KUONのブログへようこそ。

春なので~桜なので~

  

        

      逢ひたくて会へぬひとあり 会はざれば いまに会ふより 逢ひたきものを

      石垣を根は割りながら もののふの 去りし古城に さくら舞ひ舞ふ


     
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

おはようございます

 逢ひたくて会へぬひとあり 会はざれば いまに会ふより 逢ひたきものを

ふぁーーっと あふれました



  • 2014.03.30(Sun)
  • やまのこ
  • URL
  • EDIT

やまのこさん

同感です。胸をつかれました。『もののふの去りし古城』桜は黙って時代を人を見つめて咲くべき時散りゆく時を越していくのですね。青梅の樹は病の為に伐採されるとか伐る人伐られる梅、切ないですね。
  • 2014.03.30(Sun)
  • ぽちゃこ
  • URL
  • EDIT

あいたい人が同性であることが多くなっているこの頃です。
  • 2014.03.30(Sun)
  • さぶた
  • URL
  • EDIT

お借りします

ぼちゃこさま!
最後の青梅吉野梅郷行ってきました!
名残惜しく今年2回目の28日は満開でした。
それでも数年前より少なく、穴が・・・・
頑張れ青梅!!
さぶたさんと同じく! 同性。^^
「歓喜の日」に手がちぎれるほど振りましょう!
KUONさまと約束しました。

KUONさま
東京も桜が咲き始めましたよ。
奈良は吉野! 
良き知らせがありますように^^
  • 2014.03.30(Sun)
  • やまのこ
  • URL
  • EDIT

やまのこ さん。

こころが、ふわあ~っと、外へ広がって。

春はいいです。気持ちの襞が緻密に見えてくれる気がします。

うたは、感じて書きます。

感じて読んで下さると嬉しいです。
  • 2014.04.01(Tue)
  • KUON
  • URL
  • EDIT

ぽちゃこ さん。

秀吉の弟、豊臣の秀長の居城だった郡山城。桜がみごとなのです。

堀を隔てて見上げる石垣の、上の方の一部がみしみしと、桜の根っこに浸食されて割れているのを見た時の驚き。

桜の古木は、春の風を受けて、素知らぬ風に果てしなく、花びらをふり散らしておりました。

今年のうたでなく、春の終わりのいつの日に、詠んだうたです。


世界遺産にもなっている、奈良の春日原生林。鬱蒼たる森といえば一口で済みますが。

1000年を経ている大樹の根が、地表にむき出しになって絡み合って。

空気は、樹木の吐き出す精気に満ちていて。

何時間でも一人で、じっと。樹の中を奔る水の気配に酔っ払っていられる場所です。すごく疲れると、そこへ行く。

樹は・・樹も、いい。ちょっとナルっぽく。ナルさまではないよ。

  • 2014.04.01(Tue)
  • KUON
  • URL
  • EDIT

さぶた さん。

う~む。なんてお返事しましょ。ちょっと考えましたね、笑。

めんどくさいことを書くと、文字数の限られている短歌などの場合、普通に人に会うことは「会う」。「逢う」と文字を使う時は、単なる「会い」ではない、と言う、約束事がある、ようです。個人個人で違うかもしれません。

だから「逢いたい」といえば、普通の誰かが対象ではなくなり、なんかこう、ね、もにょもにょ、の感情を、籠めることが多くなる。

昔、むきになって短歌に向かっていたころ。仲間の一人に、うるさいおんながいてね。幾つか年上、真面目で良妻賢母で(と本人は思ってた)、良妻でも賢母でも、うた詠むこころになれば、いささかほんのりした感情も引っ張り出して来る。私は30代から40代、まだまだ、ばっちばちに「揺れる思い」も内蔵していた。現実に何をする必要は無いのです。

感じる。ときめく。それです。私は現実生活では、どさっとした気の利かない、ぜんぜん色気も無いもちろん艶めいた話になどぶつかったことも無い(ということにしておこう)、ちょっと可愛いかも、の「かば」みたいなおんななのですが。

だからこそ、モテなかった恨みもあれば、実生活で果たせない憧れめいた気持ちもある。でも虚構であるうたの中では、存分に繊細(風)にもなれるし、いかにも何かありげな風にもなり得る。私にはうたは、演ずるもの、力いっぱい演技をし切るものでもあって。楽しかった、ぞくぞくした、映画のあるいはドラマの中の人物になり切って、自分だけの言葉遊びに夢中になっていた。

それを、そのマジメさんが、目のカタキにしてさ。マジメさんは、好きな言葉が「鈍色(にび色・曇り空の色」でさ。夫と息子と娘と、ずっと続いていて誇りでもあったみたいな「貧しさ」と自分自身の主婦自慢しか、詠まないの。それもいいんですけどね。私は、辛気臭いやっちゃと思っても、彼女の世界は彼女のもの、ごちゃる気はないぜ、で、通したかった。日常に即した歌として、彼女は彼女で評価もされていたし、ほんと、ヒトが褒められても、気にならないの。自分とは違えば違うほど。

よろしいですわね~、くらい、言えちゃうわ。塾から帰る息子に、オダマキ蒸して待つ、とか。娘の髪を編んでやる、乙女さびてて感動よ~、とか。家族を詠むにでれでれで、私の美意識(そんなものもあるのよ)に反していたが、彼女は彼女。

自分の子や夜勤に疲れ果てた亭主のことなんか、よほど確立した世界まで上がっていないと。芸にまで達していないと。見せられる他人は迷惑なんだよ。これはずっと、言ってやりたかった言葉ですね~。ヤな奴ですね~、わたし。

そのマジメさんが私に、言った。私が、恋のうたを、ばんばんモノしていた頃のことです。映画の中に使われたこともあった・・・気がする・・・。

面と向かって仰った。「母として生きなさい」

切れたわ私。私、母でした、しっかり母だったと思う。ツマでもありました。ヨメでもあったし。中途半端なよそ見はしなかった。つまみ食いなどもってのほか。勝手に「思った」ひとが、いなかったとは言いません。

そして、自分の時間、自分のアタマの中、自分だけの世界の中で、突き詰めたい何かにムキになって焦がれる「私」でありました。

放っておいてくれ~。真面目おんなに雄叫びあげたかった。でも黙っていた。こいつに何と思われようといいもんね。分かり合えないんだ。解り合う必要も無い。わかる相手とは沢山の言葉も不要。こいつは、どうでもいい、私には。

何か長々とつづっておりますが。いいのかしら。

そのマジメの方が、うす汚かったんだよ、私の感覚では。

青空市場の手伝いに行っていた彼女。それは本当に立派。お子さん学費大変なようでしたし。

よく働く、間違いの無い、素晴らしい方だったと、それは本当にそう思う。で、ある日、草もちをうたに詠んでいた。なんだか知らんが、青空市場をしている男性が困っておられて、助けてあげた。そしたら、それから何か親しくなって、ある日、それはその土地で市場を出来なくなる前回のことのようでしたが、終わり際、大将(男性)が、草もちをくれた。売れ残りだけど、世話になったから、と。それもまあ、ウツクシイかも知れない話。

それを、パック入りのそれを、彼女は、夫にも子どもたちにも食べさせた。自分の気持ちが一瞬ふわっと浮いた、それが許せなくて、下さった草もちを、何食わぬ顔で家族に食べさせて、ミズカラをいましめた、そうなのだ。

ほお。大将、かわいそ。マジメ女史、ツジツマ合わせたな。私だったら、相手に、1ミクロンでも自分への気持ちの含まれてのものなら、自分だって一瞬だってホンワカしたなら、それは、やさしい秘密、でもいいわけや。人生のかけがいのない一瞬だった、かも、しれないわけや。一瞬でもいいではないですか。なかなか巡り合えない一瞬。

売れ残りの草もちって。ちょっと素材は(binbokusakute)残念にしても。自分の内部でかすかな輝きを持つ売れ残りさんにもなったわけや。誰がそんなこと、咎めよう。全然自分にその気が無かったなら、話が違って来るけど。

ま、私なら、家族になど食べさせない。全部自分のものにする。刹那のときめきでも、ありがとうと思う。

言い訳のようなうたは詠まない。どんなうただったか忘れたけど。

嫌いなおんなだったわ。説教ばっかりして来たわ。彼女にとってうたは記録だったって。それはそれでいいのよ、私に説教はしないで。

私にとって、うたは、誰が認めてくれなくても、作品。うたを詠む、書くときは、私は私、だわ。

って。ううううううううう。ナンデコンナ、ムキなことを書きましたかね。ちょっと気持ちが済んだから、このままにします。

さぶた さん。

逢いたくて、逢いたくて、どうしようもないひとが、おられましたのね。むかし?。

よいですね~。

ぢべた這いずって暮らしていても、時には花火も、見上げとうございます。



  • 2014.04.01(Tue)
  • KUON
  • URL
  • EDIT

やまのこ さん。

気の合う女同士、が、一番ですね。それは本当ですわ。がははっと。笑。

会いたい人がいっぱい。逢いたい、とも言えます。飾らない、このままの自分で。

本当に、いつか「歓喜の日」を迎えて。

一緒に手を振りましょう、叩きましょう、涙でぐちゃぐちゃになった顔で、よし、よし、こうよね、と、頷き合って、慶びを爆発させましょう。

絶体に来る、その日は来る。

・・・青梅の桜は大変なんだ・・・。

吉野の桜は、段階的に。奥へ、奥へと花の時期がずれて。

川に花びらが散って花筏。綺麗な日本語。そして、吉野の鮎は、花びらを食べるのです。

花びらを食べて、かすかにいい香りがするという・・・ほんまか・・・想像すると、想像するだけで満足なような光景です。

毎年、吉野まで、電車で行きます。足の都合で入り口だけ。

一人で行って、ああぜいたく~、と、幸せになって帰って来る。

今年も行こうと考えています。

  • 2014.04.01(Tue)
  • KUON
  • URL
  • EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ヒミツのコメントさま。

  鳴り継ぎし電話途切れて冷ゑしるし夜半爪を摘むまろきかたちに

こんなうたを詠んだ日もあります。全身で待っていた電話なのに、出られなかった・・・。で、もう親もいない女が、夜、爪を摘んでいるのです、丸い形になるように。

「道頓堀川」という映画の、邦ちゃん・・・真田広之演ずる・・・に、はまっていて。舞台になった場所を巡りました、道頓堀、水掛不動、川添いの喫茶店。

  ぎごちなき言葉ひとつにうなづきぬストーブの炎あをき傍へに

とか。へへ。それで、真面目オンナに説教されてた。

  四十億のひと在るといふこの星の一隅にいま君と抱きあふ

って、挑発して詠んだった。私は、自慢ですが、性格わるいよ。
  • 2014.04.02(Wed)
  • KUON
  • URL
  • EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

 海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
 夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

 海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
 夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
▲ top