FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 今の思い
  2. tb: 0
  3. cm: 1
  4. [ edit ]

出ました。

出ました。

>>宮内庁の小町恭士・東宮大夫は4日の記者会見で、味の素スタジアム(東京都調布市)で12日に開かれる全国障害者スポーツ大会の開会式に、皇太子さまが単独で出席すると発表した。

療養中の皇太子妃雅子さまの出席も検討したが、東宮職医師団が「大きなスタジアムで、長時間にわたるものはまだ無理」と判断したため、出席しないという。

小町東宮大夫によると、12日には長女・愛子さまの通う学習院初等科の運動会があり、雅子さまも観戦する予定。翌13日に全国障害者スポーツ大会のバスケットボール競技があり、雅子さまも体調次第で皇太子さまと観戦するという。<<

10月4日の発表です、目新しいモノではない。

意外なことでもありません。こう来るだろうとは想定内。

炎天下の海辺で、妃よりもお若く妃のように療養中でも無い、他の児童の保護者さんたちが次々と日陰に退散される中、日傘ひとつで御身をお庇いになりつつ延々2時間。お嬢様の水泳を見守り続けたお妃さま、やはり、身障者のスポーツ大会、秋晴れの、爽風の中での、特別席での座りながらの観戦を、無理だと、ご欠席。

「東宮職医師団」の判断に拠るものだそうです。

おそらく運動会には、愛子さんはご欠席されると思う。そうでなければいいのですが。

去年は、公式には「風邪」で欠席でした。1学期のうちに2度もインフルエンザに罹患される愛子さん、3人の専属の養育係がついている方です。コホン、と咳ひとつ出れば即、医師が拝診される(はずの)内親王殿下。

愛子さん去年は、ムカデ競争に、皆と一緒に出られないか、出られなさそうか、で、運動会そのものを休まれたのです。

低学年の頃は、かけっこが早くて1等賞、と、とっても嬉しそうにゴールしておられる写真も見ました。何も知らずにいた頃でしたが、そうなのか、活発で、富士額が可愛くて、と、よそのお子さんなのだし、ほほえましい感じでニュースを見ていた。

その愛子さんが、いま、まともに通学さえしておられないと知るにつけ、怒りのごとき感情さえ湧きます。

方向の違う話を少し。

長い付き合いの友人の長男が重度の障害を持つ身だとは、何度も書きました。身体障害と学習障害があります。子どもの頃、骨切りという大手術を受け、前を向いていなかった関節の向きを調整した・・・両方の大腿骨(太もも)の骨を、切ったのでしたが・・ゆっくりでも、前方に向いて歩けるようになったのです。

その彼が、養護学校高等部の生徒だった時、母親である友人と、運動会でフォークダンスを踊った。

秋晴れの、美しい日でした。

ゆがんでいたり長さが一定でなかったりさまざまな体の高校生たちが、自分に出来る競技に、一心に取り組んでいました。

競技、というものでは無い・・・一心に動こうとしていた、と言うか。張りつめて私は、見ていました。

そこから、ここまで、ただ歩いて来るのに、これだけの時間がかかる人たちでした。

聞きなれたオクラホマ・ミクサーの音楽がやがて流れ始め、友人とM君も、その中にいるのが見えました。

M君は既に、小柄な母親より背丈が伸びていました。その体が、母親に支えられて、右へ左へ足を出す、ういぃいんと回ろうとする、よろける、母親、ぐんと踏ん張って息子を立て直す、途中で二人、立ち止まって、顔を見合わせて困っていたりする、再び、輪の中で、前へ、前へと。

私は、顔に押し当てたタオルの隙間から、辛うじて曲の終わりまでを見届けました。友人たちにとっては日常でも、私には非日常の、皆さんの姿でした。

M君も友人も、大きく肩で息をしながらシートの方へ戻って来て 、二人、のどを反らして冷たいお茶を飲んでいました。M君は、世界で一番幸せなティーンエイジャーみたいに笑っていました。歯磨きをしっかり躾けられていて、M君の歯は真っ白。

ディカプリオみたいな男前やけど、と友人は、言いました。

この子とダンスするのんは、この世で私しかいやへんからなあ。

とも言いました。

・・・多くの方々が書いておられるのを目にしますが、愛子さんは、愛子さんに合った養育、療育を、されていないように見受けられます。

写真や動画を見ると、写る、とわかっている時には、幼い愛子さんが、メイクをされている。

眉を描き、鼻すじにホワイト、小さい可愛い口に、紅を。

今年、オランダから東宮夫婦が帰った際、一人でお出迎えの動画の後半に、少しだけ愛子さんが残されていますが、数日、両親が留守だった際に、おそらく自分で髪を切ってしまったのでしょう、前髪も後ろもじゃきじゃきになっている。これは多分、自傷と呼ばれる行為。

当然お顔にメイクも無い。



今年のご静養の際の駅での動画の顔にもメイクは無い。もう、自分で拒否されるのかもしれません。

多くの出迎えの人々に、愛子さんなりに応えて、ぎごちない風に逆方向に手を振って。

見ればさまざま感じるものがあります。



・・・愛子さんは、12日、運動会に出られないと思う。

雅子さんは、身障者のスポーツ大会に出ない(出ないで済む、そう言ってしまいます)、翌日のバスケットボールだか何だかも、見に行くはずがない。気が無い方です。

雅子さんは病気なのだ、それを、ひどく突っ込み過ぎる。そう、書いて来られる方もいます。

そうでしょうか。

ご病気なら、そのように手当てされないと。

今日の記事の上から4行目「東宮職医師団」。

何度も書きますが、歯科とかそういうのはともかく、医師団と呼ばれるこれ、実態は一人なのです。

精神科医の大野医師。この方。妹さんのうちの一人の夫君の、友達だそう。

宗教を同じくされる方だそう。

この「医師」に、雅子さんはすべてを委ね・・・ならいいのですが、そうもしない、電話で相談して投薬を受けるようなこともしている。半年間も診察を受けない時期も。しかしオランダへは連れて行った。

この医師の療法は「したくないことはしない、したいことをする」。いささか乱暴なまとめですが、端的にはそうなのであり、

皇室に適応できなくて悩み苦しむ妃殿下に「開き直って」そうしなさいと、アドバイスされたのでした。

最近では名前を聞かないなあ、と思っていたら、出ました、東宮職医師


私は言いたい。

病気なのなら、きちんとした診断書を提出して、国民を納得、得心させて下さい。まともな診断書、治療の経過などが、一切、出されていません。

年に一度、誕生日前後には記者会見をして、心境などを話す形で推移していた、それも、数年間、していません、その訳を、国民に納得させて下さい。

病気のためそれが出来ないなら、主治医である医師が代わりに、説明をして下さい。それが一切ありません。

立場の重いお方です。10年治らないなら、他の医師を。それは明確に拒否。皇太子も、きっぱりと、不要と拒否。

病気は自己申告のみ。

雅子妃が、病気だから公務をできない件に関して、誰ひとりとして、責任もって説明もしていないし、宮内庁がいきなり、これは出来ない、理由は医者が○○と言うから、と、発表して押し通すやり方。

宮内庁の長官だかどなたかが、

「こういうことを言わされる身になって下さいよ」

とか、ぼやいたとか何とか、これも、ボヤキを流して、周囲だって苦労してるんだよ、というポーズなのかもしれませんが、もうどうでもいいですね。

皇太子妃という立場だからこそ雅子さんは、許されていることが沢山あるんです。

何かの組織に属している人間が、診断書を出さないで仕事をサボる、選ぶ、ぶん投げる、ということは、あり得ないです。

しかも限界、臨界まで、来ています。

これ以上は無いところまで。

それをしている雅子なる人物、許しているその夫、陰で操っている(とか言われている)暗黒勢力、すべて、拒否されるべきものです。

皇族だからといって、尊敬も出来ない者を、持ち上げる理由は無い。

言いたくない言葉ですが、税金でもってその立場を成り立たせている者の、不誠実、業務不履行、規範無視、ルール違反、開き直りもいろいろ、受け入れなければならない理由は、無い。

公人と呼べない人間を、その場に置いておく理由も無い。

と、私は考えています。

ご病気なのなら、手厚く療養されればいいのです。中途半端にされているので、周囲が迷惑です。

お子さんの情緒の安定にも、と、うがったことも感じます。

病気の説明を、公人のなさり方でしていただきたい。

ご公務が無理なら、休んで頂きたい。

皇太子妃であるうちは、皇太子殿下お一人でも可能なことが、この先は難しいと判断されるなら、今の場所を引いていただきたい。

それが、筋道立ててなされるなら、誰も何も言いようが無いのではないか。

病気なら仕方が無い。でも公務は本来、カップルでなさるべきもの(だと思う)。

ご退位下さい。

お願いします。

雅子さんのバックがどうだろうと、肝心なのは、その立場の者として務められるかどうか、でしょう。

今みたいに中途半端でいいかげんなことをしていられたら、落ち着かなくて国の士気にも関わる(と私は考える)。

二人、離れることは不可能なのでしょうから、ご夫婦で、その場を退いて下さい。結局は共依存。

ゆっくり、静かに、一人娘さんと3人、お暮らし下さい。

今お使いのお金の、どれだけ分かを支給されることに、人のいい優しい日本国民は、文句言わないでしょう。年間2億円のお小遣いは無理だと思います、どこへ行くにもすべて賄われる、別口の経費の数億円も、無理ですが、行きたくないところへ行かなくてもいいですから、お心、乱れることも無いはず。

めでたいではないですか。適応できなくて障害の出たところから、出て下さい。

ご自宅も別荘も差し押さえられているとも聞くご実家、大変ですね、でも庶民は、だからと言ってご皇室の御所に押しかけ、居座ることはできませんし。しないし。

自己責任です、投資の失敗によるお父様の大借金は。

そうではないですか。

出られて、ご両親も一緒にいられるお家や、妹さんのところの分の外食代、遊行費や甥御さんの服代、靴代、セコいそんなもの、エトセテラまで賄えるかどうかは、わかりませんが。

というか、今までがおかしい、ど厚かましい、恥知らずだったのです。

ねずみランドにも自由に行って下さい、並んで乗りものに乗って下さい、護衛の数十人はつかないので、ご自分の身はご自分でお守り下さい。

腰にはグラスファイバー特殊警棒装着。

携帯する拳銃はシグ=ザウエルp232スペック、とかいう武器。一人につき装弾数 8+1発が込められているそうで。

この拳銃を、東宮一家を警備するという人たちは、誰に向けて発射する、のか。

国民が嫌いだと言う雅子妃殿下。娘の学校の教室に鍵をつけさせ、前後のドアにSPを貼りつけ。

・・言いたいことは多々あるけれど、現在の東宮家、そこまで行っているのです。

昨今は(多分、報道されないけど昔も)どこで誰がどんな目に遭うか知れない物騒な世情。

大切なお嬢さんに何かあれば、の、親心が、過剰と思われる警備警護(でもこれも無料ではないのよ、悠仁親王殿下の警護はまったく薄い、少ない)につながるのでしょうが・・。

子や孫が心配でも、拳銃持ったコワイ顔の方々にガードしてもらうことの出来なかった、今までの膨大な数の庶民たちは、そのこともあって、朝夕、神様や仏様に手を合わせていたのでないかと思います。

全くの私見ですが。何十人に囲まれて守られていたって、何かが起きる時には起きてしまう。

朝、手を合わせて、どうぞ愛しい子どもや家族を魔の手からお守りくださいと願い、真面目につとめを果たして一日を終え、無事を感謝して手を合わす。

そうやって、長い間、ひとびとは生きて来たのでは無いかなあ、と、考えています。

あのご夫婦は、神様や仏様の、目に見えない力というものに関わりが無いので、鉄砲の弾や特殊警棒に頼るのかしら。

・・・とか、冷たい目で、眺めている部分が、あるのでございます。

ま。もしも12日、母子ともにお出ましならば、このごとき警護のヒトを数十人、引き連れて、小学校の運動会へ。すげえなあ。

脱線。

・・専属のお医者さんにかかられるにも、国民保険などに入られて、保険負担分をお支払いの上、おかかり下さい、おそらくもう、診断書出せ、と迫るオソロシイ庶民になど、無縁になるでしょうから、とにかくとにかく、早いこと、その場からお退き下さい。



三重県の県民さんがこう言っておられます。

>せっかくの新しい社と神域が穢れますので東宮は来ないで下さい!!

>昔からのいわれで「伊勢神宮」は
神様に呼ばれた人しか参拝できないそうですよ
皇太子が車で30分ぐらいの所まで来ましたが
参拝はしませんでした
「本当に見放されてるんだなぁ」と感じましたね

>神様は慈悲深い方ですから、足りない徳仁に、
長い年月と改心のチャンスをたくさん与えてくださった。
しかし、神様はもう匙を投げられたということでしょうね。・・・・・



皇室は特別。

そんなこと無いですよ。

特別なものとして、国民の方から、感じて敬うことはあっても・・・このたびの秋篠宮殿下、黒田清子さまのおん有様に対する敬意のように・・・雅子夫婦を、特別に見上げなくてはならんことなど、一切無い。と、私は、考えています。

とりとめのないことを書きました。


うさのうさみみさん。


すっごく冷たい言い方をすると、形式的には日本は、主権在民。天皇は国の象徴。

と言われても、真摯におつとめして下さっている、国家の安寧と国民の繁栄を祈って下さっている、あんな不自由なお立場を生きて下さっている天皇陛下や皇后陛下に、特別な気持ちを現実に持っている私です。

そんなにものすご~く、でなく、ご皇室が「普通」であって下さるなら、いつもは忘れていて、ふと、仰いで、あんなにしておられる、と、敬虔な気持ちになり、お健やかにいて下さるよう願い、また、自分の生活に埋没する。そーゆーくらいの感じで、皇室を感じていたい自分です。

東宮ご夫婦が、あまりにも後の歴史で確かめてみたい惨状なので、ごちゃごちゃわめいておりますが・・。

おのずから、壊れるべきは壊れて行くのではないかと。

ストレートに愚かで「おかしい」のが、いっそ、救いのような気さえします。もう少し悪賢ければ終局まで行ってしまうかも。

あの老害が。

伊勢へ、十数年ぶりに詣でて、大丈夫、な気持ちが、どっかに住み着いてしまいました。

いろんな問題ありまくりですが、私が想っていることは、何とか納まるのでないかと、見通し甘いですかね。

あの老害が、ね。

あとは、操り人形ですから。

そんな気持ちで、この頃おります。










スポンサーサイト





  1. 2013.10.07 (月) 14:50
  2. URL
  3. どんぐり
  4. [ edit ]

信子妃が復帰の意向

療養中の信子妃が、持病が回復傾向にある為ご公務に復帰の意向、だそうですが。
何故今?と。

雅子さん擁護派がよく言うセリフの一つ。
「信子妃もご病気で休んでおられる」

もしかして、ご本人のお耳に入ってしまわれているのでは・・・勘ぐりですかね。
このセリフを目にする度、引き合いに出される信子妃がお気の毒で仕方ありませんでした。

簡単に物を言う。雅子さん擁護の人たちの印象です。その言葉で傷つく人がいることを知ってか知らずか。その言葉に何故傷つくのかも分かっているのかどうか。

ご病気を盾にするのならば、KUON様の仰る通り、全て公表するべきだと思います。妃だけでなくご一家ごと。

国民は決して敵ではないのに・・・。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・