FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 呆然となること
  2. tb: 0
  3. cm: 14
  4. [ edit ]

無い!。

教えてください雅子さま♪
第一ティアラどこにある?




今上陛下のご学友としてコメントを出されることの多い橋本明氏。

皇室「系」評論家、ジャーナリスト。友納某女史のごときもいるからあえて玉石混淆と申し上げますが、橋本氏は抜きんでた玉、トラディショナルな(鎌爺へのイヤミですよ)正統派として皇室を語られる方と思っています。

少なくとも、皇太子さまの演奏はヨー・ヨー・マより素晴らしい、なんて、音楽そのものへの冒涜のごとき発言はなさらない。これ言うたのは鎌爺です。マ氏と皇太子では、技術うんぬんよりまず、楽器が違うじゃん。恥知らずの爺だな。

はっきりとご発言と知って走りましたら、遅かりし。Flasu売り切れていました。バックナンバーも無し。

(皇室画像全般)にあった記事の内容を一部、書きうつします。

正確を期すのは勿論ですが、筋は違えなくても、まるきりのコピーにはならないかも知れません。。お許しを。も一つお許しを乞うのは、KUONが私見を挟ませていただきたいことです。紳士の橋本氏はこの色。KUONめはこの色で。



・(橋本氏は)2009年、皇室の弥栄を祈って、皇太子ご夫妻の

*別居

*離婚

*廃太子

を提案。その考えは現在も変わっていない。

目の前が300ルクス明るくなります。

・その年に、当時の末綱東宮侍従長と、同・東宮大夫の野村氏と三人で会食。野村氏に

 「雅子妃はいったい何のご病気ですか」と訊ねた。東宮大夫ははっきりと

 「精神疾患」と答えた。末綱侍従長はまた

 「よくない時の妃殿下のお姿を外に出したら、大変なことになる」と。

(この話は東宮を辞められた方がひそかに洩らされてもいます。)

・問題視される一つに、妃が公務しない期間があまりに長くなっていること、もある。皇太子はこんなこと、考えてもみなかっただろう。

・(もし)皇后になった時、国民はどのように認識するか。

・(たとえば)妃は正月の宮中歌会始に、長期間出席していない。皇太子妃の間はなんとかなっても、皇后は歌会始で「皇后宮御歌(きさいのみやみうた)」を披露されねばならない。それは重要な役割であり、皇后が出ないでは伝統的な格式を保つことが不可能になる。

先日の、叙勲を祝されての天皇陛下のお茶会で、雅子さんが同席の短歌の「先生」であられた・・・途中で放り出した・・・岡野氏に、復帰をどうちゃらした、と、女性誌が持ち上げて(?)いた話です。岡野氏は神道のお家のご出身でもあるし、どんな目で、ちょろ出して来て頭ばっかり下げている東宮妃を、ご覧になっていたのでしょ。

・(まず)即位の礼に雅子さんが出られるのか。五衣(いつころも)、唐衣(からころも)、裳(十二単)を身につけ、髪をおすべらかしに結い、御帳台に上がる。

普通の着物さえ苦手だとして、内親王の結婚式にもお茶会にも、洋装で出て来る方。御帳台でひっくり返るとか、妃の頭上にだけ豪雨が来るとか、怪鳥がキエーとか鳴いて突っつきに来るとか、本当にそんな悪夢を見たことがあるんです。

出来ると思うのなら、あまりにナンです。

 


・小和田恒氏はかつて基本的人権→男女共同参画、の理念を日本に持ち帰って法律化しようとした人物。それは一つの見識である。

・(長女・雅子さんが嫁ぐことになった)皇室は、一般人に与えられた平等の概念、人権といった近代的考え方と相いれない部分がある。


・連綿と男系でつながって来た恵を受け入れ、ひれ伏すような思いを抱くよう、雅子さんを諭すべきだった。

・逆に家族あげて雅子さんを応援する形となり、皇太子までを取り込んでしまった。

・雅子さんは皇族。小和田家は民間人。絆はきっぱりと断たれるべきだった。正田家しかり、川嶋家しかり、だったように。

小和田氏は自らを「準・皇族として、菊のご紋章を貼りつけた椅子を愛用。雅子さんの妹の一人は、二人の息子の名を「M仁」「Y仁」と名付けている。

雅子さん入内後、皇居の園遊会で、集まって来られた方々に

「ようこそいらっしゃいました」

と、挨拶したのはこの準・皇族サン。他にも歌舞伎座でそれらしい挨拶して失笑されたり。たははは。

信じがたいけれど双子の妹の片割れ、姉夫婦=東宮夫婦と一緒に行動する時、自分も「国民」に向かって「お手振り」する。写真も沢山撮られています。この人も準・皇族なのだそうです。

て言うか。

愛子さんが女児なので、あの一族は、男の子でなければいけないのなら、身内に代わりが・・・とばかりに、M仁、Y仁、と名付けた可能性ありあり。まとまな神経ではございません。


・(入内なれば)苗字も戸籍も無くなるのが皇太子妃の御位。民間で生きて来た生活の全否定の上に成り立つ。それを断ち切ることへの精神力、ご覚悟(が必要だった)。

「無い。」

・皇太子殿下は、雅子さんの仕事を止めさせて・・・の思いが強すぎ、雅子さんに振り回され、皇族としての本分を忘れている。

このあたりが悩ましい所で。橋本氏は、ネット住人様方の懇切な検証によって、皇太子が無理に迫って、のみでなく、いわゆる「ハニトラ」の一種に、とらまれちゃったんだとは、ご存じないのでしょうか。知ってて知らない、のでありましょうか。

雅子サンは、明確な設定のもとに、皇室に送り込まれた方です。


・・・など、青い文字部分、その通りです!!!、のお言葉が続き、始め部分に戻りますが

雅子さんは(信子妃のように)別居して、皇室に入って陥った「適応障害」のストレスを除く。

・離婚する。英国のチャールズ皇太子、ダイアナ妃のように。

*国民より家庭か、家庭より国民か。天秤にかけねならない。

ダイアナ元妃は別離に際して、王子を産んだ母として出て行かれましたが。

*雅子妃が「身を引く」のが最上。

・皇太子が位を引いて何とかできるように。けじめをつける。ご兄弟で話し合ってそれを、ということができないことはないだろう。


という内容のことをおっしゃっておられ、それはずっとお変わりでないです。



小和田恒氏は、かつて橋本氏のこの考えに対して

「娘を引き取れと言われるのが一番こたえる」

と、洩らされた由。これにも、それはそうでしょう、と、なんで?と、両方の感じを抱きます。

二つの思いのいずれにも幾つもの理由があるのですが、はしたなく言いたい放題させていただければ。

・雅子さんを皇室に入れての計画が無茶苦茶になる。これも、分析すればものすごく多岐にわたっての「やばいぜ」になります。

・現在皇太子の岳父氏が抱えるといわれる莫大な借金。下賤な話をすれば利子だけでも気が遠くなる借金を、抱えていて追い詰められ切っていないのは、ひとえに、彼が「妃の父」であるから。

・一人っ子の愛子さんについてどう考えられるかは、私が口を出すことでは無い。

・現実問題、戻って来る娘を、受け入れるべき安住の住まいをお持ちでない。日本に、お家が無いとのことです。だから東宮御所を滞在先に、ホテル代わりにしている。

・機密費を流用して(と言われる)あの、コンクリ御殿と呼ばれた家は、今は、あるけど無い家。一か月も籠られた軽井沢の別荘も、もはや、そこにあっても無い別荘。

もっと現実的には。

・現在の東宮としての地位を退いて、ご夫婦は御所も明け渡すとする。皇太子でも妃でもなくなるとする。

・個人としてでなく、ご皇室にはその「地位」に委ねられている多くの物があります。

・10年間見かけられていない、皇后陛下から東宮妃になった雅子さんに引き継がれた、第一ティアラ。

・お揃いの首飾り。どちらも、並大抵の品で無い。東宮妃でなくなれば、返さなければならない。委ねられてしかるべきお方の手に渡るために。

・○○切りの刀、というものがあるそうです。それは、東宮が所持するもの。東宮でなくなれば所持し続けられない。

・東宮御所には、公的部分と事務用部分、プライベート部分があるという。自室に掃除の人をも入れたがらないという雅子妃とその夫君が、御所を去る時、どんな何かが、あらわれてしまうのだろうか。どんな何かの喪失紛失が、認められてしまうのだろうか。

・ヤニに燻った壁紙は、自力で何とかしろとは、よもや、言われないでしょう。

・両陛下と東宮一家三人、合わせて五方を「内廷皇族」として、他の宮家と別格の待遇を受けておられるのだが、東宮位を引けば特別な扱いも自然に消滅する。新幹線貸切も御用邸に取り巻きまで引き入れてのお遊びも不可能になる。

・小さなことから大きなことまで、いろいろ、不都合になる。

・返さなければならない物が返せないと、どうなるのでしょう。

・世界に一つしかない皇室仕様の品の、どれくらいが、どうにかむにゃむにゃ、なっているのかな。

それと。


前回の話につながるあれこれを探していて、一つの動画のある部分に、やはり今回も目が停まってしまいました。

愛子さんが、雅子さんの「ご友人」の、プロ奏者であられる方のハープを、もっとばんばん叩いている姿をかつて見たのでしたが、今日これから貼らせてもらう予定の動画の中では、そんなにバンバンしておられない。ああよかった、見ていられなかったもの・・・と、その後のシーンです。

とても有名な、愛子さんが「絵本をすらすら読んでいる」姿があるのです。

「うずらちゃん」のお話を。ネットを旅する中で、過去に、これは愛子さんではない、との指摘を、何度も読んでいましたが、例のごとく、あまりに突拍子もない話で、まさか~、と、流しておりました。

しかし。

今日、私の脳内にも????????マークが飛び交いました。

絵本を逆さに、皇太子さまらしい(だという)優しいパパの声も交えて、幼いおかっぱの女の子が、可愛らしい声、可愛らしい口調で絵本を音読している。

愛子さんって、こんなにお上手に本を読まれるんだ、と、聞いた者は思い、また、そう思わせんがために公開された、動画です。

おそろしいこと。私の脳内にも、????????が瞬いております。

アクマの声(大げさ)が、ワタシに囁く。私は今日、肯いました。

この子は・・・口が違う。この子は・・・誰?。

愛子さんでは無い!?。



1分50秒のあたりから。

・・・コメント本当にありがとうございます。お返事は明日!。
スポンサーサイト





  1. 2013.11.15 (金) 06:20
  2. URL
  3. さくら
  4. [ edit ]

天皇陵の決断

昨夜の発表からいろいろ考えてしまいました。願わくば皇太子にも、秋篠宮にも了承してもらったことというのがこのお墓の事だけではなく皇統のことでもあってもらいたいと、昨日の発表は、天皇陛下のお誕生日の電撃発表につながる、国民の負担をこれ以上増やさないもう一つの一番大きな決断につながるものと深く深く期待します。
  1. 2013.11.15 (金) 10:57
  2. URL
  3. すけみち
  4. [ edit ]

お言葉

天皇皇后両陛下の御陵へのご葬の儀に関しての御言葉、感銘しました。
もちろん国民の負担を減らしたいとの純粋なお気持ちだと思いますが、同時に次代への不安、そして
こんなバカ息子と最低な嫁を持ってしまわれた逡巡のお気持ちもそうさせたのではと感じます。
国民にこれほど慕われない皇太子・妃というのも本当に珍しいし、むしろ国民の不信と拒絶を両陛下が
知らないはずがありません。簡素化したいというご決意の裏には「もう、こうした儀式を執行できる息子夫婦
ではないだろうから、今のうちに形を変えてのちの国民から批判されたくない」という心情まで私は深読みを
しています。別の言い方をすれば、国民と寄り添うと言いながら、どうぞ次代のあれらについては皆さん、
あまり突かないでやってくださいという親心ともいうようなものを婉曲に示されたのかなとも採っています。
子育ての失敗。でも、それは言えないことですので、あのような方法をも取らざるを得ないのかも知れません。
しかしながら、時代に即しながらも「するべきこと」はしていただかなくてはいけない。作り笑顔でお手を振ることだけで公務をしたなどと思われるのでしたら、即刻次代には立ち去っていただきたい。
KUONさま、「天皇の金塊」高橋五郎・著 面白いものがいっぱい出てきますよ。ぜひ、ご一読を。
  1. 2013.11.15 (金) 12:54
  2. URL
  3. わがまま、親父
  4. [ edit ]

上手く出来た動画だが?

KUONさん、今日は。

説得力のある記事、いつも関心しながら拝見させてもらっています。

さて、KUONさんも?の動画、、、、私もやはり?感じますね、、、愛子、確かに顔は良く似ている、これを見る限りまさに健常児、、、ならば、何故、もっと声がある動画が世に出ないのか?

もう一つ、ウスラナル殿下の声だとあるが、私にはどうもそうは思えない、、、声紋分析器で調べれば簡単に分かると思うが、、、それとこの動画が撮られた場所、本当に東宮だったのだろうか?

やらせ映像だとすれば非常に上手くできている。
  1. 2013.11.15 (金) 13:52
  2. URL
  3. ひろおんぷ
  4. [ edit ]

KUONさまこんにちは。

雅子妃の第一ティアラはどこに?祭り、がネット上で賑わっているようです。

ホントは売っぱらってしまった(かも)のに、管理している職員が紛失した、とか嘘八百をのたまふのではないかしら?
ああ怖い。

浩宮雅子結婚の際、「浩宮と結婚する勇気のある女性がいるんだな。10億あげるから浩宮と結婚しろって言われても、私は断る。」
と思ってました(笑)。
夫は次男ですが、義兄は独身。もうよきお歳です。以前は兄に良いお嫁さんが来ることを望んでいましたが、雅子ひみたいな女が家に入ってきたら、家族がめちゃくちゃになる、と思いましてね。もう無理に結婚しなくともよいのでは?と思ってます。もう義父母も実家の父母もみんな私が介護する覚悟でございます。


徳仁雅子小和田の悪事は次第に暴かれていくものと信じています。
  1. 2013.11.15 (金) 15:44
  2. URL
  3. やまのこ
  4. [ edit ]

誰なのか・・・

当時、海外の新聞で「自閉症」と書かれあわてて
作った動画とか言われたような。 那須ろう城の後でしたか?
「この子は誰?」は動画コメにも書かれ・・・
子供がらみだからか。。。皆で・・・見なかった事! 

平気かどうか存じませんが「嘘」をつく。
それも貧相な「嘘」
あちらが低いのか世間が高いのか「バレル」

目白駅で暴れツイッターに載り、即「愛子様武勇伝」で報道。
「突飛な行動」の為に20人のガードが必要。

「適応障害」の母が「自閉症」の子供を育てる。
どちらも早くに治療すればと今更ですが「不憫」と。
愛子さんだけでも噂のあった「武蔵野東学園」に行かれれば
雅子さんの状態も、今ほど悲惨にはならずに。
「武蔵野東学園」に子供を通学させる為、近場に越す有名人もいます。
自分の名誉より、子供の将来と親の責任を実行する方々、いるんです。

お二人は自分の子供に「虐待」をしているのを知っているのか?

早めの診察、治療、環境改善、周囲への理解、そして親の自覚。

全てを拒んだのが雅子さんの「幼稚」 そう思います。
ズボラな女が、大棚の見栄っ張り長男の嫁にきた
・立てばビヤダル 座ればたらい 歩く姿はどんぐりころころ

昨日の天皇皇后陛下の発表
昭和天皇の時もありましたが、準備の中に「126」は・・・
無さそうに感じました。 援護せよ。。。

いや。
  1. 2013.11.15 (金) 16:13
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

さくら さん。

「皇太子にも秋篠宮にも了解してもらった。」

お二方、反対などのお応えのなさりようが無いと思いますね。

ずけずけ書けば、皇太子さんは、あの方なりに今「それどころじゃない」感があっても、基本的にご自分が先頭切って何かをせねば、の感覚は無い。ので、ああもう、はいはい、って感じでしょうか。

秋篠宮殿下は、きちんとお聞きになれば、両陛下のご意向ならば精一杯添わせていただこう、ということだと思います。

で。私らの関心ごとについては・・・。両陛下は、没後のことをこうして決めて行っておられる。その前に、そのことが、どうなるべしとお考えなのかは、わかりませんが。

ものすごく楽観的に、かくあれかし、で考えると、今はばらばらの線が、しゅうううっと、一か所にまとまる、時に至る。

もう、その時を、一心に、お待ち申し上げます。それ以外考えると、動悸が、本気で、激しくなって来ます!。
  1. 2013.11.15 (金) 16:34
  2. URL
  3. さぶた
  4. [ edit ]

愛子ちゃん

KUON様、こんにちは。

皇室関連のブログでの「第一ティアラはどこですか?」祭り?が、
マスコミもとりあげるまで、大きく広がれ~!と思う今週です。

愛子ちゃんの動画、どれを見ても「母親と目を合わせない」のが気になっていました。
グーチョキパーも天狗さんも、カメラ側にいるであろうお手本の人を見ているし、
母親(雅子)が話しかけても、ひきつり笑いをしながら絶対に目を合わせません。
この年頃の子供って「ママ、見て~」と母親が自分に注目するのを確認しながら、
得意げに踊ったりするはずなのに、愛子ちゃんは雅子のこと嫌いなのか?ママ(母親)だと
認識していないのか?
縦じまスーツのおっさんみたいな雅子と踊っていても、ほのぼの感は全くありませんね。

絵本を読んでいる子(愛子?影武者・影子?)は、「かくれんぼ」を丸暗記しちゃって、
声を発しながら、てきとーに捲っているようですね。それにしても、これを撮影している
「うすらちゃん」は、「もりぞう」って、べつの絵本をみているような、ちぐはぐな動画になってますね。

なにもかも、うそは通せない。


追加
やまのこさん
・立てばビヤダル~

飲んでた紅茶、ふきましたわ(笑)
  1. 2013.11.15 (金) 16:45
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

すけみち さん。

高橋五郎氏のご著書、いま、あまぞんで見つけて購入ポチして来ました。昭和天皇のお食事の本など、読みたいものが沢山ありました。徳川の埋蔵金、みたいな感じの本も天皇家関連であるのですね。

国民に少しでも負担迷惑かけたくない御心は、両陛下の真のお気持ちと拝察します。陛下が陵墓に「一緒に入りたい」と仰せになられたことも、皇后陛下が「畏れ多い」と引かれたことも、現在の両陛下らしいことと、涙ぐましくも感じます。

陛下は、本当に美智子様を、一筋に思っておられるのだなあ、と。

雅子さんのことが無ければ(世にタラもレバも無いのですが)、何の思い煩うことも無く・・・とか、つい、考えてしまいます、秋篠宮殿下も清子様も、よくお判りの方と存じますので。

なんで、あれが、と、思うも不思議、残念、あそこまで見苦しい態になり果てた姿が、いま平成の世の、何でも写す(肝心なことは写さない)あれこれカメラに、捉えられて。

「あまり突っつかないでやって下さい」

親心としては、不遜ながら私も人の親、わからないでは無いですが、ここで親心、で納まるのでは国がどうなるか、と。

私などが国を云々、おこがましいですが、祈ることは可能です。

明日、朝から、京都・宮津の天橋立近くの「元伊勢籠神社」に、お参りに行って参ります。

普段、神様に「祈る」ことは無いですが、明日は、ひたすらに、お祈り申し上げてまいるつもりです。

蟹の味噌汁。蟹はシーズンですが、いただけますかどうか。笑。
  1. 2013.11.15 (金) 16:56
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

わがまま 親父さん。

来て下さって嬉しい~です。

あの動画、何度も見る、停止して見る、どうしても、ご本人には見えないです。髪の形がかぶせた帽子のようであり、体つきも、何より口の形。愛子さんは、ほっぺに押されて富士山口になっているのが特徴、笑う時にはいくらか受け口になるし、あの苦友とは「違う」と、確信します。

それに、本を読んでいる。同じ動画のラストの方で

「最近は愛子ちゃんと呼びかけられるとは~いとお返事を」とナレーションされています。

それだけの子が、あれだけすらすらと、しかも2004年、三歳の時のです、設定は。

意地悪く重箱の隅をつつく、というより。

この「愛子」さんが、以前から言われる「影子」ちゃんなら。

わが娘を、利用することしか無い、わが娘の実態を隠し否定して、国民を、ここまで欺いて見せるあの夫婦の毒心が、人とは考えられないくらいに、私には信じがたいです。ナル、わが子までいいようにやられてるんじゃないよ。

本気で一人娘が可愛いならこれは、できない所業です。

と、言いたいんです、親父さん!。

突っつかれたくないからか、行こう、内親王の声を表に出して来ていないけど。解る者には丸わかり。人でなしです。
  1. 2013.11.15 (金) 17:11
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

ひろおんぷ さん。

まず。私がまとめて介護するって。おっとこ前や、かっこええ~。おんな前か。笑。

でも、大変、でも、かっこええひろおんぷさん。声援しか出来ないけど。これが日本の大地に根差した母ちゃんだ!。

すてきな淑女であられると存じますわ。

第一ティアラ祭、っていうんですか。祭なら参加せねば。これからずっと、ブログ冒頭に、祭りのテーマの一文、掲げ続けること、誓います。今夜からしか実行できませんが。

あのティアラは、ほぼ一億円、とか仄聞します。ダイヤモンドが3000個。めったなものではありません。

金額的にもそうですが、それよりまず、皇后陛下から東宮妃に受け継がれ、また、次の代へと渡るべき物。

それを、ばらしてどうとか。信じがたいが実際に「無い」そうで。どなたかが確認されようとしたが、非常に曖昧かつ不十分な回答しか得られなかったとか。

避けて通って来た「こと」なのですね。

曖昧なままでは行けません。それから。浩宮とは、10億もらってもイヤだって!。

一緒にごはん食べて楽しいか、一緒に○○○で○○できるか。つまりそれ、ですものね。

不適切な発言、失礼しました・・って、謝りませ~ん。ナルさまごめんね~な発言ではありましても。
  1. 2013.11.15 (金) 18:59
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

やまのこ さん。

はっきりした記憶でないので自信ないですが、あの動画は、軽井沢に、一週間の予定が一か月のお籠りになった後、だった気がします。ホワイに応えるべく、でっち上げたのだと実は私は確信しています。しかし、仰るように、お子さんに触れるに忍びない気分が押して、見なかったことに?。

祖先の無いがどう、の部分は今は措いて。障害を持って生まれて来ることは、誰のせいでもない、隠すべきことでない、悪いことであるはずが無い。ただ妃の実家では、捏造でもなんでも、とにかく「学歴」さえあれば、の考えの強いお家のようで、それはわが親類を見回してもその類はおり、わざわざ学歴不要方面へ一人で走ったワタシなんぞは、氷のむしろ状態でもあった時期も。でも、望むようにつっころびつつ生きて来て、いまはとてもスッキリしています。自分の子とはさておき。

愛子さんは、親に、否定されたお子さんなんですよね。そこがムカつく。言い訳不要で、むかつく。障害をお持ちのお子さんも、スピードは遅くても、人間の子が生育して行く過程を、ゆっくりでも辿って行く、という考えもあります。人間は人地一人異なるから一概には言えないが。愛子さんの場合は私は、母親の情緒不安定、定まらない自分への対応、朝から夜までを一定の流れの中に遅れない環境が影響しているのではないかと考えるし、父親の、何が何でも自分が本当にこの子を守り、庇い、愛して行くんだ、という熱意の感じられない、あたかもぺ○トに対するような可愛がり方、が、足元をしっかりさせてくれないんじゃないか、と、考えたりも、します。

真実は、はたからは判りません。

>>「適応障害」の母が「自閉症」の子供を育てる。
どちらも早くに治療すればと今更ですが「不憫」と。<<

>>自分の名誉より、子供の将来と親の責任を実行する方々、いるんです。 <<

その通りと思います。

昔読んだ、ベトナムのジャングルで米兵が目撃したと言う、子どものように小柄な母親の話。

うろ覚えのママに。

「彼女はひとりで子を生み落としたばかりのようだった。口の周囲が血まみれだった、ヘソの緒を、自分で噛み切ったのだろうと思った。私も子を持った日があった、かつては。。
私は呆然と眺めていた。撃たれないと悟ったのか母親は、子を抱き締めて立ち上がり、きつい鋭い目を向けたまま、少しずつ後ずさりした。そして一瞬、必死の様相で背を向けて走り出した。」

・・・この兵士は、彼女とその赤ん坊が、生き延びることが出来るとは思えなかったが、もしかして、と、非常に激しい確信で、神があるなら彼女と子どもを、生かしたのでは・・・と、書いていた記憶があります。

ナルさんには、こういったものは、無いのではないかと思います。
  1. 2013.11.15 (金) 21:26
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

さぶた さん。

影子ちゃん。達者なお子さんです。今はどうしておられるのか、自分が、未だにある動画の中で内親王殿下と目されているのを、知っているのかしら。ともかく、明るく幸せに暮らしていますように。

>>愛子ちゃんは雅子のこと嫌いなのか?ママ(母親)だと
認識していないのか?
縦じまスーツのおっさんみたいな雅子と踊っていても、ほのぼの感は全くありませんね。 <<

本当にそう。どの動画を見ても愛子さんの目は、カメラの側にいる誰かを追っているし、認めてもらいたがっているよう。

走って戻って、抱きしめてもらいたいどなたかが、あられたのでしょうね。

東宮家を辞する時「愛子様を思うと後ろ髪ひかれる思いです」と、仰っていた方もいたし。

雅子さんと愛子さんの間には、硬い固いものが存在していて、女親の柔らかさ、というものが感じられません。ハープの音色に合わせて踊っている、とか言ってましたが、あまりに「不毛」を感じる図に、言葉を失いましたよ。

「第一ティアラはどこにある」。

それが、みんなの叫びのごとき祭りに育って行くなら、不肖ワタクシも、その一人として加わりたい。

加わります。

第一ティアラはどこですか。

第二ティアラも無事ですか。

  1. 2013.11.16 (土) 01:08
  2. URL
  3. うさのうさみみ
  4. [ edit ]

やっぱり陛下は・・・帝であらせられる!

やっぱりティアラが見当たらない どこに行ったの~?
ばらして売ったらいい値になった 他にもいい値をさがしてる?
いいね(笑)

ちょっと今回のテーマとは違うんですが 例のバカ太郎の話です
天皇陛下が山本議員の身を案じておられるそうです
刃物が送られてきたとかで よかったね刃物程度ですんでって思うのは私だけ

確か曽野綾子さん(漢字ちがってたらすみません)のエッセイでありました
「おもゆは何時か?」 昭和天皇が手術を終えて仰せになられた
「おもゆが欲しい」でもなく「お腹がすいた」でもなく「おもゆは何時か?」
欲しいとおっしゃれば即大膳に作らせお持ちしましょう
でもそんなことおっしゃりません おそらく決められた食事の時間まで陛下はお待ちになる 予定外の時間に用意させるなどなさらない
あくまで、周囲を気遣った結果「おもゆは何時か?」

今上陛下が「山本議員は大丈夫だろうか」
この一言で、右翼あるいはそれに類する人たちはバカ太郎に手を出せなくなりました
だって陛下が直々にご心配なさっている人を誅するなど皇室を尊崇する人間ならできません できないはずです
それを充分に見越したうえで「山本さんに気をつけてあげて」でもなく「山本さんを脅したりしないでね」でもなく「山本議員は大丈夫だろうか」

今上陛下のこの仰せようと父天皇、昭和の陛下の仰せよう
なんと素晴らしいお気遣いでしょうか
ナルさん交代し・・・できますか? 無理ですねきっと
どこでおじいさまとお父さまの教えが欠落してしまったんでしょうか、ただ暗澹・・・
  1. 2013.11.17 (日) 16:55
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

うさのうさみみ さん。

いつも私の知らないことを教えて下さりありがとうございます。

すごい情報量ですね。感心します

さて。ものごとに対する感想は人それぞれで、私は、自分自身があまり干渉、押し付け、されたくない人間なので、他人様のお考えにもあまりどうこうは、言えないよなあ~というラインで、いろんなことに対している気がします。

天皇陛下が山本氏をお気遣いになっておられる。それは、陛下のお優しさとして素晴らしいエピソードと思うに異論はありませんが・・・って、はっきり自分の考えを述べた方がいいですね、きっと。

陛下は多分、そうなのだろうと考えます。だから。だから、ああいうことをしてはいけないのです。

山本のごときことをして、陛下がお心を痛められる。山本の根っこの考えはどうあれ(彼には彼の言い分も考えもあるだろう、とは前提を置いて。わたしは初めから彼のやり方は嫌いだが))、そういうことが重なったらどうなるか。

陛下は、いろんなことに、個々のお考えを(お持ちになるのは当然だろうが推察すべきではない)お示しにならばければならないことになるのは、それは・・・うまく理屈で言えないが、違う、そんなことになっては、しては、いけないと思う。

山本太郎さんは、当初はともかく、しばし時を経て「陛下に心痛をおかけしたことは申し訳ない」のようなことを述べていると聞きます。あのトっちゃん坊やにしては何故かまともな言葉だと私は思いました。それ以外に彼のする謝罪は無いです。誰が云わせたのかな。

・・・山本がしたあのことを、うさみみさんのお優しさで多分おっしゃるような「美談風味」の色つきにすることには、私は、個人的に、危惧と不快感を抱きます。山本が私の思う形で断罪されない以上、私は、このことについては黙ります。黙りました。

黙りました。

きついことを言って申し訳ないですが、自分のブログには気持ち、本当のことを書きたいと願っていますので、迷いましたが私の思いを書きました。ほんとうに気難しくてへんくつな人間だと思いますが、わかっていただけないかもしれませんが。






 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・