FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. わははなこと
  2. tb: 0
  3. cm: 3
  4. [ edit ]

失言→辞任、あるならいいわね。。

週刊文春3月6日号から。

タイトルは・・皇太子54歳誕生日会見 前代未聞の「ご発言改ざん」騒動。

いろんな思想信条の方に読んで買って頂かなければならない週刊誌。今週は、国民の方へ傾いている風の、記事のつくりでした。

皇太子の写真についてるキャプション。

「雅子と共に」をくり返された。と書かれてる。他の写真では「趣味の登山を楽しまれる」とか。何か底意地・・・いや、そんなはずは無い、いやしくも東宮殿下に向かって

年始の皇居バルコニーの挨拶に帽子ぎゅうぎゅう頭におしつけて出た妃殿下の、視点不明瞭のお写真には

ご体調は停滞期に。

とあって。去年、5分10分「被災地訪問」して完全復活とまで書かれたヒデンカ、あれでつまり、今年の皇太子の「雅子と共にこうしたああした」アリバイできたんやった。

以上は既に書いたことですが何度でも書きます。ジャムの件もまだ未解決ですし

今日の本分は以下です。                    

「確かにおっしゃるように,雅子の状況も少しずつ良い方向には向いてきていると思います。それから愛子もこの4月からは中学に進むように,だんだん大きくなってきております。やはり雅子にとっても外国訪問が治療上も良いのであれば,そしてまた,愛子にとっても視野を広めるという意味で外国の地を見ておくことが良いのであれば,様々なことを考えて,今後ともどのような外国訪問ができるかということをいろいろ考えていく必要があると思います。実際,私たちもそのようなことをいろいろ考えているところではあります。

会見の締めくくりであったこの部分についてです。

・・・随分具体的であり、多くの記者が、両殿下はスイスご訪問に前向きなのだと考えたはずです。と、あります。

体調停滞期になってる雅子さま、今年の見通しも立っていない状態、それを占う意味でも、海外訪問は重要なイベントだと言える、と。ほお。

・現時点での最有力候補は、5月頭のジュネーブ行き、なんだそうだ。

・一切報じられていないが、実はスイス大使から招待状として、正式な外交文書である「口上書」が、既に送られている、そうなのだ。

↑2つの「・」は「外務省関係者が内内に明かしたこと」であり、同時に「外務省報道課はそのような事実はない、と回答している」ことであるのだ。外務省は、東宮職医師団のように「実は一人」ではないのだ。そうなのだ。そうか? 。

足して引いて、どっちがホントだ? 記事を追います。

スイスは「国連一家」とも言われるご実家、オワダ家にとっても縁の深い国、とある。国連一家って。聞けばすごいわ。はんにちいっか、って読むの? 

宮内庁関係者は、昨年のオランダ事件で返事さえせず伸ばしていたことで、政府関係者からも「在り得ないことと」批判された、その轍を踏まないように、スイスの件の公表の時期を、慎重かつ秘密裡に勧めようとしている、と。


・・・行かせるつもりか宮内庁。誰なんだ関係者。なんで秘密裡。ご皇族がただしくご公務に赴かれるに、なんで秘密裡。あれらが実は遊びに行くからか。そこでも「事件」になるからか。

被災地慰問より先に外国訪問検討というのがニュースになるのでは見場が悪いですから・・・宮内庁関係者。

だって。ストレートや、ここ。見場が悪い、だと。被災地の方、怒って下さい。

・・・引用します。

例年通り、誕生日会見の質問は、記者会が事前に宮内庁とやり取りするかたちで決められた。準備されていた5つの質問について、皇太子は用意されたペーパーを見ながら淀みなくお答えになった。

その後、関連質問として代表の記者から2つ質問し、アドリブでお答え頂いたのです。殿下は一言一句、言葉を選んで慎重にお答えになっていましたが、最後の最後で<実際、私たちもそのようなことをいろいろ考えている>と仰った。お心がそのまま出てしまったように見えました。やはり、殿下の中で、雅子さまと一緒に外国訪問をしたい、という思いが大きなウェイトを占めているのでしょう。


アドリブにはナルさんは、危うくなってしまったのですね。こうならせないための「前もって準備」だったのに

パリ訪問の可能性を考えた記者もいるらしい。去年の夏に雅子さまが参加された「DESD」。ナルの頭上に何やら不可解な角のような物体が付き出ていると、画像が一部で話題になったあのプロジェクト。参加された若い方々に対して含むところは無いし利用されたのが解って見ても辛いので、逃げた言い方をしますが、そのプレゼンテーションが今年8月下旬

「DECD本部のあるフランス。パリで開催されるのです」

って訳で。

ジュネーブか、パリか。皇太子ご夫妻のまなざしはヨーロッパに向けられている。それが、多くの宮内記者が抱いた感想だった、とのこと。

中のお一人くらいに、

そしてそのうち、いよいよ2人で「テハニーですか」と、突っ込んで頂きたかった。(KUON註:日本の皇太子殿下はお若き日、お妃さまはどのような方が、との質問に、ニューヨークのテハニー(もしかしてティファニー)であれこれ買うような方・・・が好きです、ではなく、そーゆー方はちょっと、と、質実を求める発言をしてしまっておられました。結果、今でもこうして揶揄られておられます)。

ここからです。文春記事のここからを書きたかった。太い字にします。



だが、会見後に事態は急転直下。東宮職は宮内記者会に対し、‘発言の追加‘を申し出たのだ。

「皆が千代田の宮内クラブに戻って来た後、東宮職から幹事社を通じて連絡があったのです。

「[関連質問 問2の会見録には、‘一般論として‘と付け加えて欲しい。記事を掲載する際にはその真意を汲んで書いてほしい」」という。つまり、発言は特定の国を想定した上のことではない、というのです。皇太子が発言を修正するなんて前代未聞。記者会では‘ご発言の改ざんになってしまう! という声も上がりました。けっきょく、全社一致で受け入れられない、と突き返したのです。


やった、いつもは知らんがこれはえらいぞ宮内記者会。kuonは何様エラソー発言。でもなんか、嬉しいから、ハクシュしてしまう。。いや、実は虚しいですよね、こんな小さなシアワセに、涙がにじんでしまうなんて(嘘)。

でも、よくぞ突き返して下さった。ありがと、と、小さくつぶやきます私。

やっぱりナルちゃん、アドリブでは、言うたらあかんことを言うた。やっぱり東宮職は、前代未聞になっても、事実隠ぺいをはかってしまうのね。

言うたらあかんこと=まさこさまに、これ言ってよ、と、ドスられたこと。お心がそのまま出た、とか記事にありますが、それは、雅子サマの心が、出てるの。ナルさまは、正しく腹話術の人形、ってオチですか。

腹話術の人形が、韓国行きますよ、中にもちかづきますよ~。

公なる人が前代未聞のマイナス方面の発言をすると、多くの場合、叩かれたり足引っ張られたり、発言撤回したりアタマ下げたりどげざなんてやらかしたり、さいごは「辞任に追い込まれ」たりなさってる。

ヤバい発言なさって、辞任、これ、いいじゃん。ひゃっほー、だわ。

もっと、前代未聞、なさって下さいませ、お願いします、皇太子殿下。いけてる展開。


号外。

愛子内親王様が、夜更かししてオリンピックをご鑑賞された。フィギュアの羽入選手をいたくお気に召され、クラスで、写真を手に入れるにはどうしたらいいか・・・など、言っておられたと。

夜更かししてテレビ見るも、朝、ちゃんと起きて学校へ行けば、たまのことならいいんじゃないかと思います。

12歳の少女が、まことスケートの王子様、羽生選手にときめかれるのも、あることと思います。私だって羽生君にはみとれました。

が、あられもない、という言葉はこういう時に思い浮かぶ。

公人である御身で、ときめくことは停められないでも、名を上げて「写真が欲しい」云々は、週刊誌に書かれてはなりません。お立場上、そんなことを機に接近を企む輩もいる、ことも、いずれ世間に出るお嬢さんには、お教えになられるがいいのではないか、と。

昭和天皇は大好きな相撲をご覧になっても、贔屓の力士の名は口からお出しになられなかった。公平をはかられたのことだったそうです。ご贔屓の無かったハズも無いと、不遜ながら思いますが。

皇后さまは時に、そうでもなかったようですが、それでも、あられなくは感じさせなかった。おつとめ第一でおられたので。(多分)。

誰かが愛子さんに、特別にサイン入りの写真などはからったり。ショーの前列の席を計らったりしたら、と考えると、自ら憚られることの乏しいお方とお見受けするので、・・・なんとも。

そういうあからさまなことをお控えになる不自由は、他で得ておられる多くの特権と、引換のものではないかと考えます。

愛子さんが誰かのファンでも、それはそれ。だーだかだーと、垂れ流されない方がいい情報と考えます。

羽生選手頑張って下さい、カナダでしっかり、練習励んで下さい! 。

愛子さんの親は、おとーさんがしたごとく、アイドルに特権的接遇をしたりしないよう、慎んで下さい。


とか、思ってしまいました。



リンクさせてもらっている「やまのこ」さんのブログに、小和田恒が中央で東宮御所の主であり、東宮はそばで、ツマに遠慮しつつ座ってる、という写真があります。ご覧になっていただきたく。
スポンサーサイト





  1. 2014.03.01 (土) 19:46
  2. URL
  3. やまのこ
  4. [ edit ]

読みました

昨日ですが最後の1冊でした。
全社一致で受け入れられない、と突き返したのです。ってありますよね。
なのに同日発売の「新潮」に無い。談合でしょうか?
「皇室ヤフオク事件」は新潮だけでしたね。持ちつ持たれつ?

勝谷さんが某芸能人の人種的な記事に対し「これ以上書いたら・・・」
読んだ事があります。勝谷さんは元文春次長ですから直に苦言?
全社と書いてあるのに出したのは1社だけって言うのが腑に落ちないです。
コレは大きく遠まわしに何かやってますね。
どこまで雅子の我侭が通るか、どこまで宮内庁が押さえられるか見ものです。

恥知らずの家族ですからね、他人の子供を出してきて「パパもー」
あの動画は「犯罪」と同等だと思うのですが、犯罪の多さに国民もマヒして
あざ笑うだけに、、、。国民を騙して平気で生きている事がおかしいのに。
あんな馬鹿こんな馬鹿って言ったり書いたりしても変わらない。
なんかおかしい。。。  熱でもあるのか? わたし。。。

あっ。宣伝ありがとうございます^^
  1. 2014.03.02 (日) 11:11
  2. URL
  3. アラ50
  4. [ edit ]

既にスイスからは「口上書」が来ている。


これ、入内前の雑子を思い出した。

お妃確定もしていないうちから「ありがとうございます」と小和田が公に発信したために、小和田さんにするしかなかったと。


スイスが「口上書」を出さざるを得ない状況を作り出すための小和田流の作戦。
  1. 2014.03.03 (月) 12:28
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

アラ50さん。

ブログと言えども、不特定多数の目に届いてる、この場。

私の胸に溢れかえってる「言葉」は、トイメンでしか吐けません。めっちゃ溜まって、発酵して、毒ガスが。わたし日々、汚されて行くわ、イヤだわ厭だわ。愚愚がにくい。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・