FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

あちこち行ってます。

おはようございます。

書いて空しいことを、書いてどうなると、考えていましたが、グチ、言ってみようと、思います。

今朝の新聞に出ている、

「放射性物質五万分の一に」
福島第一  サリーが本格的稼動

という記事。
この「サリー」と言う名の東芝製の機械は、現場での新顔です。
導入のことは言われていましたが、本格的に、と。

記憶されていると思いますが、フランスのアレバという会社が、放射能のことなら任せなさい、ちゃーんとしてあげましょうね、と、大統領もCEOも一体で来られ、当時、そのために○兆円と言うお金が要るとウワサされ、東電では、そんな大金でない、500数十億円です、と、兆の単位のお金は否定された。

五百数十億円、は、機械設置までの(それだけの)お値段。

しかし、多分あまり新聞には書かれていなかったと思うが、アレバ社はこれ以前に、青森県の六ヶ所村での仕事をうけおい、ものすごい額の支払いを受けている。

福島の現場で、アレバ社やキュリオン社が、ゼオライトやフェロシアン化鉄を用いる機械で、汚染水から(主に)セシウムを除くことを始められ、続行されているようですが、なかなか、思うような結果を得られない。

ここまでは、うっとうしく思われるくらい、書いてきました。
書かずにいられんもん。

ここで使われているお金・・・誰か知らない、どこかのヒトが、出してるんでしょう、というお金でないです。

そんなお金を、言われるままに出しても・・・なかなか上手く運ばない、このごろ全く出て来ないが、汚染水の量とか、漏れてこぼれた水どうなってるのか、も出て来ない、が、なんとかせねばで、新顔サリーが現れた。

ここからが、今日の本題です。

知るところによれば・・・

東芝社の「サリー」は、ゼオライトやフェロシァン化鉄でなく、イオン交換樹脂を内蔵するものであろう、と。見たこと無いので一応仮定形。

装置自体の基本は、海水淡水化とか、カリウムの除去用に、すでにあった。ここで国粋主義を唱えるほどオロカなつもりは無いが、東芝の技術ならチョロイことであろう。

・・・外国の会社でも、機械でも、成果があがれば喜ばしいのです、それが事実です。

ゼオライトは90~95パーセント、セシウムを除去できる。
フェロシァン化鉄は99~99,9パーセント、取れる。
樹脂を、うまく使えば、99.9999くらいは取れるであろう。100万分の一の精度ということで、このへんは私には、えええ?のゾーンですが、数字はきっぱり出ています。

放射性物質・放射能(乱暴な書き方ですが)が、樹脂を傷める可能性があったので、今まで使えなかったのだろうと、聞きましたが、アレバ、キュリオンが、あまりにも・・・だったので、どげんかせんといかん、に、なったのでしょう。
試したよかったぱちぱちぱち。
サリーちゃんはしかも、お値段も安いらしいのです。

放射能の量としては億ベクレル、兆ベクレル、とカウントされる量で、大変濃いのですが、セシウム、という物質の量としてはppm(100万分の一))のパーセントくらいのケタであり、とても少ない量である。
比べてみれば海の中の塩の量は、数パーセント。例えば4パーセントなら、4万ppm。そんなにある。
普通に考えれば、量的になら楽勝、の計算。

しかもそれが、当たった、というか、うまいこと稼動しているという。
初めから使えばよかったのに。
管総理、フランスでのサミットで、持ち上げてもらっていましたね。

海水を淡水化している場合のイオン交換樹脂は、電気伝導度のメーターに現れ、交換しなければならない時期がわかるそうなのです。

たとえば一回のセットで三ヶ月くらいで、逆洗の必要がある。そういうこともわかる。
セシウムに対しては、これから解ってゆくしかないです、始まったばかりだから。


逆洗という言葉が出て来ました。

雑巾を絞る理屈で。

単なる汚れた水なら、手で、ぎゅううっと絞って、ゆすいで、乾かして、再び雑巾は使われる。

そうでない、困った汚れがありますね。

油、なんかこぼして拭いたら、丁寧な方はいかがかどうか、私みたいに雑な女は、スーパーマーケットでもらう袋に詰めて、捨ててしまう。

サリーちゃんの樹脂が吸着したセシウムは、とてもとても濃度の高い、濃いセシウム溶液になっています。

おそらく5~10パーセントの、濃い、濃い、溶液になってる。

濃度が高くなると、セシウムは、セシウム自体が熱を出します。

校庭の上澄みを削った土を、持って行き場も無いまま積み上げておくと、そこでさえ、熱を帯びて来るのです。

何百度という次元でない、数千度という高温になる・・・なってしまうと、取り扱いが大変難しい・・・などという話でなく、不可能になって来る。
フェロシァン化鉄にしても、同じリクツで、激しい高温になると、ガスを出します。
シアンのガス。猛毒です。

聞きなれた言葉で言えば、青酸ガス。

では、どうすればいいか。

濃い溶液になっている、樹脂からの逆洗後のセシウム。

量を減らしたとしても濃度は上がります。

セシウムは、半減期約29年間、どこへどうしても、どこへも行ってくれないのです。消えうせてくれない。

ヒマワリ。
ヒマワリを、何千本、何万本植えて、土壌の中のセシウムを吸い上げてもらう。
何もしらずにヒマワリは、水と共にセシウムをも吸い上げて咲くでしょう。

花が枯れたあと。
刈り取ったあと。
花が腐れば、セシウムは土に戻る。
セシウムを含んだヒマワリを、どこへ、どう廃棄する。
汚染瓦礫に対する法が、やっと通ったところです。

汚染水からセシウムを除去する機械は、稼動し続けるためには、逆洗を行わなければなりません。

そこで出て来る、高濃度セシウム汚染溶液を、どうするか。

どろどろに汚れた雑巾のように、捨てることはできないのです。

こっそり捨てても、消えない。
無理に高熱で燃やしても、セシウムは、大気中に舞って行くだけ。
水に、再び、まぎれるだけ。

先に書いたことに戻れば、まだ、温度がどれくらいまで上がるか、それすら、誰にも、解っていないようです。

どうすればいいかも、だから、わかっていない。

最後の処置、処理の方法のわからないまま、目の前のことを、あれこれ、やっている。

冷やさないと爆発するから。
それを、させないように、なだめているだけ。
果てしなく。

何しろ、放射能のことならわが社へ、と、来ておられる会社が、トラブル続きでどうしようもない状態。

世界の歴史の中で、初めてのことが、起こっているのです。

誇張でも嘘でもないと、信じられる方は、信じて下さい。

結局、その、逆先によって現れた放射能のかたまりは、コンクリートと鉛で封じ込めるしか、手はないようです。

先に書いた、稼働中の機械の一つから、もしかすると、猛烈な毒物、青酸ガスが、大量に放出されてしまうかも知れない事実も、国民には知らされていません。

一番はじめに、コンクリートと鉛で固めてしまう、しかなかったことを、こうして長引かせ、膨大な被害を蒙らせている。
早く終結させてはならない力があったし、今も働いているのです。
現場が混乱するほど、都合のいい「何か」が存在するのです。


今からだって打つ手はあるのに、そこへ到達させてはならない「どこか」がある。
どれだけどこが汚れても、どれだけの人に被害が及んでも。
既に出来あがってしまっている、大きな、不気味な力が、ある。
新聞もテレビも、その力に寄り添っているしかない。
本当のことなど、言わない、書かない。
絶対に。絶対に。

・・・長いグチをこぼしました。

          

夜は、サーカスを見て来ました。
昔ながらの、先の尖ったテントを張ったサーカス。


「わたし日本語わかりません」の駐車係りのおじさんや、フライドポテトを「いとちゅ300えんです」と売って回るイケメン君やら、なつかし~い、無国籍の感じの小屋で、必死、懸命、一途な技を、見せてもらって来ました。

どこの国の人か、言葉はどうか、関係なく、自分の技を、真剣に披露する方々に感動しました。

ありがとう。




特に好きな人、と言うのではないが、解りやすい感じはあり。。








スポンサーサイト





  1. 2011.08.21 (日) 20:14
  2. URL
  3. ディラン
  4. [ edit ]

情けないことばかりです。。。

こんばんは、御姉さま。。。

愚痴?とんでもない!!!
魂の雄叫びですよ!!!
もっともっと叫んでください!!!!

今朝の読売新聞の1面には
「原発周辺長期間住めず 首相説明、陳謝へ」
何をいまさら(怒、怒)。。。

先日、福島の子供たちが
原発関係者と向かい合っての
問答している様子を
途中からでしたが
ちょこっと、テレビで観ました。。。
うる覚えなので大体の内容でスイマセンm(_ _)m

子供:福島の子供たちは登下校にもマスク
   体育も室内。。。こんな現状をどう思うか

原発関係者:早急に通学路の除染作業を。。。

子供:何故、もっと早くやらなかったのですか?

原発関係者:ですから、できるだけ早急に。。。

子供:何故、もっと早くやらなかったのかと聞いているのですが?


聞いてても「アホかい」と、思えました(苦笑)

押し問答終了後の小学生がボソッっと
「小学生の言葉が理解できない大人は
何を勉強してきたのか」
そう吐き捨てるように云っちょりました><

ああ、情けない。。。


今日、お台場の某テレビ局のまえで
「韓流いらない」のデモが行われ
数千人が参加したとか。。。

今、このお国の一大事の時の
デモの矛先が「そこかい???」

日本の若者は、きっと世界中の笑い者になっていることでしょう。。。

ああ、情けない情けない。。。。


これこそ。。。愚痴ですね(苦笑)


愚痴ばっかりじゃ哀しいから。。。
今日の拾い記事です^^;
以前のレスと被りますがミアネ。。。

「除染食品…リンゴがよい。含有多糖類ペクチンはセシウムと接合する。
不幸にもセシウム汚染食品を摂取した際に同時にペクチンを摂取すると
胃の中でセシウムとくっつき、そのまま腸を通って便として排出される。
腸からも吸収されない」

「除染食品…セシウムにはリンゴだが、加熱をしたものがなおよい。
リンゴジャム、アップルパイ等。食感が生と違うのはペクチンが増えている事にある。
特にペクチンの多い部分は皮と実の間。皮ごと加熱して食べるのがベスト」

「セシウムに関する除染食品…リンゴ以外に柑橘類、カニ・エビの甲殻類、黒コショウに含有の
ピペリンという成分、トマトに含有のリコピンも有効。
ビールや、ヨウ素にもよい海藻類の含有成分アルギン酸もセシウム吸収を防ぐ作用」


誰???
ビールじゃんじゃん飲んじゃおーって
云ってる人(笑)
  1. 2011.08.21 (日) 22:12
  2. URL
  3. えま
  4. [ edit ]

No title

kuonさん こんばんわ

どうしたらいいのでしょうか・・・
国・東電・メディアに洗脳されて大丈夫と信じ込んで
たくさんの人が被爆

今すぐにどうこうならないから安全です・・・
先はわかりませんけど
その頃は自分達は政治家引退してるし
東電から退職金貰って退職してるし
隠蔽した情報も忘れ去られるでしょう・・・
って思っているのでしょうか。

わかりやすい情報ありがとうございます。
報道災害・・・日本のメディアの現実
しっくりこなかった気持ちがなぜだったのか理解できました。

本当のことを知らせてくれなかったのは国だけでなく
メディアも加担していたのですね。

はっきりと言っていただけて納得。
納得しているだけじゃ駄目ですが・・・
どうしたらいいんだろうか・・・

どうなっていくのだろうか、我が国
24時間TV見ながら
まだ諦めたくないと思いながら
見えない何かに
許せない重い思いを抱いています。


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・