KUONのブログへようこそ。

秋篠宮眞子内親王殿下 ご卒業に際してのご回答。

秋篠宮家の眞子内親王殿下は、今日 3月26日、国際基督教大学をご卒業なさいました。

それに際しての質問にお答えをくださっておられる内容を、以下に引用させていただきます。

 


 問1 大学卒業を迎えての感想をお聞かせ下さい。国際基督教大学で学ばれたことや英国エディンバラ大学への短期留学などについて、最も印象深かった出来事やエピソードを交えてお聞かせ下さい。


 (ご回答)

 大学生活が過ぎるのは本当にあっという間でございました。国際基督教大学では様々な分野の科目を履修しつつ、最終的にどの分野を専攻するかを決めることが可能です。そのシステムのお蔭で今まであまり触れることがなかった学問も楽しむことが出来、その上で自分が最も興味を持つ分野を決めることが出来ました。このように学際的な環境に身を置いて学習出来たことは、非常に恵まれたことであったと感謝しております。

 第3学年の折には、英国のエディンバラ大学へ短期留学する機会も頂きました。国際基督教大学とはまた違った環境で、英語で生活し英語で学習する経験が出来、又、普段の環境を離れることで自分の考え方を見直す良い機会にもなったと思っております。留学先で色々な方と知り合い、交流を深めることが出来たのも嬉しいことでした。

 大学生活4年間を振り返って見ますと、勉学のみでなく、友人や先生方をはじめ、人間関係に恵まれたことがあげられます。様々な考えを持つ方々と交流しながら学生生活を送ることが出来ましたことは大変良い経験であったのと同時に、素晴らしい思い出となりました。このことに大変感謝しております。また学習意欲の高い方が多い大学でしたが、それと同時に笑いと楽しい会話にもあふれた日々でした。

 学生生活の締めくくりといたしましては、卒業論文を執筆したことがあげられます。指導教授の方が大変熱心に指導して下さり、自分の興味のある事柄についてまとめることが出来ました。自分自身、完全に満足しているとは申し上げられませんが、その時点で出来るだけのことをしたつもりです。

 先に記しましたようにあっという間に過ぎた学生生活ではありましたが、周りの方のお蔭で楽しく充実した日々を過ごせたと思っております。何より、存分に楽しむことのできた、一生の思い出となる4年間になりました。

 

 問2 今後の進路と将来の夢をお聞かせ下さい。卒業後は公務に臨まれる機会もますます増えると思いますが、大学での経験をどのように生かし、どういった分野に力を入れていきたいとお考えでしょうか。公務に際してご両親から受けているアドバイスがあれば合わせてお教え下さい。


 (ご回答)

 今後、さまざまな公的な活動をおこなっていくことになると思います。今までもそのようなお仕事を受けさせていただくことがありましたが、基本的な気持ちは変わらず、声をかけて下さる方々に少しでも良かったと思って頂けるよう、可能な限り力を尽くすことが出来ればと思っております。大学では様々な分野を学ぶ機会に恵まれましたが、どのような分野に携わることになりましても、誠意を持って務めていきたいと思います。又、自分の興味のある分野に関しましては、今後も何かしらの形で探究していくことが出来れば幸いです。

 父からは、公的活動というものは、自分のしたいことをするのではなく、あくまで頂いた仕事に対して誠実に向き合うという意識を持ちつつお受けするべきであると前々から言われております。母よりは、公的活動のひとつひとつを丁寧に、そして心をこめて務める姿勢の大切さを、折にふれ、聞かされております。このようなアドバイスを念頭に置きつつ、これからもお務めをして参りたいと思います。

 

 問3 ご家族についてお伺いします。ご両親、佳子さま、悠仁さまと普段はどのようにお過ごしでしょうか。ご家庭でのエピソードをお聞かせ下さい。卒業にあたってご両親に伝えたいことや、今年成人を迎えられる佳子さまへのアドバイス、この春小学2年生になられる悠仁さまへのメッセージも合わせてお聞かせ下さい。


 (ご回答)

 家族全員が揃うことは食事の時が一番多いのですが、重要な事柄を決めようとしている時、アドバイスをもらいたい時等は両親に尋ねることが多いと思います。例えば今まで大学を決める際、留学先を決める際にも、まず自分で考え、その考えを両親に報告し、意見を聞いたうえで決断しておりました。大切だと思うことはコメントする一方で、私の考えを最大限尊重してくれていることに感謝しております。私が4年間有意義な学生生活が送れましたのは様々な方々のお蔭だと思っておりますが、両親の協力も欠かせないものであったと強く感じております。

 妹とは友人のような間柄で、家族の中では一番会話をすることが多いのではないかと思います。真面目な話もいたしますが、お互い面白いことが好きですので、話していて笑いが止まらなくなることもあります。今年の末には20歳となり節目の年を迎えることとなりますが、責任感も持ちつつ充実した生活を送ることが出来ればと願っております。

 弟は、最近ますます語彙が増えたようで、会話の内容も以前より広がって来ましたし、歌を一緒に歌うこともあります。加えて、元気に身体を動かすことが多いので、一緒に遊んでいるとその元気一杯な様子に自分の幼い頃を思い出すことが多々あります。折り紙や綾取りは私より上手ですので、教えてもらうこともございます。これからどんどん成長していくと思いますが、色々なことを吸収しながら育ってくれればと願っております。

 

 問4 秋篠宮さまは昨年11月のお誕生日にあたっての記者会見で、眞子さま、佳子さまの結婚について、「余り遅くなく結婚してくれたら良いなと思います」と述べられました。結婚の時期や理想の男性像についてどのようにお考えでしょうか。そうしたお相手はいらっしゃいますか。


 (ご回答)

 結婚の時期に関しましては、遅すぎず早すぎず出来れば良いと思っておりますが、理想の男性像というものは以前も申し上げましたように、特にございません。理想の男性像というと本人の中で普遍性のあるものでなくてはいけないと思いますが、自分の中にそのようなものがありませんので、お答えすることが出来ません。

 

 問5 女性宮家創設をめぐる議論は眞子さまはじめ女性皇族にとっては結婚にもかかわる問題です。現行制度のままでは結婚後は皇室を出られることになりますが、そのことに関してのお考えと、民間で生活することについて何か心構えなどで準備されていることはありますでしょうか。


 (ご回答)

 女性宮家についての私自身の考えに関しましては、父の考えとほぼ同じですが、制度についてのことですので、私からの答えは控えさせていただきます。ただし、将来どのような人生を送ることがあったとしても、それまでに学んだこと、与えて頂いた貴重な経験と共に、歩んで参りたいと考えております。

 結婚に限らず言えることですが、生活力を高めていきたいとは思っております。

(2014年3月26日10時55分 読売新聞)


ありがとうございました。

        今年の歌会始の儀の 眞子さまのおうた。

       新雪の降りし英国の朝の道静けさ響くごとくありけり

瑞々しく、溌剌として、コンサバティブ。と、読ませていただきました。


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

ありがたい姫君

不覚にも涙が出てしまいました。眞子さま素敵すぎます。秋篠宮さま紀子さまご立派すぎます。もう何年も前から相当のご覚悟で日本を守り続けていてくださるのだと。すべてを受け入れ身を粉にしていらっしゃるのだと。ど庶民にもわかる神々しさ。陛下に解らぬはずもなく。来たるべき日は来ますよね。信じてよろしいのですね。庶民ゆえ念を押したくなるのです。あるべきところにあるべきお人がと切に願います。
  • 2014.03.26(Wed)
  • さくら
  • URL
  • EDIT

心底、ご立派

実は大学の卒業式は留学していたため出席しておらず、ですが運良く大学院に進めたものの、仕事が忙しくなり中退してしまった情けない身分の私としては、「眞子様は本当に聡明で、感謝の気持ちもたっぷり持っており、誠に充実した4年間を過ごされたのだなぁ」と感じました。

皇族という身分だから、他の学生みたくバイトだコンパだデート(?)だとかいう「はっちゃけた青春時代」とは無縁であったものの、きっとそんなんどうでもいいぐらい、楽しい学生生活だったんだろうなー。

ガウンと帽子(あの四角いやつなんていうんでしょうね)も、素敵。

将来のことも、きちんとお考えになってお話されていて…なぜマスコミは彼女を報道しない(怒)。ま、新聞もテレビも興味なけりゃ見ないんでいいんですけど。

都内での仕事が多く、少しストレスを抱えていたなか、眞子様のことを見て、ほんわかした気持ちになれました。

ぢょし会(超ナイスなネーミング)なんですが、ワタクシ、「創価合唱団」の演奏会のピアニストをしなくてはならず、本当に行きたかったのですが残念です。
本当はすごくストレスが溜まるんですが、職業柄抜けられることが出来ず…
洗脳(笑)を避けるため、歌詞は意識して見ないよう勤めています…
今のところ「折伏」がないのが安心なのですが…
  • 2014.03.26(Wed)
  • pastora
  • URL
  • EDIT

眞子さま、素敵!

KUON様、
この、ご回答のUpありがとうございます。

動画での卒業式のお姿と(お声も聞けました)、幼い頃の海辺での
「海ヘビがいるわよねぇ、おとうさま」の
お姿が重なって、感無量でございました。

そしてこのご回答を見たとき、
本物の内親王のお姿を見せていただいたことに、秋篠宮両殿下に、感謝いたしました。

なにも小細工は、いりません。
眞子さまのお姿を、そのまま報道すればいいのです。
このご回答全文を、新聞.雑誌に掲載すればいいのです。

天皇皇后両陛下の伊勢神宮参拝の今日、
清々しい気持ちでいられます。
  • 2014.03.26(Wed)
  • さぶた
  • URL
  • EDIT

皇族のお姿

 最近はテレビのニュースも信用できない何かおかしい!!
そう感じ始め、あまりテレビを観なくなりました。
今日は、なんとなくテレビをつけtら

  ○天皇皇后両陛下の伊勢神宮参拝

  ○眞子内親王のご卒業

のニュースを目にし清々しい気持ちになりました。
これが本来の皇室のお姿だと改めて感じ入りました。
秋篠宮両殿下は実に立派です!!


眞子ちゃん眞子ちゃん…あの可愛くて可愛くて食べちゃいたいくらい可愛かった眞子ちゃん。

ワンコもうれしくて飛び跳ねた静養先での映像や、二歳くらいだったか出迎えの皆様の前で可愛いプリンセスそのままに深々とお辞儀をされたこと、海ヘビ~も愛らしかった。

佳子さまとお揃いのワンピースで駆け回っていたあの無邪気で愛くるしい眞子さまは、成長とともに弾ける笑顔を見せてくれることが少なくなりました。

思うことも色々おありだったはず。

ご聡明な眞子さま。
ご両親の良いところを丸々受け継いだ姫さま。

このたび鈴のようなお声を耳にし、あたしゃ嬉しくてたまらんばいっ!

眞子さまは神さまが遣わされた姫さま。
ご両親をお支えし、悠仁親王をお護りする姫さま。

高円にも東宮にさえもあんなに立派な姫さまを遣わされなかった。

神様は見ている。

とっくりトリオに髪の毛逆立てて(もちろん自毛)怒り狂っていた私だが
覚悟定まり腹の座った感のある堂々たる眞子さまを拝見しハッとしました。

大丈夫。
きっと大丈夫。

お口半開き内親王の衝撃のあとに、間髪入れずに眞子さまを登場させるあたり
神さまの遊び心かも♪

佳子さまもご成人、悠仁さまのお健やかなご成長で益々力強く光を放つ秋篠宮家。

両陛下の伊勢神宮ご参拝。

やっぱりなんだか力が湧く思いです。

白と黒
明と暗

神さまは示しておられる。

そう感じた夜でした。
  • 2014.03.27(Thu)
  • アラ50
  • URL
  • EDIT

さくら さん。

不思議ですね。花も嵐もそれなりに踏み越えて、多少のことは「ふん、それがどうしたい、何じゃい」と、荒々しくごわついた女の人に、なってしもうてる、と、自分認定しておりますのに。

美しいもの、清らかなもの、本当のもの、を、拝見するだけで、気前よく涙が吹きこぼれます。

伊勢での両陛下。まわりにおつとめの方々。雨の中、凛としてほっそりした身をしゃっきりとお立てになって、参道を歩まれる紀子妃殿下、そして、このたびの、磁器のような肌をお持ちの眞子内親王さま。

スポーツか何かくらいしか観なくなっているテレビで、そんなお姿を拝すると、どぱーっとね。

わが身より溢れいづるにしてはあまりにも透明度の高い液体が。もう、増税前のバーゲンセールのごとくも。

あれこれ、つまんないことも考えて、しな~っとなって来てしまう気持ちが、しゃん、と、なります。

自分でどんなに主張しても、既得権益にしがみついても、あかんもんはあかん、のか、と、思うことが、できます。
  • 2014.03.27(Thu)
  • KUON
  • URL
  • EDIT

pastoraさん。

学業半ばにして、仕事が忙しくなったから中退、なんて、ぜんぜん情けなくなど、ありませんやんか。

わが長女もそれで、学内の塔の時計がロレックス、なんて、象徴的に授業料たっかい学校に、三回の夏まで通っておきながら、仕事がいそがしくなったから大学はもういい、将来の仕事を探すために学校へ入ったのだから。とかの論法で、止めやがった。今も仕事は続行しています、から、まあ、いいか、と、アキラメルしかなく。もう、学歴でなく職歴の方に重きが行ってる。

お仕事続けておられるのですから、おーけーですやん。すばらしい。本気です、私。もあ、もあ、の精神もお持ちですし。とれびあん、だわ。

眞子さまは、本当に素敵な方と思います。まっすぐ伸びて、でも、阿呆な伯父夫婦がそばにいたりするので、世の陰翳のごときものも解っておられそうで。

全くストレートに回答されていながら、勘ぐって読めば、勝手に、あのイギたない夫婦が、特にツマの方が(オットの方は単にアホなだけなので)、自分は何もしないクセに「きいいいっ」となる能力だけは有しておるので、きっき、くちおしや~とか、なってないかなあ、とも、感じました。

自分にそれだけのネウチないのに、嫉妬だけはするヒトって、いますよね。芯からアホなんだわ。

アホに、アホに似つかわしい風が、びゅうと吹きますように。笑。雪崩も可。

ぢょし会は、今後も、続けて開催したいと思います。

一回目の方も、実は、真面目で有能な方に「助けて」コールして、べたっと甘えるつもりの身が、厚かましいですが、これからは、ぱあっと、楽しいこともしようと思っております。

お仕事の方、ええと、お励み下さい、その、なんというか。ストレスたまったら、早く吐き出すがよろしいでございますよ。お受けしますわよ。

  • 2014.03.27(Thu)
  • KUON
  • URL
  • EDIT

さぶた さん。

ほんとに、そうですね!。あのような方をお育てになられたことだけでも、秋篠宮ご夫妻は、大きな何かを救って下さった気がします。

拝見するだけで嬉しいんですから。わくわくしました。どきっe-420ともしました。

今朝のテレビでも、赤ちゃん時代からの映像を、けっこう流していました、珍しく。テリーは、何も言わんかった。アホやなあ、と、指さして笑ってやったわ。テリー伊藤。ひっくり返ったあかつきには、どんな顔するか。見ていてやろう。

>>>なにも小細工は、いりません。
眞子さまのお姿を、そのまま報道すればいいのです。
このご回答全文を、新聞.雑誌に掲載すればいいのです。

これが、わかっている人々の気持ちと思います。愛子さんを、わざわざに貶める気はありませんが、偽りだらけのあちらさんだけでない、こんな美しい世界だってあるって、見せて欲しい。文句のつけようが無いですやん。左手を上に、手の組み方も、少女の頃から完ぺきでした。

おとうさま~、海へびがいるわよ~、の、あの映像の、眞子さまの声、お父様の落ち着いた声。

動画、貼りたいですが、パソのどこかが私を邪魔していてね!。意地悪なの、パソが、わたしに! 。

今まで出来ていた、動画の貼りつけが、今、できないの。詳しい人が知ったらきっと、KUONこそあほか~ってレベルの、ことだと、思うのだけど・・・かなしい。

  • 2014.03.27(Thu)
  • KUON
  • URL
  • EDIT

アビさん。

私も、そんなご大層な皇室一番、ほか興味なし、ってタイプでも無い、全くないのです。

でも、やはりご皇室に対する思いはあって、それは、陛下や、秋篠宮ご夫妻のお姿に象徴されるようなものなのです。

テレビも新聞も、本当のことは、全く伝えていません。いろいろな方が、これについても書いておられます。KUONがリンクさせてもらっている方々のブログも、ぜひ、訪ねて下さったら、と思います。

個性はさまざまですが、本気で考えておられます、頭の下がるお姿です。

テレビや新聞は信じられません。そんなことも私は、三年前の地震の後くらいに、ようやく気付いたので、連日エラソーに記事書いてるのもお恥ずかしい次第です。

知ってしまったから、黙ってられないです。少しずつでも、本当のことを知りたい、知って頂きたいと、考えています。
  • 2014.03.27(Thu)
  • KUON
  • URL
  • EDIT

アラ50さん。

静かな部屋の中で、夜更けに爆笑してますのよ。スリー・タートルずに、あたくしも自毛逆立てて怒りまくっておりましたのが、伊勢と、眞子さまの画像、加えて遡って出雲の画像に、何かが降って参りました。

こりゃ~、そんな怒ってたら、血管はちきれるでぇ~、ぼちぼち行きや~、言うとるやろ~、と。

大阪弁の何かが、降臨・・・申し訳ない、後輪、くらい?。

紀子さまが初めて地味なワンピースで出ておいでになった時、びっくりした。当時は喫煙者だったのですが、慌ててタバコもみ消して、じっとテレビ画面を凝視した記憶が。

こんな方が(思わず敬語)まだ、日本に、生息しておられたの~、ほおお、すっご~い。そんな、俗な感想でしたが、意地悪にんげんワタクシ、意地悪な気持ちを持ち得ませんでした。

眞子さまは、正真正銘の内親王さまですが、紀子さまが育てられた本物って気が、します。

紀子さまは、生まれた時からきっと、今の妃殿下になるべきお方だった。私は、マジメ子ちゃんにはジト目を向けてしまう面もあり、心の底は今でもやさぐれている自覚あるのですが(ちょっと悲しいのよ)、紀子さまには全く、マイナーな思いを感じたことが無いのです。

変な作文書いてるごときになりましたが。

感じたことはそう、違っていないと思う。

>>白と黒
明と暗

神さまは示しておられる。

そう感じた夜でした。<<

そう、感じていたい。

ホントに、スリータートルずはもう、帰京しなくていいんですけど。

土曜日にまた、車規制して手ぇ振って、にへにへ、帰るのかな。

雪崩。ん・・・・・・。
  • 2014.03.27(Thu)
  • KUON
  • URL
  • EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ヒミツのコメントさん。

お申し出ありがとうございます。

また、連絡させていただきますね。るんるんですね。
  • 2014.03.28(Fri)
  • KUON
  • URL
  • EDIT

海外への留学素晴らしいですね!

皇族の方が教養を広げられるのは国民にとっても喜ばしいことですね。

ただ・・・・
公務だとか、世間体だとか、
そうしたことは忘れて
これからも一人の人間として学びたいものを学び
進みたい道に進んで欲しいですね。

息苦しい、慣習の犠牲にならないで
一人の人間として自由に生きられることを願います。皇族だからといって、どこの大学に行ったとか、どうして、一々、国民に知られなければならないのでしょうか?写真も勝手に出回っているし。
どれだけの息苦しさ、閉塞感を抱えておられるのでしょうね。 本来、誰がどこの大学で何を学びどう生きようと、その人の勝手ではないでしょうか?
私達国民は天皇家を敬うあまり、かえって天皇家の方々を苦しめてしまっていないでしょうか?そこだけ、心配ですが、素晴らしい大学にご進学できたようで嬉しいですね!

ただの通りすがりです。変なことを書き込んでいたら、何卒お見逃し下さい。
今日は少々疲れており、判断力がアレなので!
念のためお尋ねしますが、私は変なこと言ってませんか?
もし、公共の利益?っていうの?国家の利益?に反することを書き込んでいたとしたら、
このコメントは削除してください。私はただ、自分の意見を率直に言っただけです。
それでは!
  • 2014.10.31(Fri)
  • nigred
  • URL
  • EDIT

ちょっと待ってください、
さすがに上記の内容が公共の利益や国家の利益に反するとは思えないので
削除はして欲しくないです。仮にそれで公安組織に目を付けられても、
ただの不当な言いがかりなので、上記の書き込みに限っては、堂々と書き込ませていただきます。突然変な書き込みをしてしまってすみません。
  • 2014.10.31(Fri)
  • nigred
  • URL
  • EDIT

nigredさん。

過去記事へのコメントありがとうございます。どんどん書いているので流れてしまうといけないと判断し、先にお返事させていただきます。

勿論、堂々と書き込まれたものを、簡単には削除はいたしません。私は、ご本人のご希望による以外にはあまり削除をしたこと無いのです。

考え方の相違はあって当然とも思いますし、よほどのことで、私のところに来て下さる皆様方に望まない影響を与えるとなど判断しない限りは、置いておいておかせてもらっています。

これでよろしいですね?。
  • 2014.10.31(Fri)
  • KUON
  • URL
  • EDIT

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

 海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
 夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

 海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
 夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
▲ top