FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 虚しいこと
  2. tb: 0
  3. cm: 8
  4. [ edit ]

影子ちゃん Ⅱ 追記あります。

沖縄を訪問され、石碑の前で、お父様のきちんとしたご説明を受けて、表情を引き締めておられた悠仁親王殿下。

細かいことはわからなくても、その地で確かに大きなことが起こったのだ、あったのだ、と、幼い胸にしっかり受け止めておられるのが、よく分かるお顔をしておられました。

すでに「人の痛み」を理解しておられるのだなあ、と、正直申して泣きながら、何度この動画を見直しているか。

人の痛みがわかる、という感性は、何でもどうでも「東大」といった世界とは遠い、と、私は考えます。



この動画の最後に少し「影子ちゃん」が出ていることを、昨日、書かせてもらいました。これについてもう少し。

やまのこ さんが教えて下さいましたが、この(もう一度)ここに置きます、動画の1分50秒くらいから数秒。



フランスの、なんとかいうブランドの子ども服であるらしい、可愛らしい青と白のワンピースを着せられた女の子が、皇太子殿下に手を引かれて(つないでというより、引かれて)、沖縄から上京した豆記者さんたちの待つ場所へ、あらわれた場面。

宮内庁の、皇族方の公務を詳しく記してあるページに、今はこの写真が出ていない、と、やまのこさんは教えて下さった。その通りなのです。

私も調べてみて、2004年・・平成16年の7月28日の、皇太子さんの「ご公務」の状況を確かめてみたのです。

そこに、皇太子が沖縄豆記者にあったことが記されています。この年がその行事の43回目にあたることが記されています。そして、宮内庁の公式なページに「皇太子が」と、単独の公務であったことが記されているこの日のことを、

東宮御所へ伺って、皇太子と愛子さんに会った豆記者さんたちが

「愛子さんはお付きの人と一緒に来た」

「話はしなかったが手を振ってくれた」

のようなことを、感想として残しています。内容は合っていると思いますが言葉そのものでないことはご容赦下さい。

皇太子は「愛子」さんに「愛子」と呼び掛けていた、と。この場で。

何なのだ、これは。


・・昨日の記事を書く前に、自分なりに考えていました。

これは・・・愛子さんの「公務」の、初めてのもの、に相当しないか。おそらくそうだろう。初めてでは無いかも知れないが、本当に愛子さんが出て来ていたなら、マスコミのいろんなところが、わんわん大騒ぎしたのではないか。

「愛子様 初めてのご公務」

「お父様に手を引かれて」

「幼いながらご立派なご公務ぶり」

とか、絶体、やりますよね。さすが、とか。写真だって山盛り残っているはず。


そうして私の胸は、す~っと、冷えました。

愛子さんの「スケジュール」も、そのページではわかるようになっています。

実際、皇太子が豆記者に会った、とのみ書かれた表の、数行下には、同じ年の

2004年の9月24日から10月4日まで、

皇太子同妃両殿下が、愛子さまと、那須の御用邸に入った事も、帰京したことも、書いてあります。

「同妃」のことも「愛子さん」のことも、すべて書かれているのです、ここには。


豆記者さんたちに会ったのが本当の愛子さんなら、なんで、宮内庁のページが初めのものから変わっているのか。

写真は、現実に撮られている。上の動画の1分50秒から数秒「愛子さん」はそこに「いた」。

いますよね?。皇太子さん、一人でないですよね?。

愛子さんでないから、なかったから、宮内庁はこのことを無かったことにした。

写真も、やまのこさん仰るように、皇太子が一人で子どもたちに囲まれている、愛子さんのいない写真に「取り換えられて」いる。

些細な事ですか、裏からコメントを下さった方。

私はそうは思いませんよ。

皇太子が、東宮御所で、公式の行事に於いて大きな「虚偽」を行ったのです。

内親王でない幼女を、内親王である、として、元気にこうして出て来たよ、の、証拠写真にしている。

この証拠写真は、残念ながら、あの人たちの悪辣さをしっかり解らせるものになったようですが。


私は、めんどくさがりだし、自分自身が超のつくええかげん人間であると自覚しているので(開き直りとも言う)、誰かに向かって「許せない」なんぞというコトバを使うのは、好きでない。おこがましいと思う。

あんたはどうやねん、と突っ込まれるのをオソレている。エラそうに言って突っ込まれたら恥ずかしいとか、どうでもいいようなことを、こてこてと、日々、考えています。あまりきっぱり白黒つけないで生きていたいし、実はたくさんのことに、白黒なんかつけられへんわ~、とか、思っているし。

が、今、数日前のことです、再びテレビの画像に出て来た「影子ちゃん」。

秋篠宮ご一家のご立派なお振舞を、ただただ貶めんがために、悠仁さまにケチをつけたいがために(としか思えんだろう)影子ちゃんの映像を引っ張り出し(これがまだ通ると考えたのだろうか)

愛子さまも沖縄に関わりを持ったことがある、とばかりに。ミヤザキ某女子は、正直に「~こともある」と、一度だけよって感じで言うてましたが、この人は以前にもしゃらっと、こーゆーことを言うてた人。恥知らずはどこにでもいるものですわ。

先日の愛子さんの誕生日の際の公式の情報で、

「愛子様は放送部で、云々、伊勢神宮の式年遷宮のことを調べて、云々」

の文言のごとく。どんな手でも使う。今日「週刊女性」誌を買って来て、まだ読む時間をとれずにいるのですが、いろんなマスコミ方面の空気を読むと、どうやら悠仁殿下の沖縄行に刺激されたあちらのヒトたちが「焦って」いると。

愛子さんが「いずれ伊勢の祭祀をどうやらするなにやらになるために」なんとか教育を云々。

申し訳ない書きようですが、あまりの無茶ぶりに、まともに引用する気が消滅してしまう。気力が萎える。

悲しくなる。何なのだろう、これは。と。

一度も伊勢にお参りしたことも無い。

武蔵野御陵に言ったことも無い。明治神宮にも参拝していない、他のどこにも、皇室のお子さんとして、行かれたことが無い。その愛子さんに・・・

ってね。愛子さんは小学生で、一人では行けないのだから、親が連れて行かないだけの話なんですけどね。

とにかく、ひどい話だと思うのです。

小和田氏が、自分の力でもって、長女に嘘っこの(空洞の)学歴を貼りつけたみたいには、行かないことなのに。

そういう嘘は通っても。強引に通しても。

神様に向かってそれはどうでしょう。

悲しいと言うより、笑えます。ほんっとに、愚かなのだなあと。

毎朝。毎夕。手を合わせる。どこにいても、神様に手を合わせる。その毎日を、ずううううっと続ける、積み重ねて行く。

その基礎の無い人間が、何をどうして伊勢の、え、斎宮、とか??。

それくらいの気持ちで皇室に生息しているなんて、もう無茶な話。

雅子は神域には入れない。徳仁は祭祀を司る立場になんかなれない。愛子さんは、愛子さんのせいではないけれど、皇室の娘として育てられておられないので、せめて、一人の愛子さんとして、あまり苦しいことも感じないまま、生きて行っていただければいいなあ・・。

皇太子と雅子は、国のひとたち皆に嘘をつき、一番大切なことを真っ先に投げ捨てて、いぎたない生を貪っている。

もうすぐだと思う。人が、人の手を下さなくても、おのずからその時は来る。



そう信じています。


本当にごめんなさいだけど、お返事は明日、ゆっくりとさせていただきます。感情的な文章になっていると思いますが、今夜はこのままで・・・。

宮内庁のページから。

平成16年7月28日(水)

お名前

ご日程

皇太子殿下 ご接見(第43次本土派遣沖縄豆記者)(東宮御所)

(略)

平成16年9月24日(金) ~ 平成16年10月4日(月)
那須御用邸附属邸ご滞在

お名前

ご日程

平成16年9月24日(金)
皇太子同妃両殿下 愛子内親王殿下と東宮御所御発 那須御用邸附属邸御着
平成16年9月30日(木)
皇太子殿下 那須御用邸附属邸御発 東宮御所御着
平成16年10月2日(土)
皇太子殿下 東宮御所御発 那須御用邸附属邸御着
平成16年10月4日(月)
皇太子同妃両殿下 愛子内親王殿下と那須御用邸附属邸御発 東宮御所御着


この年(前年も)2004年、雅子さんの体調がひどくお悪く、そのせいかどうか、1月から9月まで、愛子さんは姿を見せておられないのです。

その時期の7月に、お父様と一緒に、ということだったのでした。


以下は「ドス子の事件簿」より。

接見時の様子について語る豆記者さんたち

上原尚子さん(小学6年生)「(愛子さまは)付き添いの人と手をつないで来ました 魚の柄のワンピースでした 意外と大きかったです」
玉那覇未香子さん(小学6年生)「(愛子さまは)ちょっとビックリしてらっしゃいました (愛子さまと)お話はしませんでした」

----------------------------------------------------------
Part1641-279 可愛い奥様 sage 2009/09/17(木) 11:55:30 ID:wqj9bRaE0

豆記者について、渡辺みどりさんが美智子皇后と雅子妃 平民妃十年の苦闘
で詳しく書いています。

六年生の豆記者、○○○○○さん(実際は名前あり)はこう話している。
「・・略・・2歳半と聞いていましたが、実際よりお姉さんっぽく見えました。
 私たちが思わず『かわいい』と騒ぎながら、愛子様の周りを取り囲んで
 しまったので、愛子様はキョトンとして驚かれた様子でした。
 皇太子さまが愛子さまに『こんにちはは?』とか『ご挨拶して』と
 優しく教えてあげると、愛子様は小さな声で『こんにちは』とおっしゃいました。
 お人形みたいでした。五、六分話して、皇太子さまが『バイバイは?できるでしょ?』
 と教えられると、愛子様はコクンとうなずいて、小さな手を振って『バイバイ』して
 会場をあとにされました。」


スポンサーサイト





  1. 2013.12.19 (木) 00:33
  2. URL
  3. sarah
  4. [ edit ]

「その時」

東宮御所は鬼の棲家と成り果ててしまいましたか。
鬼2匹・・・、徳仁と雅子。

一日も、一日も早く「その時」が来ますように、鬼2匹が成敗される時が。

雅子、徳仁と呼び捨て、愛子ちゃんは愛子さん。
お師匠の想いが現れていますね。

愛子ちゃんが不憫です、愛子ちゃんには何の罪もないから。
  1. 2013.12.19 (木) 15:39
  2. URL
  3. やまのこ
  4. [ edit ]

お人形=人の形・・・

夏冬恒例の荷造りに追われダウン気味です。
KUONさんもお疲れでしょうに、この力作! 素晴らしいです。
(弟子が誉めてどーする。。。!!)
青い影子ちゃんだけが消えた画像も残しておいたのに見つかりません。
震える怖さがありましたよ。「我が子を消す」
考えたら簡単、我が子では無いから。消せる。
「子供だから分からないだろう。」沖縄豆記者に対しても侮辱です。

東宮のベランダで撮られた「夏の影子ちゃん」
スキー場での「雪の影子ちゃん」
私生活の写真なら・・・いえ、やってはいけない事です。
しかし公務に出したのはまずかった!!
止めることが出来なかった側近も悪いが、根源はナルさん。
では誰が考えたのか?

東宮の先が読めない「頭ふたつ」が通した意地でしょうか?
今となれば「ごめん」では済まされない「悪行」の発端。
 
■2003年12月4日、雅子さまが帯状疱疹で宮内庁病院

☆2003年12月11日 湯浅利夫宮内庁長官
 「秋篠宮に皇室の将来を考えると3人目を強く希望したい」

■2003年12月23日 天皇陛下古希行事・欠席

■2004年1月2日  一般参賀・欠席
 
■2004年3月23日 軽井沢・行き(雅子さん&愛子さん)
  
■2004年4月26日 軽井沢から戻る(後部ナルさん?前二人) 
  
■2004年7月28日 東宮にて沖縄豆記者(青い影子ちゃん)
  
■2004年9月4日から数日後とのナレーションあり 
  「緊急皇室スペシャル」(宮内庁提供の文字あり)
   東宮1階でハープを叩く、雅子さんと遊ぶ
   愛子さんの笑い声、階段をとんとんあがる映像

当時は海外の新聞にまで「愛子さん障害」の記事が書かれた焦りと
思っていましたが、今は「秋篠宮」には渡さない!
ではないかと思います。 戻しようの無い人生・・・
一時しのぎでもなんでも、今や拍車のかかった「愛子は優秀」
だったら「替え玉」そんな単純で恐ろしい会話を「二つの頭」が!
「天皇陛下お見舞い順番事件」でも分かるように、単細胞ですから。

2004年7月28日「青い影子ちゃん」画像が、宮内庁広報に載ったのが
いつだか分かりませんが、後付けで「本人確認」のごとく
本物の「青い愛子さん」の動画を9月4日以降撮影。
「緊急皇室スペシャル」(宮内庁提供の文字あり)

まだ半端で放っておいた記事を後ほど投稿します。
KUONさんの後追いになってしまいますが、何か引っかかったので
更にKUONさんの解釈が加わればと、お許し下さい。
「影子ちゃん」の登場・存在理由が判明するのでは!
東京は雪にはなりませんが雨が降り続けています。
  1. 2013.12.19 (木) 20:51
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

sarahさん。

実の親に隠される愛子さん。なんとも言えません。

そのことについて親としての「痛み」も無いとしたら、そんな人々が、その位置について日が進んで行けるものでしょうか。

雅子サンとその親と、妹さんも含めて。なんでこんな人たちが、と、せん無いことを思います。

いつもお優しいお気持ちをありがとうございます。
  1. 2013.12.19 (木) 20:54
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

やまのこ さん。いろいろありがとうございます、一緒に励みませう。

が。しかし。

お師匠は、やめて下され~。弟子なんぞ持った覚えはございませぬぞ~。

また教えて下さい、わたしも訪れさせていただきます。

お体無理なさらないで下さい。今年の風邪はモンスターしつこいです。

  1. 2013.12.19 (木) 21:52
  2. URL
  3. わがまま、親父
  4. [ edit ]

いいね!

KUONさん、今日は!

やまのこさんが仰る、師匠、お師匠さん、あるいは、KUON姉さん、、やはり、KUON師匠の呼び方のほうがしっくりくるかな!

来年の2月、カナダからKUON師匠に会いに行きます。

多分、新幹線で行って京都当たりで一泊、さてデート先はどちらにしましょうか?〔笑い)

着物がお似合いの素敵なご婦人、なんて勝手な想像をしている枯れ葉老人でした(爆)
  1. 2013.12.21 (土) 02:04
  2. URL
  3. [ edit ]

影子のウズラ。これが気持ちが悪くてたまりません。
ブログ主さまが仰る通り、
私も「この子は口角が下がってる、愛子さんじゃない」と思います。
これを掲示板で言うと、
必ず「いや、本人だ」としつこい書き込みが続く。工作でしょうか。
皇太子の欺瞞がまかり通ってはならないと思います。
人並み外れた潔癖さを要求されるお立場だからです。
神様の采配を信じたい。
同じ気持ちの方がいらしてホッとしました。有難うございます。
  1. 2013.12.21 (土) 21:57
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

わがまま、親父さん。

ほんとうに自分が、着物の似合うすてきなご婦人だったらどんなにいいでしょう、と、思いますことよ。

カナダからご帰国、私にも会って下さるなんて、嬉しいですよ、とっても。もったいないですよ、そんないい目に遭っちゃうなんて。せめて着物くらい似合えば・・・いや、昔は、着物体型でもあり、紬とか絣とか好きで、年とったら、裾短めにきりっと織りのものの似合うばあちゃんになりたいなあ、と、夢見る気分もありましたっけ・・・ものすごく遠い目・・・。

それはともかく。2月は日本が一番寒い月。寒いとこ生まれの親父さんで、こたえないかもしれませんが、どうぞお気をつけて寒さ対策なさって、お会いの節には、にっこり~、と、まん丸の笑顔で、と、今から楽しみにしております。

よ。
  1. 2013.12.21 (土) 22:04
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

蛙さん。

初めまして。来て下さってありがとうございます。

お返事が遅れました、お許しくださいね。

>>皇太子の欺瞞がまかり通ってはならないと思います。
>>人並み外れた潔癖さを要求されるお立場だからです。

これ、全く同感です。同感以上です。なんでこれが放置されているのかと呆然となりますよ。

どこかの掲示板で書き込まれて「いや、違う」と、しつこく否定されてこられたのですか。

ここへ集って下さる皆様は、蛙さんと同じお気持ちの方が多いです。嬉しくありがたいです。

ホッとしましたと書いて下さって、私も(皆様も)ホッとしてると思います。

しつこく思いつづけましょう!。


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・