FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. ゆれ・ふら・とーく
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

神官の家

こんにちは。

ものすっごく「眠い」時に、無理なブログ書きをおこなってはいけないと、前回(深夜)の自分から学びました。

内容的に嘘は無いと思いますが、態度が浮ついていて悪かったと思います。

もうしません。

真人間になります。いまはそう、けついしております。


突然ですがエリザベス女王の話です。

第二次世界大戦の折り、英国本土への空襲が激化、ドイツ軍が上陸する危険が増したため、エリザベス王女(当時。伯父のウィンザー公が王冠を捨てた恋を成就されたため、父上が即位=王女になっておられた。その伯父上はこの頃、ヒトラーの側に利用されていた)と妹のマーガレット王女をカナダに疎開させる計画を、政府が立てました。

しかし王家は国内にとどまることを決断。

エリザベス王女は国防軍に加わり、軍用自動車の整備や軍用トラックの運転をされた。

英国の女性王族はそれまで、軍で、名誉職的な肩書のみを与えられていたが、王女は国家存亡の危機に際して実際に軍務に就いたことで、英国の国民に大きな感動を与えられた。

英国軍人は女王陛下のために命を捧げる気構えを持っている。個人崇拝でなく、英国人にとってエリザベス2世は、可視化された英国国家なのである。

国民の力を最大限に結集するために王(女王)が不可欠であるという英国人の考えは歴史に照らして正しい。

・・・少し引用するつもりが長くなりました。

元・外務省の主任分析官であった、逮捕、拘留、とかの経験もある、佐藤優氏の著書から。

佐藤氏の他の考えが私に「うん、そうそう」であるかは、ちと違うのです。違うところも多い。

上に引いた部分は、そうだそうだ、だったです。

>>英国で王室はゴシップの対象となるが、国民は政治信条に関係なく、エリザベス2世を尊敬するとともに親しみを感じている<<

ともあって。

やることはやる王家の方に、からかったり笑ったりしながらも敬意と親しみを感じる、国民の皆さんの図。

ちょっときれい記事みたいでもありますが、いいなあ、と、思った、思ってしまった。

オリンピックの話はもう、参加することに意義がどうだとかのもので勿論なくなっていて、現在の日本丸の景気とかいろいろ(と省略する)、あるんだろう。

スペインの皇太子様がわが国に聖火を、と熱弁振って・・・あの長身の皇太子様ですね、あの方なら熱弁、ふるえるだろう。スペイン語の語彙、豊富そうですし。スペイン王室には「宮内庁」なんてお役所はくっついてないし。王室と皇室は違うし、そういうことに対して「できる」範囲も大きく異なるし、何より、

自分の国のために、国の王子である自分が頑張ってアピールするという、イロハのイの字が、お分かりになっている。

人を比べてはいけません、比べられる身になって・・・だけどさ、つくづく悲しいですよ。


既に昨日ですか、出発された高円久子さん(表記は間違っていますがこのままに)は、小和田優美子さんと昔から親しい。

小和田さんのお家では韓国や中国の要人と近い。

小和田さんチの長女さんは入内から二十年、現在のおヒマつぶしは、赤坂にいても静養地に於いても、気の合うお仲間グループと、遊んだりお酒呑んだり、遊んだり群れたり「グルメとブランドと人様のワルクチ」が、話題の芯だと、そんなこと、東宮妃が言われているだけで立場にふさわないと、私は思います。

で、上記の小和田さん関連には、久子さんも含めて、そうか、そうかのバックが厳然と。

中韓そうか。三つ巴で、最強、ですか。

これ、日本の代表の皇族ってことで、IOCとかの総会で挨拶に行ったり。

(皇太子さんは娘関係のママ友さんたちに愛想を振りまき、ボート漕いでさしあげてお遊び)。

久子さんのご長女のビッチ・オブ・皇族。承子ビッチお嬢様は、お一人でどこやらの国(雅子さんの好きでない、白い人の国でない国)へ公務で出かけられ、相手国の方とフレンドリーに会話されたり、しっかり手を合わせて祈られたり。

一人で行けるだけ、相手と話ができるだけ、相手国の方式で祈れるだけ東宮妃より「マシ」とかの評価を受けられている。第四夫人にしてもらったら、とかも言われつつ。

(雅子さんは夫殿下に子やママ友をまかせて自分は引っ込んでいて)

承さんはせい病、らん交、など、ご自分でつづられたブログでの悪評、無かったがごときガハハ笑いで、明るい。無茶に明るい。

高円承子ビッチは皇族のお一人で、女王、というのが称号だとか。

過去の過ちと言えば言えるであろう、この女王さまの、留学中のご自身のブログ。宮内庁からも(言いようが無いので)文句はついていない「ご真筆」。笑。少しご紹介します、お下品が苦手な方には苦いかも。

 >>つぐ。女・・・だと思うけど(笑)
 2★現在、恋人または好きな人いますか?
   彼氏は先週別れたょ。好きな人は・・・好きにならないように頑張ってる。友達でいたい気もするし。
自己紹介
イギリスに留学中のヒップホップダンサーです。最近ネコっぽいってよく言われる笑。
一年間外人とかと恋愛したすえに自分は日本人好きだったことに気づきました・・・
なんでイギリス来ちゃったんだろう笑。

あーあ。 2006-03-19 03:35:43
 やっちゃった、久々の成り行きってやつ(笑)
 いいんだけどね、めっちゃ楽しい夜だったけどね、けど布団が他人のにおいなのがやだぁ~自業自得ですが。。。
 昨日のパーティーは最近マジでman eater化してて男を片っ端から選ばず喰ってるとある友達に呆れたけど、基本は楽しかった♪
 知らない人といっぱい知り合えてよかった×②。けど寝すぎなんだかなんだか、ハイパーです。

やば・・・。 2006-04-04 21:15:13
 バカみたい。ちょー後悔。病気うつされてたらどぉしよう・・・。マジで神様に祈るしかないです。日本が恋しい。日本に帰りたい。。。
 髪に赤メッシュ入れたんだぁ。さりげないからけっこうお気に入り。だめだ、my life is so fucked up・・・

「昨日はねー、アジアン(ってか日本人と中国人)でめっちゃ騒いだ。王様ゲームやったけどエロ系一切なし(カップルがいた為。)でつまんなかった」(05年10月24日の日記)
「好きな人がゲイ…。終わってる」(06年1月20日の日記)
「私も親さえ良いなら胸にヤモリの刺青入れたいんだけどなぁ~…間違いなく縁切られますからね(笑)」(06年8月1日の日記)
「タイプ→カッコ可愛い年下」(ケータイ版プロフィール)
「彼氏→三角関係(むしろ四角関係)のすえ泥沼化して終わった。ビバ波乱万丈(嘘)」(ケータイ版プロフィール)


いいたかないけど、留学費用は「税金」。

お母さまもご本人も、この過去は無かったがごとき今は無視ぶり。それしかないしね。んだんだ。

皇族であれば、神道の方です。よね。

でもお母さまは「そうか」なの。

・・・お母さまは、IOCの総会で、どんな挨拶をされるのでしょう。戦後の皇族で初めてだそうですが、これで、皇族があれこれの行事イベントに関わって行く先鞭がつくことになるのかな。

東宮ちゃんも、そうかな。

水のフォーラムとかで、韓国の仁川(インチョン)へも行く、他の用が作られて中国へも行く。

語学に堪能であられないのは救いになるのかしら。

すべてに通訳がつくとして。

通訳の人選には厳格を期して、たとえナルちゃんが(2015年に皇太子として仁川へ行く、として)不穏なこと、言うてはならんことを口からポロンと、あるいは溢れるように出したとて、表情筋いっさい動かすことなく、日本人の日本語としての内容に脳内変換、脳内同時通・・変訳して下さる人を、と、願うしか道は無いか。

(ナル)ああ、慰安婦問題は日本の罪、お詫びして賠償保障、終生続けます。

(ナル)竹も尖閣も、島は、あなた方の主張する通りのもの、どうぞどうぞ、日本は喜んで手を離しますよ。


・・・って、そのまま伝えてしまう人でなく。これらを、変訳して欲しい、少なくともそうして欲しい。一番いいのは、皇太子として仁川へなど、行かないこと。

秋の宮様なら、こんなアホらしいこと、考えなくてもいいのですね。

普通に、しっかり、きっちり、して下さると安心できて・・・。

書き出しの引用分の主はまた、こうも書いておられます。

王(女王)は、一瞬といえども途絶えることがない。(略)逝去されたその瞬間に、エリザベス2世が即位された。

一瞬といえども途絶えることがない、というのは、わが2600年の皇室も同じ。

一寸先は闇。

朝の紅顔、ゆうべの白骨。

不敬ながら、今上陛下にその時がおとずれた瞬間に、ナルマサは即位。

先日、おみ足も痛い、首も方も痛い、おいたわしい、と、勝手にお案じ申し上げていた皇后陛下が、たたたたたっとダッシュされてボールを追い、追いつかなかったがつんのめりもせず止まって笑顔になられた動画を拝見してあたしは、まだ大丈夫だ、と実感した。

まだ大丈夫だが、あの愚愚夫婦に禍禍しい何かが起こって、が先か、守られておられる(はずの)両陛下が「WIN」なのか、と、次々に???は沸き起こり、尽きない。

高円久子がしゃしゃることに、両陛下は、皇族としてのこれまでに鑑みて案じつつも、どうすることも出来ないでおられるのが現実のご様子。


どうなるか。

皇室のことなんか知らん、どうでもいい、と思えれば、楽なのかなあ・・・誰にも頼まれてなんかいないんだ・・・。

東宮ご一家はまだ、帰京されたとのお知らせは聞かず。

学習院では、初等科長の「三浦先生」が、雅子・愛子さんたちに、ぶっちゃけ、甘すぎ、ひいき、だとの父母会の声が大きくなっていて(当然だよね)紛糾している、とかとも聞く。

学習院って、子どもの頃の私にはある意味、特別の学校だった。

遠縁の子どもがそこへ行っていて、たった一つちがいの子で、ホントに「ごきげんよう」とか言うようになってて、母がその子を、さすがお行儀が、とか、私の前で褒めるのがイヤだった。

・・・そーゆー、つまらん気持ちを向けた過去もあり。

今は幸せだから、そんな気持ちはありません。

藍色さん。

>>日本に、これだけ韓国寄りの政治家・官僚が揃っていながら、今まで誰も天皇皇后両陛下を韓国に訪問させようとしなかったのは、韓国が未だ「休戦中」の国だからだ、と聞いたことがあります。
まさか、そこまではやらかせないのだと。
言われてみれば、その通りで、いつ何どき何が起こるか分からない危険な国に、天皇皇后両陛下を行かせるわけにはいかない、と私もそう思います。

で、ナルちゃんなら、いいんですかね。身に危険が及ぶようなことがあっても。
一応この方、皇太子殿下なんですが。<<

そうそう、とほほ、一応、皇太子様なんですよね。

お優しいですね。ナルさんがかわいそうになった、などと。それもわかる私・・・。

あの方個人がどうでも、別にいちいち、こと立てる気は無いですが、お立場が。

おっしゃるように、静かに、プライドを損なわない方法があるなら、別の、ご家族大切のお暮らしをされるのが・・・という思いです。

大して難しいことでもなかろうとも考えるのですが。

それから、昨日は、無茶苦茶なことをふってしまってすみませんでした。

あの腕は、どなたかの腕ですよね。

ほんとに、おかしなことを申し上げて、すみませんでした。お許し下さい。

うさのうさみみさん。

>>皇室は「不偏不党」
特に天皇には「私」がなく、その跡取りたる自分ももちろん例外ではない
その前には、安っぽい人権だのプライベートだのは入り込む余地などない

どこかの宗教の集会に出るなど、国益を損じかねない中共の要人との付き合いなどもってのほか
ちょっと正常な判断力があればわかってるはずのこと

訪韓なんて言語道断、皇太子ならわかるはず
でも交代しさんにはわかりません <<

そうなんですよね、この通りですね。

大切に育てられて、うまく行けば、たてまえの人、すっきりと、なんとか皇太子様として行けた・・・しっかりしたお妃さまを迎えられれば大丈夫、と仰った浜尾実さんのお言葉が痛いですね。

でもナルさんは、彼の目には「華やかで見栄えがして語学堪能、ばっちばちにイケてる」女性と見えた雅子さんが、よかった。恋愛結婚を許す・・現代にはそぐわない言い方ですが・・・って、こういう問題をはらむのですね。

京都なんかの、お茶なんかの、そんな感じのお家の跡取りさん、なんかのところでは、奥さんはいいとこからもらって床の間に飾っておいて、その他はそこはそれ、って、わかって下さいますよね、そーゆー法則が、未だに機能しているようです。

でも天皇家は、神官のお家なのですよね・・・ぎおん、なんてとこへ、夜半こっそり、ってわけには行かず・・・。

お返事遅れてすみませんでした。

また。




スポンサーサイト






 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・