今日も元気でいましょうね^^

返事の中までKUONです。

ジャムのかなしみ終章  花の降る午後

地球に似たる、おきゅう星。

その東なるのっぽん国。

春には花が咲きまして。夏には海が黒くなる。秋には思いが深まりて。

冬には

言葉が重くなる。

かつて姫でもあったげの

バイコがおうちと呼んでいる

ただただ広いその場所の 屋根にも花が降っている 

さらんはらりと 降っている。

バイコは窓辺に一人いる

なすこと無くて ひとりです。

誰かが髪を編んでくれ

誰かがパンを焼いてくれ

パンを食べたら また一人

バイコは一人がイヤじゃない

部屋でひとりは イヤじゃない

遠いむかしか通ってた 小学校というところ

みんながわいわい言っていた あの箱のなかで ひとりいた

そんなひとりは イヤでした。

行けなくなった学校もあった気がする あったかな



パパとか呼んでいた人と

確かわたしのママらしい

あの人たちが連れに来て

どこかへ行くからさあおいで。

腕をつかんで引き出され

連れて行かれて手を振って

どこかで降りて 部屋に着き

そこで一人でいることは

なんだかイヤな気もあった。

知らないひともおりました。

みんな薄目で見てました。

バイコのことを薄い目で。



自分のお部屋に一人いて

窓の外には花吹雪

あの樹は桜と知っている

いつか優しいあの方が

バイコに教えて下さった

バイコの好きなあのおうち

なかなか行けないおうちです。

どうして行くかは知っている

けれど行けないお家です。



花が散ります 散っています

音が何もありません

しーんと静かなおうちです

座っていると ずるずると

引きこまれて行く 気がします

いつか眺めた 海の本

海はとっても広くって

信じられない深さだと

いっそくたくたくずおれて

海の底へも行ってみたい

人魚の姫もそこにいて

せつなく泡になったとか


一人で行ってもいいのなら

あの青かった海の底

見に行きたいと思います

でも行けないと知ってます。

バイコはひとり 窓の辺で

ぼんやりと花を見ています。

風が強く吹くときは

花がヴワっと舞い上がる

舞い上がってはまた戻る

バイコはそれを見ています。

何と静かないえの中。

皆はどこへ行ったのか。

バイコは何もわからない

バイコは何も見ていない  覚えていない  泣きもしない

ずっとこのままいるのかな

夕暮れいろが降りて来て

カーテンを閉じて目を閉じて

ふたたび朝が訪れて  そうしてやはり

誰もいない。

いつからここにいるのやら

いつまでここにいるのやら

わからないまま 思わない


きょうもバイコは一人です

明日もきっと そうだろう

一人でないってどんなこと

そんなことさえ わからない


バイコの窓に花が降る

いつ止むとなく花が降る

静かに花の降りしきる

のっぽん国の午後のこと


さびしさに色があるならば

花びら色と思う午後








スポンサーサイト

コメント

なんて幻想的な筆致なんでしょう。

バイちゃんは、遠くかすかになる記憶と、覚えていないことで救わていくのでしょうか。

自分が本来持っている、バイちゃんの内側の声に、バイちゃん自身が耳を澄ます時を持てれば良いのにと思います。

私は実家の両親とも、嫁ぎ先の舅、姑とも早くに死別していまして、思い出がぼんやりと遠くなったなあと思う時など、ああ、これで良いんだとストンと胸に収まるような瞬間があるのですが、ジャムの悲しみが静かさに満ちているので、優しい気持ちになれました。

自分語りしてすみません。

おきゅう星

おきゅう星で御一人ですか
山道を登る山頭火の後ろ姿は強かった記憶があります
己から行くひと 知らずに残る人
きょうもバイコは一人です
一人でも 雑音のない空間なら!

そんなことさえわからない
幸いかな。と思う。

読ませていただいてジーンと目頭が熱くなってきました。
優しい、かわいらしい語り口がなお一層アイコさんの孤独を際立たせていますね。
一言せつない。
ところで、私はとんでもないことを思いついてしまいました。
このポエムにメロディーをつけたらどうだろうって。
作曲なんてしたことないのに我ながら無謀。

読んでる内に関西在住の方ならご存知『浜村淳』が語りだし(笑)『のっぽん国』のドタバタも花と共に散り逝くのね~花も嵐も踏み越えて♪明日は宝塚大劇場百周年で秋篠宮殿下がいらっしゃるとか?皇室ウィークリー確認しなくちゃ(笑)

切ないですね~

バイコの切なさと、やるせなさが伝わります。
多分、きっと現実もこのような暮らし方なのでしょうね!

せっかく、高貴な家柄に生を授けていただいたのに・・・
生まれ持った特質を受け入れて貰えなかったのでしょうね。
どんなお子でも親ならば、愛おしく感じるはずなのに・・・
長所も短所もすべて愛情をもって接して育んでいくのが、本当の愛なのに・・・

かえって、一人の方が幸せになるような気が・・・

時が 経って...

今から、何十年か あと...。
色々な問題も 落ち着く所に おちついて、
本来の 清らかな日本、光の国に戻れたら、
その時...。
バイコさんのお墓に、こちらの詩にメロディーをつけた歌と、
パステルの淡い 絵を添えた「絵本」を
未来の 心優しい人、
どうぞ 供えてくださいな。

きっと、その時には
ほとんどの人達が 忘れてしまっているかもしれないけど。

この国が「最後の試練」を乗り越える時に、
あわれな人生を送った、「ひめみこ」にはなれなかったお方が
いらしたのです。
後に言う、「平成」の時代です。

なんだか

…みんなどこかへ消えてった
最後に残った可愛い人形
飾るお部屋が見つからない…

のうたと、重なります。

頭に乗せてる葉っぱが落ちた…の、あのうたです。

KUON様のリンク先
あんたたちもっと驚きなさいよ
の、姐さまも、皇室のことに触れておられました。

なるまさも、最終章なのでしょうか。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

モッコクさん。

ご両親も、ご夫君の方のご両親も、すでにおられないのですか。

いるかいないか・・どちらにも、どちらのよろこびや悲しみがある気がします。

母が生きていた頃、自分には早くから父がいないので、親との死別の苦しみを味わうのは一回、母だけでいいんだ、など、ぼんやり考えていたことを思い出しました。

親は、あってよしなくてよし。子も、あってよし、なくてよし。そんな風に実は、考えています。

みんな、違うのだから。あるものは大切にせねばな、とも、思うけど。

バイコさんは、フイクションの中の女の子ですが。

ぼんやりと、淡い美しい色の霧の中にいるようであってもいいんじゃないかな、と、書きました。

今まで私が書いて来た「ジャムのかなしみ」から考えると、両親は、ろくな晩年でないと確信できてしまいますので。

酷いことを言いますが、ろくな晩年でないと思います。だからバイコさんは、霧の中で。しっかりしろよ、親。そう言いたい。ミジンコの遠吠え。笑。

やまのこ さん。

山頭火は、孤独のまま死にましたが、本望だっただろうので、いいじゃないかと思います。自分で自分をわかっていただろうから。そういう人は、余計な延命だのしないで、静かに見送ってあげるだけでいい。内緒で言いますがわたし、場合によるアンラクシ、支持者です。

バイコさんは、明晰に「わかる」ことは、つまり苦しみに繋がるんじゃないかと、勝手に考えて、一番、さあれ、と勝手に(ここが私的には大切、不要なお節介はしたくないので)思うことを、思ってしまった・・・のだと、思います。

何も考えないで、桜が降る窓辺で・・喫茶店です・・・ぼんやりを楽しみながら、ジャムのかなしみに決着つけないとなあ、とか、考えていました。

タバコを止めてから一人で喫茶店に入る習慣を失くしていましたが、最近はまた、復活。喫茶店を、です。煙草は、今も時々、ふっと、ああ喫いたいと思います、でも吸わない。止める時たいへんでした。

ええわあ、一人でお茶。春休みで、家の中、孫どもの友達であふれかえっていたせいかもしれません。

もうすぐまた、学校始まってしずかになります。

メゾピアノさん。

そんな風に読んでいただいてありがとうございます。

メロディを・・実は、そんなお申し出を他の方から頂いています・・・が。

メロディつけるなら、冒頭から考え直さなきゃなあ、という気がしています。

これはあくまで、かつて先に書いた部分がある設定で書いた詩であって。メロディをつけていただくなら、これだけで独立した完成形(というほど大したものではない、と、付け加えさせてもらっとこ。笑)にしたいなあ、と。バラして書きなおしたいなあ、と。

思うだけで嬉しいし楽しいです。

バイコさんと、降り降る花をからめて、春の深い淋しさを、書きたかったのでした。

バイコさんは、親がいても淋しいだろう。

ぽちゃこ さん。

秋篠宮さまご夫妻は、宝塚へおいでになったようですね。

ヅカノの方々は、本当に、女性としてもプロ、という感じで、ただ素晴らしいと感嘆するのです

が・・・私は、そっちでなくて、ボクシングなんだ。

ヅカと格闘技は、両極と言われますね。私は、ボクシングが好きなばあちゃんなんです。笑。



アビさん。

皇太子さんは、愛子さんが「可愛い」と思います。父親にとっての、初めの女の子。相性最適でかわいいでしょう。愛子さんも「ぱぱ」をお好きなようですが、母親や叔母たちがそうするので、愛子さんは「ぱぱ」を、ナめています。

マサコさんだって、もしかしたら、愛子さんをアイシテイルつもりかもしれません。

愛子さんは、あの夫婦の間に生まれて来て、親と言えばあの夫婦しか知りません。今までは、こんなもんかで来たでしょうが、ごゆっくりのお嬢ちゃんはお嬢ちゃんなりに、違う、みたいな感覚を、今後、お持ちになるかも。

紀子さまのようなお母さまなら、自由にさせておいて伸ばすところと、抑えなければならないところの具合を、お子さま方のお立場に会わせてお考えでしょうが、ただカワイイ、だけのパパと、愛より妄執我執に近いと見える雅子サンを、他の誰でも無い愛子さんが、見て。感じて。

どうなるでしょうかしら。抑えが利かない育て方をしたのはあの夫婦。

人様の子育てをどうこう言えるワタシではありませんが。公人は、言われるのは設定内と考えて、言うわ、言うわ。笑。

どこの王様でも皇帝でも、一番コントロールできないのは、一番身近な我が子なので。

高みの見物ご一緒に、と、意地悪な事を云うくおん。

一人がいいか、どうか・・・わたしは、とにかく、自然な形に、と、感じます。あのお子さんのまま。

ここで言ってても仕方ないのですが。ね。

こより さん。

>>この国が「最後の試練」を乗り越える時に、
>>あわれな人生を送った、「ひめみこ」にはなれなかったお方が
>>いらしたのです。
>>後に言う、「平成」の時代です。

くーっ。効きました~。憐れで涙が出る、と言えば甘いですかね。

奈良には、三笠宮さまと双子だった妹さん・・双子だったので、生まれてすぐ離されて、尼寺でお育ちになった方がおられました。結婚して少し習ったのが、その流派のお花でした。

あの方の存在も、今では表に出ていますが、隠された「ひめみこ」さんでした。そんな方はきっと、そんなに珍しくなかったのでないかと思います。古い家というものはそういうあたり、バサッと残酷な部分があります。

科学の手を借りてまで生まれて来て。甘やかされたけど身の丈に添った養育を受けられなかったお子さん。オワダの皇室乗っ取り計画が破たんした元にされて、チェスのコマみたいに扱われて。

せめて静かで刺激の少ないくらしを、など、抹香臭い自分になっていた気もします。お若いうちは大変かとも想像します。これから以後が、です。

さぶた さん。

シャンプーさんのところの、あの不思議なうたですね。

特に意識したのではないと思いますが。親から離れた方が、という思いはあり。でも、子って、親を憎んだりしても、切り離せないともわかっている気がしますし。

親がみな、産めば親、というわけでないから。

手相見姐さんは、確実なことを書かれますね。随分厳しいことを書いておられましたが、私、丸ごと納得しました。人間の世界のことでないから。

ナルマサの最終章・・・そんなことだあったら、どんなにいいか。

恥をかかせず・・それは難しいが大切なこと・・切れればいいんだが。

本心書けば、実際にそこにいる人が切らないものは、腐って潰えても仕方ないのだろうな、とすら、考えています。自分で守らなければダメなんだ、という気分。

秋篠宮ご夫妻のことを考えると、複雑ですが。

いろいろ、複雑な思いを内包しつつ。春です。笑。

ヒミツのコメントさん。

遅くなりました。

お返事の代わりに、あなた様のところへ書き込みさせて頂きました。

また行かせてもらいます、いらして下さい、お近く同士みたいですし・・・住処も考え方も。

どうぞよろしく。

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

履歴書の書き方の見本さん。

覚えていますよ。二度目ですね。ユニークなHNで。

読んで下さってありがとうございました。

また、いらして下さいね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/1530-f50e935f

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (64)
ゆれ・ふら・とーく (136)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (62)
今の思い (240)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (5)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (89)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (15)
美しいこと (30)
厚かましい話 (57)
おそろしいこと。 (55)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (1)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (35)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (11)
みんなのうた (10)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


三好達治『乳母車』

母よ――
淡くかなしきもののふるなり
紫陽花いろのもののふるなり
はてしなき並樹のかげを
そうそうと風のふくなり


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


三好達治『乳母車』

母よ――
淡くかなしきもののふるなり
紫陽花いろのもののふるなり
はてしなき並樹のかげを
そうそうと風のふくなり


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん