FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 今の思い
  2. tb: 0
  3. cm: 4
  4. [ edit ]

誠実とか。愚直とか。

汚水オタクを自称するうちのぢいさんも「応用化学」のヒトです。汚れた水を受け取って、あれやこれを使ってぐるぐるかしゃかしゃして、キタナイモンときれいな水とに分けるが一番のシアワセと言う。

おぼかたサンとやらを笑っていまして。私は、胡散臭いわどうでもいいやと思っていて。でも、あるサイトで「おぼかたまさこ」なんて揶揄されていて、なんじゃ? と、思っておりました。

「風に色をつかせるとき」というブログで拝見しました。

「小保方氏のマスコミに宛てた文章が、
雅子さまに似ていたのです。
でもまさかの…!
もう、びっくりしたのでご紹介します。

↓コメントで教えて頂きました。
やっぱり、小保方さんと雅子妃の接点がありました!

雅子妃のお仲間が探してきた療育の先生  岸野麻衣 http://www.geocities.jp/kishimai25/profile.html
論文 ・報告書 岸野麻衣・小保方晶子 (2007(平成19年3月)) 「お茶の水女子大学附属小学校・中学校:「連携型一貫」の実践」(国立教育政策研究所調査推進等特別推進経費による研究「小中一貫教育の課題に関する調査研究」発達班第1次報告書) P.43-48. 白梅学園の看板の両側の文字が。http://up.gc-img.net/post_img_web/2014/01/497e31bc9ed41e93b3b1d96f9efc5f81_14872.jpeg


上記のなかの「小保方晶子」さんは、話題の主の小保方晴子女史のお姉さん。引用を続けます。
 
↓以下、参照のため転載--------------------------
813 名前:名無しゲノムのクローンさん[] 投稿日:2014/03/15(土) 08:40:40.72
>791
・オボの実質的指導教員(学会発表などで名前を連ねる)

東京女子医  岡野光夫 (早稲田大学 応用化学科出身!!オボも応用化学科出身!!)
  ↓
アベの「成長戦略」の
「再生医療等基準検討委員会」の座長www

早稲田と東京女子医は「TWIns」という
「東京女子医科大学・早稲田大学連携先端生命医科学研究教育施設」で
手を組んでいる!!! オボはここで研究!!!

・早稲田総長 鎌田薫
 ↓
アベの「教育再生会議」の座長www

・下村文科相 ##早稲田大学教育学部出身### 雄弁会
「女性研究者育成、第二第三の小保方を」

767 名前:名無しさん@13周年@転載禁止[] 投稿日:2014/03/15(土) 17:28:26.53 ID:999999999

父:小保方一夫 三菱㈱常務理事・機械事業本部長

母:小保方稔子 帝京平成大学健康メディカル学部臨床心理学科長

姉:小保方晶子 白梅学園大学子ども学部准教授

http://www.mitsubishi-zaidan.jp/about/director.html
三菱財団 役員および評>議員名簿
理事 野依良治 非常勤 理化学研究所理事長

914 名前:名無しさん@13周年@転載禁止[] 投稿日:2014/03/15(土) 17:44:36.48 ID:999999999
>767

ああ、それで全体像が見えて来ました。
まず自分達の領域に関係の長を引き込む。
理研の長の野依氏を三菱G=創価系企業
三菱UF→創価のメインバンク
三菱商事→=創価の墓地は半世紀近くすべてここが商っている、腐れ縁
韓国三菱→小保方パパの勤務先

若山氏がどこまでこの裏組織を知っていたか不明。
三菱財団(創価G)が野依氏にポストを投げた(創価の餌)かは不明

ノーベル賞受賞者の野依氏が「焦心しきって」やつれながらも
犯罪者のバカに「さん」づけで呼ばなければならない理由がそこにあるね。
裏で全部繋がってる。恐るべし朝鮮パワー。


----------------------------------------------------

実はワタシにもよく解っていないのですけど、裏でなんやかんや繋がっている、ということだけで・・・。

話かえます。

テーミスなる雑誌を買いに、わざわざ遠い方へ、沢山本があると思って出かけたのに、その本を当店では扱っていないと仰る。探しても無かったので、もう一冊の目的本であった「Will」を購入。この雑誌は、私の情緒を安定させる働きをお持ちです。表紙に踊る文字だけでも。

「河野談話の実毒」「慰安婦調査報告書の嘘八百」「朝日社長インタビュー、断られるの記」「朝日の社説は狂ってる」「グレンデール慰安婦像撤去をついに提訴」「朴槿惠の無礼・無作法にこうして反撃を」とか、並んでいます。

で。高森明勅氏による

「ご結婚五十五年 天皇という過酷なご生涯」

も、あります。小野田元少尉殿の特集もありました。紳士であられました。

8ページにもわたる長い記述で、現・東宮夫婦の惨状を(勝手にですが)追いかけている身には、ふいに出会う涼風のごとき「あらまほしきお姿」に、と胸を衝かれる感があり・・・

順は置いておいて、両陛下のご成婚の成る前の記述の中の、こころ揺さぶられた部分を、今日、書けるだけ、書かせていただきたく。

ご結婚後、現・皇后陛下が東宮侍従だった黒木従達氏にこのように語っておられた、として。

たび重なる長いお電話のお話のうち、殿下はただの一度もご自身のお立場への苦情をお述べになったことはおありになりませんでした。また、どんな時にも皇太子とあそばしての義務は最優先であり、私事はそれに次ぐものとはっきり仰せでした」。

いわゆる軽井沢の恋、以後(素直に読もうと思います)日を経て皇太子殿下は美智子さんに思いを伝えられた。美智子さんは迷われた。当然のことだったでしょう。

旧皇室典範には「皇族の降嫁(結婚)は同族又は勅使に由り特に認許せられたる華族に限る(第三十九条)と規定されていた

皇太子の思いに対して、すでに昭和天皇の勅許が下っていたというが、ほんの10年前まで、この典範が生きていた時代のこと。


美智子さまにとっては、あまりにもハードルの高いことであった。皇太子妃となれば、家族をはじめこれまでの友人や知人と会うのも意にまかせなくなる。さらに、これまで普通に享受していた自由が、ことごとく制約を受けるのだ。

さらりとこう、高森氏は書いておられるが、私は個人的に、雅子とやらいう妃への、すごい当てこすりが含まれている気がしました。気のせいかしら。戻ります。

「たび重なる」とあるように、陛下はご結婚を強く望んでおられた。その祭「ご自身のお立場」こそが最大のネックになっていることは、誰よりも痛感しておられたんい違いない。

にもかかわらず、「ただの一度も」そのことへの「苦情をお述べになったことは」なかった。そればかりか、「どんな時にも皇太子」としての「義務は最優先」と繰り返し強調しておられたというのだ。


恐ろしいほど厳粛なご自覚をお持ちだった何よりの証左であろう、と高森氏は書く。

「実に無私にして誠実な態度を愚直なまでに貫かれたのである」。

しかも驚くべきことにーーといってはいささか語弊があろうがーー美智子嬢はそのような殿下のご態度に接して、初めて心を動かされたのであった。あくまで「皇太子」としての「義務」が「最優先」で「私事はそれに次ぐ」と断言されれば、普通なら腰が引けて逃げ出したくなるはずだ。ところが逆にそのことで、一旦は辞退されていたのを翻してご結婚をお受けになる決意を固められたというのだ。


当時、まだ二十四歳の可憐な乙女でいらした美智子嬢の目の醒めるような崇高で豪胆な、一種奇跡のようなご決断と言うべきではあるまいか。

そうも、高森氏は書く。

可憐な、よりも、ここでは「豪胆な」美智子さまに、関心が寄ります。本当のお嬢様は豪胆なものであると、信じているからです。

両陛下はそして、揺るがないお心で、初心を貫かれて、現在に至っておいでです。

ご長男殿下だってきっと、ご自身の結婚が、ここまで悲惨なものになるとは、予想しておられなかったでしょう。

そういうことを、やはり、考えてしまいます。

誠実とか。愚直とか。そういった、時代に逆行しているのかもしれない言葉に、魅かれて行きます。

時代に逆行しているのでなく、日本人が求めるのは、いつだってそういうもの? みたいな気分も大いにあって。

昨日、捕鯨の問題に関するニュースで、ハーグにいる(いた!)オワダヒサシなる人物を発見し。

今日のネットの画面で、なぜか、単に判事の妻でしかないオワダユミコなるじょせいが、傍聴席の一番前に座っていて、相変わらず人相の悪い姿で・・・を、眺めて。

納まりの悪い思いがしたのでした。


・・・お詫びです。何回か前に書いた「御堂関白記」なる書物についての一部分。漢字と旧仮名の散らし書き、なんて書いてしまいましたが、それは誤りであって、私が見た漢字・仮名混じり分は、例のあの、望月の一首に関するものでした・・・って、よく解らんこと書いていますね。恐れ入ります。ただ、愛子さんが「見た」のは、まるまる漢字ばかりの書面だったですよ、ということです。自分でも説明しきれていない感はありますが・・とにかく、嘘書いたことを恥じて、謝ります。悪意は無かったのに、とか、オボさんみたいなことは申しません。うへ。








スポンサーサイト





  1. 2014.04.03 (木) 15:05
  2. URL
  3. やまのこ
  4. [ edit ]

小保方氏

突然出てきたヒロインの高揚した顔を見て
あーあ舞い上がっちゃって~~いけずなオバサンの感想
化け学の知識はゼロ! ですが
板で読んだしがらみ?関わりから、やな感じでした。
白梅学園のあっちが創価高校?でこっちが朝鮮大学?は
見て はっとしましたが、、、分かりません
千葉の高校からAO入試で早稲田へ。学力より「小保方氏」の
人物のどこが優秀だったのか、まるでアノ方のよう。。。
昨日のワイドショーで同じ早稲田出身のゲストコメンテーターが
正論を述べていました。「普通はありえない」
あーぁ やっぱり普通じぁやない!

愛子さんはデザインとして漢字に慣れているのでは?
意味とかではなく・・・國重友美さん・・・
見た目の容姿からではなく「元禄時代」の文字からして
学力を伴う「漢字」ではないような・・・
私、「西夏文字」大好きですが意味は無知。見ているだけでいい。
読んだではなく「見た」事はあるのかも。カタログとかで。
  1. 2014.04.03 (木) 19:12
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

やまのこ さん。

私も「いけず」です。他にも「いけず」さん、おられます、いけず~ず。笑。

ああいう、目をパチッとあけて、お口をおちょぼにしているオンナノヒトは、要注意。偏見でしょうけど。割烹着には、オトコ・マスコミの、憧れも含まれて、それが破けてってとこもあると思う。

反論されるそうですが、見ものだわ、と、私は鉄板のいけず。

西夏文字。それ、なんじゃ? 見当もつかず慌てて調べ始め、ますますわからん、法華経?。

やっと、井上靖、「敦煌」、と、聞いた記憶のある言葉が出て来て、敦煌は映画も観た、昔・・・。佐藤浩市はよかったが(今の方がもっといい、でも私の(S)は、さとう、でなく、さなだ)ヒロインの、中川画伯のお孫さんとの触れ込みのハーフの、大柄な大味そうな女優が??でした。

私は、フランス映画に出て来るような女性が、ないものねだりで好きなので、あの、そうだ思い出した、中川アンナ嬢には、興をそがれてしまいました。

こういう視点でしかものを見られない・・・もう少し知ろうと、思ひます。興味が湧いたので。

「見ているだけでいい」  素敵ですね。ぜいたくって、そういうものだわ、と、思います。私も、歳時記を眺めたり短歌の本を眺めたりの時間が大好き。退屈しません、しあわせなので、そーゆー感じ、よくわかります。物欲ももう、無いですしね。

いいですね。愛子さんもそうして、好きなモノの中で、ゆったりとお暮らしになられればいいのにね、と、これは本心から考えます。





で。映画の中に出て来た、布に書かれていた文字が「西夏」の・・・覚えてないよ~。

もう少し、しりたいと思いました。


  1. 2014.04.04 (金) 01:17
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014.04.04 (金) 06:29
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・