FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. ことばのたのしみ
  2. tb: 0
  3. cm: 10
  4. [ edit ]

静かなりけり・・・歌会始によせて

平成26年の歌会始の儀を、何年振りでしょう、初めから終わりまで、テレビで見ていました。


天皇陛下御製

   慰霊碑の先に広がる水俣の海青くして静かなりけり

皇后陛下御歌

   み遷りの近き宮居に仕ふると瞳静かに娘は言ひて発つ

天皇陛下は、水俣の海をお詠みになりました。今年の初めにも水俣のうたをお出しになられましたが、歌会始も水俣を読まれると感じていました。

・・・「静かなりけり」。

文字の数を合わせるにはいろいろの方法もある。

静かなり、で止めることも考えられる中、なりけり、とまでうたっておられるのには必然性がある訳で(とか、私なんぞがエラソーに何言うてるかと自分で思いますが)、うたの内容としては、

・・なり「けり」とまでいっておられることで、今はただ青くて静かで美しい海の秘める過去、悲惨かつ壮絶な水俣湾の歴史をに対する、陛下がお向けになるお気持ちの「詠嘆」部分が強調されている、と、私は感じたのでした。

通り一遍の思いでなく、深いところにまで思いが至っている、陛下にとって水俣の海は、と、想像させる「けり」であるのだと、思いました。

3度、繰り返して、朗々と詠ぜられる御製。近衛忠大氏のお声は広くよく通って素晴らしかったです。ナルさんのいとこさん。

お歌を耳に受けながら、涙が溢れて来て止まりませんでした。





陛下は、温顔を引き締められて座しておられたのですが、そのお姿とお歌と、で、泣いちゃっておりました私。


流れとしては陛下の御製が最後で、その前に皇后陛下の御歌が披講されました。

皇后さまは伊勢の式年遷宮をお詠みに。

  みうつりの ちかきみやゐに つかふると ひとみしづかに こはいひてたつ

「瞳静かに」が、さすが皇后陛下のお歌。単に「静かに」でなく、「瞳静かに」と、目にポイントを絞って具体的に詠まれて、黒田清子さまのあの、臨時祭主を堂々とおつとめになった静かな威厳に満ちた、神がみの霊光に包まれておられたお姿が、彷彿とまた、浮かび上がる効果。

三十一文字、定型の文芸だからこその、言葉の選び方、研ぎ澄まされ方。皇后陛下にとっても(不敬ながら事実として)最後の遷宮のお歌で。清子さまへの強い思いが、立ち顕れるような一首だとお聞きしていました。

皇太子殿下は、単身で御列席でした。宮内庁が出していた、今週のスケジュール表の唯一の「公務予定」そのままに。

しかし、その場でのお姿は、皇太子さまらしかったです。

今日はお顔色もさして問題ない感じ、身だしなみよく皇太子殿下らしく座っておられ、妃殿下とご一緒でない時の皇太子さまは、そのお立場のお方らしく見えます・・・。

雅子妃は欠席です。もう10年、11年でしょうか、ずっと欠席。ご出席は無理だろうと感じました。

紀子妃殿下、華子妃殿下、彬子女王、久子妃殿下、典子女王、が、女性皇族の列に並んでおられましたが、紀子妃殿下は、文字通り身じろぎもせず。

背筋を伸ばして、美しい座り姿、立ち姿で、本当にお見事なお姿。他の方々も、お若い典子さんもぐにゃぐにゃしないで(当たり前かしら)きちんとしてはりました。久子さんは、お目目すこ~し、ぱちぱち、だったでしょうか。しかし滞りなく。

雅子ざまは、ああして座っていることすら、それですら、無理。と、強く強く感じました。あの場にいられたら大きな違和感があったでしょう。ふさわしい方ではないのです。再びはっきり、そう思いました。

雅子さんの欠席についてははじめの方で、

「皇太子妃の雅子さまは体調を考慮して」

とか、言うてはりました。座の空気、一ミリも揺るがず。へえ、ほお、ふーん、で、それが?。いないのが普通なのですね、すでに。

でも、心の中で、人それぞれに何か思いがあったのかしら。どこまでも俗念、雑念まみれのKUONは、いっしょけんめい、ご一同のお顔を、眺めてしまったりしましたが。

皇太子さんは勿論、そういう躾は身に残っておられて(きっとそうよね)、ポーカーフェイス。このままでずっと、行くことだってお出来になったのね、まあ何てことでしょ、と感じたり・・・いや、そうなったらこわいわ、どうしよう、と、一人密かに動揺したり。


  皇太子殿下のおうた。

   御社の静けき中に聞え来る歌声ゆかし新嘗の祭

新嘗祭を詠まれました。

みやしろの しづけきなかに きこえくる うたごえゆかし にいなめのまつり

ごく普通のおうたと感じますが、すっごく意地悪く深読みすると、例年のように風景その他を歌材にしないで、自分が東宮としてあたる・・・自分と陛下だけ、がそれにあたる「新嘗祭」を、取り上げたのは、何かの意図あってのことかなあ、とか。

ボク、きちんと祭祀つとめているよ、のアピール?、とか、深探りするような意地悪者が・・けけ、ほら、ここに一人おりまする。

実際に。皇太子さまは、定められたことは、されていることが多いようです。祭祀やご公務を。形だけはこなしておられる

今日の場でも、起立された時の指の揃え方など見事でした。本当にそうでした。(強調するとオマケ評価がバレますよぉ。


雅子妃殿下のうた。

    悲しみも包みこむごと釜石の海は静かに水たたへたり

これも考慮されて(主に周囲が?)、今年はお子さまでなく、去年の秋に「数年ぶりの一泊ごこーむ」を成し遂げられた、岩手県の釜石湾の海を詠まれた。

どっちみち、いつもエラソーなKUONなので、言ってしまいますと

「海は静かに水たたへたり」

って・・・。悪くは無い、きっと、おそらく、多分。許容範囲と思う、海は静かに水たたへたり、って。

これ以上は今日は止めておこうと思います。悲しみも包みこむごと、と始まって、「釜石の」とぴしゃりとして固有名詞が来るのは、やっぱり、指導の先生のお導きの結果・・・うまいですね、とか、言われるあたりでしょうね。先生、ご苦労なさいましたね。

雅子ざまのおうたの披講のさいちゅう、皇太子さん、まばたきが多かったです。ご胸中はいかが、というところでしたか。


皇族のおうたはいま一人、彬子女王の一首が、皇族代表として出されていました。

  夏の夜に子らと集ひし大社静寂の中に鈴の音聞きぬ

  なつのよに こらとつどひし おほやしろ しじまのなかに すずのねききぬ

彬子さまはこの歌の内容の活動もされておられるようで、女性らしい繊細さのあるおうたと感じました。


・・・つらつら、勝手な感想を述べました。

まず初めに、一般の応募歌の中から選ばれた歌の披講があったのですが、トップバッターはなんと、15歳の少年のうたでした。

お招きを受けて皇居・松の間で、古式ゆかしい朗々たるうたわれぶりをする自分のうたを、どんな思いで、加藤君は聞いていたのでしょう。

一生の思い出に残る日になったことでしょう。

テレビで放映されたのは、どのうたも皆すばらしく、近頃とみに涙腺の決壊状況著しいKUONが、ほとんどずっと涙こぼれるに任せたままだった、皆さまのうたと、前述のおうたと、それだけでした。

秋篠宮殿下のおうた、紀子妃殿下のおうた、また読ませていただく機会はあるはずで、楽しみです。

紀子さまは本当に、慎ましいながら気品に満ちておられました。


雅子妃は、どんなご体調のご都合だったか、推し量ることも叶いませんが。

せっかく東宮妃のお立場で。

あの、世界に類を見ない場所に、列席を許されるお立場で。

それが叶わない、もしくはお望みにならないとは。

もったいないなあああああ。まあ今日は、黙っていましょう。

いてもそぐわない人だし。

水俣の海をお詠みの天皇陛下。

雅子ざま~があの場に今日いたら、多くの人が、多分私と同じ思いを持って、雅子ざま~の表情を、ガン見してしまっていたかな。

伊勢の遷御のあの夜。厳かに神様が、新しい御社にお移りになられたあの夜。

東宮ご夫妻は、東宮御所で、伊勢の方向に向いて「遥拝」をされたと聞きます。

天皇陛下も、東京におられて、定め通り「ご遥拝」でした。そのご遥拝が、単に、そっちの方を向いてアタマ下げる、というようなものでないことが、このたびは動画で流されました。

東宮夫婦は、遥拝されたというけど。

どんな服装で、どんなタイミングで、それをされたかは誰も知らない見ていない。

私は、そんなことしていないだろうと、勝手に考えておりますが。

そういう風に思われてしまう人物が、実際に現に(くどい?)東宮の妃である、ということに、適応障害。

雅子さん。いつまで、なのでしょうね。もう今日は、ここまでとさせていただきます。

「静」。

どのおうたも素晴らしく、ぜひ、総てを読ませていただきたい思いでいっぱいです。


おかしな人が東京を牛耳るようなことになって、今日のようなことまでややこしくなってしまうなら・・・と、考えるのも苦しいです。

歌会始の儀。このことも、いつまでも、続きますように。




今上陛下 御製 水俣三首

水俣を訪れて

   患ひの元知れずして病みをりし人らの苦しみいかばかりなりし

第三十三回全国豊かな海づくり大会   熊本県

   あまたなる人の患ひのもととなりし海にむかひて魚放ちけり

歌会始

   慰霊碑の先に広がる水俣の海青くして静かなりけり


スポンサーサイト





  1. 2014.01.15 (水) 21:06
  2. URL
  3. えむな
  4. [ edit ]

私も見てました

寒い毎日。でも、日の暮れは遅くなりました。早く春にならないかな♪
ええと…私もテレビで見てました。といってもほんの十数分だけですが。昼休みに少し抜けて銀行の待ち合いの椅子に座って。
女性皇族の方々が少し遠目に映っている画面をちらっと見ただけで、「おー、やはりマサゴンはいない」とわかってしまいましたわ(笑)。皆様ほっそりと姿勢も正しく凛として♪ あの中にマサゴンがいたらきっとすぐにわかります(笑)。肥大化した身体に姿勢の悪さがき際立つでしょうから。
いえ、私とて人様の体型をとやかく言えるような外見ではありません。ですが、そういうことを言いたいのではなく、あの「精進」とか「向上心」の片鱗すら見られない内面が外見に現れて、とても見にくく(醜く)て…。
私は文学を教えることを生業にしております。和歌はそこまで専門と言うわけではなく、あまり偉そうには言えないのですが、歌って当たり前だけれど詠み人の人となりが滲み出るもので、陛下のお歌は、やさしくわかりやすいことばたちでありながら、海よりも深い慈しみのお気持ちがこもっていることをすごく感じました。
マサゴンの歌は…ぱっと見はミスもないのですが、やはりマサゴンの人間性を思うにつけ、「偽善者」ぶってるような、嘘臭さを感じてしまいます。
まあ…とにかくKUONさまのおっしゃる通り、マサゴンがあの長時間きりりと座ってられるはずがないですね。東宮御所であぐらかきながら、「くだらない~。ナルったらよくもまーあんなしゃちほこばってられるもんだわね。なぁーんであんなにゆっくりゆっくり吟じるのかしらー。このスピード時代に能率が悪いわー。わたくしには理解できないわっっ。さっさとやれば30分で終わることなのにもったいつけちゃってさ。30分ならあたくしだって出席するのにやぶさかぢゃなくってよ。あたくしがコーゴー様になった暁にはこんな意味不明のイベントなんてなくしちゃって、東宮御所でニューイヤーパーティーしちゃうんだから♪」なんて言ってるに違いない(笑)。伝統というものも含蓄というものも理解しようとしないマサゴンは皇室にはそぐわない。いてはならない。
想像でものを言ってはいけないのは重々承知してます。でも、そーゆー想像が成り立ってしまうのは、やはりマサゴンの日頃の振る舞いゆえ。
何か1つでもいい。皇室に居座るのなら(全力拒否だけど)、せめて何かひとつ、国民に、自分を信頼させ得る誠意、努力、姿を示して欲しいです。
愛子のしつけでもいい、ダイエットでもいい、公共の場での私語を控えることでもいい、日本語の勉強でもいい、節約でもいい、何かひとつ…。(うー…自分で書いてて情けなくなってきた)
  1. 2014.01.15 (水) 22:28
  2. URL
  3. モッコク
  4. [ edit ]

私、KUONさんのように、お歌に通じてはいないのですが、でも歌会始は大好きで、毎年、召人の方々のお歌までずらっと読ませていただいて喜んでおります。

ほんとですよね。なんて勿体無いんでしょう。
最上のお席が用意されていて、そこへ向かって研鑽出来る機会が与えられている、その素晴らしさに気が付かないなんて。

紀子様、また一段と御顔が細くなられたような。
まさどんは画面からはみ出してしまうから、絵面的にもノーサンキューかも。

私、KUONさんが魂削るように綴られるブロクに無責任にコメントする立場に過ぎないですのに、コメントさせていただけることに感謝ですもの。

読ませていただける、発言させていただける、参加させていただけることに感謝です。



  1. 2014.01.15 (水) 23:41
  2. URL
  3. sarah
  4. [ edit ]

察するということ

大君の 祈り知らずや 水俣の かもめたゆたう 早春の海

天皇陛下、皇后陛下のお歌は、
国民に寄り添うこと、祭祀に励んでほしいこと、
この思いを長男夫婦に伝えたい、長男夫婦に察してほしい、と。

その発露ではないか・・・、そのように、私には感じられました。

長男嫁の歌は(自作でなければさらに)あざとい、それだけです。
  1. 2014.01.16 (木) 13:10
  2. URL
  3. アラ50
  4. [ edit ]

私もたまたまですがリアルタイムで見ておりました。
冒頭NHKアナウンサーが画面が順次捉える皇族方をこう表現しました。
「天皇陛下、皇后さま、皇太子さま…」

ん?
皇后さま?
皇后陛下じゃなくて?

と思ったらもうそればかりか気になって 

我々庶民が親しみを込めて「美智子さま」とか「皇后さま」とか呼ぶのとはワケが違うように思った私が変なのかしら

こういう時、無知は恥ずかしいですわ(涙)


厚顔夫人の「作品」ですけど、薄ら寒い思いです。

悲しみだと?
そんなことをお前が言うな!
悲しみ、絶望、苦しみ…
まさに生き地獄の最中、わずか1ヶ月後にあんたら何してた?
よりによって【お楽しみ】会してただろうがっ!

あちらこちらで物資が不足し、様々なイベントが自粛され、節電に従い、国民総自粛をしていたその頃に、あんたら互いにカメラ持って御所で【お楽しみ】会してはしゃいでいたんだろ?
被災者が絶望に打ち拉がれている最中、あんたら【お楽しみ】会して笑っていたんだろ?

それが今さら何?
恥ずかしい程の前宣伝で東北一泊したからって何?
両陛下だって秋篠宮さまだって粛々と慰問を重ねてるよ?
いつ洗ったんだかわからないキッタネー髪を振り乱して味噌屋に味噌つけて、疲弊仕切った被災者の方々にワッペンつけて、そんで「あたくしココロよせてマス」だと?

その輝かしい公務の成果を歌にも残さなきゃ♪って発想に反吐が出る。

炎天下の浜辺に2時間突っ立っている体力あるくせに、オランダまで渡航出来る体力あるくせに、公務となると体力温存。
ふざけるのも大概にしろっ!

伊勢神宮に参拝しろとか祭祀しろとか怒りの声があちこちから出ているけど
一切しなくて結構!
汚らわしい!

歌会始に歌だけ出したり
誕生日に文書だけ出したり、そんなポーズもいらないし。

さっさと出ていけ。
ただそれだけ。

歯茎トカゲと一緒に準皇族を気取って余生を過ごせばいい。

20年も皇室に身を置きながら何一つ成果なく、もはや金と時間の無駄。

何の価値もないあの女ひとりのために日本の伝統を壊されるのはもうたくさんです。


お題「静」
まさに紀子さまは実に静かに心に決意を固めたかのように見えました。
お見事な佇まい…
同世代の女性として、心底誇らしく立派なお手本でございます。

おねーちゃま
来年はおねーちゃまも歌を携え皇居にお呼ばれしてください♪それが出来るのはおねーちゃましかおりませぬ♪
私たち「KUON旗」を作って振りますよ♪
本気でお願いしております。

  1. 2014.01.16 (木) 15:28
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014.01.16 (木) 15:50
  2. URL
  3. ひろおんぷ
  4. [ edit ]

KUONさまこんにちは。

歌会始のおうた。
私はうたごころもたしなみもありませんが、東宮夫妻のうたには不快な印象しか受けませんでした。
ふぶき様のお部屋で他の皇族のおうた(解説付)を見ましたが、皆様のご経験や実際にご覧になって感じられたことが表現されていると感じました。(勿論おうたの先生のご指導もおありかと思います。)
それにしても浩宮と雅子さんのうたは何故不快なのか。その内容にご自分たちの経験や感じられたことが反映されてないから。上っ面だけだと感じられるからでしょう。

これなら「じゅういちねんまえ~」とか季語が重なってるとかのおうたのほうが、よっぽど雅子さんらしいと思ってしまいました。
  1. 2014.01.16 (木) 20:08
  2. URL
  3. ぽちゃこ
  4. [ edit ]

宮中の神事儀式とそら聞けば体調の波静かに来たる…remmikkiさんのブログ読んでたら『静』は静養がすぐに浮かんだとかで、ホンマやわと上の歌?が浮かびました(笑)KUON先生、添削お願いします
  1. 2014.01.16 (木) 20:33
  2. URL
  3. えむな
  4. [ edit ]

同感です!

たびたび失礼いたします。
アラ50さまのコメントを繰り返し拝読し、全くその通りだと思いました。本当に被災地の惨状に痛めるのなら、お楽しみ会なんて開けないはずです。何も体調不良(かどうかは?ですが)を圧してまで被災地に出向かなくていいんです。でも、あの時、日本中が悲しみに暮れ、何かできないだろうかともどかしい思いをしていた時期に、お楽しみ会を開くなんて、頭がおかしいとしか言えません。悪びれることすらなく、平然としていられる無神経さを全国民にさらしておいて、どの面下げて「悲しい」だの「いつも被災地に心を寄せております」だの言えるのか。
マザコンに直接この思いをぶつけてみたいです。言い訳なんてできないはずですよね。
なんかもーほんとにいてもたってもいられない気持ちです。時間は確実に流れています。間違ってもあのバカップルが即位することなどないようにする方法が知りたいです。
  1. 2014.01.18 (土) 13:08
  2. URL
  3. ひーたん
  4. [ edit ]

同感です

こんにちは。
初コメントします。

アラ50様のコメントを読み「よくぞ書いてくださいました。私の言いたいことを言って言ってくださった。」と、感激しております。
歌会始の雅子妃殿下の歌ですが、訪問先の方々が喜んでいるとのこと。本当ですか?
震災からまもなく三年ですが、被災された方々で今もって海を見るだけでも辛い方々がいらっしゃると思うのです。“海”と言われただけで恐ろしくなってしまわれる方もいらっしゃるのでは?と思うのは私だけでしょうか。
和歌の心得もないド庶民の私ですが、雅子妃殿下の歌に気遣いの無さを見るような気がして思わずコメントしました。(深読みし過ぎなら良いのですが)
  1. 2014.01.19 (日) 19:43
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

ひーたん さん。

初めてコメント下さりありがとうございます。

思いの通う方々が多く集まって来ていただくこと、嬉しいです。アラ50さんにはいつも、そうだそうだと意気をふるい直させていただいています。とても身近に感じます。

雅子さんのうたから、訪問を喜んでおられる方が・・・それは、おられると思います。少しでもわかって欲しいとのお心をお持ちの方もおありでしょう。あのひとがどんな人間かもわからないで。自分の都合で被災された方々まで利用している現実を知らなければ・・・だから余計に、悔しく腹立たしい。気持ちなんかちっとも無いくせにと、じりじりします。

海は、私が言えることでも無いですが、悲しみを包み込む、なんてものではないと思う。海に罪は無く、私はどの海も好きですが、多くのものを破壊し奪った海であり、おっしゃる通り、見るさえ辛く苦しい方が圧倒的にたくさんではないかと考えます。そこで暮らして行かねばならない現実を考えても。

ひーたんさんの深読みでは無い、それは違うのではないか、と、私も考えます。あのキサキとやらに、人の気持ちなどわかりません。人ではありません。それが現代日本の東宮妃です。退いてもらわねば、と思います。またいらして下さいね。


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・