FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 虚しいこと
  2. tb: 0
  3. cm: 8
  4. [ edit ]

その「血」・・・。

買って来たての「週刊文春」11月28日号。一部分のみ原文のまま。

(略)そのチッソのトップだったのが、雅子さまの母方の祖父、故江頭豊氏です。70年、大阪で開かれた株主総会には、水俣病患者や家族らが出席したのですが、続く説明会で加害責任について江頭氏が発した『誠にお気の毒に』という一言が患者や家族らの気持ちを逆撫でした。壇上の江頭氏は患者らに取り囲まれ糾弾されるという事件が起きたのです。

この経緯は雅子さまがお妃候補になられた際、宮内庁でも問題視された。婚約後の記者会見で、皇太子は、「チッソの問題もあって、それで宮内庁の方でも慎重論が出ておりまして」と発言されている。

当時の様子を知る千代田関係者が振り返る。
「昭和天皇も反対されていたとも言われています。両陛下もずいぶんお悩みだったとも聞きますが、雅子さまを選ばれた皇太子殿下のご決断を尊重された。ただ、現地の方々の感情を考えるとまだまだ難しい部分もあるでしょう。」

秋篠宮ご夫妻は99年に水俣を訪れ患者たちと懇談されている。雅子さまが彼の地を訪問される日は来るのだろうか。


これだけです。しかし、やっとここまで、でもあります。

昨日のわがへたれブログの内容の一部に似て。地方へ出かけた先で面白くなかったか、もう行かないと。理由を「自分の暮らしに直接関係が無い」と言い放った東宮妃。
自分が責任者である場で「誠にお気の毒」と他人事発言を怖じず恥じず放った企業大罪人。

血は争えません。この血を皇室のお方のご行動に見なければならぬ一庶民のわが身の適応障害。重いです。

重い。
スポンサーサイト





  1. 2013.11.20 (水) 12:15
  2. URL
  3. わこ
  4. [ edit ]

チッソが補償拒否

今日の新聞に。
「チッソが補償拒否」とっ。
水俣病認定患者に対する賠償を拒否ったとですたいっ。

あんたら アタマおかしーんじゃねっ
と云いたくなります、KUONさまー。

アタマがおかしー会社の社長の孫が雅子。
何故に、あんなオンナが入内できたとでしょーか・・・・・。

あんなオンナの何が、どこが よかったとでしょーかね、皇太子も・・・・・。
オンナの趣味がわりーですたい。

  1. 2013.11.20 (水) 12:51
  2. URL
  3. やまのこ
  4. [ edit ]

最低

人として劣っています。
主婦感覚とか言われるけど「主婦なめんなよ!」って反撃された。
せめて普通になって欲しい~普通でいいから
なれないなら外に出るな、人前に顔を出すな。国の恥だから。
私 本気で思っております。

前に読んだのですが・・・お馬車に乗り皇居の天皇陛下に会いに行く
どきどきして凄い重圧だけど、馬車の椅子がふかふかで優しかった。
皇居が近づくと共に責任感が大きくなり、天皇のお声を聞き覚悟ができました。
とても良い経験で「感謝」しています。 どこかの国の大使就任の時。

お二人も2号車だかにご成婚の時に乗られたんですよね
「責任感」も「覚悟」も得られなかった。

先ほど更新したのですが「あぅ・・」
追加は混入しないで、後に足した方がいいですか?
KUONさんが、前に「追加」って書かれているので。。。
ご指南願います。。。

  1. 2013.11.20 (水) 16:51
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

わこ さん。

そのニュース、まだ知らないのですが。も少し詳しく、教えてもらいたいですたい。

チッソのやりそうなこってすたい。東電だっておんなじやあ。

あげなおんながなんで入内したっとは、20世紀の謎ですたい。謎はいろいろ、考えんならんこつでっしょうが、あげなおんなのどこがよかったいって。

おんなのひとっちゅうに、まあったく、慣れておらんさったばってんがぁ。

・・・花やってほれ、ラフレシアとか、見かけ派手で、実はおそろしかあ、近寄った虫ば、引きこんでぇ、漬けこんでぇ、溶かしてしまおおごと、酷い花がぁ、あれ、見かけ派手。色、仰山つこうとって、おとく感あり、おまけに、臭ぁあい、その臭いまで、おんなんこつよう知らん純な坊ちゃまには、たまらんかったげぇなあ。

ごんごんこられたら、どうしようもなかった、ってこと?。

今でも突然、アタシ行く。え。なんで止めるの失敬な。アタクシが、行ってさしあげるんだから、いらんこと言ったらまた、あたるように灰皿投げるわよ。わかっとんかい、こりゃあああ。とか。

イヤ。暴走妄想の世界ですのよ。

国民は、絞られ、見せられ、なめられの三重苦。もっとありますね。

わこさんのお言葉。大好きなんですよ。わたし、魚柄仁之介(誤字?)さんの本、大好きで。あの独特の書き言葉にも魅かれまくり。放言はだいたい、どこのも好きです。

また、読ませて欲しいですたい。
  1. 2013.11.20 (水) 17:02
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

やまのこ さん。

せめて普通に・・・とは、世界に誇る日本の皇室の、東宮の宮妃に望むのは、悲し過ぎる小さな願いですがぁ。

それさえ叶わぬとは。およよよよ。

もうきっぱり、要りません、出て来ないで頂きたい。先日の岩手訪問、食事の「海鮮御膳」三度のダメ出しの末に「決定」、
調理の方々が大変落ち込まれたとか。でも普通はご皇族は、公平を期すため、どんな食べ物も残さず召し上がるもの、なのだから、と、慰める感じで、なんとか出したと。くそ夫婦め。

皇族ではないですから。皇族の着ぐるみ着てるけだものですから。私も、そういう感じで、お慰めしてさしあげたかったです。ほっとにバカ。

馬車なんて、観光地でしか乗れないけど(庶民は)馬車のお似合いの方って、なんか憧れますね。今上さまも美智子様もも馬車だった。紀子さまにもきっと、すっごくお似合い。○さんは・・・乗る機会なんか絶対無いです、今後も。

・・・追加の件は。やまのこさんのなさり方でいいと思います。私の場合、文章がしつこく(・・・)長いので、尻尾に付けると読んで頂けないとかなしいな、と思い、追加あります、とした、みたいな。

追加も良し、新しく立てられるのもよし、ではないですか。どっちにしても楽しみにさせて頂いてます。
  1. 2013.11.21 (木) 14:44
  2. URL
  3. わこ
  4. [ edit ]

度々、お邪魔んぼ、KUONさまー。


熊本日日新聞 11月20日付

「チッソが補償拒否」  水俣病認定患者 下田さんに通告

水俣病の原因企業チッソは19日、公害健康被害補償法(公健法)に基づき
患者認定された水俣市の下田良雄さんに対し、一時金や年金などを
支払う補償協定の締結を拒否する方針を伝えた。

感覚障害のみで「認定相当」とした国の不服審査会裁決を受け、
蒲島郁夫熊本県知事が1日に下田さんを認定した。
下田さんは水俣病被害者相互会の会員で、国や県、チッソに損害賠償を
求めて熊本地裁に裁判を起こしている。

下田さん側によると、チッソは協定締結拒否の理由として
① 判決が迫っており、判決内容を見て今後の対応を考えたい。
② 患者とチッソが補償協定書に調印した1973年当時と、
  今回の不服審査会の認定要件は大きく変わっており、
  そのまま適用できない

などと説明したという。


(中略)

チッソ総務部は、
「熊本地裁の損害賠償請求訴訟が係争中。
 結審も近く、裁判で補償問題を決着させたいと考えている。
 訴訟の取り下げにも応じられない。(補償協定拒否の)法的な理由は
 裁判上で主張する」
としている。

認定患者は、チッソが一時金1,600万円~1,800万円や年金などを
支払う補償協定か、公健法に基づく補償給付のどちらかを選べる。
一時金があり内容が手厚い保養協定を選ぶのが通例。



と、このよーに掲載されとりました。

国も県知事も認めておりながら、チッソは逃げよーとしとらすっっ。

もー目も当てられんですたい・・・・・。



それにしてもKUONさまー。

熊本弁がお上手よ~~~。

魚柄仁之助ってお方、存じ上げんだった・・・。

不勉強でお恥ずかしい限り・・・・・。だはっ。



  1. 2013.11.21 (木) 21:41
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

わこ さん。

早速教えて下さりありがとうございます。

明日にでも、これに触れさせてもらいます。ありがとう。

まあ、やりそうなことです。こういう歴史です。元の海、元の体に戻してくれたら、な~んも言うことなか。そういうこってす。

ほんとにそうです、福島のことも。

魚柄氏は博多ですね、ご存知無くてもぜんぜん、です。私、気取ってない方向の料理本が好きで。食べるのはもっと好きですが。魚柄さんは、テツガクの域に達しとるごとある、と、感じています。変なおっさんですが。

九州の言葉が好きなんですかね私は。おかしくなかったかと失礼ばしたち違うかっとったとや、心配したです。

広島の言葉や山陰の方や、四国とか北の方の、普通に生活している方々の言葉が好きです。

それもわからいで、な~んが英語って。

あほうな母親ば持って、あんお子さんも。

ねえ。

明日、また。







  1. 2013.11.22 (金) 08:32
  2. URL
  3. わこ
  4. [ edit ]

KUONさま、おはよーございますっ。

朝っぱちから すまんです。

今日、11月22日付 熊本日日新聞記事を。

「チッソ 補償拒否を撤回 水俣病認定 下田さんと協定締結へ」
水俣病の原因企業チッソは21日、公害健康被害補償法(公健法)に基づき
患者認定された水俣市の下田良雄さんとの補償協定締結を拒否する方針を撤回し、
近く補償に向けた手続きに入る意向を明らかにした。

下田さんの代理人らによると同日夕、チッソ側から補償協定を結びたいとの申し出があった。
方針転換の理由として「急なことで社内が混乱した。補償協定の締結拒否は間違いで、
下田さんの訴訟取り下げにも応じたい」と説明した。

下田さんは「ようやく認めてくれた。にわかには信じ難いが、少し安心しました」とコメント。
代理人の山口紀洋弁護士は「全く話にならない対応。(希望する認定患者に適用するとした)補償協定の
中身を忘れ、自分たちの都合を優先した結果だろう。水俣病問題を解決するという思想が感じられない」
と批判した。

チッソ総務部は「当初は社内に判決の結果を見たいをいう声があったが、引き続き総合的に
検討した結果、補償協定を締結させていただくとの判断になった。下田さんには
不快な想いをさせてしまい、申し訳ない」と話している。
下田さんは県の棄却処分後、感覚障害だけで水俣病と認めた国の不服審査会の裁決を
受けて1日、蒲島郁夫知事から患者認定された。
チッソは19日、下田さんと損害賠償請求訴訟で係争中であることを理由に
「裁判で補償問題を決着させたい。訴訟の取り下げにも応じられない」などとして協定締結を
拒否していた。


昨日、お知らせした記事が撤回されたコトも、お知らせせなんと思い、

コメントさせて頂きましたー。

支援者の方々は、「対応が不誠実だ。どれだけ心労をかけるつもりなのか。
なぜ、このような対応になったのか、きちんとした説明を求める」と、水俣病被害者互助会事務局の
谷洋一さんはチッソの姿勢を厳しく批判した  

とのコトです。

そりゃそーだろーよ。厳しく批判されてとーぜんだろーよ。

な 思いです。

取り急ぎ、撤回記事が出てたんで。
  1. 2013.11.22 (金) 20:18
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

わこ さん。

ありがとうございました、使わせていただきました。

何なのでしょうね?。これは、あっちからこっちから、あれこれどーだこーだ、考えたがり屋のKUONのこじつけかも知れんとですが。

総てではないにせよ、現在のチッソ問題への、過剰反応も理由の一、に、なりまっせんかね?。

今までは、油断して上から目線が当然で来ていた。ところが、何やらの理由で、勘繰りですよ、勘繰りばってんが・・「いま、チッソが変な目立ち方をしてはなら~ん。悪いやつめ、やっぱり、と、思われたりしてはなら~ん、下手に患者イジメしたらいけんよ」みたいな、お触れが、回ったとか・・・。

まさかとは思いますが、何をするかわかりませんからね。今年は陛下も来られて異例のお言葉があって、それだけじゃない、マサコざば~が、とんでもない様子をさらしてる。チッソ、いま、悪さで目だったらあかんとよ」。

・・・今までの、長く苦しい経過を経て来られた方々には失礼なことを申したかもしれませんが、本気で、このようなことも感じておりました。どっちみち、誠意とかそんなもんは、期待できないのですし。

勝手なことを連ねました。許して下さいね。どうも、息せききってのお教え、ありがとうございました!。


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・