FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 1
  4. [ edit ]

フライド・フィッシュ

三時ごろ、イオンモールにいました。

ちょっと座りたいねということになり、夫婦だけなら静かな喫茶店ですが、そうでないのでマクドナルドへ。

私は、フィレオ・フィッシュを食べました。好きなんです。

子供の頃、夏休みになると、母の里の田舎か亡父の妹である叔母の家へ、けっこう長く、預けられていました。

叔母は、私くらいの子供が三人おり、皮肉ばっかり口にしているお婆さんがおり、家の前面を店にして、味噌や醤油や油を商っていて、忙しかっただろうに、とっても私によくしてくれた。

行った当日は必ず、カジキのフライを食べさせてくれました。
近くの公設市場で売っている、いってみれば揚げ物のひとつを買ってくれた、ということなのですが、○子(わたし)はこれが好きだから、と、必ず、食卓にのぼらせてくれたのです。

カジキは、カジキマグロのことだったでしょうか。
そこの市場以外では食べたことの無いフライでした。
他のものよりいささか値段も上だったのを、覚えています。
休みの間に、映画にしょっちゅう連れて行ってくれたのも叔母。
叔母は、大川橋蔵さんのファンだったですね。裕次郎も。

その思いがあるからなのかどうか、魚のフライが好きです。

給食によく出た、メルルーサのフライ。
給食を「まずい」と言うことがいいことのように思いこんでる一団があって「油くさい」だの「どこそこではこの魚は動物の餌なんですって」とか言い立てては「ツン」としているバカ女どもでしたが、私は、おいしいなあ~と嬉しく、頂いていました。

ケンタッキーの魚のフライも、美味ですが、私にはやはり「マックのフィレオ・フィッシュ」です。

最近では、以前ほど度々食べられなくなっていますが(トシのせいですよ)大好き。

ふと、そんなことを思い出していた、夏の終わりの午後、って感じでした。

でも、お惣菜屋で魚のフライを買ったことは無いなあ・・・。


yuutaさん、白内障の手術を受けられたのですね。
いいなあ、済んで。
私も、右目の視力をレンズで上げることが出来ない、白内障だと言われています。
今は簡単で、とか聞くが・・・済んでよかったなあ、いいなあ、自分だけ、ずるいな~・・・。

あっちこっち、確かにガタが来ています。
夏の間、お化粧しないで、食料品など買いに行ったりしていましたが、メイク全く無しだと、気持ちがだらけますよう。
今日はフルメイクで(といっても七分で完了)出かけたら、帰るまで気持ちがもちました。

えまさん。
津島佑子が、どんな気持ちであのフレーズを書いたかは解りません。小説だから、どう解釈してもいいのだと思います。
私の場合は、いつも思っていることは、誰がこんなことを言ったとか、現場はえらいことになってるとか、セシウムの量がどんだけとか、そういうことを、書いて、どうなるんだ、何のためになるんだ、という、内向きの思考(ちょっとかっこいい言葉かしら)があって、ですね。

実際、福島県に大切なお身内が住んでおられて、心配やら不安やらで胸がいっぱいでおられる、えまさんの目にも届く記事を、書いているって、どうなんだろうと、いう思いが、常にあるわけです。

痛みの上に痛みを重ねるような、というのは、そういう、自分の気持ちです。私の胸には、そう響いたんです。

知ってよかったと、いつも書いて下さるけど、自分は、わざわざ、リアルなことを書いてしまっている、という感じがあるから・・・と言えば、わかってくれますか。

痛い上にまた痛くしているかな、という気が、するのです。しかし。

知らないでいると、知っていても黙っていると、
「それでよかったんでしょ、欲しくなかったんでしょ、それでいいから黙っていたのではないですか」
という言葉を、家裁で、突きつけられたことがあるのです。
「欲しいなら取りに行くでしょ、行かなかったのは、欲しくないからでしょ、そうではないですか」
と。

そうではなかった。

遠慮して、控えていればことはいい方向に進む、弁護士さんもいるし、と、ぎりぎり、ガマンをしていたことが、そういった理解をされて、愕然としたことがあって。

知ることは、つらいこともあると思うし、不安にもなるだろうし、あ、お酒に、癒されるのはいいけど、溺れないでね、助けに行けんから、だけど、知っていないと、いざ、という時、声もあげられない。

IAEA=国際原子力機関=が、今回のフクシマの現場から放出されたセシウム137は、広島原爆の168倍だとか発表されたとか。

先日の児玉教授も、もう少し多い量で、言っておられた。今更何を、という話です。
そしてそれについて、日本でのこの問題の責任者が「原爆と今回のことは単純な比較は出来ない」と言っている。

ここで、いーっとなるんです。。

今も、この瞬間も、放出されているんです。

停まっていないんです。

そのことに対して、呑気すぎると思うの。派閥がどうのと言ってる場合か。

どうして放っておけるんだろうと思う。

思っても、何も出来ないんですけど。

まともな発表もしないで来た政府。

今までのいろんな事故や事件と同じように、忘れて行こうとしている「一部の」人々。遠慮して、一部、と書いてみました。

どう思われてもいい、書きます、平和ぼけのアホや。

平和ぼけのあほや、他人事ではない、既にひとごとではないんですよ~。


日本は既に、みしみしと、国土を侵されていっているではないですか。

大きな会社の株も、じわじわと買われていっているではないですか。

くみしやすい国、やっちまえる国、と、見られている。

昔なら、わーって、攻められている状況。

槍や鉄砲持っては来ないけど、じわじわ、来ますね。来ていますね。
政治と言うのは、やるか、やられるか、の面があるのに、きれいごとでないはずなのに。

・・・これでも、五分くらいのことしか言えていない。

なんにも言えてない。知ることは大切と思いつつ、言って傷つけるのがこわい、中途半端な自分がいるんです。

住めない地域があることが、やっと、やっと、出て来てる。

生きたここちがしない、私はお墓へ避難します、と、自ら命を絶たれたばあちゃんに、早く決断してよかった、とでも言うのでしょうか。

えまさん、傷つけるかもしれないけど、嘘は言わないつもり。憶測には、憶測ですよ~と、ちゃんと書くつもりで~す。

ディランさん。

昨日、原発の電源は、切れた、のでなく、切られた、のだとしたら、って、、変な都市伝説みたいなこと書いて、自分でもちょっとイヤだったんですが。

発電所の中のこと、聞いていて、私は、地図も機械の中身にも、できれば無関係に生きていたいヒトなのですが、フト、思ったのね。

わたしが、フト、思うくらいのことは、当然、もっと詳しいヒトがフト、するわけで。

放射能の危険なんて、このことが起きるまでは、私にとっては絵空事。
どこかの誰かが、絶対押してはいけない核のボタンを、何かのことで押してしまう。
そしたら地球は終わる。
みんなで終われるならしかたないなあ、など、いいかげんな自分でした。本当に。

そんな、SFチックなことでしかなかったのです。

原発が爆発するなんて、想像したこともなかった。

想定外、という言葉を、たくさん聞きました。

あほか、と、私は外野席のヒトですから、アホ、どうしてくれんねん、と、毒づいてた。

・・・BUT.

そんなことが、あるやろか。

なんぼ、なんぼ、呑気でも日和見でも無責任でも。

ものすごく賢い方がたが、ものすごくいっぱいおられて。

毎日、それなりの仕事をしているわけで。

地震が起きて、津波が・・・超巨大メガ津波が襲って来て。

電源が喪失して、こうなってしまった。

・・・だけど、さあ。

そう言うしかない、ということも、この世には沢山ありますね。

中に、いっぱい、知識のある人がいて。
現場仕事で、そんなに知識は無いが毎日の仕事はきちんとしている人もいて。

津波で、水浸しになっている建物の内部で。

電線(というのか、もっと高級なのかしら)だらけの現場で。

すっごく身近な発想・・・電気の線が、水に巻き込まれたらどうなる・・・やばい、と、必死に真面目に考える可能性、無いとは言えないのでないか。

漏電する、大変だ、と、それくらいの範囲のことが、アタマを占めることって、あっても不思議ではない・・・。

普通の家でも、停電やなんかの時(未熟な記述ですね)後がこわいので、ブレーカーは落とすのが安全、と言うでしょう。

電源、ばちっと切る、ってこと、絶対に無い、とは言えんよね。

などという話を、口はさむことも出来ず聞きつつ。

おもしろがって言っているのではないです、当然。

チェルノブイリの事故が、つまり、エンジニアのミスによって、という説もあり、で。

人間の近くに機械があるって、思い違いでボタンを押してしまう、ことも、あるかも知れんということで。
そういうことも起こるということで、もしも、のテラ倍「もしも」をつけて想像してみるに、原発の事故というものは巨大地震に関わり無く起こり得ると。

こわい思いに、全身、ひたされていたのでした。

   

瓦礫処理法について、など、ディランさんのように、勇気を持って、がちんと、ごつんと、書けない、中途はんぱなKUONです。

私のカメラは、クローズアップを継続できないの、と書くしかないです。

ずっと、引きで。対象を追い続けたくはあるが、引いて、少し離れて、回りのいろんなものも、見ているしかできない。

いい、悪いでなくね。

今日書いて下さってることは(細野さんに関することから)まことにその通りなのです、異論はありません。

が、自分は、こういう具合には書けない、書かないの。

ディランさんは、どうぞ書いて下さい。

教えて頂いたの、他の方も、読まれるなら、と、ご紹介させてもらっていいでしょう?。

するよ。

http://einstein2011.blog.fc2.com/

蒼いロバさんのブログのようです。

























スポンサーサイト





  1. 2011.08.28 (日) 20:49
  2. URL
  3. ディラン
  4. [ edit ]

海のもの。。。安心して食べられなくなりましたね><

嫌なもの、具合が悪くなような嫌なものを拾ってきちゃいました(T T)

放射能汚染がれき、福島県外で処分の方針 細野原発相
細野豪志原発担当相は13日、東京電力福島第一原発周辺の放射能汚染がれきの処理について
「福島県を廃棄物の最終処分場には絶対するべきではない。国として責任をもって処理していく」と述べ、
政府主導により福島県外で処分に当たる方針を示した。訪問先の福島市内で記者団に語った。

ついに細野原発担当相がこんな発言をしました。
彼が無知なのか、現実を知って「やむを得ない」と思っての方針なのか、何れにせよこれは子供達や、
これから子供を産む若い女性をはじめ、日本国民にとって最悪の選択と言えます。

瓦礫処分の問題について小出裕章先生(京大原子炉実験所)も言っていますが。
福島第一周辺は今後30年以上、「放射能の墓場」にするしか土地として利用価値はないのです。
そこに日本中で汚染された物を集めて「立ち入り禁止」にする。

残念ながら汚染を食い止める方法はそれ以外に無いのです。
その理由は二つあります。
1.福島第一周辺にはセシウムやヨウ素以外に、
量が重い為に高く舞い上がらなかった物質があります。
肺がんを引き起こすプルトニュウム(半減期2万4千年)や白血病を引き起こす
ストロンチウム90(半減期30年)です。
その他、未だ人類が体験した事がない放射性核種が膨大に降り積もっていると言われています。
2.福島第一はチェルノブイリより放出量が多いと東京電力も認めました。
最高積算や沈着量はチェルノブイリ原発周辺は370万ベクレルに対し、
福島原発周辺は3,000万ベクレルです。しかし陸上への拡散域は今の所チェルノブイリより狭い
と言われているので、超高濃度汚染は福島第一周辺に集まってくれているのです。
これは不幸中の幸いなのです。

それなのに政府は、燃やしても消えない高濃度の放射能を、あえて日本全国にばらまくそうです。
人類史上最悪の放射能が日本全国にまんべんなく撒き散らされるのです。
言うまでも無いですが日本国民にはデメリットしかありません。
政府の目的は、高濃度に汚染された福島第一周辺に住民を出来るだけ多く帰らせて、
「被害の補償を最小限に留めたい」ただそれだけ。
お国の非常事態だから、国民に黙って死んでくれという話だ。

北は北海道から、南は九州まで、放射能汚染は対岸の火事では無くなりました。
東京の処分場でも、瓦礫や汚泥を秘密裏に燃やされ、
プラントの煙突から吹き上がった死の灰により周辺が
「チェルノブイリ自主避難区域」並にまで汚染されました。

既に7月には千葉県流山市から出た汚染焼却灰を、秋田県大館市と、
北九州市のリサイクル施設が受け入れ、
両市はすでに放射性物質の脅威が身近にやって来ていました。

秋田県大館市は輸送途中に受け入れをストップしたが、
北九州市の廃棄物処理業「光和精鉱」では処理を終え、
周辺で一時、線量率が0.2μSv/hに達した報道もあり、
ベクレル換算では数万Bq/kg位の汚染焼却灰が処理された可能性があります。
これらの瓦礫や焼却灰は、今までの日本の法律では焼却や処理はもちろん、
移動、運搬するだけでも法律違反に値する放射性物質です。
私達住民が自治体レベルで「No」を言わないと、これから日本は大変な事になります。



日本。。。沈没しますね。。。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・