FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. ことばのたのしみ
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

「己」だけだね

うたは古典的仮名づかいが「好き」なのですが、普通の言葉で書くとなんぼでも行けるので、たまには気持ちいいです~。

「妃」って身のまわりには無い言葉「品」とか「気」とか描いていたわ

「気」は高く「品」は上だと疑わずナルちゃんに来る「妃」を待った

ワタクシには関係ないと言い切った傲岸な人が「妃」になるとは

使者からの三宝を受ける手が変だ 亡母(はは)にはわかっていた「マサコサン」

ひとむかし前のじょろ屋のようしむすめ 優美子を語った亡母はイケてた

「腐っても鯛」が口癖だったっけ亡母よそーゆー気概も大事ね

学歴は最上親類みなエリート騙されたのは国ごと全部

「妃」って身のまわりにはいない人 当然「それらしい」人のはずじゃん??

「妃」って身はまっすぐにボタン類とめて上等の靴はく人と

追いすがるマスコミ陣に隠しもせず超絶無礼がマサコさんの父

無私無欲空の手で人々と睦まれる皇族なれば今も敬う

「妃」って笑顔やさしくその内に「いざ」の覚悟を秘めいる人と

沖縄で火炎瓶よりご夫君を守られた方も東宮妃でした

「妃」という文字の特異さマサコさんはええとこ取りの「己」だけだね

「妃」って子の喧嘩にも顧みて自分を責める人と思ってた

「妃」ってまさか御所内へラーメンやピザ取るなんてするはず無いと

「妃」って日本の妃って御所内へ身内引き入れるなんてしないと

「妃」ってその親だってわきまえて慎む人らと誤解してたわ

父親の借金の利子にしてるのか 内廷皇族費の使途がわからん

オキサキの父だから今は引いている借金取りってどれくらいいる?

アラ80の夫婦とアラ50の夫婦とがみっともないの限度超してさ

何もせずわが子にかまけて今見れば子は母親を慕っちゃいない

母親を愛せない子のかなしさを そんなことさえわからんと見る

こんなこと言いたく無いけど病名は脳粗鬆症?しかも生来?

お病気のお妃さまはねんごろにお休みください治癒の日までを

治癒の日が来るか来ないか にっぽんはもうまさこひを待てませんから

ご高齢の両陛下にも思いやりのひとひら見えぬ妃は不要

国民を自分の都合でのみ使うそんなひでんか要りませんから



・・・おそらくこれは、後、時々、わが憤懣のガス抜きとなるかも・・・。





スポンサーサイト





  1. 2013.12.17 (火) 00:26
  2. URL
  3. sarah
  4. [ edit ]

父親の計算違い?

「母親を愛せない子のかなしさを・・・」 
母親になるべきではない人が母になってしまった・・・、けだものでさえも自分を捨てて子を守るものを。

彼女はけだもの、以下?

強欲で、高慢で、無知で、下品で。
そんな一族が、皇室というその一族からは対極にある存在に彼女を送り込みましたが、
一つだけ救いなのは、彼女が「阿呆」だということです。
全てがとてもわかりやすい。

もし、
賢い人が邪な心を隠して東宮妃を務め、国民を欺いて皇后になったとしたら。
想像しただけでも眩暈がします。

お師匠、明後日ごろは列島が寒波に襲われるそうです、暖かくしておやすみください。
皆さまも風邪にお気をつけくださいませ。
  1. 2013.12.17 (火) 11:47
  2. URL
  3. やまのこ
  4. [ edit ]

なすりつけ

東の方々は、何があっても自分達に非は無く、およそ世間では通らぬ言いがかりを
平気でつけ周囲や国民になすりつけます。
側で働く人は弁明もなく国民もただあんぐりですが、報道関係が何処まで
非礼無礼失敗の連続でも擁護し、どこまで東の味方をするのか見ものです。

昨日BBさんのトコで美智子皇后のお手紙を読み、澱んでいた気持ちが晴れました。
お気持ちはあるのですが、希望として、国民へ、そうなのですが、下せない。

23日。天皇誕生日の東京は曇り時々晴れの予報です。
来年は記念で皇居見学(6回で300人とか)があるそうですが「反対」です。
そんなに開かないでいいですから・・・
はとバスツアーで入った時。
砂利道で止まり「ここが松の廊下あたりでございます。」を一番記憶しています。
雅子さんは又薄い扇をご使用されるのでしようかね。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・