FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

はじめに考えていたこと

これを読んでくださるかたに感謝します。
コメントや拍手を下さることに感謝します。
頂いたコメントのうち数件が、自分以外には読めないところに、隠れているらしいので、そのことはお詫びして、早いうちに何とかします。失礼なことをしていて申し訳ありません。ほんとにわからないことが、沢山あるのです。

3月11日の地震は、私には、めまいのような感じでした。
めったに見ないテレビをつけて、緊急事態を知りました。茫然自失。テレビにかじりついていました。何も考えられませんでした。

水蒸気爆発が起きたのを、テレビで、その瞬間に見ました。
大変なことになったと思いました。
原発はもう、年月がたってくたびれている。ずっと以前に聞いていた「危ないこと」の話の内容が、一気に頭の中に来ました。そういう話を、ちらちら耳にする環境にはいました。しかし、ほぼ無関心でした。

放射能が大量に噴き上げる。
大変なことになったんだ。
放射能が噴き上げるんだ。あの、白い煙みたいなのは、放射能が散らばっているんだ。
放射能とか、放射性物質とか、同位元素とか、その区別もついていない自分でしたが、ヨウ素が暴れると大変なことになる、セシウムとかいうやつも怖いと、その程度の知識はありました。

家人に、頼み込んでいました。
前に聞いた、ヨウ素をとるっていう活性炭が欲しい。
なかなか、聞き入れてもらえませんでした。
どうするんだ、人に、どうやって使ってもらうんだ、つまりは真っ黒な炭だよ。
それでも私は欲しかった。
でもヨウ素が取れるんでしょ?。何度も聞いた。
取れるんじゃない、活性炭がヨウ素を吸着するんだ。
でもヨウ素がなくなるんだ、少しでも、水の中から。
思いは、凝り固まって行きました。

何度もこのセリフを書きましたが、早いうちに、既に水の中にもぐりこんでいるはずのヨウ素を、取り除かなければならない。
放射能は、一旦からだに入ったら、容易に出て来ない。ヨウ素は甲状腺に積もり、たまり、半減期は八日間といえども、半分、また半分と、減ってゆくだけで、簡単には消え失せない。ごく、ごく微量でも、ずっとずっと、カラダの内部から、ベータ線を漏れ出し続けるのです。

たとえ、さらさらと砂のような状態の活性炭であっても、きちんとしたきれいな浄水器にセットされているようなものでなくても、目に見えないヨウ素というものが、あちらの水、お母さんの母乳から出て来ているとあっては、活性炭がヨウ素を吸着する、体内に入り込むのを、少しでもブロックしてくれるなら、女の人は、欲しいのではあるまいか。ガーゼや茶漉しで、漉してでも、ヨウ素を除きたいのではなかろうか。
私は、笑われ、現実性が無いと、アタマ冷やせと言われたが、自分ならこれ欲しいという気持ちを、諦められませんでした。

毎日言い続けて、手に入ったのは、真っ黒な、美しい光沢のある砂・・・のようなものでした。
茶漉しに入れて水を通すと、黒い、まさしく墨汁のような液が、流し台を染めました。
だめなのか。使ってもらえないのか。こんなスミが出るのでは、人様にお勧めできない。がっくり来ました。
それでも、効き目はあるはずと、関東地方の知人などにプレゼントしたら、予想以上に喜んでもらったんです。
やっぱり要るんだ、お母さんやお祖母ちゃんも、まだしたいことのある自分自身のためにも、求める方はおられるんだ。そうに決まっている、と、改めて思いました。
そのうち、和紙のようなパックに入れてくれる話になりました。
それは出来上がってきました。嬉しかった。
「頭の中のベヨンジュン」というサイトの、超人気ブロガーであるやさいさんのお部屋へ、毎日のように遊びに寄せてもらっていたので、そこへ書かせてもらっていいかとお尋ねしたら、いいよ、どうぞ、頑張って、と言って下さいました。嬉しかった。
いろんな方に、買ってもらうことが出来ました。
嬉しかった。
これまで、水道水からヨウ素を含んだ水が出たことなど無かった。だから、研究も実験もされておらず(しているのかも知らないが、わたしの生きている範囲には無かったです、多分今でも)。
どれだけの量で、どれだけのヨウ素を吸着できるか、それは、解らないと言うしかないです。
でも、ヨウ素は活性炭に吸着されるんです。それだけを、言い続けました。

そのうち、ヨウ素より手ごわいと危惧されるセシウムという物質が、あちこちで暴れだしました。
とにかく、そのへんの、土壌、植物、生物、あらゆる有機体に、スキあらばくっつこうとする、嫌なやつ。
体に入り込んだら、半減期30年。内部から、ベータ線を放ち続ける。追い出すクスリも術も無いと聞く。
では、何もできないのか。

家人が、また、ぽこんと言いました。
既に、理論的には完全に、放射性物質に対応できる凝集剤が出来ている、と。
どこによ。早く出せ、と私。
放射性セシウムなんかどこにも無いから、だから、論理的には、と言うんだ、と、まあ、夫が。
このひとの頭の中なんか、私にはわからん、セシウムをなくするものは無いのか、と、私。
ある、と、水の専門家。
ゼオライトという天然鉱物が、セシウムを吸着する。
「それ欲しい、わが社で買います」
「砂利だよ、見た目、完全に砂利。それをどうするの」
「セシウムをブロック出切るんでしょう、砂利が」
「出来る」
「じゃ、砂利のまま、ご紹介する」。

紆余曲折を経て、直接では無いが、ゼオライトが、入手できることになりました。
はじめ考えたことはダメになり、文字通り砂利の見かけのまま、届く。
柔らかい、活性炭と同じく多孔性の鉱物で、水の中に入るとカルシウムイオンを放出し、すかさず、セシウムがゼオライトにくっつくという、簡単に言えばそういう理屈だそうです。

そういうものを、ご紹介したくて、し続けたくて、このブログを開設したのでした。

完全な製品ではありません。
完璧なデータは無い、どれくらいききますか、とのご質問には、正しくお答えできません。
ただ、活性炭は、ヨウ素を、吸着します。
ゼオライトはセシウムを吸着します。するようです。現実に、使われているから。

私は、申し訳ないが、さまざまな見解、意見、いろいろあっても、安心です、大丈夫です、とのお言葉を、信じられません。
こういう頑固、疑り深さが、後に、あんなこと言って人を不安にさせた、とか、笑われても、本望です。
この先考えて、人間は、どうあっても生きていかなければならないのに、今のところは安全です、なんて話を、信じる気にはなれません。
いいかげんにしろ、と、言いたいくらい。
子供や、これから子供を産み、育てて下さる若い人々の、明日を、どう考えて下さっているのか。

怒っていてもミジンコの遠吠え。
空気を吸わないわけには行かず、汚染された通学路を通って(校庭が汚染されているなら、そこへ至る道が無傷なわけは無いでしょうが投稿しなければならないなら、せめて、水を。

どれくらいか解らないが、吸着・除去、半分でも七割でもできるものがあるなら、せめて水を、自衛を。
そう考えます。
野菜を洗ったりパスタをゆでたり、汗をかいた後の顔を拭ったり。
何に使うかはいろいろお考え下さい。

素材のままの活性炭、一日一個、念のため、使い捨てて下さい、の活性炭、一つ税込み20円です。
ゼオライト、一キロ600円です。
それと送料630円から840円くらい。それで総てです。

およろしければご連絡下さい。

メール kenji0229@hotmail.com
ファクス0742-95-5070
です。

申し訳ないですが、お電話には出させてもらえません。
遅くなっても、必ずお返事はさせていただきます。

長い文章を、よんでいただいて、ありがとうございました。









スポンサーサイト





  1. 2011.05.28 (土) 21:17
  2. URL
  3. ディラン
  4. [ edit ]

No title

ありがとうございますm(_ _)m

ゼオ君、到着いたしました。
商品が先に到着してしまって
恐縮しております。

月曜日に必ず、お振込みいたしますね。

娘3人息子1人の4人の子持ちです。。。

何が何でも子供たちを守りたい!!!

次の大地震は房総沖??
そんな噂に怯えて、西へ越そう。。。
真面目に言ったのに失笑されましたーー;

大の地震嫌いの私です(泣)

明日は、3・11の地震のせいで
延期になっていたヨン友たちと久々に
新大久保会合の予定です(今度は台風だぁーー;)

最近は新大久保へ行っても
ウリ王子の品物には、ほとんどお目にかかれないけど
何となく昔から、集合場所は新大久保^^;
進歩ないンですが、なかなか訪韓も難しい環境にあるので
雰囲気だけでも、イザ韓国!!!

  1. 2011.05.28 (土) 23:27
  2. URL
  3. yuuta
  4. [ edit ]

No title

KUONさん
さきほど注文のメールをいれました よろしくお願いします

今日は姉の家で線量計であちこち計ってみました
リビングより庭は少し数値があがりました
子供が遊びそうなところにゼオライトを撒いておこうかといっていました
今まで計った事がないので比較できないのですが
0.3とか0.4は多い数値かなと思います

当の三人兄弟の家は地続きなのですが
普段締め切ってある一階は数値が低いとのこと

過度に神経質になっても精神衛生上良くないかもしれませんが
ここはファイティン君とサランドンさんに頑張って働いてもらわねば

現代の子育ては何かと難しくなってきているというのに
さらに心配を課せられて
えまさんも言っておられましたね 私もいつも自民の党首の顔をみると
怒りがこみあげてきます 彼らの責任は一体どうなってるの
えまさん よくぞ言ってくださいました

若いママたち頑張ってます 子供を守る為に必死です

KUONさん ちょっと過激発言になってしまいました ゆるしてね

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・