FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 今の思い
  2. tb: 0
  3. cm: 9
  4. [ edit ]

両陛下 水俣へ。

皆さまこんばんは。

ご高齢の身のご行啓。天皇皇后両陛下のお姿に胸が迫り、何をもご自由に仰れないお立場、苦しいことも歯がゆいことも切ないこともおありでしょうに、ひたすらにおつとめをお続け下さるありさまに、「日本人・われ」の感のビッシビシに強まっている昨今です。

このお姿がご皇室。拝すればわかる。忝さに涙こぼるる、そのまま。結局、そう。そうなんです・・・。

今日は家でのんびりいられた日曜日。パソの前で皆さまのお声を感じて元気が増したりやっぱり胸が詰まったり、しておりました。

本当に、ありがとうございます。

熊本ご滞在中の両陛下。

昨日はハンセン病の施設をご訪問、献花、お優しい笑みで話しかけられ、と、生涯の思い出、生涯の喜びを味わわれた方々が沢山おいでになったと思います。

そのことにも、あれこれ、心に留まったことなどにも、触れたいのですが、今のわがスイカ頭を占めている思いは、一点に凝集している。

言うまでもなく比較するのも両陛下に対して申し訳ない、皇族とはもはや呼べない皇太子徳仁氏およびその妻雅子さんに、一刻も早く、違うことなく現在のお立場より退いていただきたい思い一途です。

どうしても、そう、願う。

せっかく両陛下のお姿やお喜びの皆様の動画などで、和んで下さっているお気持ちを、後に回して申しわけない気分でもありますが(コメントにお返事させていただきたいが)、今夜は、この記事と動画のご紹介が、KUONのブログです。

かつて書いたことと重複してもおります。どうしても、チッソの社長、会長であった江頭豊の言動と、孫娘さんである現・皇太子妃・雅子氏の周辺の声なども、知っていただきたいです。

「天皇の水俣訪問は、昭和天皇が日窒(現チッソ)水俣工場を視察された1931(昭和6)年と49年の2回。その間、同工場はアセトアルデヒドの製造を開始し、やがて水俣病が発生。56年に公式確認された。皇太子妃雅子さまの亡くなった祖父は、チッソの会長でもあった。

24日「熊本ニュース」には、皇太子妃の祖父がチッソの会長でもあった、と、記しています。他の新聞はこのことを無視、あるいは遠慮しているようです。

祖父のしたことで、孫娘が責めを受けることは、普通の場合ですと、気の毒なことになる、かも、知れない、と、考える余地はあるのかも。理不尽、ともいえるのかも。

以下は、未だ雅子妃、でなかった時期の雅子さんの、おばあ様にあたられる方・・・江頭豊夫人の言です。

「おじいちゃんが悪く言われた」母方祖父・江頭豊に対する小和田雅子の認識

本来ならば、祖先の罪を子孫がかぶりつづける必要は無いが、"皇太子妃"という影響力のある立場にある以上配慮して当然である。しかし雅子夫人・皇太子・小和田家にその姿勢が見られないことが問題視されている。
特に小和田雅子については、結婚以前に水俣病問題に対し「おじいちゃんが悪く言われた」程度の認識しかなかったことが判明している。

『週刊新潮』1989年11月23日号<「妃候補」小和田雅子さんの線はこうして消えた>記事pp.49-50より引用

「雅子が何に傷ついたかといって、この騒ぎの間、皇室周辺のマスコミから、盛んに気の強い女だと書き立てもされたことがその一つだったようですよ。しかしあの子は本当はそんな子ではないのです。ふだんは熱烈な巨人ファンで、涙もろいお婆ちゃん子。東京でずっと育っていればソフィストケートされたのでしょうが、外国で育ったせいか、非常に素朴な子でしてね、気が強いなどといわれたのもある状況の下で理不尽なことをされて多少キッとなったことが誇張されてしまったのですよ」

「雅子は気が強いと書かれたこととお爺ちゃんが公害企業のトップだと書かれたことにいちばん傷ついていましたね」

 と祖母の江頭寿々子さんもこう語るのだ。

「とにかく、外交官というお仕事は、私に言わせれば、あれぐらいキッパリものがいえなくては務まらないんじゃないかと思われるし、本人がしっかりしているからこそアメリカで高校も出、ハーバードも優秀な成績で卒業できたんでしょう。祖父が銀行から派遣されてチッソに行ったのも公害問題が起こったあと。皇太子さまとお会いしたことがあるのも事実ですが、何分、本人は外国育ちなので宮中のことにも疎く、最初にお会いしたあと、帰ってきて、私に“お婆さん、浩宮様ってお偉いの”なんて聞くんですよ。“次の次の陛下(当時)になられる方ですよ”というとビックリしていました。いろいろお話ができて楽しかったと感激していましたが、本人にとっては決して愛情問題ではなかったのですよ」

 雅子さんには、実はすでに心に決めた男性がいるという噂もある。」


・・・このおばあ様は、長年、小和田恒氏と結婚した一人娘・優美子さん家族と同居、雅子さんの結婚式の朝にも、皇居へ出発する雅子さんを、夫の江頭豊と共に、玄関先で見送っていた。しゃきしゃきした語り口の方だが、私の感覚では非常な違和感がある。

夫のしでかしたことに対して、とてもドライな割り切り方が完成している風に思えるし、これがこの両家の特徴なのか、本当でないことを、普通に口から出している。

雅子さんは、正確には「ハーバード大学を卒業」していない。父親のコネで省員の一人であったことはあるが、外交官であったことは一日も無い。仕事は主にコピー取り、30分ごとに手洗いへ化粧直しに立ち、父親の駐車カードを使ってマイカー通勤しながら、交通費を受け取り続けた人間であることは検証が済んでいる。

そして、外交官ならばあれくらいきっぱりものが言えなければ務まらないと仰っているが、実際に外交官であれば、周囲への気配りない態度、まともな日本語さえ操れず、英語は使い物にならないレベル、外国育ちだから宮中のことにも疎く、って・・・。お父上は、外務省のおえらい方。本人も外務省勤務。日本のこと知らないで通るのでしょうか。

浩宮さまっておえらいの、というセリフは、当初はバリ・キャリのエリート女性(というフレコミ)の、そういったことに囚われない態度と曲解されて(苦笑、わたしもその一人でした)ほおおお、と感嘆のたねになったのですが、違ったんだよね。

ストレートに、愚かであられただけです。

このおばあ様は、さすが、雅子さんの祖母。江頭豊の妻。皇后陛下、紀子妃殿下を貶めるバッシングを行い続ける悪行・優美子さんの、お母さんらしい。そう、思います。

この方々と暮らして、小和田恒さんのご両親はといえば、息子さんがご出世の後は、しかるべき施設でお暮らしだったのでしたが、施設の方々は、皇太子妃のおじい様おばあ様だとはご存じなかったと、これも、今は噂の範疇から出きっている話です。会いに行くことも無かったと。

雅子さんが、ご自分には優しかったのであろう「おじい様」を、悪く言われて傷ついた、というのは、あながちウソではないとは思います。嘘でもないだろうが、だからといって。

以下に貼らせてもらう動画の、1分20秒あたりから、雅子さんの祖父、江頭豊が映っています。

頭頂部の後退した、メガネをかけたスーツの男性です。

1970年11月28日チッソ株式総会(於:厚生年金会館中ホール)にて江頭豊が、両の手に位牌を掴んだ被害者家族女性に詰め寄られる場面あり:



「わかりますか、私の心がわかるか、何言うたかおれたちが何て言うたかが、(聞き取れず)頭の下げ方忘れたんか、(聞き取れず)忘れてしまったではすまさん、笑うか、おら笑うことなんか言うとらんぞ」

江頭豊には当時、1963年生まれ、7歳の、おそらく目に入れても痛くないほど愛おしい孫が、あった。心身ともに健やかな(おそらく当時は)孫の、名前は、雅子。後の東宮妃。

水俣病被害者に対し「死んだ魚を食べる乞食がカネせびりに来たな」「腐った魚を食べるから汚い病気にかかる。伝染るから近づくな」(株主総会で一株株主の患者達に)「庶民が何を言うか!」「黙れ貧乏人が!」と恫喝。

チッソ江頭豊がしたこと。

1.水俣病の原因が工場にあると知りつつ稼働続行。

2.患者・家族に謝罪したが補償に応じず。

3.謝罪後も悪質なデマを流し患者や家族を冒涜。

4.患者や報道カメラマンを暴力集団雇って襲撃(チッソ会長時代)。

江頭豊が東宮御所の庭を散歩するのが老後の楽しみと語ったこと。
江頭豊のために5億8000万円をかけて東宮御所をバリアフリーにしたこと。
菊のカーテンに守られています。

昭和天皇は小和田雅子さんとの結婚に反対されていた。

皇太子は「分かりました。」と言った。

それでも、皇太子は雅子さんを選んだ。雅子さんが押された、仕方なく受けた、は、作り話です。



皇太子夫妻は一度も水俣を訪れていません。



政府見解発表後、昭和四十三年十月から始まった数次の補償交渉は、水俣病患者団体互助会
側が提示した①死者千三百万円②患者年額六十万円に対し、チッソ側はゼロ回答をもって
これにうそぶいている。

第三者機関あっせんに、ふたたび互助会が依頼した寺本熊本県知事に、江頭社長は、

「チッソとしては三十四年暮れの見舞金契約は有効。補償交渉ははチッソの好意でおこなわ
れており、保証金は見舞金の上積みを考えている」
 と発言。さらに十二月十九日、厚生省への要望書の中で「追加補償問題」という言葉を
使い、従来の見舞金契約書を有効とする補償態度をさらに明確化、

「互助会の要求額が非常に高いので難航しているが、これは一企業一地域の問題ではなく
公正な基準を求める必要があると思う」(熊日)と居直るに至った。この言葉には、十五年
の歳月を経て政府見解が出された後も、一企業が、一地域に対しておこなった自らの極罪
に対し、万全の償いをもって天下の前に服さねばならぬという態度は、ごうもみうけられない。



「銭は一銭もいらん。そのかわり、会社のえらか衆の、上から順々に、水銀母液ば飲んでもらおう。

(四十三年五月にいたり、チッソはアセトアルデヒド生産を中止、それに伴う
有機水銀廃液百トンを韓国に輸出しようとして、ドラムカンにつめたところを第一組合にキャッチされ、ストップをかけられた。以後第一組合の監視のもとに、その罪悪の象徴と して存在しているドラムカンの有機水銀母液を指す)

上から順々に四十二人死んでもらう。奥さんがたにも飲んでもらう。胎児性の生まれるように。そのあと順々に六十九人 水俣病になってもらう。あと百人ぐらい潜在患者になってもらう。それでよか」


今日、ネットで、このような言葉も読ませてもらいました。

>>天皇、皇后両陛下は27日、第33回全国豊かな海づくり大会出席のため、水俣市を訪問される。水俣病患者らとの初の懇談も予定され、小児性患者の前田恵美子さん(59)作詞の歌「ピンクの花が好き」が披露される。前田さんは「両陛下に自分の歌を聴いてもらえるなんて夢のようです」と心待ちにしている。(大森祐輔)

 歌は、自らの生い立ちや病気を抱えながら生きる日々をつづった。

 <3歳のころ 急にしゃべれなくなり 歩けなくなった>

 水俣湾のそばにある漁師の家に生まれた。幼児期に突然、体に力が入らなくなり、手足や言葉が不自由になった。両親、祖父母も患者だ。

 水俣病によるつらい経験から、原因企業チッソに怒りを抱く患者は多い。しかし、前田さんは「これといった憎しみはない」という。

<体は不自由になったけど 心は傷つけられなかったからかな 親がそういうことを心配して守られていたのかな>

前田さん。

今日は、いかがでしたか。

お幸せでいられたでしょうね。

大きな花束を。美しい心を、どうもありがとうございます。



スポンサーサイト





  1. 2013.10.28 (月) 15:09
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013.10.28 (月) 16:27
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

秘密コメントの○○さん。

最近読んで下さっているとのこと、ありがとうございます。

あなた様のブログも訪問させていただきましたよ。

両陛下のお車を見かけられた、皇后陛下は元気に手を振って下さっていた、と。よかったです、お元気で。

また、よろしければ、いらして下さいね。
  1. 2013.10.28 (月) 18:59
  2. URL
  3. やまのこ
  4. [ edit ]

こん

こんをつめ・・・
お見通しです・・・肩こりの目が~~
KUONさんが毎日々これだけの量を書かれる!
ただただ驚きと尊敬です。

あの・・・
来年・・・奈良です・・・
あっ!

  1. 2013.10.28 (月) 21:02
  2. URL
  3. モッコク
  4. [ edit ]

プラスは循環する

動画ありがとうございます。
国民が両陛下を想い、両陛下も民草を想ってくださる。
上手く言えないのですが、こういうプラスの想いはぐるぐる循環していき、皆の心を昇華してくれるように思いました。
そういう存在がご皇室なんだと思いました。

熊本のみなさまの君が代に万歳に提灯、ご覧になった両陛下もお心強く思われたはず。
良い形で国民が声を上げることは大切ですね。

小和田家のご先祖さまより、まだ江頭家の方が上だと思ってるから(曽祖父が軍の偉い方でしたっけ?興味も無いのでよく覚えてません〜)登場させたのでしょうけど、祖父江頭氏が、貧乏人がタカリに来たなんて言葉が出てくる程度の家格だったのだと思います。
本当にお上品なお家は、そんな言葉は使いませんと思います。
  1. 2013.10.28 (月) 22:16
  2. URL
  3. さぶた
  4. [ edit ]

お見送り

KUON様、こんばんは。

熊本県庁前にて、
両陛下をお見送りいたしました。

カメラを構えていた同僚が、
「皇后陛下に見とれてシャッター押すの忘れとった(汗)」「でも、肉眼に焼き付けた!」と言っていました。
青いスーツの皇后陛下が(私に)手を振ってくださった……と、みんなが思っていて、
「皇后様も青も、まぶしかったわぁ」と、満足そうに話していました。

沿道警備の警察官も、緊張しているでしょうに、どこか朗らかで、
「後、5分ほどでお通りになります。」
「ロープを下げますが、車道に降りないでください。前の人を押さないでくださいね。大勢で倒れこまれたら、私ひとりでは受け止められませんよ~。」
「みなさんで、手を振ってお見送りしましょう。」
との声に、事務服を着たおばさまたちが一つ一つに「はい。」と返事をしていて、周りの男性陣もつられて「はぃ」と言って照れ笑いしたり、待ってる間も和やかでした。

提灯奉迎の時も、お見送りも、大勢の人たちが、和やかでいられる、
この空気をつくれるのが、「両陛下のために」という全員の思いなのだと実感しました。

徳仁雅子には、絶対に無理です。
  1. 2013.10.29 (火) 12:29
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

こん。笑。

そうなんですよ。来年、34回全国豊かな海づくり大会、於いて奈良県、なんですよ。

推進室も出来たりしているとゆー。

が。海の無い奈良で、どやって、それする???。

謎ですが、推移を見守ります、愚愚夫婦は見守れないが(イヤだから)これは、温かくふつーに見守れます。

そして、機会があれば訪れればうまく行けば。

約束は、守るべし。ファイト、です。笑。でも・・・日帰り可能圏内ですし…ま、待ちます!。



  1. 2013.10.29 (火) 12:53
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

モッコクさん。

プラスは循環する。まこと。すてきなコピーだと思いました。いい方へ、いい方へ。その中心には、この場合、真に皇室のお方であられる両陛下。

次代は、やはり仰ぎ見て信頼申しあげることができる、すばらしい両殿下。失礼ながら、若い方部門のベストカップル賞を受けていただきたいお二人です。見てて快いです~秋篠宮同妃両殿下。

雅子さんの母方の先は、軍人さんだったように記されています。3代より前まで、わかっているようです。芸人の江頭さんのお家の方が「格が上」とか書いてあったのに、納得。あの方は震災後、目立たないよう苦心しながらトラック駆って、何度も支援物資を運んでおられた立派なお方。

オワリダ家は、貰うことばかりがお好きな家みたいですし。

・・私の感じでは、雅子さんのお母さんは、先祖がどんな方であれ。

・・書くの難しい、あくまで私の感じですが、あれがあちこち外国で、けっこうな地位の人の妻、としてどう振る舞って来たか、考えると全身総毛立つ恥ずかしさを覚える・・ごり押し、無理押しで、傍若無人にして来られたご様子で。エピも満載です。

「雅子はどこへ出しても恥ずかしくない娘に育ててあります」

とかの言もあり。・・・あのう、それだけ聞いても恥ずかしいんですけど・・・って、言ってもダメね。とにかく、ものすごい人が、入り込んでしまったものです。

イヤだね。
  1. 2013.10.29 (火) 12:58
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

さぶた さん。

最後のレポもいただきます~。
  1. 2013.10.29 (火) 14:12
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・