KUONのブログへようこそ。

ブログタイトル変えました。中身は変わらずKUONです。

木や草にあるほどの魂ならば。

こんばんは。

沢山の方にブログを読んでいただいてありがたく思っております。

昨日すこし触れた「苦界浄土」。石牟礼道子さんという、詩を書くけど普通の主婦であった方が書かれたこの本の中にある、漁師のおかみさんだった「ゆき」さんの話。

「ゆき女きき書」   引用(渡辺京二氏に拠る)。

坂上ゆき 大正三年十二月一日生 
入院時所見

三十年五月十日発病、手、口唇、口囲の痺れ感、震顛、言語障碍(中略)
歩行障碍、狂躁状態。(中略)絶えず(中略)(舞踏病)運動を繰り返し、
視野の狭窄があり、(中略)知覚障碍として触覚、痛覚の鈍麻がある。
                             (石牟礼2004:140)

「所見」はこれに「生来頑健にして著患を知らない。」とつけ加える。
ゆき女はこう語る。

──うちは、こげん体になってしもうてから、いっそうじいちゃん(夫のこと)がもぞか(いとしい)とばい。(中略)うちゃ、今のじいちゃんの後入れに嫁にきたとばい、天草から。嫁に来て三年もたたんうちに、こげん奇病になってしもた。(中略)うちはひとりじゃ前もあわせきらん。(中略)それでじいちゃんが、仕様ンなかおなごになったわいちゅうて、着物の前を合わせてくれらす。

(中略)うちは、もういっぺん、元の体になろうごたるばい。親さまに、働いて食えといただいた体じゃもね。病むちゅうこたなかった。うちゃ、まえは手も足も、どこもかしこも、ぎんぎんしとったよ。海の上はよかった。ほんに海の上はよかった。うちゃ、どうしてもこうしても、もういっぺん元の体にかえしてもろて、自分で舟漕いで働こうごたる。いまは、うちゃほんに情なか。月のもんも自分で始末しきれん女ごになったもね……。

(中略)心ぼそか。世の中から一人引き離されてゆきよるごたる。うちゃ寂しゅうして、どげん寂しかか、あんたにゃわかるみゃ。ただただじいちゃんが恋しゅうしてこの人ひとりが頼みの綱ばい。働こうごたるなあ自分の手と足ばつこうて。海の上はほんによかった。じいちゃんが艫櫓(ともろ)ば漕いで、うちが脇櫓ば漕いで。

                             (石牟礼2004:150-152)

もうひとつ。

六歳で発病し十七歳に達した娘、ゆりを育てている夫婦の会話。「とかげの子のごたる手つき」と「目あけて首のだらりとする」 (石牟礼2004:265) 死んだ鳥のような植物状態の娘のおしめを替えてやりながら、妻は夫にいう。

「あんたとうちゃん、ゆりが魂はもう、ゆりが体から放れとると思うかな」
「神さんにきくごたるようなことばきくな」(中略)
「木にも草にも、魂はあるとうちは思うとに。魚にもめめずにも魂はあると思うとに。
うちげのゆりにはそれがなかとはどういうことな」(中略)
「あんまり考ゆるな、さと」(中略)大学の先生方もそげんいうて、あきらめたほうがよかといいなはる。親ちゅうもんはなあ、あきらめられんよなあ。(中略)ゆりが魂の無かはずはなか。(中略)木や草と同じになって生きとるならば、その木や草にあるほどの魂ならば、ゆりにも宿っておりそうなもんじゃ、なあとうちゃん」
「いうな、さと」
「いうみゃいうみゃ。

──魂のなかごつなった子なれば、ゆりはなんしに、この世に生まれてきた子じゃいよ」
「(中略)目も全然みえん、耳もきこえん。(中略)えらか先生方に何十人も手がけてもろても治らんもんを、もうもうたいがいあきらめた方がよか」

「あきらめとる、あきらめとる。大学の先生方にも病院にもあきらめとる。まいっちょ、自分の心にきけば、自分の心があきらめきらん。あんたなあ、ゆりに精根が無かならば、そんならうちは、いったいなんの親じゃろか。(中略)」
「妙なことをいうな、さと」(中略)
「(中略)うちはなあとうちゃん、(中略)

ゆりが草木ならば、うちは草木の親じゃ。ゆりがとかげの子ならばとかげの親、鳥の子ならば鳥の親、めめずの子ならばめめずの親──」
「やめんかい、さと」(中略)

「ゆりからみれば、この世もあの世も闇にちがいなか。ゆりには往って定まる所がなか。
うちは死んであの世に往たても、あの子に逢われんがな。
とうちゃん、どこに在ると?ゆりが魂は」

「もうあきらめろあきらめろ、頭に悪かぞ」

「あきらみゅうあきらみゅう。ありゃなんの涙じゃろか、ゆりが涙は。
心はなあんも思いよらんちゅうが、なんの涙じゃろか、ゆりがこぼす涙は、
とうちゃん──」

                              (石牟礼2004:267-273)

・・・新日窒水俣肥料工場が、いのちの海に垂れ流した有機水銀の害が、水俣病をもたらした世界で初めての奇病だという。

ある頃までは、不知火海の近くに住む主婦であった著者は。上記の言葉たちを「聞き書き」したのではないと言う。

この人の気持ちはこうだろう、と、書かれた言葉たちであり、実にまことそのままの気持ちの言葉だったと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


それから。

東宮一家についている大量のSPについて、疑問や不審のお言葉が、ゲストさんがたから聞こえていました。

定まった警備以外に、東宮家が雇っている人々もいるそうです。東宮家が、と言っても、財源はやはり、税金によるものです。愛子さん一人を、30人ほどの屈強の男性たちが囲んでいる写真もある。

SPたちは、拳銃を秘めているそうです。普通の人は銃を持てない持とうとも思わないこの国で、東宮に雇われているSPたちの拳銃は、いつ、どんな対象に向けて発せられるのでしょうか。

国民は、言われるように、あの一家にとって「敵」なのか。

・・・三笠宮寬仁親王殿下が生前語られたお言葉です。


「私〈寛仁親王殿下〉は伯父様〈高松宮殿下〉をずっとお手本にしてきたところがあって、こういう言い方は申し訳ないんだけれど伯父様を水先案内人と心得てやってきました。

中でも伯父様が生前よくおっしゃっていたのは、皇族というのはいにしえの昔から国民に守られてきたんだ、ということです。

京都の御所を見てもそのことがよく分かる。あそこはどこからでも侵入できるし、外国の城のような大きな濠もなければ、高い塀もない。ところが長い年月、泥棒が入るでもなくずっとあのままの佇まいで在りつづけているわけです。伯父様は、そのことを見ても皇室がいかに国民によって守り育てられてきたかが分かるとおっしゃっていました。私もその通りだと思います。」
(寛仁親王殿下「皇室と日本人」『文嚢春秋』93年7月号)

また、皇居や御所が過剰に警備されていることに対して、高松宮は喜久子妃殿下に次のように語っていた。

「皇族というのは国民に護ってもらっているんだから、過剰な警備なんかいらない。堀をめぐらして城壁を構えて、大々的に警護しなければならないような皇室なら、何百年も前に滅んでいるよ」(『文嚢春秋』98年8月号)

多くの王は軍事力によって守られていた。高い城壁に深い堀を巡らし、軍事要塞に住むことによって安全が保たれていた。軍事力によって守られる者は軍事力によって倒される運命にあったわけだ。しかし、軍事力を持たずに、国民によって守られてきた日本の皇室は軍事力によって抹殺されることはなかったということになろう。

そして皇室が国民に守られてきたのは、天皇と国民の間が強い信頼関係で結ばれていたからにほかならず、それを可能にしたのは、例外はあるも歴史的に 天皇は政治に関与せず、主な御役割は民の幸せを願うことであったことによる。

天皇に「私」はなく、民全体の幸せのためにあり続けてきたのだ。そのことは、天皇の御日常が質素であり続けたことからも察することができよう。世界中の王宮が賛沢の極みであることと、1000年以上 天皇の居所として使用された京都御所が質素の極みであることを比較すれば容易に理解することができる。


・・・上記の「ゆき」さん、「ゆり」さんのご両親の言葉を読むと、いつでも泣いてしまいます。

泣くしかないんです。

今夜はここまでとさせていただきます。

チッソの当時の社長は、小和田雅子さんの祖父の江頭豊氏でした。江頭豊氏は、社長でなくなった後も、終生チッソの名誉会長でした。

娘婿の小和田恒氏とは、気の合った義理の親子だったと言われています。例のコンクリート御殿といわれる家も、うまく気を合わせて手に入れたものと言われます。調べられ終えています。

江頭夫婦は孫娘の雅子さんと日本の皇太子の結婚式にもよばれており、晩年の江頭豊は

「御所の庭を散歩するのが何よりの趣味だ」

と語り、皇太子はこの、ツマの祖父のために、御所をバリアフリーに改築し、エレベーターも取り付けたと言われています。

事実のようです。

この江頭が死んだ時、雅子さんは夫君(皇太子)を伴って通夜、葬儀の両方に参列しています。

皇太子の祖母、というよりは昭和天皇の皇后であらせられた香淳皇太后のご葬儀の際には雅子さんは「夏バテのようなもの」を理由に、参加しておりません。しごく元気でした。







スポンサーサイト

コメント

こんばんは。

「苦界浄土」 黄緑いろのあつい本

手に持つと ずっしりとします

わけも分からず 長い年月が過ぎていく

わかったところで 戻りはしない

さらに時が過ぎ 治らないと知る

自分で生きることも 死ぬこともできない

くるしいのか 楽しいのか 遊んだこともないから知らない

他人から見たら 動くものにしかみえない

その子を見る人が倍の倍の倍の辛さを背負い生きている 

頭を下げられても治らない お金をもらっても戻らない

謝りにきたら 空気がおいしくなるかもしれない

天皇陛下御製
あまたなる人の患ひのもととなりし海にむかひて魚放ちけり

水俣の海は再生しましたが、未だに苦しんでいる患者の方々もおられます。

徳仁に言ってやりたい
「水のこと、えらそーに語るなら、
まず水俣に行け!
この、バチあたりもんがぁ~!(怒)」

せつなすぎてくるしい。

歴史の授業で水俣病のことってさらっとしかやった覚えがない(っていうか、もともとあんまり真面目に勉強する学生じゃなかったから)のですが、仕事で、「苦海浄土」に音楽をつけることになって、初めて真面目に読みました。

演出家のかたが、「こうまで表現されているともはや私は怨恨の極みに恐れすら感じる」とおっしゃっていまして、音楽をやる人も「やりきれない怨み」を感じてやってください、と言われました。

恨み、じゃないんですよね。怨み。

本当に難しい仕事を引き受けてしまったと身を引き締めこころを引き締め、譜面と向かい合う日々です。

泣くしかない・・・

本当に「泣くしかない・・・」
水俣病の患者さんが、味わった多くの苦痛・苦悩を考えると・・・

ナルさんが、水の総裁?とやら
あきれてます!
神輿にかつがれ、何も自分の考えも持たない!
夫婦でニタニタ
江頭が亡くなった時、記帳台を設けたような
なんで!と思いました。
昭和天皇が、雑子との結婚を強く反対されていました。
威厳もあり見る目がおありでした!




今日は、「花祭り」

今日、4月8日は「花祭り」。
釈迦(ゴータマ.シッダルータ王子)のご生誕をお祝いする日です。

王子様がお生まれになった際、9体の竜が 産湯のためにと、
清浄なる「水」を 天から注ぎました。
誕生仏に甘茶を おかけするのは、そんな 伝説が元になっています。

宮殿でお育ちの 王子様でしたが、人の世にある、「病」「苦しみ」「死」の
ある訳を 探し求めて、苦行の旅に出ます。
そして、後の世の私達に「悟り」に通じる「精進と修業の道」を
その人生をかけて 示して下さいました。

わが国の 皇子様、
「清き水の神」龍神は、決して あなたに 祝いの水をかけては下さらないでしょう。
むしろ、
「神の国」の水を穢した一族に 飲み込まれ、その罪に加担した あなたに
どの様な「罰」を ご用意なさっておいででしょうか?

一瞬でも、国民の「苦しみ」「病.やまい」そして、「死」について
お考えになり、
血の涙を流して 反省してくだされば、
もしかしたら 神様は、細ーい糸を天から垂らして下さるかもしれません。
最後の「救いの糸」を...。

やまのこ さん。

ずしっと来ました。

壊された細胞、侵されたDNA。薬や何やでどうなるものでもない。指は硬縮し拘縮し硬直し、呼吸する器官も筋肉だから、息さえできなくなる。

>謝りに来たら空気がおいしくなるかもしれない

本気の謝罪なら、人は、受けられるかもしれません。去年の両陛下のお心は、伝わったと思います、第三者の位置からの、不遜な申しようながら。

ナルヒト氏と雅子さんは、絶体、行かないと思います。絶対行かない。

今ではそう思っています。ものすごく不謹慎なことを描けば。
もしも、行ったとして。もしも、何か不穏なものが飛んで来たりして。

騒然となった後に。そこにいるのは、何かを受けてオボーシが飛んでしまって、呆然としつつ傍目を気にして、死にモノ狂いでポケットぱたぱたしている東宮と、庇うどころか、横っ飛びに飛んで(こういう身ごなしは鋭い、野生の獣の習性か)逃げて、オットの様子がおかしいのか火病の発作か、座り込んでひーひー笑い続けている、その妃。

行かなくていい。再び汚される。どこへも行くな。と、思います。

さぶた さん。

去年、両陛下が行幸啓の折りの海は、本当に青くて美しかったですね。

患者さん方と陛下は、膝を近くして、お話しされた。

今更どうにもならなくても、まことの熱いこころでなら、溶かして行って下さる大きさを、苦しいことを越えた方々はお持ちでないかと思います。これも第三者の、不遜な申しようですが。

ナルさんと雅どんは、人の痛みに対する感受性など持ち合わせていない人々と考えます。じっと見ていると、そうです。人の上に立つ資質に欠けているといえましょう。

どこへも行かんでいいから、資質をお持ちのお方にその場所譲る。それだけが、あの夫婦に出来ることであろうと考えます。廃位を願います。退いて。

pastoraさん。

大きなお仕事をお引き受けになられたのですね。

しーんとなります。

>本当に難しい仕事を引き受けてしまったと身を引き締めこころを引き締め、譜面と向かい合う日々>です。

詳しいことはわかりませんが、pastoraさんが、そのお仕事を全うされますことを、私も、お祈り申し上げます。

ファイトやでぇ。少し、お茶目に表現してみました。心は真摯だぜえ。ほんまよ。頑張って下さい。

アビさん。

昭和天皇が小和田さんには気の毒だが(と仰ったかどうかは別)ダメだ、と反対されたのは。

・祖父がチッソの社長であったことは、国民の総意を得られない。

・家系のこと。

・過去の男性関係

が原因だったといわれています。一旦引っ込んだナルちゃんは、昭和帝のご崩御の後、すぐ、話を蒸し返した→雅ドンと会ったりしていた→皇后陛下が「皇太子の望むように」と仰ったとも言われていますが、どうしても入内させたかった小和田側が(文書に残されている)、先に、海外のメディアに「決定」を発表させてしまった。

本当の事実など当事者にもわからないでしょうが、私は、純粋培養のナルさんを「おとす」ことなど、その気になればお茶の子さいさいのことだったと思います。そうだったでしょう。

以来20年、洗脳され続けて。水の総裁(名誉、ですが)の任期も伸びて。

来年、韓国へ行くはず。何を喋らされてどんな言質をとられてくるかわかりません。

純粋培養で育ったナル様は、非常に無防備無頓着、プライドを損なわなければどんな甘言にも乗り、どんなことを口走るやらわからん、超・危険人物です。危険なのです。

どんなに「愚か」が知れていようと、愚かだからこそ利用のしがいがあり、どちらにでもむけさせられる。中も韓もそれを狙っています。

今年の内に、危険分子は、いるべきクッションの効いた鳥籠の内に、安らぎを得ていただきたいと切望します。

こより さん。

お釈迦様が、ご自分の子の一人に「悪魔」あるいは「煩悩」と名をつけたことに、こだわっています。

自分の世界に没頭、集中するためには、わが子さえ「邪魔」な存在であったこと。

ブッダはやり通されたか、その「煩悩」と父親に呼ばれた子も、後にその教えの道に入っている。

家庭の、炉ばたの幸せに満ち足りていては仕事の成らない立場の方もおありです。

わが国の皇太子は、残念ながら、失格しておられます。

>一瞬でも、国民の「苦しみ」「病.やまい」そして、「死」について
>お考えになり、
>血の涙を流して 反省してくだされば、
>もしかしたら 神様は、細ーい糸を天から垂らして下さるかもしれません。
>最後の「救いの糸」を...。

心やさしいこの国の人々は、本気で、こうしたことを考え、待って差し上げたと思う。私もこう思っていました。

どうなのか。私はもう、無理だと思い至りました。

考える能力があって、わかっていてやっていることなら「改心」の可能性もある。

親鸞聖人の言いのように。悪人は「悪」を自認すれば、助かる道がある。自分を「善」と置き、疑いを持たない者は、往生は出来ない・・・あれと同じに考えました。

ナルさんには、自分の現在が見えていない。いけない自覚も無い。ただただ流されて行っている、妻への、自分の居場所のための執着はあっても、愛では無い。

血の涙は、ナルさんは自分のためにしか流せない。流されているだけだから、自分(も)悪いと言う自覚は不能で、反省など高級なことは出来ない。

愚かでもぶざまでも、おかしな言いようではありますが、ナルさんなりの真実で、ツマに正面から向くことがあるなら。不届きで馬鹿なやり方であっても、一つの思いくらい本物ならば、認めて下さる神もあるかも。・・・ナルさんは、ツマを、愛してなんか、ぜんぜん、いません。お相手の方だって同じようなもの。子まで腐るわ、可哀そうでも。

娘も、可愛いけど、真に育ててはいない。きついこと言いますがナルさんは、オトコとして(も)誠意の無い腑抜けです。無茶苦茶言ってますね、私。

夜中にわが頭上に雷、落ちるかも。笑。それでも仕方ありません。本当と思いますもん。

私は雅子さんが大嫌いだけど、ナルさんが、雅子さんのことだけをでも、、理屈抜きで少しでも庇ったりする、夫としてのココロがあったりするなら、違う方向に向く、一筋の糸を、下さるかもしれない。

助けようのないくらい、申し訳のない言いようですが、情けないお方になり果てておられるので、無理、と、思います。遅すぎます。

ずけずけと言いたい放題、お許しください。

中途半端に神様を頼ったりは、したくないので、ごめんなさい。

KUON様、
いつもご丁寧にお返事下さる事、恐縮しております。
おっしゃりたい事、よくわかります。
あぁ、いえ...覚醒一年未満の「おめでた女」なので、
「わかっているつもり」かもしれませんが...。
まだまだ、「甘っちょろい」のでしょうね、私は..。

他のサイトなどで、今だに 東宮擁護する人達に向かって、
「真実に目を向けろ!」とか、
「もはや、同情や愛情をかけるべき輩ではない。」
「朝鮮汚染は、恐るべき深さに達している!」
...などと、威勢良く闘って?いたものの、
私自身が、まだ愛情を持っていたのかもしれません。
怒りや呆れ、情けない気持ちと共に.....。

もっと、厳しい姿勢で「拡散」や、各種の運動に 取り組むべきなのですね。
時間も あと、残り少ないのですから。

そうそう、
KUON様の頭に、雷なんぞ落ちませんよ(笑)
落ちるとしたら、ナルさんの ヅラの上です。
日本の神々にこの上ない「不敬」な事ばかり。
ネット上にあふれる不満の声も、「不敬」ではなく、「愛国」だと思います。


こより さん。

やわらかいお心で許して下さりありがとうございます。

いや、私もぜんぜん厳しい姿勢でなど無いので、恐縮です。

多く言わずともわかって下さるようで、甘えます。

自分のアタマに雷、来ないなら、もっと言うたろ~。笑。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/1536-3a64b0b3

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (73)
ゆれ・ふら・とーく (137)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (62)
今の思い (243)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (5)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (89)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (15)
美しいこと (30)
厚かましい話 (57)
おそろしいこと。 (55)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (1)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (37)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (11)
みんなのうた (14)
くおんの万葉集 (10)
くおんの万葉集・番外もあり。 (2)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん