FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. ゆれ・ふら・とーく
  2. tb: 0
  3. cm: 14
  4. [ edit ]

窓あけて窓いっぱいの春   山頭火


<春の園遊会>羽生選手、葛西選手ら招待

 宮内庁は、天皇、皇后両陛下が主催する春の園遊会の招待者を発表した。ソチ五輪のフィギュアスケート男子で金メダルに輝いた羽生結弦(はにゅう・ゆづる)選手や、スキージャンプで二つのメダルを獲得した葛西紀明選手ら、約2500人が招かれた。また、東日本大震災後に両陛下が慰問に訪れた宮城県南三陸町の佐藤仁町長も招待された。園遊会は17日に東京都港区の赤坂御苑で開かれ、両陛下や皇族方が出席する。(毎日新聞)


4月17日。

両陛下もご招待の方々も花々も、笑顔の咲き盛るようなひとときになるでしょうか。

雅子妃殿下は欠席ですね。スキー静養前の、春のお彼岸・・皇室におかれては春季皇霊祭にも出ていなかったし。

4月2日の昭憲皇太后没後100年に際しての明治神宮での参拝もしていない。

19歳で世界の頂点に立ってなお謙虚、努力のひと羽生結弦くん()には不敬な申しようになりますが。

まさか雅子さんは、ゆづ君に会いたくて(見たくて)ドタ出はしませんな? 。後で娘に渡すサインさせてあげるわ、とか、脅しませんね? 。来たかったらウチへ遊びに来てもいいのよ、とか、かましませんよね? 。


>愛子さまは四年生から学習院大で開かれる
>英語セミナーに参加しており発音は講師のお墨付きだという。

フライデー 2014年4月11日号の記事にありました。笑わせようとして下さったのですね。

学習院初等科ご卒業
愛子さま雅子さま
「6年間の奮闘」と離れ行くご学友たち


とか。フライデー誌は、ハイ、ウチは、はじめっから「おじょーひん」には無縁の週刊誌っすからぁ、、との自覚と決意に満ちているzassi であって、時々、不意に、無垢なジャーナリスト精神の発露のごとき記事を提供して下さっています。

見習いなさい、下品(げぼん)の東宮職職員の「A」。

正体は割れておりますのよ。宮仕えの息苦しさ、それはおありでしょうが、皇族に近いあたりに生息しているからって、あなたが「おえらい」わけでもない。

学習院を中途で去って行った「男児たち」の、その理由が「勉強への集中がそがれる」と、まっとうであったことも、改めて知ることができました。

「疑惑の卒業式」

出て来ております。

偶然愛子様が卒業式向かうところに遭遇できた(^^)

タクシーの運転手めっちゃテンションあがってたなー笑 pic.twitter.com/tEy5M9r

23:42 - 2014年3月17日


このツイッターの日付に何か。

3月18日に卒業式に向かう東宮一家の写真があがっていて、画面には、3人以外のどなたの姿も無い。

生徒のみでなく保護者の方々も三々五々集まって来ておられた(はずの)当日。どなたの姿も無く、朝、の感じも無い写真。

静寂のなか、おすまいの御所ではない方向から、3人が校門へ入ろうとする写真。数点。

以前から、卒業式の日の写真は、時間差がつけられて撮られているとは云われていました。

時間帯。日差しの向き。当日は春一番が吹いた日だったのに、スカーフが揺れていないとか、その他。私には確定できませんでしたが、髪型が微妙に違うとか。写真の修整の、うんとスリムに作られている、などの技術の問題は抜きにして。

このことを、どうしてそんなにくどくどしく言い立てる、とのご指摘も頂いておりますが。

前回、感嘆したとして書かせていただいた、今上陛下の「愚直なまでの誠実」。君子に二言は無い、のお姿。それを、天皇としての「おんありさま」と考えるなら。現・東宮とその妻、背後の魑魅魍魎たちの姿勢が、あまりにもおぞましく思われる、という、感情感覚の問題。実際に、あのひとたちがこのまま突き進んで行くとしたら、信ずるに値しないようなものどもを、アホ面下げていただく自分か、との、シンプルかつ重要な自問に突き当たるので。

他の方のことはわかりません。自問です。

公式な感じで出されて来た「東宮メモ」、してもいない返事を「した」とされてもいる、愛子さんは「敬宮愛子」と名を呼ばれ、「はい」と返事をして証書を受け取られたとか。も、ある。

それはやはり違っていて、式にも「遅刻」して赴き、教室で、一人、証書を手渡されたとか。

真偽はどうなのか、そう、教えて下さったお方がおられます。私は信じました。宮内庁より東宮職より、その方を信じられます。

謝恩会には実際、1時間ほど遅れて夫婦で現れ、おそらく他の方々の済んでおられるなか(?)完食したとか。

笑えます。ずっと、皇族は、ものを食べる姿はなかなか晒されないものだと、聞いていたしそう思っていました。

晩餐会などで、両陛下はじめ皇族方がものを召し上がっているお写真も出ていたことは無い。

周辺の公務員たちも足並み揃えて、嘘ばかりついている。

いつまでこの方式を通すつもりか。

いつまで、通すことが可能なのでしょうか。

本格的に温かくなって来ました。

東宮御所では、春のやわらかい風を、窓を開け放って通したり、しているのかな。



・・・来週はじめの学習院女子中等科の入学式。学校の内容など、少し読んでいたので、以下に。

基本的に中1から部活に入ることはできますが、部活動説明会(中1生徒全員対象)が行なわれた後ではないと入れません。

授業は入学式から数日間はガイダンスになります。学習院女子中等科・高等科についてのお話を先生からお伺いしたり、学校の中を探検したりします。

ガイダンスが終わると、通常授業となり、週6日制になります。水曜は5時間、土曜は3時間、その他は全て6時間授業です。

他のクラスとの合同授業になったり、特別に話し合いが行なわれることもあるので、下校時刻は日によってかなり異なりますが、入学式~八重桜祭までは最終退出17:30、八重桜祭~3月までは最終退出17:00です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


昭憲皇太后関連の話題。BBさんのブログより。

「昭憲皇太后といえば、思い出されるのがヤフオクに出品された扇に、160万円ほどの値がつけられていたあの事件を思い出しますね。

本物であると仮定した場合

象牙御紋付金蒔絵御扇子
※1869年(明治2年)8月25日の太政官布告第802号により最初の所有者特定

  【来歴・由来】

※1869年(明治2年)8月25日の太政官布告第802号により最初の所有者特定

昭憲皇太后(明治天皇の皇后)

    ↓皇后から宮家女王へ おそらく結婚祝

有栖川宮實枝子女王(※※有栖川宮威仁親王第二女王)公爵



現在雅子妃のお手元にあるはずのお品・・・。

皇室備品は個人には属さず、国家財産ですので、関わる人物によりけりですが、もし本物なら横領か、そうでなければ盗難。偽物なら詐欺事件で、いずれにしても一大事件なのに、警察がピクリとも動きません。

出品されたボンボニエールを手に入れた人の証言では、ボンボニエールは本物であったということですが・・・・・

売りに出されていたボンボニエールの表面には犯人の顔と、室内の詳細が写り込んでいるので、 警視庁の科学捜査研究所で解析すれば、即犯人は割れるはずなのに、警察はピクリとも動いた形跡がありません。

宮内庁では、調べると当初言ってましたが、その後忘れたかのように
無視の構えで、事件はそろそろ人の脳裏から忘れられようとしていますが、風化させてはならないと思います。

ヤフオクに売りに出された昭憲皇太后の象牙御紋付金蒔絵御扇子がもし偽物であったのなら、今回の昭憲皇太后百年祭記念「明治の皇后~明治天皇と歩まれた昭憲皇太后」展に、

雅子妃のお手元から本物の扇を拝借して展示の可能性もあるでしょうが、どうでしょうね。


あと気になるのが、雅子妃の第一ティアラで、2004年以来、
見かけません。こちらも、雅子のお手元に無事あることを祈ります。」


第一ティアラは、皇太子妃がお使いになられるお品で。ダイヤが3000個散りばめられ、不遜ながら時価に換算させていただくとすると、約一億円、とか。

お金にすり替えられる価値のモノでは無いはずですが、ここ10年来、表に出て来ない。ばらされた説まである。

お揃いの首飾りもあって、この2点を着けて雅子どんはあの世紀の結婚パレードに臨んでいたのでしたが。

どこへ行った? いま、どこにある?  ヤフオク画像に、オークションに売り飛ばすための写真を撮っている姿を残す皇太子・ナルヒト殿下、しゃらっとした顔で、ハットを手に、明治神宮で参拝してましたが・・・。

もう、皇太子妃なんかじゃない。返さなければ。本来、お手に渡るべきおん方の手に、渡るために。

業深き者。

業深きもの、なんじの名はマサコなり。BY オムレット。



スポンサーサイト





  1. 2014.04.03 (木) 15:15
  2. URL
  3. やまのこ
  4. [ edit ]

やんごと多すぎ

毎年同じ場所で学習院の謝恩会が行われるのは知っていましたが。と
他校の母親の愚痴。。。読みました。SPが多すぎ!
中に入るわけでもなく通路に立っている。
婦人用トイレの前にも居たのでしょうか・・・
いやですね。
  1. 2014.04.03 (木) 16:18
  2. URL
  3. さぶた
  4. [ edit ]

昔、父(○田シゲル)が、

うれしいこともかなしいことも○田シゲル

と、言っていましたが、まさか、山頭火のパクリとは…
亡くなってしまって、確認はできませんが(笑)

さて、園遊会
今年は眞子さまも出席なさるのかしら、楽しみだわ~。
羽生くんとお話なさる姿の映像がでたら、
東宮御所で大暴れする雑子の奇声がひびくかもですね。

卒業式もヤフオクも
画像でどんどん検証されていく。
ツイッターでもコメント欄でも、
告発する声が広がってゆく。

もう、誤魔化しようがなくなっている。

徳仁、全部ぶちまけて、楽におなり!

  1. 2014.04.03 (木) 18:57
  2. URL
  3. 坂井
  4. [ edit ]

川嶋辰彦さんでいろいろ検索して御邪魔しました♪

紀子さまは由緒ある家系図がおありだったんですね。

雅子さまは・・・・

私は「伊勢白山道」というブログをずうっと 2008年から読んでいます。

今日のコメント欄のブログ主の返答をみて いろいろと調べていたらお邪魔するに至りました。

http://www.lucifer2.jpn.org/index.php?indate_d=20131115110056


「森羅万象」
「柔訳 老子の言葉」
その他の本がたくさん出てます。

百聞は一見にしかず
ご縁のあることを願います。

また お邪魔させて読ませていただきます。
  1. 2014.04.03 (木) 19:25
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

やまのこ さん。

やんごと多過ぎ。いきなり笑った!。

明治会館と言うところで、謝恩会をなさるのですね。

で。SPが多過ぎて、他の方に迷惑をかける→かけて平気→その上に、防弾チョッキまとうとか、ほんとかどうか、言われて。

何がそんなに、こわい?。

ココロにやましさが棲んでいるので、無意識にも、外部からの「厄」を恐れずにいられない。

神官のこころとは遥かに遠い、と、思わずにいらrません。

私は老子の[水」に関する話をぼっと考えるのが少し好きで・・・詳しくは判りません、自分の感覚で、です。

上善は水の如し。これは、今上陛下のこと。

水は方円の器に添う。これは紀子妃殿下。など、勝手に想っています。

老子の、とても薄い本の中には、赤ん坊は寅をおそれない・・・寅は無心な赤ん坊を襲わない・・・なんてのもあって。

襲われることに怯えるお方の心は「無心」「虚心」ではないってことだな。

寅に出会ったら、自分だけ逃げるかな。妻子を、守って、庇ってさしあげられるかな。

あー、かわいそ。
  1. 2014.04.03 (木) 19:36
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

さぶた さん。

げ。〇の中の文字は、「吉」?、うわ、すげえじゃん。・・・失礼しました。

お父さま。ぱくったかどうかでなく、山頭火の漂泊の思いが、オトコの浪漫として、胸に滲みておられたのではないですか。

普通の真面目なオトコは、山頭火のようには生きられない…生きてはいけない・・・だから。

お父さま、愛おしいですね。

私が5歳の時に死んだ父。酔猪(すいちょ)なんて俳号を持っていたらしいですが・・・

「かたぐるま空の青さをいぶかしむ」

なんて句があり、このへぼ句が、父が、命の他に私に遺してくれた、」ただ一つのもののようです。

いいお父様だったのでしょうね。

>徳仁、全部ぶちまけて、楽におなり!

ここ、激しく同感です。

国民はそんなに、ムゲではないよ、と・・・思う。
  1. 2014.04.03 (木) 19:54
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

坂井 さん。

初めておいでいただき、ありがとうございます。

初めから「さん」付けで来てしまったおりますので、その点ご容赦下さいませ。

紀子妃殿下は確かに、しっかりとした家系図をお持ちのお方です。雅子妃は、そうではないようです。

他の方は知らず(私と同じ思いの方は多いと存じますが)、私個人は、雅子妃の出自が、もし言われているままのものであっても、ご本人が初めから、清澄なお気持ちでもって、東宮妃という立場になったご自身を自覚し、慣れないままにも難しい中も、いっしんに懸命にお通りになっておられれば。それが人目に理解されるくらい、おつとめを続けておられれば、少なくとも、今のような仕儀には至っておらず、「両陛下、国民、の気持ちも、いささか安らかだったのではないかと考えています。

20年間が無為であった、つくづく、それを思う。何かの思召しでそうであったなら、いかにどうでも、このままでは通りますまい、の崖っぷちまで来ていれば、大いなる力が働いて、と、楽観する思いもあります。


ご教示いただいたところへ、飛んで、読ませても頂きました。えらそーにあれこれ言うておりますが、私、系統的な学問をしておらず、自分に興味のあるあたりを、あれこれ、のぞいて摘んで、の日々を享楽している身でございます。

せっかくですから、もう少し、読ませて頂こうとは考えますが。

不動の自分。ここは、簡単にどうこう申せません。私は毎日、揺れている。

意味が違っているとは承知ですが、還暦を過ぎた時に、けっしんしたこと。

体には世のしがらみが、あれこれ、まつわりついている。それは、前向きに受け止めて行こう。

でも、心の中は、頑固に、自分だけを自分の王として、あくまで自由でいよう、いたい、と。

誰の、どんな支配も受けたくない、と。

結論のあることではございませんが、そう、考えながら、ゆらゆ~ら、日々を、楽しませていただいている者です。
  1. 2014.04.03 (木) 23:11
  2. URL
  3. アビ
  4. [ edit ]

KUON様
毎日、更新ありがとうございます。
楽しく、読ませていただいております^^

皇后陛下を初めてお見かけしたのは、私が中学生の時でした。
夏期講習の帰りの車中で偶然に、隣のホームの車中で天皇陛下とナルさんを膝の上におかれ
とても美しいお姿でした。
私達は興奮して、一斉に手を振りました。
その時も、すぐ気づいていただき、中学生の私達にも笑顔で手を振って下さいました。
本当に、お綺麗で美しい妃殿下でした。

その後、時がたちいつしか皇室への関心も薄れ日々の暮らしの忙しさに追われていた
仕事帰りのある日、家の近くの歩道に警備の方が間隔をあけて立っておられ、
「今日は、どなたが来られるんですか?」と何気に聞くと
「天皇皇后両陛下です」と穏やかな答え
私も歩道でお出迎えいたしました。
お歳は召してもとても、お綺麗で美しく優しさが溢れているお姿に、自然と涙が溢れている自分に驚きました。
両陛下は沿道の人々に隔たりなく、反対側の歩道の人々にも、手を振り国民にこたえて
おりました。
丁度、マスコミの美智子様のバッシングが、激しい時でした。

場所的に、皇室の方が良くお車で通るのです。
警備の警察の方も、天皇皇后両陛下の時は明るい表情で・・・^^


現、東宮にはなんら気持ちもありませんから、私はすぐ立ち去りますが!
犬のお手ふりの写真を見たとき、カメラ小僧の写真を見て幻滅どころか怒りすら感じました。
なんとまあ~
ナルサン車の最後尾の席でニタニタ!
誰も注意もしないのか!
一般庶民だって、外に出れば夫をたてるのに・・・情けないお姿!

本当に第一ティアラは何処に・・・
とんとお見かけしませんね~









  1. 2014.04.04 (金) 00:59
  2. URL
  3. こより
  4. [ edit ]

こんばんは。

いつも、深い内容の記事UP、ありがとうございます。
志の高い方々の ブログを訪れ、そのお人柄に触れる事は、
私にとって、何よりの「学び」と なっています。

コメント欄での、
アビ様と、KUON様とのやり取りに 勝手にもらい泣きしたり...(笑)。
何だか 、しみじみとしてしまいまして。
横から すみません。
お二人の 優しさと美しさに つい...。

「種田山頭火」の事も、もう一度 調べ直してみました。
学生時代、好きな俳人でしたので。
「孤独」を苦しまずに、むしろ「じっくり 味わってかみしめている」雰囲気、
自然を友としている所、ベートーベンを思い出します。
アルコール中毒の祖母の影響で、聴覚を失った彼も、その事を始めは
隠していたため、周りの人間が遠ざかります。
孤独の中、訪れた森...。
その森の中で、実は「孤独ではなかった」事に気付いた、その時に誕生したと
言われる「交響曲.6番、田園」。

「孤独のなかでこそ、感性は研ぎ澄まされるのかしら?」
...若い時、そんな事を考えたりしました。
和と洋の芸術家に触れて...。

.....春、入学式、園遊会 と、注目の行事も続きますね。
この度の「スキー静養?」のおかげで、より多くの国民が、
東宮一家の有り様に 疑問を持ち始め、単細胞的視点ではなく、
もっと シニカルな視点で、彼らを見つめる事でしょう。

宮内庁も、警察も、ネット上で 国民の疑惑や怒りは、十分に把握している筈。
大きな爆発となる前に、真実と向き合ってもらいたいものです。
神様が大きな鉄槌を下す前に。
←(実は、それを1番待っている!神様ぁ!!)
  1. 2014.04.04 (金) 09:13
  2. URL
  3. さくら
  4. [ edit ]

ねつ造された人格って苦しいですね。

く動物好きで優しい心と強い自主独立の精神をお持ちになり、おおらかな雅子さま。

こんな雅子さまが受けられた田園調布雙葉学園の教育方針とはどういったものだったのでしょうか。

「徳においては純真に、義務においては堅実に」これが校訓であり、雅子さまの座右の銘でもあります。だれに対しても、うそのない真っすぐな心を持ち、やるべきことを努力と責任を持ってやり遂げる人になるように、という意味です。

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」これが雅子さまのもうひとつの座右の銘です。謙虚さが無ければ本当の賢さはないということをこの学園で学んだと恩師に語られています。

ある卒業生は、「与えられた状況のもとで、精一杯努力すること。一人一人が神から授かった能力を最大限に発揮することを教えられました。」と、話しています。

また、別の卒業生は、「「『地の塩』(塩が腐敗を防ぐ優れた特性を持つことから社会の腐敗を防ぎ向上させる者という意味)になれ。つまり、目立たないけれども大事なしっかりとした存在になれ。と、繰り返し教えられました。」と、話しています。

くおん様、自分でない人生を歩むことって大変ですよね。もうよろしいのではないでしょうかね。皇太子さまもご自身の言葉があれが本当ならお守りするためには家族でそろそろ身を引くという最後に残された賢い選択をするのも、自分のため、国民のため、皇族としての最低の仕事とも思えるのですが。雅子様、あなたはこんな人でしたか?もしそうなら今のあなたはいったい誰なの?と思える過去のものがありましたので貼りました。

  1. 2014.04.04 (金) 14:15
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

アビさん。

皇族をお見かけすること多いあたりにお住まいなのですね。ナルさんはシカト?。笑。

私も皇后陛下を、かなり至近距離でお迎えして(5メートルくらいでした。警備の方々もゆる~くて、笑顔だった)皇后陛下は、お座りのまま、懸命に手を振って、わかっていますよ、ありがとう、という感じで、気持ちをクロスさせようとして下さってる感じで。私は泣き虫なのですが、だ~っと、涙をこぼしてしまいました。自分のことなど無い方だと、あの時は実感しました。

今はお苦しい、でしょう。面立ちが変わってしまわれました。あほ長男のことさえ無くば。それも、人知の及ばぬところか・・・。人間には苦しみが付き物なのですかね。

最近では、ナルさんが後部の荷物置き場にいるのは。愛子さんが雅子サンの隣でなきゃあかんから、とか。例の、腰を支えるシートを雅子の隣に付けてるからとか。そんな意見もありますが、それなら、皇太子が前へ坐り妻子が後ろにいられる仕様の車に乗ればいいのです。どうということは無いと思う。もしくは、今のままでも仕方ないと思わせる・・・思うわけにはいきませ円ね、それは、ダメだわ。

雅子夫人の「亭主」でなく、日本の東宮殿下、一応。取りあえず。今は。その畏敬の念さえ捨ててる妃は、即、廃止されるべきでは。

ま。そーかそーかの皆様への恣意行為と見るのが妥当と、今では思っています。

とことん、やられちゃっているのです。それが続くと思うなよ、と、お腹の中にギラリンと、言ってやりたい言葉を秘めつつ。今日も食べ過ぎてしまったくおんです。泣く。

テイァラは、出していただきましょうね。これも、きちんと、あの、そのものを。黙っちゃいないぜ。
  1. 2014.04.04 (金) 14:27
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

こより さん。

こころ深くも無く志とてさしたるものは無いのですが、醜く害あるものはイヤだわ、と、強く思いはあります。

知ってより。このまま花畑のばあちゃんでいたくない、と、思いました。身の内にたぎるものを感じましたよ。はやばやと息切れして、もう、残生は残り試合みたいにも感じていましたのに。

今は、ぜんぜんそんな感覚無し。皆さまと、ここで、お会いできましたし。

交響曲第6番「田園」。穏やかな美しい。苦悩も悲しみも感じさせない崇高な曲。抜け出て書かれた曲。としとってから、やっと。クラシックにも触れるようになり・・・好み激しく狭いですが・・・人間ってすばらしい、と、肯定的にいろいろ、考えるようにもなりました。

何もかも。うたも、書くことも、投げ捨てた歳月がありましたが。うたや、胸に滲みる曲や、絵画に感動しながら生きて今が、本当に幸せです。

東宮夫婦の廃嫡が成れば、世の片隅にいるだけででも、望むことは(そんなには)無い、くらい。今は。

大きく醜い塊に、退いてもらわねばなりません。

これも、ある年齢に達してから意識するようになった、わたしの愛する国、日本のために。害虫は駆除。

  1. 2014.04.04 (金) 14:50
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

ヒミツの〇ーさん。

別に、逸れたこと書いて下さってもオーケーです。私も脱線の名手とは、ご存じでしょ?。性の底、善なる者は、何を書いても佳し。ソクラテス。嘘で~す。

あの女性のことは・・強弁しても、違うものは違う、ダメなものはダメ、なんだと思いますけどね。

否定されずに生きて来たのかな。そこそこ可愛くてオベンキョも出来て。ああいうタイプ、おられますね。けっこう、男性方が甘やかすしね。それは仕方ないかも。でも、ブーメランが戻るのも自分だから。
泣かずに会見、できるかな。お手並み拝見。女は、割烹着なんかに騙されてくれませんよ~。わたし意地悪。

雅子さんは、学歴は(も)はりぼての捏造です。東大へは特別枠で、少しいた、ことにしただけ。ハバドもフツウに行って普通に出たのでも無い。オクスフォードは、税金で行かせてもらって、結局、普通には何もしていないです。自分がそれで「出た」「出た」言えたので、お嬢さんにも可能、と、踏んでるのかも。それで通ることもあるかも知れないが、実際、世の中では、総て、通らなくてバレてる。嘘はバレるんです。ばれない嘘をつき続けるには、努力と根性が要る。雅どんにそれは無い。自分の嘘に対する誠意が無いんですよ。

嘘をつくでもマジメにやれ、ですよ。笑。

学校出てから。社会へ出てから。何が出来てどんなことを通すか、だと、学歴に縁の無い私は、思います。

早いこと大人になって残念、と思ってたこともあったけど、今、気がついてみると、ぜんぜん大人じゃない。なんでしょうね、これ。

いろいろ、あれこれ。また、いろいろ。ね。吐きたいことは、吐くがお楽なようですよ。何書いてもオーケーですよ。
  1. 2014.04.04 (金) 15:16
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

これまたヒミツの〇さん。

そこのラーメン、食べたこと無いんですけどぉ。ラーメン、美味しいのなら好きで(当たり前か)こってこての、天下一品(関西限定?)のこってりを愛食してたが、最近、トシのせいか、以前より元気に食べられません。体調トトノエテ、お昼にしか無理。夜に食べてしまうと眠れない。でも、あああ、美味しいんだよお。

そこのラーメン屋さんを検索したら、

「さてどちらへ行かう風がふく 山頭火」

だって。ありました。やっぱり。笑。

オトコ(のあるタイプ)は山頭火や放哉に憧れるみたいですね。放浪、漂泊、自由。んなら、子ども作るなよ、と、おんなは現実に生きるしかないから。子ども連れて野宿してごらんよ、って、なりますから。はは。

大地主の息子で。10歳で母親が井戸へ飛び込んで死んだ。

早稲田で学び、成績は良かった・・結婚し子も得た・・・夫として父としては生きられなかった、生家は何やかにやあって没落した、弟も自死した・・・途中で、別れたツマのもとへ、何かあったら逃げて行ってた・・・甘いわね・・・勝手ですね、お二人の・・・56歳で没しました。今も、大きな生家跡が残っているようです。

それはともかく、読んでいるとうっとりします。それが多分、自分には大切な事・・・。

けけ。あ。

  1. 2014.04.04 (金) 21:11
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・