FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 今の思い
  2. tb: 0
  3. cm: 25
  4. [ edit ]

明けまして、おめでとうございます。

平成26年。

あけましておめでとうございます。

今年もスイカ頭を時にぽんぽこ叩きつつ、その時々の思いを記してゆこうと思います。

皆さま、いつも来て下さって読んで下さって、ありがとうございます。




 宮内庁が24年がかりで編修作業を進めている昭和天皇の生涯の動静を記録した「昭和天皇実録」が今春にも完成し、新年度から順次、公刊される見通しとなった。

 戦前から戦中、戦後の激動期を含めた 昭和天皇の初の包括的公式記録で、一部を消す「黒塗り」はしない。新資料も含まれ、昭和史研究の基礎資料として専門家が注目するだけでなく一般にも高い関心を呼びそうだ。

 天皇実録は元々、完成時の天皇に献上するために作られており、ほぼ同時期の公刊はされてこなかった。明治天皇紀は1933年(昭和8年)に完成したが、刊行は35年後の68年から。大正天皇実録は、情報公開請求により、完成から約65年後の2002年から11年まで、4回に分けてようやく公開された。当初宮内庁は、昭和天皇実録の早期公開に消極的だったが、「国民の財産でもあり、昭和天皇の事績を広く知ってもらうべきだ」として方針転換。公刊に伴う費用として2014年度予算に600万円を盛り込んだ。

 昭和天皇実録は、誕生(1901年)から、87歳での崩御(89年)、大喪儀の終了(90年)までを記録の対象とし、昭和天皇の活動や言動を、月日を追って(編年体)記録したもの。参考にされるのは、侍従の日誌や、侍医の拝診録、歴代首相の日記、当時の報道のほか、宮内庁が約50人の側近から聞き取った内容や公になっていない側近の日誌など多岐にわたる。


元旦の読売新聞に出ておりました。

読ませていただける日が待ちどおしいです。

待たれます。

昭和天皇には御製が大変多いのですが、長い間のお歌を拝読させていただいていて、胸をつかれる一首に出会いました。

   「成人式」

     初春におとなとなれる浩宮の たちまさりゆくおひたちいのる


皇孫、浩宮親王殿下の成人式への思いを、こう読まれていた。

たちまさりゆくおひたちいのる。

・・・親の心子は知らずと言います、祖父の心を孫は知らず。

両陛下を囲んで、東宮ご一家、秋篠宮ご一家のお揃いの映像を、ちらりと見ました。

皇太子は、両陛下に向かって呵呵大笑した直後に、隣にいる妻に気を兼ねるように、おもねるように、笑顔を振り向けていた。

かなしい姿でした。

ご両親の側におられた、両陛下と共に地図をご覧になっていた悠仁親王殿下が、すっくとまっすぐに立たれて、東宮夫婦の方を、まっすぐな目で見つめておられました。

(↑のものとは異なる動画です。

 この↑動画の、眞子内親王さまの指の組み方の丁寧な美しさに見とれました)。

・・・皇太子さん、昭和帝は、深い深い思いを、次次代の殿下に、かけておられたのでしょうに。


昭和天皇には、このおうたもありました。

  「靖国神社参拝」

     国のためいのちささげし人々を まつれる宮はももとせへたり

そして、魅せられてやまないこの一首。

     よろこびもかなしみも民と共にして 年はすぎゆきいまはななそぢ(昭和45年)

嘘の無い御心の美しさに、涙のこぼし初めとなりました。


新年祝賀の儀に、雅ドンは欠席でしたね。

ティアラと、テイアラと揃いの首飾り。どこにあるのでしょうね。

皇居へ入るテレビ画面では、東宮夫人も映っています。

第2ティアラをお着けです。 
 
 
スポンサーサイト





  1. 2014.01.01 (水) 22:29
  2. URL
  3. さぶた
  4. [ edit ]

平成26年

あけまして
おめでとう
ございます

今年も更新楽しみに読ませていただきます。
皇室にとって、国民にとって、新しい、良いことがありますようにお祈りいたします。
  1. 2014.01.01 (水) 22:44
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

さぶた さん。

おめでとうございます。

平成26年の新春をお慶び申し上げます。

昨年は、両陛下の熊本ご行啓の折り、新鮮な臨場感のある記事をいただいて、ありがとうございました。さぶたさんのお気持ちもいっぱい、いただきました。

今年はご皇室にも新しい喜ばしいことがあるようで、楽しみですね(勝手にもう信じております・笑)。

ご一緒に、ばんざい、ばんざい、力の限り旗を打ち振りたいですね!。

よろしくお願いします。
  1. 2014.01.02 (木) 00:00
  2. URL
  3. ぽちゃこ
  4. [ edit ]

明けましておめでとうございます。昭和帝の初孫に寄せる思いは格別だったのですね、今のお姿にさぞ驚かれる事でしょう。今宵は良い初夢見れますように(笑)KUON様、記事更新と丁寧なコメント返し有難うございます。今年もよろしくお願いします。
  1. 2014.01.02 (木) 00:23
  2. URL
  3. PASTORA
  4. [ edit ]

あけましておめでとうございます

凛とした澄みゆく初日昇りゆき 我は誓いし生業への道

一句したためさせていただきました。
…なんか凡庸だなぁ…
今年もお邪魔します。
  1. 2014.01.02 (木) 00:25
  2. URL
  3. わこ
  4. [ edit ]

KUONさまー

明けまして おめでとーございますっ。

今年も、毎日読ませて頂きますわっ。

KUONさまの、ぐでぐで ぶーたれる愚痴、好きとですばいっ。

よろしくお願い申し上げますーっ。
  1. 2014.01.02 (木) 02:30
  2. URL
  3. やまのこ
  4. [ edit ]

あっ 遅刻

KUONさま
明けましておめでとうございます
本年も宜しくお願いいたします

遅くなりました。言い訳、朝7:30から出かけへとへと。
KUONさまの年末ほどではありません・・・
ナルさんのガハハ見ました。年末に野球なら「口の動き」が分かると言う
人に聞きましたら、ナルさんは「声」がインプットされているので頭が拒否
するそうです。あららですね。いい年して「誰にモノを言うか!」そう思います。
背中を丸めた雅子さんのご機嫌ばかりでネジが4.5本足りなそうです。
皇后陛下も昨年、今年とティアラお付けになっていないです。
頸椎症だけでなく雅子さん擁護の為、あるのでしょうか?
「取り上げられた」は初耳です。昨年KUONさんにお願いしました
動画からたどり、ティアラのもともとの保管場所は東宮内、但し鍵は侍従。(多分)
お支度をして車、東宮内なのに装着できず。。。
天皇陛下傘寿の参賀、祝儀は帽子。
ティアラと鳥居と両方ダメなら、もうあかんですよね。
なにか・・・おかしいです。
  1. 2014.01.02 (木) 08:57
  2. URL
  3. モッコク
  4. [ edit ]

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。いつもモッコクのオアシスとなっているKUONさんのブログです。

昭和天皇実録激しく読みたいです。
別のものだと思いますが、秘蔵映像満載のDVD全集販売の広告も見かけたのですが、こちらも気になる。
懐かしいお姿をみたいです。

  1. 2014.01.02 (木) 09:21
  2. URL
  3. bun
  4. [ edit ]

明けましておめでとうございます。
今年も楽しく読ませて頂きます。宜しくお願いします。
今日の一般参賀、雅子は出てこれない、との噂もありますが本当でしょうか。
楽しみに見ていようと思います。
今年こそ彼奴らの顔を見なくて済むといいですね。
  1. 2014.01.02 (木) 09:57
  2. URL
  3. うさのうさみみ
  4. [ edit ]

あけましておめでとうございます!

KUON様、あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願い申し上げます

天皇陛下が、大みそかから新年にかけて祭祀をしていらっしゃることをどこのメディアもほとんど伝えません
皇后陛下も祭祀に寄り添っていらっしゃることも、もちろん伝えません
皇族が一般人と同じように、紅白見てゆく年くる年見て、除夜の鐘なんぞ聞きながらのんびり年を越して、こたつでゆっくりおせち食べてなんてあるはずないのにやっぱり伝えません  (まあ、中にはそれやってる人もいそうですが・・・)

皇室に対する正確な認識がひろまること、今年はせめてそれくらいはかなってほしいです
あと、靖国神社への政治家の参拝が騒がれず普通におこなわれますように・・・いつか必ずや!

  1. 2014.01.02 (木) 14:43
  2. URL
  3. 藍色
  4. [ edit ]

あけましておめでとうございます

一日、明けただけで全く気持ちが違うのは、私だけじゃなくて日本国民ほとんどだろうと思います。

昭和天皇は私が物心ついたときは、既に立派な天皇陛下であられました。
自分の祖父と同年代の方なので、「そこにおられるのが当たり前」の存在でした。
終戦の日の詔を、何度もテレビで見聞きしていたのに、
その声を発した天皇陛下が、生きてそこにあられる、ということの重みと凄さを
全く感じても考えてもいなかった、昭和時代のガキでした。
今はそのことに、斬鬼の念を禁じえません。
お顔を思い出すと、ただ懐かしいです。


私は実家で元日を迎えました。
配達されてくるアカピ新聞に、上の写真が載ってたのですが、
なんでマンガの横なんだと、しかも写真が小せえし。
その小さい写真でも、マサコずいぶん出張っとりますなあ。
まるでただの塊です。足が太いし。

スポーツ欄にはキモ・ヨナと浅田真央選手の写真を並べてるし、キモの方が目に付く配置ときたもんだ。
年が明けてもアカピ通常運転でした。

新年早々、愚痴ってすみません。
今年もまた、KUONさまのブログ楽しみに読ませていただきます。
KUONさまに良いことが一杯ありますように。

  1. 2014.01.02 (木) 16:59
  2. URL
  3. えむな
  4. [ edit ]

明けましておめでとうございます

予報とは随分違って、穏やかな年末年始です。ぽかぽかと暖かく、今日は12℃もありました。そんな中、毎年恒例の出雲大社へ行きました。昨年は60年に一度の大遷宮でしたので、さぞかし人出が多い8575だろうと、元日を避けて、今日お参りいたしました。やはり人が多かった!! でも、大勢の人混みの中にいても、何だか凛とした清謐な空気が張りつめているように、あそこに行くといつも感じます。皇后さまが出雲大社のことを詠まれた御歌もあり、自然と頭の下がる思いがいたしました。
KUON様にコメントを頂き、今朝はとてもとても感激いたしました。お仲間に加えていただけて、嬉しく思います。浅慮の輩ではございますが、よろしくお願いいたします。また、貴ブログにいつもコメントを寄せておられる皆様にも「よろしくお願いいたします(^-^)/」
  1. 2014.01.02 (木) 17:03
  2. URL
  3. ぇむな
  4. [ edit ]

訂正です

先ほどの私のコメントに数字が謝って挿入されてしまいました。慌て者でごめんなさい。数字は何の関係もありませんので(笑)。
  1. 2014.01.02 (木) 22:25
  2. URL
  3. sarah
  4. [ edit ]

新年のご挨拶を申し上げます

年末年始に、伊勢神宮や皇室についての番組を幾つか見ました。
一昨年にはあまり興味のないものでした。
でも、見てみると、先人たちへの畏敬の思いがフツフツと湧いてきて、自分でも驚きました。

永いあいだ伝えられてきた大切なもの。
その大切なものを守らなければ、と思います。

去年のようにお師匠や皆さんに教えていただきながら勉強します。
今年もよろしくお願いいたします。

2014年が皆さんにとって良い年でありますようにe-267
  1. 2014.01.03 (金) 08:33
  2. URL
  3. いっちゃん
  4. [ edit ]

お正月は平和です

明けましておめでとうございます。 東宮ご一家テレビで 流れるたび 奇妙な違和感に囚われ続け 私だけだろうか?と不安になり KUONサンに たどり着きました。 今年陛下は 80才の節目 TVでも特集を組んで 流してますが 異例の宮中祭祀の様子の公開。 放送では国民に天皇はどういう事を しているか知って欲しいと コメしてました?? 国民よりも 跡継ぎサンに知って貰いたいと 私は思いますね。美智子様も 先祖からの伝統を受け継ぎ 次代に伝える(うろ覚えですみません) ものだ とおっしゃってる。 本当にこの一年 東宮夫妻 大好きな外国に行き 国民に恥ずかしい想いをさせ 思いやりの欠片もない「お言葉」を東北の人々に 投げかけ 嘆かわしいばかり。 暇だったのでネットさまよってたら 愛子しゃまの お雛様コスプレ(笑)見つけました。皇太后様と写真並べられて 同じ衣装です。どう考えて良いのか笑ってしまいました。 ご覧になりました? ニュースなどでも見たことない どこで誰が撮ったんでしょう。 ご感想を
  1. 2014.01.04 (土) 09:42
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

ぽちゃこ さん。
今年もよろしくお願いします。遅くなりましたが、初夢はすてきでしたか?。
昭和帝は、ご自身が男の皇子を持たれるのが遅く、内親王様方との逆縁にも何度もお会いになり、ナルさんへの思いはお強かったでしょう。なんとも言えない気持ちになりますね。ご結婚にも、孫の気持ち云々でなく、お立場として反対されたのでした。ナルはおじい様を、簡単に恨んだと思うと・・・今年は追い詰められるぞ、交代子さん。お覚悟召されよ。
  1. 2014.01.04 (土) 09:50
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

PASTORAさん。

お仕事に対するきっぱりとしたお気持ちの伝わる、PASTORAさんらしい一首と思います。凡庸と謙遜してはりますが、あらたまに詠むうたは、こういった感じのものが、むしろふさわしいと、聞いていますわよ。

定型の中での「らしさ」が、うたの、まず「大事」と思います。きりりとして快いです。細かいことはともかく。

しっかりと「生業」に向かっておられる、素敵なお姿。

今年もお互い、個々の位置で、しっかり励みたいですね、とか、肩、ぽ~んとしてしまいたくなっているKUONです。
  1. 2014.01.04 (土) 09:58
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

わこ さん。

実は、実はわたしも、わこさんのわこさんだけの「っ」多用のコメントが好きですねん。

元気いっぱい、はち切れそうよ。イヤなことが、無いはずも無い日々のたつきに、ぜ~んぜん影を感じさせない太陽のわこ。

今年も、ぐうだぐうだ愚痴こぼし、きーって怒り、うっれしや~とヨレヨレなりつつ、前向いて行きたいですね。

目標は、廃退子、廃妃。今年はなんとかせねば。。

  1. 2014.01.04 (土) 10:09
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

やまのこ さん。

読唇術のできる方? ナルの声の焼きついているイヤさに(オーバーに反応してます、こういう風に噂は大きくなることもあります)不可能だった? とか。

今、見返してみると、いつでもどこでもあの汚い二人は、ぐちゃぐちゃ喋り散らしてはります。

ロイヤル失業状態で、ずっと一緒にいて、なんでわざわざ人前で、しかも「こーむ中」に喋るか。答え。アホだから。互いに利用関係だから。人前でだけ、顔を向け合い、言葉を交わすから。婚約会見のナルの「話が合う方」、何の話をしてたやら、極度の語彙の不足している者同士で。

テイァラの件は私は信じてないですが、やはり第二、で出ていました。皇后陛下のことを言いたくないけど、ティアラ無しでのお出ましが、お体…頚のご都合なら納得ですが、雅子を庇うつもりのひとひらでもお持ちなら、それは違うと思うし、それ以上の裏切りだと、これは、一人で勝手に、お布団の中でギリギリしていたことがらです。

今年もお励み下さいね!。ね!。
  1. 2014.01.04 (土) 10:22
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

モッコクさん。

ちょこっとご無沙汰でしたね、お元気かしらとちょこっと、思ってました。笑。

KUONのブログを「オアシス」だなんて、ありがたくて嬉しくて。ありがとうございます。

もっと緑を濃くして、夏には冷たい湧水なんかで潤っていただけるよう、腕によりをかけてナルマサのこと、グダグダ言う・・・って、みずみずしくない方向へ話が、何を言ってもつい、ナルマサ方向へ走るタイヤが停まらない、ですよ。意味不明、失礼しました。

昭和天皇の「墨で黒塗りしていない」=と、わざわざ書いてありました、実録。拝見したいです。また、細かいとこつついて来るヤカラも現れるでしょうが、大丈夫、少なくとも私は、おかげさまで、そういうの気にしないで、信じられるものを信じる、という気持ちになれました。

今年は少しだけ、秋篠宮ご一家の話題を、当然ですが明るい方向で伝える動きが、一ミリくらい増した感じです。

マスゴミがどうであろうが、あの尊いご一家は盤石で、粛々と前へ向かっていて下さいますね。
  1. 2014.01.04 (土) 10:27
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

bunさん。

今年も一緒に腹を立て、ついに大願成就の暁には、か~~~~~~~~~~と喜びましょう!。

参賀、出て来ましたね。すごい寸胴、というより安定度の更にアップした腹でかドレスをお召しになって。

皇太子妃殿下として、お手振りだけするために。

来年のバルコニーには、もういないでしょう。それを願って今年、頑張りましょう。

「彼奴ら」(笑)、いつまでも星夜は続かないよ。
  1. 2014.01.04 (土) 10:37
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

うさのうさみみ さん。

ほんとにそうですね。そう思う。

陛下が(心を一にされる皇后陛下も共に)大晦日の夜から、厳しい祭祀をおつとめで、気持ちを引き締めて新年の行事に移行されていることを、マスコミは伝えませんね。

私も長い間、そうでした。そういう方が多いと思います、だから、どこかへたまに行ったり、何かの場に出てきたりするだけで「復帰」とか復調」とか、寝ぼけたことを言い散らすのですね。

そんなことは雅子さんのすることの、ほんの、ほんの一部でしかないのに。

靖国へのご参拝のことも、当たり前のことなんだから、当たり前に普通のことになれば、よその国からがたがた言われない。言わせない。私も春までくらいには、何年振りかで参拝させていただきたいです。

ミジンコのはぎしりでも。

雅子は皇后には絶対、したくない、と、思い続けます。第一、無理です。座れない着物着れない、ティアラ無くした、参拝しない。これだけでも無理ですやん、、。ね?!。

  1. 2014.01.04 (土) 10:51
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

藍色さん。

昭和時代のガキ、ですか。

私も、右肩上がりの成長とやらの国の風の中で、左っぽいのがカッコいいといきってた、昭和のいもねえちゃんでしたね、きっと。
近所が上げなくなって行く日の丸の旗を、いつまでも掲げ続ける母親を、疎ましく感じていたのも本当です。

50代の頃はあれこれ大変で、家を失くしたり去年、やっと借家を脱したりで、ジタバタしていたのが、今年やっと、小ぶりのタイプながら日の丸をあげられた。

娘婿さんが選んだ今の家は、三角屋根の部分もある、白い、完全に洋風のお家。えええ、日の丸???と絶句されたけど、ここだけは私の望みを、と、通しまして。わはは。

白地に赤い美しい旗。日本の国旗。ゆるやかな坂の上の家にへんぽんと翻り、自治会長さんが見に来られて、おお、わが家も引っ張り出そう、と、喜んで帰られました。

今年も励みましょう。よいこといっぱい、きっと、ありますとも。ありがとうございます。



  1. 2014.01.04 (土) 11:01
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

えむな さん。

>>平成15年、出雲大社を訪問された皇后陛下は、次のお歌を詠まれました。

 国譲り 祀られましし 大神の
 奇しき御業を偲びて止まず

(くにゆずり、まつられましし おおかみの
 くしきみわざを しのびてやまず)<<

このおうたのことですね、きっと。

NHKで元旦、二日と伊勢と出雲の番組を放映していたのを、夫の実家でうろちょろしながら盗み見していました。

去年は出雲へはおまいり叶わず残念でしたが、以前詣でた折の、なんとも言えない静謐さ、邪心の抜けて行く感じを覚えています。

歳の離れた長姉が津和野へ嫁いでいました、若い頃は何度も島根県を訪ねたのでした、思い出します。
  1. 2014.01.04 (土) 11:38
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

sarahさん。

私も同じく、日本人であることを、ことさらに意識せずありがたさを感じず、長い間を来ました。

万葉集を読むようになり、日本の文化、伝統などの心を馳せる機会も得ましたが。

気づくまで、皇室がこんなことになっているとは。

今年は、あのきせいちゅうらが根こそぎくちくされるを願って、突っ込んで行きたいと思います。

よろしくお願い申し上げます。
  1. 2014.01.04 (土) 11:47
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

いっちゃん さん。

初めまして、おいで下さり嬉しいです。東宮夫婦のおかしさに気付かれたこと、お喜び申し上げますわ~~~v-300

そういう方がもっともっと、増え勝っていただきたいと願います。正直な感性があれば「見える」と思うのですけどね。

仰っている、愛子さんが十二単を着せられているコラ、ですね。

私は愛子さんを、あまりひどく言いたく無い気持ちも持つ者です。親がひどいので余計にお気の毒になっておられる感じもあり。

しかし、どうしようもない。いいことも悪いことも両方、あるのが、世の習いなので。

本当に孫が、子が、可愛ければ、大切なら、あのオワダ夫婦も東宮夫婦も身の処しようもあるのかもしれません・・・と言いつつ。

引くに引けない重大な問題が、どっさりあるのだとも確信しています。

まず。第一ティアラは、雅子さんの私物でなく、皇太子妃のお持ちになるもので。

その一点だけもってしても、さあ、今年はどうなるのでしょう。

おかしさは、どんどん、暴露されるしかないですね。

今後もどうぞよろしくお願いします。


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・