FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. あほらしいこと
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

「純粋な思いで」って・・・


「久子さま:感謝と親善、純粋な思いで…IOC総会出席」だったとか。

はあ、そうなのでいらっしゃいましたか。

私、思い切り横目でもって、これ読んだ。

>>2020年東京五輪が決まったアルゼンチンでの国際オリンピック委員会(IOC)総会で、東日本大震災の復興支援への謝意を伝えるスピーチを行った高円宮妃久子さまが12日、毎日新聞の単独インタビューに応じた。皇族として招致活動には関わらないという立場ながらIOC委員約20人と懇談したという久子さまは、56年ぶりの東京開催を「被災された方々もきっと励みになると思います」と喜んだ。【真鍋光之】<<

今回の訪問の経緯については「IOCが被災地を支援し
>若者をロンドン五輪などに招いてくれたことに対して感謝の意を伝える目的で
>宮内庁から訪問の要請がありました」と説明


はあああ、そうでいらせられたのでしたか。

宮内庁から要請があったという形式、には、されたのですね。

嘘つき。

以前からとかくの疑惑の川淵三郎氏。そちらのラインから呼ばれたから、とは、もちろん言わない。

サッカー界の内部と言うか裏側に詳しくないので

ブログ「日本が好きなだけなんだよ」様の過去の記事から、わたしが今知りたい事実の部分を。

川淵のサッカー利権への妄執と執着は誠に凄まじいものだが、これには理由がある。川淵の前の岡野俊一郎会長の時代までは、サッカー協会の会長職は半ば名誉職のようなもので、基本的に無報酬の役職だった。

長沼会長や岡野会長は、文字通り、滅私奉公で日本サッカーの発展に努力したわけで、実際、W杯初出場や自国開催でベスト16など、堅実な結果を残すことが出来た。岡野会長が退任し、川淵が会長になった途端、会長職の報酬が月数百万円設定され、


とかとあって、川淵氏は、人相まで激変されていると。

むかしプロのサッカー・チームができた頃は、いかついけど柔和な、ヤな顔の男性のイメージではなかったように記憶します。まあ、私の記憶はどうとして。

大震災への支援へのお礼を述べに、ということで、懸念される陛下を乗り越える形で(でしょ?)末端とはいえ現・東宮のまたいとこさんの未亡人である久子さんが、つまり端っこでも皇族が、遠い所までお出掛けで。

・(することだけして、その後は)初めは退くはずだった台上に残られたのは、台を降りにくい位置だった ので已む無く。=仕方なかった。

・20数人の方と予定にない話をされたのは、招致活動には関わらない皇族なので、その話はしないで=だ から問題ないそうで。

・震災支援のお礼もちゃああんっと述べたので、しかも美しいフランス語で、だからその後、予定よりウン と長く喋ったのはともかくデリシャスだった・・・やったもん勝ちってことで。


問題ないのですって。

天皇陛下も昨日でしたか、ご訪問の外国の方のお祝いに感謝のお言葉を返されたそうですし。

いやあ、実は、とは、既に仰れないですしね。

決まっちゃったんだもの。

すべて世はことも無し、なのか。

でも久子さんは嘘つき。ゆー・あ・らいあー。だ。

既に決まったことなのでこれも、ミジンコの遠吠え。

なし崩しに、皇太子殿下の訪・中韓が決定し、実現し、行った先で



なご発言がなされたとしても・・・・・やあめた

久子さんは

「私をオリンピックファミリーとして迎えて頂けたら幸いです」

そんな言葉も忘れなかったそうで。賢いお方です。

・・・私は、オリンピック大好きなんです。。見るの大好き、応援するし泣くし、それこそ「元気をもらったり」するし。それが、今回ほど「あやしい」と感じたことが無かったもので、未だにボーゼンとしています。

まだ溶けていません。

ナルさんがこの後、って、思い込んでしまっている。大変だ。

・・・愚痴。グッチ。愛子さまグッチ騒動だって、とある週刊誌。騒動。どこまで平和ボケやねん。

親が馬鹿なだけですやん。だんなも同じく。テハニー、じゃないからよかったのかな。

平和だ。すべて世は、ことも無いのか。そうなのか。

一回皇族がこれをやるとエスカレートして、最終的には天皇の謝罪訪韓まで引っ張って行かれる懸念表明でした。

そう、私が思いつめるのも、BBさんのブログ中に満ち満ちているこの一点なのであります。


お返事遅れました。

藍色さん。

短歌歴はけっこう長いです。ケンソンせずに書けば受賞歴も過去にあった、気がする・・・幾つか。また、うたったら読んでいただく存じます。はじめは、相聞をうたいたかったのですよ。照。

久子妃殿下は、親しい男性(川淵某氏)の誕生日コンペの出しものに、モンローの扮装をなさっちゃった方だそうで。数年前です。まだ数年前のこと。

それこそ「純粋」な思いだったのにどんどん外れて行ってしまった、いつも淋しかったマリリン・・ノーマ・ジーンに対して 失礼です。怒。媚びるにもやり方があるだろう、冗談なら妃殿下枠を逸脱してると、私は思いますね~。独身時代は「芸者」に扮したお写真も。笑いましょうか。

娘さんの「らんこう」「せいびょう」「なりゆきむにゃむにゃ」について、お説教どころか、話のわかるママ、でいらしたのかも。

承子ビッチさん、今回のご公務の外国訪問に、どなたか同行の方あり、とも書かれていますが、蛇の道は蛇、心配しなくても(していない!)、らしい方が一緒になられるのかも。

皇室とは、いっさい関係なしの話題として、出ていただきたいものです。

久子妃殿下、やんちゃさん、だけで済めば、まあまあ、と笑っていればいいのですが、もてはやされて上げられて、次は何を。。と考えると、ちょっと。

末端の宮家の頑張り屋のお母ちゃん、で、いて欲しい思い極み無し。大変な努力家であられることは、本当に素晴らしいと感心しました(エラソー、何様発言のKUON)。いいものはいい。

2020年までに、あやしいモンが消えるって。それ、もっと知りたい話です。教えて下さい、よろしければ。


どんぐりさん。

こんにちは。ぺこり。

仰る通りですね。

それこそ、お若いみぎりにはおやんちゃな感じでいられた秋篠宮さまの、今、頼もしいこと、見上げて嬉しいこと。紀子さまとお二人、相乗効果が最大限にいい方向に。

お猿の妃殿下のあげニュースばっかり、紀子妃殿下の誕生日になど、触れもしないばかマスゴミ。

でもいいの、と、勝手に胸をなだめていました。

よく、よく、秋篠宮の皆様はわかって下さっていらっしゃる。そんな中で、雑事に心曇らせず、すっくと美しく顔をお上げになって、おん自らの行かれる道を、しっかりと行って下さっている。

日々、積んで要られるお心遣いは、目に見えない大きな力になって、宮家の皆様を包んで下さっていると信じます。

ほんとに、そう、思えるのです。それが、嬉しいです。

悪。邪。それは勝手に滅するがいい。


モッコクさん。

初めてコメント下さったのに、お返事遅れました。申し訳ないことでした。

寬仁殿下の皇籍離脱発言に、モッコクさんの周囲の方が「やれるものならどうぞ~」だった?。

思わず笑いましたが、殿下はそう、気が挫けられたかな。もっと盛り上がってくれる、とのお気持ちがあった、かな?。

東宮殿下にせよ、寬仁殿下にせよ、悪い気持ちをお持ちではないですね、きっと。それはそう思う。

今の東宮様も、自分のなさった結果とはいえ、行くも引くも叶わぬところに。考えたら○げてしまいそう、で、お酒もどっぷんこと・・。

久子さんも「ある意味、抜けている」のかも、のご指摘。それはあるかも知れませんよ。本気で悪、でもないかも。

しかし、お立場の意味がわかっていない上つ方ほど、どうしようも無い存在も無い気が、わたしにはします。

普通の者が放つ一言と、お立場のある方のそれとは、一緒にならないし。

することだってそう。

あまり繊細な人につとまることでもないのですかね・・・。皇族。繊細な人ってたとえば?とか、となると、う~~~む、と。

また、よかったらコメント下さいね。


すけみちさん。

竹田氏が、やってはりますね。

目が、旧・皇族を名乗られる方の「目」では無いように思います。

雅子さん入内が難航していた折り、母親の優美子さんとやらが

「家には皇室から断られるような理由は無い」

と怒って、どこへやら乗り込んで行ったとも聞きますが、絶句するしかないようなそんな人物たちと、つるんで絡んでいると、ああいう「目」になるのでしょうか。

お嘆き、お怒り、私などには想像もできませんが、どうぞ、日本のために、お持ちのお力を。

厚かましいながら、そう、お願い申し上げております。

蟹の味噌汁・・・神のみぞ知る・・・

ナイス過ぎです!。泣く。ううう・・・。



スポンサーサイト






 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・