FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 3
  4. [ edit ]

崩落





雨が降り続けていました。

止む気配もなく、休む気配もなく、無表情に、ひたすら、まっすぐに雨が、降り続いていました。

一晩中、ずっと、雨が降りました。

どれくらいの深さまで雨は滲みて行っているのだろうと考えました。

夏の盛りのセミの声って、沢山の数が鳴き続けていて、いっぴき(と呼ぶのか)ずつのセミの声とは思えず、じーーーーーっと、音のまとまりのように聞こえますね。

あんな感じに雨音が、続いていたのです。

無表情に、無機質な感じに、雨の音は続いていました。

眠れませんでした。

こんなに雨が降って、どうするのだろうと、奇妙な感じを抱いていました。


朝。

私の工場は、山深いところにあります。

敷地内をキジの親子が歩いているのを見たことのある、そんな田舎。

私は毎日行くわけでなく、ほとんどの時間を事務所にいるのですが、昨日は、工場へ向かいました。用があって。

工場へ行くルートは一つだけでなく、田舎道と、今は無料になっている高速道路と、すっごい山道と、ある。

私は、田舎道が好きなのです。カンヌ映画祭の今では常連、と言われている映画監督の、河瀬直美さんが映画の舞台にされた、田原地区というところを通って行くコース。

ゲイジュツになっている映画は、私は、ようわからんです。
が、撮られた場所は、純正の日本の田舎、の感じがまるごと残っていて、とにかく「なつかしい」風景なのです。

そこを、通って行くのが、いつもは、好き。運転するのは自分でないから、あちこち、眺めて行ける。

・・・と、前置きが長いのですね、自分の場合。

そっちの道が、ここ当分、小さな崖崩れの工事をしていたので、昨日は(やっと本来の話の筋に戻りました~)現在無料・高速を選んだ。

そしたら、その道でも、崩れている箇所がありました。

小さな崩れで、ひがいを蒙った人はいない様子。

少し、渋滞状態で待ちました。

・・・アナログ放送終了の時から、テレビ無しでも過ごせるものよね、静かでいいなぁ~と、一ヶ月半ほど無しで過ごし、孫どもの新学期の始まりに合わせて、結局買いました。
朝、テレビ時計で動くのが習いとなっておりましてね。

ボルトの世界新も、来日されたベヨンジュンが、丁寧な挨拶をされる姿も見られたのですが。

なまじ巨大な画面のニューテレビ。

ほん近くの、奈良南部、和歌山、三重、いろんなところの、大雨のもたらした災害の映像が、胸を直撃して来ます。

十津川村。ほんとにのびやかな、大好きなあたり。

道路が寸断されて、孤立状態で、と聞くと、たまらない思いです。

どなたもが思われることを、私も思う。

今年は、これ、どうして、と。

・・・雨が降り続いていた夜半。

・・・絶えざる雨音に鼓膜を湿らせながら、またまたウロ覚えのことを、おぼろに、考えていましたよ。

聖書にあった・・・たしかありましたね、雨が、何日も何日も降り続いて、という話。

そこから、ノアの箱舟につながるのだったでしょうか。

それと、何十年も前の、ザ・タイガースの歌、途中で抜けた「トッポ」が、高い声で歌っていた・・・。

・・・この世に長い雨が降り続く
愛の歌を忘れ果てた小鳥の群れはどこへ行く・・・


・・・単なる土砂崩れでなく、もっと深部の、岩盤から崩れる崩落だ、と、テレビを見ていて知りました。

春からずっと、いろんなことを考えていますが、普通の方々の(もちろん自分もこの普通、に混ぜてもらって)普通の暮らし、しあわせと呼ぶもの、が、壊れませんように。

裂けた大地、盛り上がる水、は、もういいです、と、黒い空に向かって。



スポンサーサイト





  1. 2011.09.07 (水) 16:12
  2. URL
  3. ソナチネ
  4. [ edit ]

はじめまして

こちらでは、はじめまして ソナチネです。

はじめから読ませていただいていました。

ありがとうございます。

今日は、新聞の記事を紹介させて下さいね。


日本経済新聞(2011/9/1 11:32)

産総研、土壌のセシウム除去で新技術

産業技術総合研究所(茨城県つくば市)は1日までに、土壌中のセシウムを除去する新技術を開発したと発表した。
低濃度の酸と顔料の一種であるプルシアンブルーを利用する。放射性セシウムを含む廃棄物の量をもとの土壌の150分の1に減らせる見込み。従来手法よりも扱いやすく低コスト化が期待できるという。福島県などでの除染に役立てたい考え。

土壌中のセシウムは特に粘土粒子にくっついている。
新技術はまず薄い硝酸か硫酸を土壌に通して粘土からセシウムを水溶液中に抽出する。

薄い硝酸を使った場合は200度、45分でほぼ100%抽出できた。
さらに、水溶液中のセシウムイオンをプルシアンブルーの微粒子に吸着させた。微粒子の量は汚染土壌の150分の1で済み、廃棄物を減らせる。

実験には非放射性のセシウムを使ったが、放射性セシウムでも同様の結果が得られるという。

従来のセシウム抽出方法は高濃度の酸を使うので取り扱いが難しく、コストもかかっていた。
農地の土壌を痛める難点もあったという。
新技術の酸は濃度が従来の12分の1と薄く利用しやすい。今後、協力企業を募り実証試験を進める予定だ。


汚染された土がききれいになり、以前のように、おいしい野菜やお米が作れるようになったら・・・どんなに、いいだろーと。。。。

いま、つらいおもいのひとたちに、いとすじの光がみえたように感じ紹介させて貰いました。




  1. 2011.09.07 (水) 17:11
  2. URL
  3. やさい
  4. [ edit ]

ノアの箱舟

KUON姉さん、

高松空港からね、奇跡のフライトでした。

空港まで車の運転したけど、フロントが見えないくらいの豪雨でしたよ。
キャンセル待のナンバーがB-4.
フライト予定時刻を過ぎて呼び出しアナウンスがあったの、バネじかけのようにイスから飛び上がったね。

案内された席がF40~~

豪雨の合間をついて、飛び立つ飛行機はノアの箱舟・・
頭の中に、ノアの箱舟がどんぶらどんぶら 流される様子が浮かんでたの。

十津川村・・行ったことがあるの。夫の友人の出身地。


電話してくれて、ありがとね。心強かったよ~!
  1. 2011.09.07 (水) 17:14
  2. URL
  3. えま
  4. [ edit ]

お元気ですか

kuonさん  

長い長い台風の居座りの大雨で
お近くも崩落事故があったのですね
大変でしたね、大丈夫でしょうか・・

各地に大きな被害を与えた雨
孤立し物資がやっと届いたなどのテレビの映像
水道、ガス、電気が止まり何もできないと言っていたおばあさん
いまだ行方不明の方の必死の捜索
3・11の記憶と重なります

もういいでしょうと空に向かって・・・
日本という国が試されているのでしょうか

ソナチネさんの記事
実現してくれたらいいですね
一刻も早くと切に願います




 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・