FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 残念なこと
  2. tb: 0
  3. cm: 3
  4. [ edit ]

空っぽのひと

前回、雅子妃の母方の祖父である江頭豊について引用をさせていただきました。

動画をブログに持ってくると、私のパソコンだけなのかも知れませんが、重くなりスピードが遅くなり、考えながら書いて行くタイミングが悪くなって具合がよろしくなくなる。

二つの動画を貼り、コメントへの返事を書くのにスムースでないので、新しくここへ書かせてもらいます。

前回とダブる内容もありますが、いっさいの私見を加えず引用させていただきます。コメントへの返事は、引用の後に書かせていただいています。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

「日本がすきなだけなんだよ」から。



・江頭は、工場廃水が水俣の原因と分かっていながらさらに廃水を流し続けた。


・賠償金を値切る


・医師会側に働きかけて水俣病の認定基準を厳しくする →認定されない人が増えて患者の人数が減る →結果、払う賠償金が少なくなる→(゚д゚)ウマー


・患者側に立って世界に水俣病の悲惨さを訴えたジャーナリストを暴力集団を使って襲わせ、片目失明の重傷を負わせる (その後その時の怪我が元で死亡)


・患者を侮辱する言葉を吐く


「死んだ魚を食べる乞食がカネせびりに来たな。」
「腐った魚を食べるから汚い病気にかかる。移るから近づくな。」
(株主総会で、一株株主の患者さん達に)
「庶民が何を言うか!」「黙れ貧乏人が!」

1971年当時の新聞の見出し
5/26
またもあっけない幕切れ/むなしく消えたご詠歌
殴るけるの乱闘 “ひどすぎる”、絶句する患者、チッソ総会
怨念残したまま幕切れ、チッソ総会、ガードマンが厚いカベ
怒号、乱闘…、会社ペースで議事進む 約四百人を動員、会社側ガードマン
5/27
これほど悲惨とは、米FDAの一行、水俣病患者ら視察
記者会見も高姿勢、チッソの江頭社長、過剰警備と思わぬ 「総会は成立」とニヤリ
葬られた怨念、チッソまるで暴力総会 患者ら無念の涙、動員された総会屋
強行採決じゃない、江頭社長強気の会見 「かかれ…」会員を袋だたき/「断じて許せない」
5/27
ガードマンの行為は行き過ぎ/後藤田長官、チッソ総会の混乱で語る
すべて正しかった、江頭チッソ社長、総会終り高姿勢の会見
6/2
警備会社を捜査、一株株主への暴行 “過剰警備”のメス チッソ幹部も取り調べ、大阪府警
“総会の無効認めよ”、回答期限つき、社側に要望書、告発する会
7/24
江頭チッソ社長辞任/水俣病、経営不振で引責? 水俣と関係ない、江頭社長、強気の記者会見
7/25
“水俣”に責任感じぬ?、辞任表明の江頭社長
7/27
チッソ社長、突然の辞任劇 公害関係ないと強気だが、「怨」のノロシが決定打
シブシブ火中のクリ拾う後任社長
7/29
水俣病責任とったのでない、チッソ江頭会長語る
ガードマンは“警察公認”、チッソの江頭会長語る

社長就任後、ただちに廃水の垂れ流しをやめることはできたが、 当時のお金でたった50万円の廃水浄化装置を、ケチって付けなかったために被害は拡大してしまった。(みせかけの「浄化装置」はつけていた)

社長を引いたあとも、創業者一族でもないのに会長だの相談役だので役員報酬を長年に渡りもらい続けていた。チッソ側にしてみれば、会社が払うお金を最小限にしてくれた恩人だからという意味合いが強かったと思われる。とにかく、江頭がもっと良心的な人間だったら、水俣病はもっと早く解決していたことは間違いない。



前回、雅子妃の家系が三代から先に遡れないと述べたが、その理由は血筋がB出身者である可能性が濃厚である。Bというのは、いわゆるD利権が有名だが、反日の在日朝鮮人とも深く関わっており、創価学会や統一教会とも関係が深い。ようするに日本人でありながら、反日勢力の一翼を担っていて、在日朝鮮人と共闘しているのである。小和田家の場合、それに加えて、水俣病を引き起こした極悪人の家系であり、しかも父親は土下座外交を推進した売国外交官で創価学会員でもある。これらの状況を総合的に考えれば、雅子妃の子供である愛子様が将来女帝となることが、どれだけ恐ろしいことか、理解していただけたのではないだろうか。 愛子様が女帝になるイコール朝鮮人の池田大作が率いる創価学会が、天皇家を支配するということと同じ意味なのだ。

雅子妃は、過去に某ホテルで外務省の創価学会員によるグループと食事をしたことが、雑誌にスクープされたことがあるが、今でも創価学会の影響下にあると言っても過言ではない。外務省と宮内庁には創価学会の息のかかった人間が少なからずいるといわれており、皇太子が雅子妃と引き合わされたのは決して偶然ではなく、創価学会によって計画的に意図されたものだと思われる。


仮に女系天皇が認められた場合、愛子様には池田の身内か、息のかかった朝鮮人の婿があてがわれ、二人の間に出来た子供が次の天皇になれば、ここに朝鮮人による日本無血占領が完成するという訳だ。なぜ、朝鮮系のマスコミ、朝日新聞、毎日新聞、TBS、テレ朝、NHKが執拗に女性天皇を推進しようとするのか?それは日本を裏から牛耳る反日朝鮮人や朝鮮カルト共の意思だからである。


ここまで事が運べば天皇制自体を破壊することも非常に容易になる。必要な時にそれとなく詳細な身元情報をバラせば、国民は誰も天皇を尊敬することはなくなるからだ。そうなれば天皇不要論が飛び出すのも時間の問題で、日本の皇室は内部から食い荒らされるようにして、じわじわ崩壊するという寸法である。


皇太子は、雅子妃と結婚するまでは特にこれと言った問題もなく、無難に公務や祭祀をこなしてきた感があるが、雅子妃との結婚以降、公務、祭祀共に怠りがちになり、雅子妃にいたっては祭祀がまともに出来ないとさえ言われている。天皇陛下は、日本の神道の法皇であり、千年以上日本の国家守護のお祈りを捧げ続けているが、このままだと、伝統ある神道の祭祀がきちんの受け継がれず、途絶えてしまう可能性すらあるのである。神霊的にも意味がある祭祀を行わないせいなのか、皇太子夫妻の写真には心霊写真と思われるものが多い。通常、皇室関係ではこういうことはあまり起こっていない。吉兆の多い、天皇皇后両陛下、秋篠宮家とは対照的である。



日本の天皇制と神道には、世界がひっくり返るような秘密が隠されており、決してお飾りの皇室ではない。全てを書くことは出来ないが、多少の混血はあるにせよ、基本的には日本民族は独自の民族であり、天皇はその民族の長なのである。実質的にはお金や容姿で人の価値が決まるご時勢にあって、古き伝統を価値あるものとして認める日本人の繊細な感性を大事にしていきたいものだ。皇室を巡る陰謀はまだまだ継続中だが、日本はすでに皇室にまで反日勢力の侵入を許しているということだけは覚えておいていただきたい。

引用終わり。ありがとうございました。

お返事遅れました。

PASTORAさん。

なぜか若い男性と思い込んだのでした。汗。

オンナらしくないとか、そういうのでなく・・・素敵な女性、と、オンナらしくない、とは、私の中では必ずしも矛盾しないので~。

あまり不愉快になるような記述には触れないようにしているのですが、それでも「作り笑いがうまく出来るのが皇族のラシサですから」なんてのを読むと、ぐへぇえ、となります。そういう人が「ですわ」とか言ってる、そーゆー「女らしさ」は、背中がにゅにゅ~ん、となるので嫌いですわ。

ナマイキは、長年わが身にも沿ってくれている美徳。生きるために部分的に丸くもなっちゃうけど、ずううっと、素敵にナマイキでいて下さいね。

秋篠宮家は、兄ちゃん一家とは対照的な、清廉な感じがします。皇族費がいかに大変な額でしかなくても気になさらないだろうし、たとえ可処分所得が増えても、お変わりない気がします。あくまで、お気持ち的に、ですが。お金が考えや行動の基本ではいらっしゃらないので。

申し訳ないけど申します、東宮家のお金には、無駄が多いんじゃないか、どぶに捨てるみたいな分が多いのでは、と、感じる。そういう家はロクなことにならない、と、生涯気持ちよく貧しかった祖母ちゃんが、きっぱりと言うてでした。お金にも垢がつく、欲しい欲しいは垢まみれ~、とか。

・・・あほなことを書いてしまいました。


どんぐりさん。

>>容姿やら知能やら「神」の前では取るに足りない事に。もっと必要なものを秋篠宮殿下はご存知だからこそ今の国民からの尊敬があるのだと思います。
権力でしか自分を示せない人を誰も尊敬はしません。<<

同感です。素敵なことを聞かせて下さり、ありがとうございます。

エラソーに言うと、こういうことも、見えない感じない人には、サンスクリット語のお経みたいにしか、聞けないのでしょうかね。

随分子どもの頃から、聞いて知っている「われ思う 故にわれあり」。・・目に映っていても、それを「それ」だと、自分が認識しなければ、それは「見えていない」ということ。

同じ皇居の森の深さも、緑の濃さも、その内部の超然たるさまざまも。見えている人と見えない人とがあって、おのずから磨かれて行く方と、とどまる人と。

雅子さんという女性の、あまりにも深い愚かさが、いっそお気の毒で。このごろ、ほんまに、ほんまもんの、空っぽなんだ・・・と感じ、虚しいのう、と、嘆息したりする。

虚しくてもいい、と言えないのがこれ問題で、あれがこのまま、もし、と考えると、ため息ついている場合じゃないと、どきどきして来るのです。

「神々の、その傷は深い」というこれは、私も、調べてみたいので、調べてみます。

なんか違う気もするが、それならなぜ違うか、知りたいですものね。


モッコクさん。

長い長いの、読んで下さってありがとうございます。

今日も、かぶるかも知れないけど、その時代のこの事件への「空気感」みたいなものが伝わるかと、引いてみました。

よく、よく、風化させないで欲しい、と言われますが、ことは次々に起きて。

雅子さんが今、急にドタバタされている理由は、はっきりとなど解りませんが、はっきり言って、もう遅い。

一つや二つやもう少しの過ちなら、風に紛れて行くこともあるでしょう。

絶体に、するなら的確に、間違いなく、きっちりと決めなければならないこと、時間もかかること、あるのではないかな。

人智の及ばぬところで。でも、人は、最大限に、努力も祈りも、せな、あかんと違うんかな。

そんな気がしています。

高円家は、どのみち廃される家。

皇室のちいママさんは、賢いつもりでちゃかちゃかと、ご自分も娘さんも、皇族にふさわぬみっちみちにリアルな現世利益 をめざして、動いていればいいと思います。

雅子さんも、もしあの人が気になって、というのなら、それでドタバタしているなら(それだけではないでしょうが)、フン、程度の低い。ほんまもんの○○や~、と、笑うわ。

東宮妃です。一応。泣き泣きでも、今のところは、でも、そうらしいからさ~、でも。

自分らしく自分のすることして来なかった、腐った丸木橋が、ぎしぎし鳴りはじめて、気がついた?。

遅いです。

公のため、どころか。

自分の家族さえグサグサにしか保てなかった二十年は、あまりにも長かった。そう、思います。

彼女の場合は、他の女性は知らず、ブランド・バッグとやらは、自信の無さの現れ。

服とも顔とも態度ともバランスとれず、名品が名品に見えない。

自業自得とはいえ、ご夫君の値打ちまで暴落させてしまった。憐れな空っぽの、高位の女性。

あ。

力説してしまい、ごめんなさいね。







スポンサーサイト





  1. 2013.09.27 (金) 23:34
  2. URL
  3. sarah
  4. [ edit ]

こんなにひどいとは

今まで水俣病については深く考えることも無く、
でも、このように教えていただくと、ほんとうにひどい。
江頭豊のような人を「ひとでなし」というのでしょう。

地位とお金にしがみついた人生・・・、
皇太子妃の祖父と父親のあまりにも似た生き方に驚きます。

皇太子は、そんな江頭豊の死に記帳所を東宮御所に設けたとか。
皇太子は、浜尾さんが亡くなった時には何もしなかったそうですね。

皇太子妃一族は皇太子を利用し、利用されるだけの皇太子は自分がわからない。
灰色と灰色が一緒になってドブネズミ色、という感じです。
  1. 2013.09.28 (土) 17:56
  2. URL
  3. PASTORA
  4. [ edit ]

憶測ですが

マサコが今になって足掻いているのは、来月、天皇皇后陛下が水俣を訪問するってことが大きいかもしれません。

チッソの孫娘ということがバレたら、皇室での自分の立場は危うくなるし、
パパンのマスコミ買収も、だんだん利かなくなってきて(女性誌にマサコ擁護記事が最近ないのが理由)、
国民の「脳内お花畑状態」も、そろそろ騙せなくなってきたことが漸くわかったようで。

オトコに産まれれば良かったとか、
自分はもっと偉いはずとか、
現実にさらされもせず、ただ「オトウサマ」が何とかしてくれる、なんて、甘ったれもここまでくるとムカついてきます。私は。

彼女は虚飾の自分に酔ってるだけ。
自分で理想の自分を造り上げて、妄想することで現実から逃げてるだけ。

20代ならまだ許せるかもだけど、中年で「オトウサマに言いつけてやる」ってどんだけ世間知らずなんだよ。

哀れすぎて涙も出ないです(笑)。


愛子嬢はほぼ確実に障害児ですね。しかも重度の。
視線定まってないしお辞儀もできないし、ファッションが毎回同じだしチェロの指使いが隣の子と違うのが映像でバレバレだし、手足がブラブラ(両親がしつけしてないんだから当たり前か)、どこをどう切り取っても障害児にしか見えないのは私だけでしょうか?

まさか、水俣病の呪い(信じたくはないが)…?
  1. 2013.09.29 (日) 11:42
  2. URL
  3. どんぐり
  4. [ edit ]

前回の続きです

水俣の記事、長い文の引用お疲れではありませんか?
私は、これでまた一つ勉強させて頂けたと感謝しております。

江頭豊氏、東宮御所のお庭を散歩するのが趣味だったそうですが、最晩年は施設暮らしだったと聞きました。

小和田一家は一見結束が強そうですが、結局使い物にならなくなると身内でもお払い箱か、と思ったものです。
我々庶民ならいざ知らず、ヘルパーさんを常時雇う余裕があるお家柄でしょうに、と。
雅子さんも「皇太子妃」でなくなったら実の親からも捨てられるのでしょうか。本当に虚しい人生。

来月、両陛下が水俣にご訪問されますね。ダブル遷宮の年、大きな浄化がなされる事を本当に願います。

それから、いつもいつも生意気なコメントですみません。
神の深い傷の話も、どなたかのブログのコメントだったと思うのですが、かなり前の事で探し当てられず。KUON様に真剣に聞いて頂けて嬉しい半面、ソースが明らかでない話をしてしまった事、申し訳なく思っています。
私も調査続行します。

またコメントさせて下さい。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・