FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 今の思い
  2. tb: 0
  3. cm: 10
  4. [ edit ]

雪がしろくて


避難所のすべて閉ざさる そんなのがまだあったのと言ふ人もゐる

春が来ればもはや3年ブルーシートと白き袋とばかり増えゆく

帰阪する人らと落ち合ふP・Aに浪江の雪の重さ聞きをり

楢葉から大阪へ帰る半年ぶり子はもう歩くとそそくさとT氏

律儀にも並べる仮設住宅の一つ一つの窓のともしび

自が家へもう還らない帰れない 今日見れば新しき仏壇が有る

若い頃は田んぼ仕事がイヤだった罰あたったとYさんは泣く

原発事故の後アカギレが無くなった 仮設に暮らすIさんが見せる

餅ついた上がって食べよと呼ぶ声に膝にて這ひこみ手袋を脱ぐ

コート脱ぎマフラーを取り迎え呉るる笑顔の温さに鼻水拭ふ

「だいどこが狭いし缶の小豆だよ」おおぶりの椀に善哉美味し

一斗搗きの餅の味など語りゐしYさんが不意にすまんなと言ふ 

土間に搗く餅ももうもうと立つ湯気も夫、息子も全部が消えた

それらしき慰撫の言葉を持たざれば炬燵に共に生姜湯を呑む

いいかげんに離縁してやればいいのにと 詳しく知らねば妃を庇ふ

しんしんと夜は更け雪は降り続けまだ帰るなとお茶を替えたまふ

「考えずおれば何とか過ぎてゆく 死ぬまでこれもいいか」って そんな・・・

あまりにも雪が白くてどす黒きものらの話をしそびれました



ぶじに帰って来ました。

優しいお言葉をありがとうございました。また、明日・・・。







 

スポンサーサイト





  1. 2013.12.31 (火) 00:55
  2. URL
  3. アラ50
  4. [ edit ]

おねーちゃんお帰りなさーい。

長旅の疲れを癒し、新しい年をお迎えくださいね。

今年の年女だった私、1番の大きな収穫はKUONお姉さまとお知り合いになれたこと、そしてここに集う皆様と親しくしていただいた(勝手にそう思ってる)こと。
有り難く思っております。

この場をお借りして…
皆様よいお年をお迎えくださいませ。

一般参賀が楽しみですね!
  1. 2013.12.31 (火) 13:52
  2. URL
  3. 藍色
  4. [ edit ]

お帰りなさいませ

全部で、一つのストーリーのような短歌ですね。
私は東北地方に行ったことが無い人間ですが、あちらはもう雪ばかりらしいと天気予報を見て思います。
KUONさん、濃い時間を過ごされたのですね。
詠まれた短歌を拝見して、あちらに住んでおられる方々は、今なにを思って、
どんな風に暮らしておられるのか、改めて考え入りました。

私もアラ50さんの仰る通り、KUON様の、こちらのブログを知ったこと、2013年の収穫でした。
良いお年をお迎えください。
そして来年こそは、降りるべき人が降り、上がるべき人が上がる年でありますように!
  1. 2013.12.31 (火) 16:36
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

げへ~、おねえちゃ~ん、ですって。

アラ50さん。わたし三人姉妹の末っ子で、姉たちと縁が薄くて育ったので、うにゃうにゃします。

はじめに頂いたコメント覚えていますよ。

たった一行、

「どわ~~はっはっはっ~~」 

みたいな豪快な。おほほ、おもしれえ~って喜んで読ませていただきましたの。

私も、自分がこんな真面目(だと思う、少なくともコメント主さんはそうである)ブログをモノするようになり、こんなに熱くなっちゃうなんて、想像もしておりませんでした。

でもよかった。いろんな嘘がここから見えて来て、スイカ頭に「ものを考えて行く」クセが、宿ってくれたようで。

お知り合いになれて嬉しいです、心から、とっても。来る年もどうぞ、いっしょに、怒わっはっハッ、アンド、うすらと雑子は本来の場所に去りなされ~~、と、声を合わせて高らかに、で、お願い申し上げます。

・・・むむ、まだお若いのですわね。よろしいのね。ふ~~んだ。いや。わはは。



  1. 2013.12.31 (火) 16:45
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

藍色さん。

こういうストーリー性のあるうたのかたまりを、連作、とか言うそうで、本来私は小説家、と呼ばれるジャンルのヒトだったので、結婚してから始めた「うた」も、こういうの多くなりがちです。いつもうたを読んで下さり、ありがとうございます。

連作もしかし、一首一首が独立・・・ひとつの短歌としてわかるようになっていなければなりません。そうです。笑。

藍色さんの初めのころのことも覚えています。随分日が立った気もしますが、まだ数か月のことなのですね。

ブログを通してお知り合いになり、今まで知らなかったタイプの方とこうして話をさせてもらったりで、よかったなあと思っています。

来年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

>>>そして来年こそは、降りるべき人が降り、上がるべき人が上がる年でありますように!

同感ですぜ。ますます違いが顕著になって来ています、紀子妃殿下は、発光されておられます。真摯なおつとめぶりの成果が、きちんと顕れておられますね。

弥栄を。

  1. 2013.12.31 (火) 16:52
  2. URL
  3. bun
  4. [ edit ]

1年間お疲れさまでした。良いお年をお迎え下さい。
来年は色んな意味で良い年になればいいですね。
  1. 2013.12.31 (火) 19:12
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

bunさん。

温かい大つごもりです。

ここでだけ知っている間柄とはいえ、一緒に怒ったり呆れたり、やっぱり最大の感情「怒り」に対しての同感で、奇妙な連帯感を覚えさせていただいた数か月でした。

怒るのが趣味、なわけではないですものね~。お互いに。

来年は、いびつに歪んでしまって来ていたものが、まともな形にすっきりと納まってくれるといいのになあ、そうなれよ、ならんかい、とかのガラの悪さで願っています、と、今年の最後のご挨拶とかえさせていただきます・・・。

来年もよろしくお願い申し上げます。
  1. 2013.12.31 (火) 23:13
  2. URL
  3. やまのこ
  4. [ edit ]

お帰りなさいませ!

KUONさまとお話するようになって、まだ三ヶ月です。
とても濃い、濃すぎます!
それぞれの地方からKUONさまへ話しかけられる方々。
日本の未来を真面目に考え思う。
出来損ないですが、初めて良かったと思います。
皆様、そしてKUONさまにとって
キラキラの来年がやってきます!
きっと!!
ありがとうございました。
  1. 2014.01.01 (水) 21:05
  2. URL
  3. えむな
  4. [ edit ]

初めまして

何だかおかしいぞと思い始め、夏あたりから「雅子妃」で検索かけたら貴ブログに行き当たり、それ以来毎日読ませていただいています。そして、今日平成26年元旦、コメントを送らせていただくことにしました(^-^)/
おかしいぞ変だぞと思っていたことに、貴ブログはスッキリと答えを与えて下さいました。と同時に、自分がいかに偏った、そして作られた情報に誘導されかかっていたのかも気づきました。
今日は時間がなくて少しだけですが、よろしければこれからコメントを寄せさせていただこうと思います。
未熟者ですが、よろしくお願いいたします♪
  1. 2014.01.01 (水) 21:55
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

やまのこ さん。

新年になりました。

おめでとうございます、そして、今年もよろしくお願いします。

皇室全般画像で、第一ティアラは雅子氏が公式の場に出て来られないように宮内庁が取り上げている、説があるとの書き込みを読みました。それなら他にもいろいろありそうで、信じられない方に一票。

昭和帝の御製を拝見していると、感情の豊かなまっすぐなお方だったのだろうと、よく泣きます。

先日の、親を亡くした女のことのエピも、だらだらでした。こういう涙は自分が一ミクロンでもきれいになれそうでイヤではありません。

あの孫氏は、今年、どうなるのでしょう。顔色ほんまに悪いし。新年早々、含みのある物言いをしてしまいました。

励みましょう、は?げ?ぼくめつ・・・ワタシ酷い人ですね・・・。
  1. 2014.01.01 (水) 22:00
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

えむな さん。

新年に、新しい方。嬉しゅうございます。

私も、長年?????だったことが、いろいろわかって来て、残念なことに、すべて、整合するのですね。

やっぱりそうなんだ、ということが、そうなのな訳です。悲しいことですが、いけなくて間違っていることは、なんとかしていただきたいものですよね。

読んで下さるようになって下さって(へんな言い方?)ありがとうございます。

今後も、おかしい、変だ、と、思い続けて行きましょう、できれば、ご一緒に。

またコメント下さいね!。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・