が来られたことがありました。同人かどうか、今回の方は(あなた様のこと)前回の方ほど、ねちっこい感じは無くて、助かった~感は、あります。

なんでため口なのかは、ようわからんです。

こういったお考えがあるのは、論理的には理解できます。一つの正論ですら、あるのかも知れません。正論って実は、論ずる人間の数と、イコール状態。何ほざいても自由の現在のわが国では。

私には肯えない考え方です。

私の考え方では、一国のファーストレディと、一般的な「お母さん」は、すべてイコール、ではないです。

アメリカ人は云々とお書きですが、アメリカ人と言う言葉の中には、ものすごい種類と数のアメリカ人がいると考えますね。

と、書いてもおそらく、意見の一致は見ないでしょうし、これも公言しておりますように、別に私は、論議論戦を望んでいるのではないので、皆それぞれのお考えでいてくださーい、私に吹っかけたり、挑んだり、論破しようなんてしないでね~、と、単にそういうことです。めんどくせえよ。

なんで私がオバマ夫人を「お察し」しなきゃあかんのですか。返事は不要。
  1. 2014.04.27 (日) 09:31
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

アビさん。

>天皇皇后両陛下の威厳に満ちたお姿に見とれてしまいました。
>日本の誇れる皇室のお姿がありました。
>どんな、大国のお客様にも優る気品と優しさと威厳!

同じことを感じていました。

皇室外交(変な言葉です)って、つまり、この「お姿」の ことだと。

頭を空っぽにして(いつもよりね)考えて、秋篠宮両殿下なら、このお姿を継承していただける、何より、不安なく見ていられる、と、改めて考えました。

ナルさんや雅子サンを、どうしても嫌いとかでなく・・・ああ苦しい・・・お立場の、全うは、無理だと。

適材適所って、俗にも言うではありませんか。

やはり〇におけ雅子サン、とか。

ナンデわからんか、と、イライラすると、内緒で、打ち明けさせていただきます。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・