今日も元気でいましょうね^^

返事の中までKUONです。

雛の宵。

久にうたなど詠まむとす。過去現在ゆれるがままに。

     官女たち五人囃を出だしゆく春まだ浅き冷ゑしるき部屋

         (かんじょたち ごにんばやしを いだしゆく はるまだあさき ひゑしるきへや 

     にんげんの手のまま女びな位置を据ゑとほき春よりそこなるごとし

         (にんげんの てのまま女雛 いちをすゑ とほきはるより そこなるごとし   

     湯あがりの臨月の腹さくら色 内にぼんぼり灯れるがごと

         (ゆあがりの りんげつのはら さくらいろ うちにぼんぼりともれるがごと)

     臨月の腹に触るれば確かにもわれの子の子の足が蹴りをる

         (りんげつの はらにふるれば たしかにも われのこのこの あしがけりをる)

     流し雛を見たることあり波に揺れ無表情にて流され行けり

         (ながしびなを みたることあり なみにゆれ むひょうじょうにて ながされゆけり)

     夫婦雛は波に置かれて来る波の来るたび距離の離れて行きぬ

         (めをとびなは なみにおかれて くるなみの くるたび きょりの はなれてゆきぬ)

     昼間見し女雛の髪のざんばらに泣きゐたる夢 見てより寝ねず

         (ひるまみし めびなのかみの ざんばらに なきゐたるゆめ みてより いねず)

     かの頃のわが体内に膨れゐし離婚の二文字 いま共白髪

         (かのころの わがたいないに ふくれゐし りこんのふたもじ いまともしらが)

     茫々と来たるものかな腕のうちに女孫を抱き雛祭する

         (ばうばうと 来たるものかな てのうちに めまごをいだき ひなまつりする)

  
     








スポンサーサイト

コメント

ひな祭り

子供の頃、母の嫁入り道具の仙台箪笥にお雛様を飾り
片付ける時に箪笥から落ちた。
家人が留守でトイレの小さな窓はから入り飛んで縁にぶつかった。
兄の自転車の後ろに乗り手を離して落ちた。
頭ばかり・・・。雛祭りになるとそれしか思い出せないのです。
今日は桜餅で少しおしとやかに~

やまのこ さん。

すっげえエピソード揃いですなあ。トイレの窓から・・・やばかったですなあ。昔風のといれでした? 違う? 自転車の後部座席に座って手を離し・・・何、考えてはりましたん?。冒険? 笑う。

雛の頃にアタマばっかり打ってた可愛い女の子は、今、怒りの女の人に。デモ(一揆)とかすると、秋篠宮家に飛び火する、とか聞くと、勇気が萎えます。がんじがらめで、好き勝手してるのは、あのカタがたのみ。

てっぺんから、それこそ、雷さんお願いするしかないのですか。ゴルフなんぞには縁がなさそうですね、ゴルフ場で雷に遭っても、不運、で済んじゃう気もします。芝生が可哀そうか。ああ、そうか。そこにいるキャディさんも気の毒・・・。そうか・・・。気が萎えますね。

今夜は、散らし寿司、茶わん蒸し、のオーソドックスで参りました。茶わん蒸しは、人数分より多く作ります、が、カンショク。桜餅もいただいて、お腹、ぱんぱんや。

もう、頭、打たないで下さいね。大事な映像脳、守って下さい。私に見せてくれるためにも(?)頑張って下さい! 。

仙台箪笥は、憧れ。

憧れ

娘の
腹がさくら色になり

われの子の子の足が蹴って

女孫を抱いて雛祭り……

そんな日を夢みています。

嫁入り道具に持たせようと思っている
娘の雛人形、
今年も我が家におります(笑)

早めに片付けて
娘が「かたづく」ことを祈ります。

嫁ぐ前 吾の欲しがりし 土器の雛 手の平のごと 包み語らう
…京都に行った時でしたねぇ←お茶を啜る 可愛い豆雛見て欲しくて。買ってくれましたね、あ・の・と・き・は。娘がいない我が家の肉食獣2匹、カツ丼とうどん食べ、私は豆雛相手にため息です。フリルとレースに憧れてたのにサッカー小僧の正装はジャージ。せめて孫は女の子と言っては「俺まだ19歳やけど」呆れられ挙げ句「オカン段々女捨ててるよな」…だから私は元々フリルとレースが(泣)

こんばんは。
深い短歌ですねえ。これも連句、でしょうか。

ところで、
「昼間見し女雛の髪のざんばらに~」に
何故か東宮のアイボを連想してドキッとしました。

すぐ近くに、祖母らしい愛情を持っておられる方がお住まいなのに会わせてもらえず、
アイボを金づるとしか思ってない鬼婆共が居る家の中で、今どんな暮らしをしているのでしょう。

KUONさんのこの句で、初めてアイボを可哀想と思いました。
こういう愛情を、一生かけてもらえず過ごすのでしょう。

三月の戻り雪?だったか、そんな言葉があったのかどうか定かではありませんが、
今週は寒くなるそうです。
風邪など召されませんように。

さぶた さん。

お嬢さん、まだ手元にいて下さってますか。それも、楽しまれたらと思う・・・と書くと、無責任?。

うちの長女は、ほれ、三十路超えて結婚したワイ、と安心してたら(次女が先でした)、やっほーって戻って来て。

子どもに対する期待係数は、年年歳歳ダンピングで下がって行って・・・でも、今も仲良しだから、いいかな~と、思っています。

自分も、胎動もう一度味わいたかったですが、子の子の、は、忘れがたいモノでした。

段飾りのお雛様は、ある時に、人形供養のお寺へお願いして来て、今は、ちっちゃい可愛いのが。

昨日のうちに、来年までのお休みを、願いました。

お嬢さんのお幸せを、この際わたしにも、願わせて下さいね。



ぽちゃこ さん。
京都で、豆雛買って下さったのは、当時のいい人、いまはダンナさん?。一緒におよめさんに来られた?。
息子二人は肉食獣。カツ丼うどんの世界ですか。もしかして、ぽちゃこさん、西原理恵子のファン?。私サイバラ、激好きですが。
>>・・元々、フリルとレースが…泣。
ここ、ごめんなさい、私は爆笑しました。ごめんね。でも、やっぱりまた読んで、笑う。ブホっ。
許されよ。すご~くわかる、とも、言わせて下さいね。ぶはっ。

藍色さん。

うたを読んで下さり、いつもありがとうございます。

一応「雛」「ひな祭り」をテーマにくくってあるので、連作、ということになるでしょうか。本来、長いモノを書くから始めたので、うたに関しても、連作してあちこちの方から、とことん言い尽くしたいと言う・・・しつこいヤツですわ、私。

ざんばらの髪の雛・・・なるほど、そう読んでくれましたか。言われればそう・・・とにかく、お澄ましのお雛さんと乱れ髪の言葉のセットって、何か描けそうで。

愛子さんは、言われるように、ごゆっくりが本当なら、あの方のそれが「ため」かも知れないと思います。うちの孫息子、同い年で、パソコンで、かなりいろいろ見ますから。大人の目の届くところでしか、見せませんが。普通、12歳って、そういうトシ頃・・・

3月の戻り雪。日本語は美しいですね。美しいはいいですが、寒いのはね。奈良では、東大寺・二月堂のお水取りが終われば春が来る、と、言います。今、最中です。

バレました?

西原理恵子さん、好きです(笑)『恨ミシュラン』は神足裕司さんとの共著でしたが、それがきっかけで。豆雛は相方が買ってくれた物で一緒に嫁入りしました。「憶えてる?」と聞いてみたら「おぉ。まだ持ってたんか」久々の和みの会話でした(笑)

ありがとうございます

KUONさまからも願ってもらえて、
娘の春も
「すぐそこ」ですわ!

ぽちゃこ さん。
サイバラさんは、一番好きな女の有名人(・・)かも知れません。鴨ちゃんのことも、苦しめられた人だっても、最後まで一緒にいて看取って。鴨ちゃんは彼女と巡り合って、幸せでした。バカだったけど。笑。バカな男って可愛いから・・・。私の感覚はそう、完璧に近いより、壊れてる方へ向く。
鴨ちゃんの命日近いですが、鴨の葬儀の日に、高須ドクターが言ってあげたこと。ニンゲンはDNAの舟で、鴨はもう、ガンジー君に乗り移っている、とか。優しい人だな高須タニマチって。今はラブラブってますね。先日、大金持ちの高須と付き合ってるサイバラが。彼女はきちっと線引きしてるが・・お互い今はシングルだけど、ご家族への配慮もしてる・・金目当てなんていう馬鹿もいるからね。自力で生きてる人に向かって、下司なこと言うやつもいる。
「ワタシは高須カツヤの肉体が目当てだ」って放言。カツヤ怒って(本気の怒りのはずないが・・彼は彼女にメロメロ、シモベでいいって言ってるし。笑。彼は69歳です)ってか、泣いて・・・サイバラ話になっても尽きません。でもアニメは嫌いなの。毒が消されてる。

さぶた さん。

「もうすぐ」??いいな。

うんとうんと、幸せになって欲しい、どこの子も、どの子も。ぐんぐん、幸せになって欲しい! 。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/1466-78e7c255

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (64)
ゆれ・ふら・とーく (136)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (62)
今の思い (240)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (5)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (89)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (15)
美しいこと (30)
厚かましい話 (57)
おそろしいこと。 (55)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (1)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (35)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (11)
みんなのうた (10)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


三好達治『乳母車』

母よ――
淡くかなしきもののふるなり
紫陽花いろのもののふるなり
はてしなき並樹のかげを
そうそうと風のふくなり


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


三好達治『乳母車』

母よ――
淡くかなしきもののふるなり
紫陽花いろのもののふるなり
はてしなき並樹のかげを
そうそうと風のふくなり


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん