FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 悲しいこと
  2. tb: 0
  3. cm: 4
  4. [ edit ]

A E I O U。

・・・氏は「今日の世界における国際裁判の意義」をテーマに16人の学生たちと懇談会を持った。

古典的な国際裁判からコソボ問題や難民問題まで具体例を挙げて解説。その後、多目的ホールで

「これからの日本を担う若い世代のみなさんへ」

という講演会が開催された。講演のしめくくりに氏が若者への指針として贈ったのが

A、E、I、O、Uを頭文字とする五つの言葉だ。 

Aspiration……心に裏打ちされた希望を持つということ 

Eye……真贋を見極める眼力を養うこと 

Intellect……知性、頭を鍛えること 

Openness……他流試合で真剣勝負をすること。閉鎖的な思考や態度では進歩はない 

Ultimate……自分がやっていることは究極的に何のためなのか。これで良かったと思えるような生涯を送ること
 

つい、氏の娘さんの現状と重ね合わせて聞いていた学生も多いだろう。

この「氏」の、「国際司法裁判所での給与は年間19万ドルときっちり決まっている。

日本へ頻繁に帰ってくるためにも、氏は大学の講演会を名目にファーストクラスの航空運賃や謝金を得る必要があるのではないか。

現皇太子殿下の妃・雅子氏の父・小和田恒国際司法裁判所判事、のことです。

雑誌「THEMIS」のバックナンバーには

「小和田氏を個人攻撃する意図は毛頭ない。しかし、次期天皇となられる皇太子殿下と妃殿下の今後の動向を左右しかねない問題であるだけに、寄せられた情報を元にあえてこの問題を検証していく。 

告発によれば、先月号(2012年8月号)で報じた山形大学講演会関係の支出以外にも情報公開で新たな支出が確認できたという。講演は今年4月5日だったが、

ホテルメトロポリタン山形からは4万8千880円(4月7日付)、

日本の宿「古窯」からは2万6千715円(4月11日付)が請求されていた。

この他に「かみのやま温泉」2万8千320円(4月4日東京―山形6日かみのやま温泉―東京との記載あり)という山形大学御中宛ての請求書も出てきている。

告発者は「どちらの宿泊先も、HPで一般的な宿泊プランを参照すればどれだけ豪勢な宿泊かは簡単にわかります。国立大学の職員の一般的な宿泊費規定を大きく逸脱するものです。わざわざ『かみのやま温泉』の旅館にまで移動して宿泊しているに至っては、高齢者が湯治を絡めて公費で出張したのか、と疑いたくなります」というが、たしかにそういう疑いをかけられても仕方がない状況が窺われるのだ。 

さらに、情報公開された資料以外にもハイヤー移動の交通費、大学職員との会食費もあるという。しかも小和田氏への「謝金」は黒く塗りつぶされていて、金額は明らかにされていないのだ。 

さらにある国立大学関係者からも新しい情報が寄せられた。

「小和田氏は近く山形大学の特任教授に就任するといわれているが、実は別の二つの大学にもコミットしている。いずれも国・公立大学で、これまでにも数回講義などをしている。しかし、公平、公正が求められるはずの国連の重要機関に勤める一方で、日本国民の税金を使う公職に就くことには問題が生じてくるのではないか。とりわけ、皇太子妃の父親ということになれば問題は大きい」

さらに別の教育関係者などの話を総合したところ、小和田氏が山形大以外に関わっている大学が判明した。その大学とは、広島大学と沖縄県にある公立大学法人・名桜大学である。広島大学では学術顧問・大学院総合科学研究科顧問教授を、名桜大学では客員教授を務めていた。だが、一般的にはほとんど知られていないのではないか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A E I O U。ですと。さすが、ご優秀な妃殿下の御尊父。素直な皇太子殿下の岳父・・ほんとは殿下に関しては、妃の父親と言えど、こういう言い方は無いそうです。小和田氏当人が「準皇族」の意識を持とうが事実、そのごとく名乗ろうが、雅子さんは皇族、小和田家の皆はいっぱんの人。

これが全く理解できないのは、言われているように、基本のDNAが違うのかも知れません。

年額19万ドルの報酬。日本円で2000万円前後の年俸が多いか少ないか。膨大な借金があり、それを返さなければならないとしたら、決して多くは無いでしょうね。

320円とか、細かい金額が出ています。せこい。一円は大切だが、オワダ氏の役得の320円は、こっちの気持ちがへこたれるくらい、燦然とお見事! に、せこい。

貧乏は時の運だが、貧乏くさいのはイヤだ、嫌いだ、って言うの!。

数億程度でないと聞く個人の借金。利子だけでも大変。

不足分を待ってくれる理由が、娘さんが皇后になり、もっとお金を自由にできる(下品ですみませんが、こういった価値観で動いている世界の住人です、オワダ氏は)のを「待って」のことであるとしたら、退けません、退けるはずがないですね。

どうしても、愛子さんにまで過重な期待をかけ続ける必要がある、絶対的に、あります。

じいさん、孫娘までを、利用する。

・・・一年半前には上記のごとくあった、オワダ氏への「引き」が、今でもあるかどうか。

外務省内のオワダ氏の「力」が墜落している、寄っていた諸人が離れて行っている、と聞けば、さもありなんと、人間としては暗い情熱であって自分自身うんざりする感を抱きながらも、いいぞいいぞ、それで当然、外務省だかなんだか知らんが、権力に寄って行く者は引くのも早い、逃げ足の速さが重要な才能じゃん、と、うふふ、と笑う。

オワダの潰える日が、マサコさんの折れる日。こんなこと書くのイヤですね。でも本当だから。

双子の妹さんの一人、これまで話題は少なかった方の「オワダさん」のS子さん。

皇太子妃の妹さんってことで、三顧の礼でもって迎えられた、と云々された某大学を、いわゆる「クビ」におなりになられた。

さまざま書かれていましたが、ひとことで言えば「使えない人」だった、の意味が濃厚。

アルマジロみたいに、まとっていた鎧は強そうで無敵に見える立派さだったが、現実的には、止めさせられる前にあてがわれていた仕事が「資料の整理」で、それも満足には出来なかった、というのが真相のようです。

お姉さんと同じ、というか、あのお家はみんな、すぐに破れるチラシで作った兜、みたいなヒトビトの、生まれて育ったお家なんだなと、素直に納得した次第です。

知っていても知らなくてもどうでもいいようなことを書いてしまいましたが、いろいろ、小さなことでも見聞きすると、その何もかもが全部、なるほどなあ、の嘆息となる。

オワダ一家って、そういうお家で。そういう方々で。

皇太子さんも、取り込まれておいでで。



スポンサーサイト





  1. 2014.01.09 (木) 00:40
  2. URL
  3. アラ50
  4. [ edit ]

おねーちゃま♪
ご無沙汰しておりました。馬鹿は風邪ひかないと言いますが、あれは嘘でございます。

ウンウン唸って寝込みながらもチョイチョイ覗き見して憂さ晴らしさせていただきました。

おかげですっかり快復(シャキーン!)


で、テーミス。
いい流れじゃないですか♪
スペインの王女さまも横領の片棒担いだ容疑で事情聴取ですしね。

警察から正義を取ったら一体何が残るというのよ?

日本のまともな家庭ならば子供が幼いうちから
「ウソつきは○和田の…あ、違った、泥棒の始まり」と教え、純粋な子供は正義の味方のおまわりさんに憧れたものでした。

日本警察はいつから落ちぶれたサラリーマンになってしまったのでしょうか。

組織に逆らってでも、相手が誰であろうとも、ひたすらに正義を貫く気骨ある警察官は湾岸警察署にしかおらぬのでしょうか。

だいたい何ですか?
あの一般参賀の雑子妃。
ご懐妊かと思うほどの天晴れな腹まわり…

卑しいドヤ顔で皇居に入る雑子妃の頭上の第2ティアラ。
あれ、パッチもんなんじゃないですか?
遠目には騙せても、よくよく見たらMADE IN CHINA って刻印された代物かもしれませんよ。
だから儀式には出ない。だってバレちゃうもーん♪ ってあの女なら言いそうでコワイ。

もうね。
スペインのドサクサに紛れて日本警察も動くべきですよ。

一体皇室はどうなっちゃってるの?

たかが嫁ひとりにこんなに振り回されてさ!
連綿と重ね続けた伝統と歴史がたった1人のあの女のために、しかも一滴たりとも皇族の血が流れていない女の勝手きままで踏み躙られているのをどうして黙認しているの?

宮内庁職員なんてもう信用出来ない。所詮公務員だもの。

でも、家を護る。
そのために家長が威厳を持って大屶振るうことも必要でしょ?

言ったんさい陛下っ!
家を護るために家督は次男に譲ると!

うちら下々ならいざ知らず、国家の象徴たる家なんですからね!

長男夫婦を象徴にしてごらんなさい。
勤勉、努力、慈愛、誠実、信頼…そういった諸々の日本人の美徳を全て否定することにこれ等しいっ!

薄毛だとかチビだとか
アトピーだとか肥満だとか
そういうことを申しているんじゃありませんよ!
心ばえ、心根を皆々が叫んでいるんです!

こそこそ取り繕う様がムカつくんだよっ!

あのね。
もし万が一あのウスラ厚顔夫妻が即位したらね、皇室の生活費は出来高報酬にしてもらわないとねっ!

働かない者食うべからず!人気なければ仕事なし!手始めに罪滅ぼしに例の味噌屋のCMにでも出たらいかが?
もっとも依頼があればの話ですがね!


あ。おねーちゃま。
おでん下は甘いパパじゃなくてゆるいパパですので、念のため(笑)
  1. 2014.01.09 (木) 01:19
  2. URL
  3. sarah
  4. [ edit ]

驚きの連続です!

小和田一家・・・、私の想像を遥かに超越しています、どこまで堕ちていくんだろう・・・、しっかり見届けなくては!

アラ50さん、風邪からの復活、おめでとうございます^^。
KUONお師匠の魂が乗り移ったかのような痛快なコメント、深~くうなずかせていただきました~。

私も~、
言ったんさい陛下っ!
「失せろ! 雑子!」 
としたいところですが、あまりな言葉は陛下に失礼ゆえ、
「去るがよい、皇太子妃」でしょうか^^。
  1. 2014.01.09 (木) 20:51
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

アラ50さん。

あら。お風邪でしたか。私も足かけ2年、物持ち良く、去年の風邪を未だにキープしております。

退かんのですよ、これが。熱は無いのですが、軽度の頭痛と倦怠感。単なる食い過ぎかも・・・ですが、居座る、しつこい、退かん。あら。あの夫婦そのものですわね。おほほ。って、笑いごとじゃねえっつーの。

はよ退け、すぐ退け、こんだけ思われてるのに、下からずいーっと瞳孔の散大した目でにらみあげて、にへら~っと。

第一ティアラださんか、こら。

>>薄毛だとかチビだとか
>>アトピーだとか肥満だとか
>>そういうことを申しているんじゃありませんよ!
>>心ばえ、心根を皆々が叫んでいるんです!

まさにそのとーり。

薄毛だとかチビだとかアトピーだとか肥満だとか。

KYの極みだとかお尻に敷かれてぺっちゃんあこ、どころか、お尻圧に対抗せんとして連夜の飲酒、美味摂取に励んだあげくの高血圧顔、肝機能やば顔。とか。
あらようやく次のお子さんを、とか聞くもはばかる50歳、眉毛も薄くなって来てるわとかじゃんけんでグーつくるの困難なくらい指の関節やばいわとか、見た目の欠陥なんて、誰もあげつらいませんってば。

あげつらったけど。

それは、当該者がさぼりけびょうのぜいきんどろぼう、に該当していて、見るに堪えないヒトになり果てているからです。

一生懸命は美しい。精いっぱいも美しい。日本人を日本人たらしめる、そこのあたりが、あり得ないくらいに完璧に欠損しているから。

ひどすぎる・・・と、小心なる民は、胸の中でこっそりつぶやくのです・・・とか書いたら、やっぱ、嘘になるのでせうか・・・。

退いて退いて、今すぐ退いて下さい、退いてくらたら、もしも街でみかけても、知らない人のふりして通り過ぎるくらいの様式を、示すつもりです。ま。無理でしょうけど。

第一ティアラ、返さないと、皇室を去ることも不可能ですものね。

ネックレス、ルビーの指輪、壺きりの剣、さあ、どうする。

ねえ。また!。

ご快癒、お慶び申し上げます。

  1. 2014.01.09 (木) 21:00
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

sarahさん。

日本人の概念、の一つに、含羞というものがあると。

含羞。美しい言葉。はじらい。恥をしっていること。

それから言えばあの夫婦には、一族にも、含羞なんてものは、一ミクロンも無い。

天皇陛下は東宮妃を「病気なのなら出て来なくていい」と、おっしゃっているのですが、天皇のその婉曲な言い回しが、アホだからあれには、理解できないのですね。

皇后陛下も、わかる人にはわかる(わからない人には力いっぱい理解不能の)お言葉をかけておいでです。

いつまでたっても、わからないと思う。

で、ここ数日、あの夫婦のスケジュールって、ぜんぶ、空白で。

今はお出掛けもしにくいみたいなので、広い御所の中で、顔合わせないように、勝手に、お酒呑んだり指たこ噛んだりしているのかしら。

ものすごく異様ですね。想像するとぞぞげが立ちます。ほんとうに気持ちが悪いです。話がそれてしまっていますが、陛下は

「去れ」

とは仰らない・・・仰れない・・・うううむ。ストレスたまりそう。それより「オワダよ潰えろ」の方が、はやいとこ聞くでしょうか、胸の中のコトバとして・・・。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・