FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. あほらしいこと
  2. tb: 0
  3. cm: 18
  4. [ edit ]

は?。

「愛子さまが将来の天皇陛下ではいけませんか  女性皇太子の誕生」

とかの本が出るらしい。宣伝になったりするのはイヤだけど、黙っていられません。

「天皇」がどんなお立場で何をなさって日々をどうお暮らしになられるか、わかって言っていますか。

初めの「 から〆の 」まで。意味わかりません。

天皇になってどうするんですか。何するんですか。どう生きさせるんですか、愛子さんを。

・・・幻冬舎。初めの頃は意欲的ないい本、作って出していたのに。

ううう、血圧あがってます、水素水がぶがぶ飲んで、抑えながら、犬みたいにううって唸っております。

スポンサーサイト





  1. 2013.12.21 (土) 22:36
  2. URL
  3. やまのこ
  4. [ edit ]

だめ

いけません。
地位だけ欲しいのでしょうかね。
女性皇太子? 天皇に成る為ですよね。
まったくアホ全開です、末路は哀れ。
週刊誌でも騒ぐのでしょうか。
応援団もネタ切れなのか、見ているほうは酸欠になります。
心穏やかに天皇誕生日を迎えましょう。

ううーーーー
  1. 2013.12.21 (土) 23:21
  2. URL
  3. 藍色
  4. [ edit ]

何を考えてんの

この作者はいったい誰に向かって「愛子さまが将来の天皇陛下ではいけませんか?」と尋ねているのですかね。
“読者、国民すべてだ”という答えなら、国民の一人として、腹の底から申し上げます。
「いけません」
それだけです。大半の国民がそう言うでしょう。
したら田中卓たら作者は、次に“いえ、これは自分の独り言として考えて頂ければ”とか言いだすかも知れませんね。
独り言は一人で言っとけ。
秋篠宮殿下の皇位継承権を何と心得るか。それでも学者か!? 不敬罪で逮捕されちまえ、ダァホ!!

だいたい愛子様の将来だとか、何でいきなり今上陛下の孫の世代の継承を心配してるんですか。
声も聞かせない内親王の。
そんなに愛子の将来が心配なら、田中卓の息子か孫男子が愛子を嫁に貰ってやれば?
今から約束しとけばいい。

天皇誕生日の前後に、こんな題名をつけた本が出版されるのは、何かの意図があるように思えます。
なんにしろ、感じの悪い話ですね。
  1. 2013.12.21 (土) 23:59
  2. URL
  3. sarah
  4. [ edit ]

ん?

「愛子さまが将来の天皇陛下ではいけませんか」
とかいう本はギャグ漫画なのかなあ?
スポンサーは朝鮮半島系?カルト宗教系?

愛子ちゃんパパのお名前は、もしかしたら「バカボンのパパ」??
ママのお名前は「ブザイク・チャン・ヒビン」??

パパ・・・名作の登場人物をこんな本に引用して辱めてしまい、赤塚先生、申し訳ありません。
ママ・・・朝鮮王朝時代のチャン・ヒビンのイメージではなく、「ブザイク」がファーストネームですので。
  1. 2013.12.22 (日) 11:45
  2. URL
  3. bun
  4. [ edit ]

そんなに愛子を天皇にさせたければ声を聞かせろ、挨拶させろ、伊勢神宮に参拝に行け(影子は駄目だぞ)
公務見習いしろ、まだまだあるがこれら全てが出来てからものを言え。何にも出来てないうちからいきなり
天皇なんてほざくな。逆立ちしても無理。天地がひっくり返っても無理なんじゃ〜。解ったか。ウスラども。ガタガタ言ってないで半島にでも帰れ!あ〜腹立つ。
  1. 2013.12.22 (日) 14:52
  2. URL
  3. 奈月
  4. [ edit ]

この本の存在を知った時「ふざけんな!愛子に天皇なんて無理に決まってる。どうせ雅子が権利を手にしたいだけだろが」と、口汚く言ってしまいました。
どれだけ愛子さんを利用すれば良いのでしょうか?
もう普通の障害者として、幸せに暮らさしてあげれば良いのに。
親に恵まれない、ましてや権力に執着する薄汚い親を持つと、子供は悲惨です。
男系で皇統を繋いできたからこそ、世界に誇れる万世一系の天皇家があるのです。
その為に紀子妃殿下は帝王切開までなさり、悠仁親王殿下を御産みになさったのです。
皇太子の後には秋篠宮殿下がいますし、その後には悠仁親王殿下がいらっしゃます。
現皇太子が天皇になったからと言って、秋篠宮殿下が御猶子となられれば住むことです。皇太子がいなくなる!と喚いている人間は、天皇家の歴史を知らな過ぎます。皇太弟がいるのだから安心すれば良いのです。と言いたいですね。
やはり女性天皇を通し、愛子の旦那に創価の人間か、帰化した朝鮮人を入れ込むつもりでしょうね。もしそうなったら、皇室への税金の支払いは断ります。個人的に秋篠宮家と常陸宮家のみに払いたいと思います。
  1. 2013.12.22 (日) 15:58
  2. URL
  3. うさのうさみみ
  4. [ edit ]

おそらく売れないでしょう・・・

この本のことでは、あちこちで書いたし皆様思いは同じようですので簡単に・・・
もちろん良からぬことを企んで、このタイミングでの出版でしょう
幻冬舎は筆を金で売りましたね
最近資金難らしくスポンサーのご機嫌取りと、まず売らんかなだけのために出した本
ちょうどお誂え向きに、皇學館の教授なんて肩書のじいさまがいたもんだから
戦争論の漫画化やルンルンの人気女性作家より好都合だったんでしょう

さて、この出版、吉と出るか凶と出るか?
どちら側に、どう効果あるか? おそらく売れないでしょうが(笑)
  1. 2013.12.22 (日) 17:39
  2. URL
  3. すけみち
  4. [ edit ]

やりそうなこと

幻冬舎。いかにも韓国人らしい「お金・お金・お金」の社長。なんやら立派なこと言うても、所詮はカネ乞食。いままでの仕事みてきたらよくわかるがな。皇室なんか屁とも思っとらん奴やろし、ついでにM子を脱がせてヌード本でも出したらええんやない?落ち目の女優やタレントに札びらチラつかして脱がすの得意とちゃうの?まあ、してみたらよろしいがな。どこぞの落ち目ライターにでも書かせるんやろし。しかし、いまの日本。ほんまに半島がぎょうさんやね。まともな日本人おらんのかいな。おっちゃん、しんどいわ。 (関西の”ちっちゃいおっちゃん”でした)
  1. 2013.12.22 (日) 18:26
  2. URL
  3. さぶた
  4. [ edit ]

ボケ老人の戯言

田中卓、何ほざいてんだか?(怒)

「愛子様が障害児ではいけませんか?
東宮ハンディキャップ論」
論ずるなら、こっちでしょ。
  1. 2013.12.23 (月) 14:31
  2. URL
  3. 主婦
  4. [ edit ]

この記事、天皇誕生日に読んでしまいました。
本当に、不吉。
  1. 2013.12.25 (水) 12:59
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

遅くなりすみません。

やまのこさん。

わかることとわからないこと、あちら、そのへんどうなんでしょう。

人をイライラさせるのが目的なのか。じりじりいらいら、よくないです、これが皇室にまつわることなのが、今でも信じられない、信じたくないが、そうなんだよ、うううう~!。
  1. 2013.12.25 (水) 13:06
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

藍色さん。

腹の底から申し上げます私も。

「いけません」

うちら、何か化かされてるのですか、これ。関西弁と言ってもいろいろですが、いっちゃん柄のよろしくない言葉で、その「問い」にお応えしたく存じますわ。

はぁ?アカンに決まっとるやろ、こんボケがぁっ

だんじりの山車が通るとこで言うてみいや、どんだけアカンか教えたるわ、どあほ。

どあほ。失せろ。きーっ。
  1. 2013.12.25 (水) 13:13
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

sarahさん。

ギャグなんていいもんではないようでございますよ!。

今まででも、雅子さまアゲは友納。あほの友やのう。

あの一味のせいで、60余年、なんとか隠しおおせて来たわたくしの本態、バレてしまっております。

ぼけ、あほ、かす、どあほう。胸中にて叫ばぬ日とてございません。

突きつけられ続ける醜い所作、知らされ続ける無惨な所業。

愛子さまが天皇ではいけませんか。だと。

愛子さまだからいけないんじゃない、行けない人だからいけないの。

それだけなの。それだけのこと、ですのに・・・ウウウウ・・・ブァン!。きーっ。
  1. 2013.12.25 (水) 13:18
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

bunさん。

きっと同じようにものすごく沢山、腹立ってる。納めようないくらい。

よそのあほうな夫婦のごゆっくりなお子さんのことを言うてるのではない。それならほっとく。お幸せに、と、胸の中で願いますよ。ほんとに。

あの一家の、あの姫を、というから「ダメだ」と。それだけ。

本人が一番困るし。本人周囲はどうでも、皆が困るし見捨てるし、収集付かなくなるんだし。

今まで生きて来た中で今、一番怒ってます。きーっ。
  1. 2013.12.25 (水) 13:25
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

奈月さん。

今でもできれば、東宮家へ渡る税金なんか納めたくないですよ。同じ金額、お子さま三人おられてあれもこれも東宮家とは差のある秋篠宮家にお使いいただきたいです。ぜったい文句言わない、それなら。でも、あそこへ使わせるゼーキンは無い、とか、言っても思ってもどうしようもなく。

口汚くなっているのは、とほほ、皆さまもご同様、同様だからどうだという話では無いですが、わたくし、

ふざけんなよ、このやろーってのが、知った瞬間に実際に口から飛び出したコトバであり・・・。

でも言わずに済みません。腹立つ。腹立つ。

消えて欲しいよ~、と、地団太踏んで言いまくりたいのが本音にてございます。
  1. 2013.12.25 (水) 13:31
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

うさのうさみみ さん。

物知りのうさみみさん。

あの出版社の社長は、今でも、るんるんを見出して売り出したのが売りの、あの「伝説の編集者」とかかっこいいかっこつけたコピーまとった、K氏なのですか>

それなら、売りたい気分満々での所業ですね。

それでなくても、売りたい気分満々の・・・一緒か。

多分読みます。一応読んで、感想文送る。い~~~~~~~ぱい書いてやる、と思えど、目次だけで読む気、萎えるかも。

げすなことをする。
  1. 2013.12.25 (水) 13:50
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

すけみち さん。

関西のちっちゃいおっさん、さん。だは~。

やはりあの社のあれは、それなのでしたか。納得でございます。

>>>ついでにM子を脱がせてヌード本でも出したらええんやない?

こここれは、ご無体ですわな~。

写されるの大好き、アテクシビジン、うふんうふ。さっさと撮らんかコラぼけ、な、あのM子さま、オファーかければ喜んで、となるや知れませぬ・・・が。

見たくないし。目が、嫌がって逃げ出して、一時的に眼窩、空っぽになりかねませんし。それ困りますし。

そんなもん印刷した日にゃ、出版社に書店に各家庭に・・・法則の大嵐が。列島の危機。既に今、危機ですが。

R1。幼児を守れ。

でも本人と、あほうのうすらの預かられたタカラだった日の栄光は10億光年かなたになり果てた、性格に正確な判断のつきがたいあの、Nちゃんは、

くすくす喜んで

「ここれ、いいじゃない、ここれ、ね」

「あたりまえじゃんなにいってるのあてくしがひしゃたいなのよおくわがただってこどうぐよくわがたはばりばりあしでいたかったわでもくわがたはあんたよりましよ、だってクワガタは喋らないものでもクワガタみたいに黙ってるとたいくつするからクワガタとあんたとどっちがいいかってええととどっちなのかしら、おとおさまにきいてこなくちゃ、あ、おとおさまがいまごびょうきだったわわるいことばっかりしたしたびょうってなんびょうなのよちっ おかゆなんかたいてあげないだってだってめんどくさいんですものお水だってあげないわうふふくわがた」

とか・・・

申し訳ないです、こういうこと考えていると止まらなくなります、もういいかげんにしてくれ~、っと、怒鳴りたいです。


  1. 2013.12.25 (水) 13:56
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

さぶた さん。

ボケ老人が何ほざいてんだか。怒。同じじゃ。

きっと、何もわかっていない人が巻き込まれたんだと踏んでいます。あれらの仕組むことなんか見え見えです。と言いつついつも、あまりに想定外のことに、怒り驚き。

日本は悪いことしたから永久に中韓に謝れ、金出せ。

これと同じ?

永久にボクたちに金出せって。

ええ?。

日本人、あれらに何をしましたか。

騙され舐められ嘘つかれ税金無駄遣いされ、被害者面 されて、今に至る。

ぼけ。一刻も早くてんちゅう下れ!。
  1. 2013.12.25 (水) 13:59
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

主婦さん。

それは全く相済みませんなことを。

一刻も早く、不吉なことはお忘れください、私からもお願いします。

こんなことにはなりませんから。

なれませんから。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・