KUONのブログへようこそ。

ブログタイトル変えました。中身は変わらずKUONです。

今日のわたしは口汚くて。

両陛下、伊勢へご出発 20年ぶりに「剣璽ご動座」    


天皇、皇后両陛下は25日午前、20年に1度、社殿を造り替え、ご神体を移す式年遷宮「遷御(せんぎょ)の儀」を昨年終えた伊勢神宮を参拝するため、三重県伊勢市に向けて新幹線の臨時専用列車でJR東京駅を出発された。両陛下の神宮ご参拝は平成13年11月以来。

今回のご訪問では、皇位とともに伝わる「三種の神器」のうち、「剣璽(けんじ)」(剣と勾玉=まがたま)を携行する「剣璽ご動座(どうざ)」も行われ、両陛下に随行する侍従が黒いケースに入れられた剣璽を携えた。剣璽が皇居から持ち出されるのは、前回の式年遷宮後に伊勢神宮を参拝された平成6年以来、20年ぶり。

両陛下は26日午前に衣食住の神、豊受大神(とようけのおおみかみ)を祭る伊勢神宮の外宮をご参拝。午後には外宮から約4キロ離れ、皇祖神の天照大神(あまてらすおおみかみ)を祭る内宮を参拝される。内宮の正宮(しょうぐう)には神器の一つ「八咫鏡(やたのかがみ)」がご神体として収められている。27日は式年遷宮の資料を展示した「せんぐう館」などを視察し、28日に帰京される。
   
産経


天皇、皇后両陛下が25~28日、20年ごとに社殿を一新する式年遷宮があった伊勢神宮参拝のため、三重県伊勢市を私的に訪れる。これに伴い、皇位のしるしとされる「三種の神器」の剣と璽(じ、まが玉)を持参する「剣璽(けんじ)動座」が行われることになった。剣璽が皇居外に持ち出されるのは20年ぶり。

三種の神器は皇位継承の象徴とされ、歴代天皇に引き継がれてきた。剣は「草薙剣(くさなぎのつるぎ)」、まが玉は「八坂瓊曲玉(やさかにのまがたま)」、鏡は「八咫鏡(やたのかがみ)」。

ただ、皇居に安置されているのはまが玉のみ。剣は熱田神宮(名古屋市)、鏡は伊勢神宮に置かれ、いずれも分身としての複製品が両陛下の住まいである皇居・御所内の「剣璽の間」に収められている。側近によると、布のようなものに包まれ、中を見ることは許されていないという。
   
朝日


両陛下伊勢神宮参拝:「剣璽」を20年ぶりに携行


今回の両陛下の伊勢神宮参拝では、皇位の印として伝わる「剣璽(けんじ)」を20年ぶりに携行した。剣と璽(勾玉=まがたま)は鏡とともに三種の神器と呼ばれ、戦前は宿泊を伴う地方公務の際には侍従らが携行する「剣璽ご動座(どうざ)」が行われていた。

宮内庁によると剣と璽は2人の侍従がケースに入れてそれぞれ携行し、車で移動する際は専用車が用意される。両陛下の伊勢滞在中は宿泊する内宮の行在所(あんざいしょ)に安置される。

三種の神器は、鏡が内宮、剣が熱田神宮(名古屋市熱田区)に納められているが、代器として同様の鏡と剣が宮中に置かれ、源平合戦時や南北朝時代には所持が争われた。近代以降、天皇が地方を巡る機会が増えた後、とりわけ天皇の身近に置くべきであるとされる剣と璽の携行が慣例化した。

警備上の理由から終戦直後の1946年に中止したが、伝統を守りたいとの神道関係者らの要望で、74年の昭和天皇の伊勢参拝時に復活。その後、即位後初と遷宮後初の伊勢参拝時に行われている。
   
毎日


今日、東京を発たれた天皇皇后両陛下の、伊勢ご親拝についての幾つかの新聞の書きようを拾ってみました。

この期間に遊びに行ってる東宮家を甘ったるい言葉で書いている新聞も、何かぶん投げるみたいな感じで、と感じたのは私だけでしょうか。



私自身、いま消えて欲しいのはオバマとナルだぁ~っと吠えておられた「わがまま親父」さんのところで、つい、信州の純白の雪が溶けて云々、やがて降ってすべて(うふふ)を包みこ・・・んで欲しいもんだぜっと、本音を吐いてしまいましたが、この望みの同志の多いことにも驚愕。

いや、単にどなたも正直であられ、国を憂い愛しておられるだけではあるのですが。

どんな顔して春スキー。ほんっとに、胃酸過多になるくらい、イライラ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新たに、愛子内親王の超・優秀伝説を証明する! みたいな記事がどこやらに湧いている様子ですが。

正気か。マジか。それをそうやって言い続けて、結末はどうなる、現実に見えて来る「ほんとうの明日」を、どうする。

中学生になる女の子愛子さん。今までの、ある種隔離状態、なあなあ、まあまあ、を、力づくで押し通して来たやり方で、これからも行けると、なぜ思える。

普通の家から普通に通って来る女子のみ、140名だか150名だか、増える。持ちあがりの人数の2倍にも3倍にもなる。力関係ですでに、幼稚園小学校とは違って来る、批判精神が育ち、不正への目も厳しくなってくる年齢。女子中学生はシビアだわよ~。特別なお方だという愛子さんには、まず、自分がそれを「認めてやれる相手」かどうかの、審判が下される。容赦のない探究眼。

なんて書くのも虚しい話。愛子ちゃん、これから大変だと思うよ、優秀だと、何も知らないでいる親から聞いている「特別な子」の実態を、いまどきの女の子たち、どう、対処して行くか。

ご立派なお家のことだから、庶民KUONがはらはらする必要は無い。はい、そうなんですが、ぼっこぼこにされるさまが目に浮かんで。ゲンコで、ではないですよ、ゲンコなんかよりもっと痛い目に遭わせることが可能な武器を、頬の産毛も可愛らしいティーンエイジャー、少女たちは、持っている。

。。。藤原道長。なんでその人に関心を持ったか。

もう、どうでもよくなって来た。

あの、目の焦点もうつろ、唇を閉じることも忘れ果てているさまのお顔を、見ると、もうええやんか、という気になります。

道長なんて、名前すら、彼女の中には無いだろう。そうなんです、そう決めた。

ケリをつけるためにだけ書かせて頂くと。

「皇太子ご夫妻は、愛子さまの‘皇族教育‘にはそれほそ積極的ではないのでは、といわれてきました。

皇族教育も何も、ありがとうもごめんなさいも無いだろう、お辞儀をしたり毎朝起きたり歯を磨いたり顔を洗ったりも出来ていないだろう。愛子さんの、垣間見える歯は、しっかりブラッシングされた健康的な若い歯並びに見えない。歯の表面に、こすり落とされていない何かが造り上げた、甘い物で形成された膜のごときが見えている、きっと、奥歯には虫歯も沢山あるのではないか。

皇族教育とやらに積極的でないって。意味がわかりません。どんな教育にも熱心でない、放ってあるだけだった、物質だけは山盛りに与えた、一番手っ取り早くて簡単で、人の目につかせてそれらしく見せられるから。

髪の手入れもしていない。ねたっとしている。中学生になったら、それだけでハブにされてしまう要素ではないかしら。

道長じゃないって。そんな場合ではないんだって。誰と、手をからめて、腕だか胸だか触ってたって。

もう、うっすら、汚れた感があるではないですか。

簡単に汚れる女の子に、世間の目は、ものすごく冷たいと、私は、思っています。親が、その点を放し飼いにしているのだから、どうなってもいいじゃん認定、されてしまいますよ。うー。腹立つ。

続けます。

「しかし、実際には愛子さまは、ご自身の置かれた環境や、皇族としての役割について深く考えられるようになられています。

もし、このレポートを美智子さまが読まれたら感動されることでしょう。


どうなのかな・・・あまり、関わっておられないようですし。気にしておられるのでしょうか、国民の一部が、ぐらぐら、はらわた煮えたぎらせてるなんて、もちろん、ご存じ・・・わかりませ~ん。

感動されますかね。

で。

このレポートは、次のような一文で締めくくられている、と。

道長の人生は本当に幸せだったのだろうか。

・・・ううむ。

愛子さま、そう、お思いになられたのですか?。

幸せってなんですか?。

人生ってなんですか?。

愛子さまの、お幸せって、どんなことですか?。

藤原の道長の血は、ある時期以降の天皇のどなたにも流れている、とされる。

不妊治療の一つの方法をもって、この世に生を受けることになられたという話が、本当のことだとしても、その方法自体に問題は無いと私は考えるし・・それで救われている夫婦も多い、反対のケースについては今は述べません・・父親が皇太子であり、母親がその妃であることには、おそらく、間違いは無い。

となれば、愛子さんの中にも、遠い昔のその人の血が、流れている。

もっと遡れば人類は、アフリカ大陸のある地点に発生した一人の女性を、みなが、祖先とするわけです、そこまでは今は遡らないとします。

愛子さんの中の、父方の、藤原道長の血。もう一方の血は・・・。

きっとご先祖は苦笑しているね。時代、下り下って、よくもまあ、ここまで出来の悪い・・・出来の悪いのは仕方ない。ここまで品下った・・・下賤に堕ちた・・・それにつまり、俺は、

幸せだったのだろうか、と、問いかけられているわけだ、俺の人生が、幸せだったか、と。

放っておいてくれ、と、きっと、言いたいだろう。枯れ果てても貴族だった道長は。


虫のいどころのせいでなく、私の中のマイナー部分が今日は作用して、口汚いブログになってしまいました。

言うにことかいて

「道長の人生は本当に幸せだったのだろうか」だと。

お前にそんなこと言われたくない。誰の代筆にしろ捏造にしろ、そんなこと言われて同情されたくないんだよ、俺様は。

そう、道長氏は、言いたいんじゃないかな、って。ナルに流れた血は迷惑だろう、もちろん、防ぎようなどないのだけれど、ね。



口汚くてすみません。



スポンサーサイト

コメント

はじめまして~!

何年も前からKUON様他ふぶき様BB様のブログをよんでおりました。
雑子は婚約会見の時から嫌いでした!
やっぱりね~!な~んにも皇室の仕事はしないんですよね~
怒り心頭に達しております。
私は物心がついた時から親がS会の信者でした。
私は20才の時親元を離れ自立と同時に脱会いたしました。
脱会すると扱いがすごいです。今は親子・姉妹の縁も切ってのんびり過ごしております。
あんな巨大なカルト教団にまで皇室が目おつけられたら・・・怖ろしいです。
kuon様と同世代です。
日本が正しい姿の日本であってほしいと祈っております。

初めての投稿ですが、届きますように~^^

こんばんは

KUONさま、こんばんは。

>髪の手入れもしていない。ねたっとしている。中学生になったら、それだけでハブにされてしまう要素ではないかしら。

「ねたっとして」には、参りました。
ほんとですよね、他に表現の仕様のない状態で。

感性の鋭い女子中学生の口を、しかも大人数、塞ぐのは難しいと私も思います。
だから学習院は、得体の知れない(いや、知れた?)民間からの新入生を大量に受け入れたのかと。
こいつらの親がSO家だったら、よくよく子供に事情を含めてあるだろうと思います。
そんな風に育てられた女の子達が、どんな大人になるのか、うすら寒いものも感じます。
マサコ同様、それが親のすることでしょうか。

ところで、天皇・皇后両陛下が伊勢神宮に赴かれている間、秋篠宮殿下が「御名代」として
御所におられるのだそうですね。ホレ、あいつらスキーだから。
もう長野から帰ってこなけりゃいいのに。

今回のブログ、汚いなんて思いません。
墓の下の道長から感謝されてると思います。

ところで、「風が吹くとき」の作者は、
あの「スノーマン」の作者でもあったのですね。
そういえば絵がそっくりだったとか、今頃わかった私ですた・・・

大丈夫ですよ。

口汚いなんて...
もっと ハジけてもいい位、いっそ壊れちゃっても!
その位、あの御一家の有り様は 異常だから..。
KUON様の品格は、崩れていないと 思いましたヨ。

ただ、愛子様は「あはれ」ですね。
「お可哀想」「残念」とか、単純ではない感情。古語の「あぁ!我ー!」
色々な気持ちを 溜息と共にはき出す様な...。

お生まれになる前の魂は、きっと 沢山の素晴らしいお役目を抱えて
大いなる 困難をあえて受け持ち、輝きながら この世に降りて来た
事でしょう。
頭が弱い父親に、「親である事」「この国の象徴である事」の自覚を目覚めさせ、
罪多き血筋の母親には、
障害のある子供と向き合い、心から愛する事で、その罪の浄化のチャンスを与える。
神様は、あの御一家に 何度か救いの機会をお与えになりましたが、
本人達と、母方の父が 捨て去り、踏みにじり、
嘲笑うかのように 真逆の道を 突っ走り始めたのです。

あとに残ったのは、肉体と 魂の乖離した空っぽの箱.....。
薬を飲まされ、レストラン、スキー と連れ回され、
だらしない様子をさらし者にされ、
いずれは 崩れ去るであろう「ごゆーしゅー伝説」の、嘘の衣を
纏わされる。
なるべく 早い内に、自然の多い 落ち着いた環境で 薬の副作用を取る治療
そして、ご養生して頂きたい。
小鳥の声で目覚め、風や 草の匂いを季節毎に楽しむ...
そんな、人生の後半であって欲しいと願っています。

実は、私も初めての投稿!
つい最近出会って 大好きになりました。
よろしくお願いいたします!

アビさん。

初めまして。コメント下さりありがとうございます。

ご家族から抜けて、20歳の時から自立、一人で生きておられる。私の同世代で。

親子、姉妹の縁も切ってのんびりと、と書いておられますね、言うに言えない日もおありだったでしょう。私の娘は、その会のせいといって過言でない離婚を経験しました。本人の甘さ未熟が原因だったのは当然のこととして、ね。

ハネムーンから帰ったら、新居のリビングに、ふつだんが、で~んと据えてあったから始まって。

一人でしっかり戦って来られたアビさん、強くて優しい奥の深いすてきな女性でしょう。

これからも、また、コメント下さいね。

ちゃああんと、届いていましたよ、私を喜ばせて下さいましたよ! 。

藍色さん。

本当に思います「それが親のすることでしょうか」と。

Sかのお子が、沢山入って来ると言っても、すべてではないでしょう。しかし、分量が多いとするとそうでない子のいる場は狭くなる。そうなって来ると、あの学校は、まともな教育の場としての大事なものを完全に失いますね。

なんだか恐ろしい話ですが、潰れるものなら潰れてしまえ、と思う。学校に関しては。
白蟻にやられて、ぐっさぐさ、今でも。そうらしいです。

今日は伊勢も雨で、雨の中の両陛下の写真を見せていただきました、静謐の凛とした気が、写真からも伝わる心地でした。

あの一家が引き連れているおどろおどろしいものたちは、あの、清浄の場には、近づけないだろう。もう行かなくていい、とってつけたようなことをしなくていい、雷に打たれて、アタマのてっぺん、焦げてしまえと思う。中身も、です。

東京では、秋篠宮殿下が陛下の「ご名代に」。当たり前で頼もしいおんありようではございませんか。

雪崩を乞う声が、裏からも多くて。誰から助ける、とか。やんごとなきあたりは、最期らしいですよ。

憐れ。哀れ。あいご。

こより さん。

ようこそいらして下さいました。最近知って下さいましたか。大好きと言って下さいますか、ありがとうございます。

あぁ、我~。あわれ、あはれ、は、そうなのですか。初めて知りました。


>>頭が弱い父親に、「親である事」「この国の象徴である事」の自覚を目覚めさせ、
罪多き血筋の母親には、
障害のある子供と向き合い、心から愛する事で、その罪の浄化のチャンスを与える。
神様は、あの御一家に 何度か救いの機会をお与えになりましたが、
本人達と、母方の父が 捨て去り、踏みにじり、
嘲笑うかのように 真逆の道を 突っ走り始めたのです。<<

そうですね、どんな風に生まれて来ても、基本は、その子のせいではない。ごゆっくりでも・・という言い方そのものが既に「分け隔て」の心とも思いますが、あの夫婦(敬語無し!)の、対し方によっては、異なる世界が開けていたはず、との思いは、私も抱いています。

その気になれば、愛子さんを得たことで、違う道に習熟して、大きな何かの「輪」を作って行くことだって、あの立場の方にはなし得たはず・・・とか、実はもう、考えることが難しいです。

雅子サンの父親が、あまりにも、悪すぎる。あまりにもひどすぎる。皇太子には判断の力なく、どこで見ても、妻の機嫌を取り、媚びへつらう情けない身におなりです。

せめて〆は高貴なお方らしくと、甘い考えを以て記事を書いたこともありました。
本当に、そう、願いました。きりりと、凛として、ご自身がご自身に、引導を渡す。それくらいは、なさって頂きたい、とか。

でも、麻原某が、自分だけ助かりたくて隠れていた無惨な無様な姿に似て(これと並べて語っても決して不敬ではないと信じます)、上にある者の最低の責任感も自意識もお持ちでない。

どうなっちゃうのかイライラしますが、今日の伊勢での、陛下のお姿を拝すると、人間の思いの及ばない何らかの形が待つのか、と、期待し、そうでなかったらどうなるんだろうとマジで落ち込んだり、忙しい(何に?)日々です。笑、と。

またいらして下さいませ!。

私の言葉が足りなくて・・・

KUONN様
優しいお言葉ありがとうございます。

自立後、私の立場を理解してくれる人と巡り合い、結婚し
二人の子供にも恵まれ小学生になる女の子の孫が一人おります。
幼いころから、とても貧乏でした。
両親が働いていても貧乏なのだから、仕方ないとも思っておりました。
姉は高校に進学いたしましたが、私は中学卒業したら働けと言われ続けていました。
それでも、当時はすでに高校進学は当たり前のような時代になっており
定時制高校に通いました。
その時に、世の中の働く父親の真の姿を見た気がいたしました。
家族のために汗して働く男の人の姿をみました。
私が両親に対して不信感が15歳で芽生えた時でした。
結局、宗教活動が最優先(会合等ですぐ休む)の働き方をしただけであり、お金もないのに
財務(寄付)、書籍を沢山買い込んだり、民音のチケット等数え上げれば
きりがありません。

実にお金がかかる宗教団体だったのです。
姉は青年部の人と結婚しました。
両親、姉夫婦も学会の役職についています
池田D作とも、記念写真なるものもとりましたが、D作のあまりにも品のない
言葉かけに、幻滅しました。
一家和楽の信心といいながら、私の家には家族の団欒もありませんでした。
お金がなく、夫婦喧嘩の絶えない家庭でしたから・・・

私たち家族は宗教団体と言うより、集金団体だね~!と思っておりますが・・・

私は両親を反面教師として生きてきました。
子供たちの為に、私も一生懸命に働きました。

脱会をしたことにより、親からされた仕打ちを思い出すと苦しくなります。
思いだいたくもないです!

初めての投稿に、言葉が足らずですみません。
kuon様のブログの記事で鋏がとても衝撃を受けました!


アビさん。

言葉を足してもらって、よく解りました。ありがとうございます。

一生懸命通られて、今はお幸せのご様子。何よりです。よかった!。

いろんなことがありますが(わかったようなこと(言ってますが・笑)、幸せになったもん勝ち。

幸せと、思うもん勝ち。そう、考えています。私も、幸せですよ、今。

小さなことは気になさらず(コメントを下さるときに)また、いらして下さい。ね! 。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/1504-50c51170

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (77)
ゆれ・ふら・とーく (137)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (62)
今の思い (250)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (5)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (90)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (15)
美しいこと (30)
厚かましい話 (58)
おそろしいこと。 (55)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (2)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (38)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (11)
みんなのうた (16)
くおんの万葉集 (10)
くおんの万葉集・番外もあり。 (2)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん