FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. ノンタイトル
  2. tb: 0
  3. cm: 3
  4. [ edit ]

うげげ。動くな、じっとしていろ。

2013-08-28 11:17:48皇太子ご夫妻が来県へ 22日、郡山などで避難住民を激励
http://www.minyu-net.com/news/topic/130828/topic1.html

 皇太子ご夫妻は9月22日に本県を訪れ、東京電力福島第1原発事故に伴う避難住民が暮らす郡山市などを視察される方向で宮内庁が調整に入った。関係者への取材で27日、分かった。
 訪問先は双葉郡からの避難住民がいる郡山市の仮設住宅など数カ所について検討され、ご夫妻は日帰りで避難住民の見舞いなどをされる見通し。
 皇太子ご夫妻の来県が実現すれば、2011(平成23)年7月に郡山市を訪れ、仮設住宅の住民らを励まされて以来、約2年ぶり。
(2013年8月28日 福島民友トピックス)

うげげ。

そうなのか!。激励?。

この後は、後に書かせていただきたいです。

続きです。失礼いたしました。

ふざけるな東宮夫婦。

慰問とか激励とか、その言葉の先にはまず、被害に遭われた方々の存在というものが重いはずで、それ関係なく、行かないとヤバいとか、行って辻褄合わせるとか、だけでそういうことを、するのは、止めたがいいと思う。

いや。止めろ。じっとしてろ。動くな。

ふざけるな。

公務をしなくちゃ。ボクハトモカク、マサコがワルクチいわれるから。

・・・あまりにも貧しい行動原理。世の中は、わけのわからんどうでもいい、自分らは身分高いと思い込んでいるバカたち=ナルヒト・マサコ=のためにあるのではない。不遜です。

不遜、なんて日本語、知らんやろ。恥、も知らんやろ。

ご不自由は無いですか、なんぞと阿呆な言葉を口からにゅるにゅる出して、にへらのへらと表情筋だらしなく緩め、赤ベコみたいに首振るために、行くのか、地震だけではない、原発事故で何もかもぐっちゃぐちゃになってしまった方々の前に、飽食鯨飲自堕落な生活に蝕まれて、皇室の人らしい気品どころではない下卑た表情を貼り付かせた情けない自業自得に醜悪な顔、二つ並べて、数分間ご訪問してあげるために。

被災地訪問は、免罪符ですか。日帰りで行けば、その他の日々の穢れが、消えるとでも思うてか。

「ご静養中」の今でさえ、聞けば、どことかのロープウェーにあの一家が乗るために、また一般客を足止めしたとか。

前後一時間は待機、みたいになったのか?。また? 遊ぶために? 。

皇太子はまた、ゴセーヨーを中抜けして東京へ帰り(警備ばんばん税金漏れ漏れ)、どこへ行って何したか、知ってたけど忘れた、とにかく以前からの「ご予定」を、うんこらしょ、とこなすため、ヨレヨレ皺ずぼんをはいて「ご公務」いっちょうやっつけて、再び那須へ。どこかに「茄子のヘタ頭」とか書いてあって、思わず「うまい!」と。

皇太子は公務を「している」と言う人いるが、あんな仕事のしようの人間は「要らん」でしょう。

公務って、やっつけるものなの。東宮家に於かれましては。

遊ばなくちゃならんから、してあげるものなのね、で、福島、岩手へも、ちょこっと、日帰りで、行ってあげてみる。

また写真撮らせて(代表撮影、見せていいとこだけ見せるために。誰にって・・・国民の皆様に、だよね)、公務した、してあげた、ボクたちエライ、ってか。


怒っていたら、こんなことまで思い出してしまいました。

三笠宮百合子さまが骨折してご入院と。大ごとになられないといいですが、さすが上品だとか、お帽子のかぶり方がどうだとか。急に書いてあるのにびっくり。

百合子さまはどうだか、三笠宮さまは「おねだり」さま。先に亡くなった長男殿下も、正々堂々たる、あっけらかんとした「おねだり様」だった。感性が違うから仕方がないのかも。

お子は多いし戦争でまわりの状況が変わってしまわれたし、と。お金も必要だったのでしょう。

それはいいとして、雅子さんを「いい」としない人が、いきなり三笠宮さまを「いい」みたいに言うのが、どうにも。

赤い宮様、とか・・・昔のこと、だったのでしょうか。まあ、そちらのことは「いい」です。


天皇皇后両陛下が、26日、27日に、テニスを楽しまれたという話にもびっくり。

どちらか一日は、思い出のテニスコート、軽井沢で。

一時間くらい、ペアで励まれたとか。

・・・わたし、皇后さまは、頚腕のお病気で、慢性で痛くて、しかし「限りある身の力試さん」とばかり、うすらと厚顔の長男夫婦に、皇族としての在り方を黙して示されんとして、頑張っておられるのだと、勘違いしていました。

不敬ながらおいたわしいとか、見ていました。

ふううん。

名だたる避暑地、いくらかは涼しくなっている環境と言え、一時間もテニスできるなんて、とってもすばらしい、ナイスご体調。

何をお考えなのか、何もお考えでないのか、シモジモにはしょせんわからずて当然、なのか。

ふううううううん、と、感じ入りました。

別に、何を、申し上げることなんか、無いです。

お互い様じゃん。

同じじゃん。

つまり。

ちがう?。


コメントをありがとうございます。

瓶子さん。

全く知らなかったことを教えていただき、ありがとうございます。

>>>後に残ったのは 立派な宮殿と 沢山の宝物だけでした

それが 長い長い戦争の世紀の始まりでした

「東の国」は「エスタライヒ」といいます
英語読みで「オーストリア」といいます

さて 大東亜の 日いずる国はどうなるのでしょうか<<<

ぞくっとしましたのです。

>>そこにはただ風が吹いているだけ<<<

そんな、若い頃のフォークソングの一節が浮かんで。

オーストリアの、暗殺された皇太子とその妃。お妃は、嫌われていたのですか。

・・・本当に、ゾクリとしたのです。

歴史はくりかえ・・・いや、不吉な文言は置きますまい。人間の思いの及ばぬことが、今より先に、不意に、ふと、起こることがある。

起きることも、ある。

それはもう、誰にも、どうすることもできない・・・のでしょう、とか、言ってしまっていいのでしょうか・・・。

腐った果実は、勝手に自然に、樹から落ちる。

ぶるぶる。あんゆ(暗喩)なんぞも、アタマに浮かんでしまいました・・・。

また教えて下さい。本当に。お願いします。


すけみちさん。

>>>皇室のことを知ろうとすることが「不敬」と感じるひとが未だに多いこと。皇室は絶対に「善き人々」と思い込んでいるひとも多いです。長い歴史のなかで「変わり玉」も出るのでは?と説明すると納得するようです。尊崇されるのはノブリス・オブリージェがある徳のある皇位だけです。あんなドブネズミ夫婦が「いまさら」焦りを感じてどう動こうが、すでに時機遅し。何をするのも「ポーズ」だけ。する「ふり」だけ。しているように「見せる」だけ。そして、今までは体調が良くなかったが、少しづつ努力しているから次期天皇には私たちしかいないのよと言いたげ。東北人はノーと言わないだけ。はっきり断るのは「誰に対しても」失礼かな?と思うからです。べつにドブネズミ夫婦だから受けるのではないですよ。S学会員以外はね!ひとりでも多くの普通の心ある日本人が声を出して意思表示をし続けることです。それが一番のネズミ駆除剤になりますから。政府も宮内庁も総理も天皇両陛下も皇室会議も「何も」してくれないと私は考えています。なぜなら、国民なんてどうでもいいから。平民に関係ないでしょ。と思っているはず。ただ、これからも今まで同様に「お気楽に」飲み食いできればそれでいいのですから。何よりも決定権が国民には無いと思っているから不遜なのですよ。知ったようなことをいう評論家や皇室ジャーナリストなんてネズミに擦り寄るゴキブリみたいなもの。<<<

恥知らずのどぶねずみ夫婦にめっちゃ腹を立てている最中、すけみちさんの怒涛のお怒りを拝読し、そうだそうだと共に怒りつつ、申し訳なくも、笑ってしまった私をお許しください。

あまりにもストレート、その通りのど直球で。涙の滲む畏敬の笑いだと思います。

ノブレス・オブリージュってきっと、こういうことですね、きっと。

旧・華族さまがたが、一人でも多く、すけみちさんの思いを受け止めて解って下さいますよう、祈りたい気持ちです。本物の日本人の多いからんことを。

国内でうにゃうにゃ、百年の不作妻のお供をしてあほう面さらしているだけならともかく(それもトモカク、ぢゃないが)、こんな甘っちょろい世間知らずの苦労知らず、一口で食うちゃるわい、と、舌なめずりして狙っている↓

「2013年8月26日、国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長がソウルの韓国外交部で記者会見した際、「正しい歴史(認識)が良好な国家関係を維持する」「日本の政治指導者は深い省察をもって国際的視野に立った未来像を描く必要がある」と、平和憲法改正の動きを見せる安倍政権を批判するような発言をした。潘事務総長は韓国出身であり、自国政府の立場に同調したかたちとなるが、これは国連事務総長の発言としては異例だ。中立性を欠く行為として問題視される可能性もある。」

(可能性もある、じゃないです、問題です大問題)このようなヤカラとオトモダチ気分になったりして、あげあげされてニタニタして何言われてもウイウイ謝謝感謝ハムニダとか、握手しちゃったりオーケーしちゃったりする危険性極特大の日本一の危険分子。

苦無庁?、東宮職?どっちかしりませんが、今年の冬のボーナスの腹積もりなんか今からしてないで、危険分子がふうらふうらとおかしな何かに引っかかりに行ったりしないように、せめて見張っていていただきたいものです。

何もしない・・・なら、させないように、見ていて欲しい。






















スポンサーサイト





  1. 2013.08.28 (水) 19:17
  2. URL
  3. すけみち
  4. [ edit ]

ポーズ。ポーズ。ネズミがふと止まるみたいなもの

KUONさま
先日の<どうすればいいのか....>ですが、やはり私たち「心ある」真面目な日本人が声を出し続けるしかないと思うのです。きょうも私は知り合いの旧華族の方へ仔細をメールしました。彼は「まさか、そんなことになっているとは....」と絶句の様子でした。もう、あまり時間がないのでいささか子供じみていますが、できるだけ多くの機会を捉えて伝えるようにしています。皇室のことを知ろうとすることが「不敬」と感じるひとが未だに多いこと。皇室は絶対に「善き人々」と思い込んでいるひとも多いです。長い歴史のなかで「変わり玉」も出るのでは?と説明すると納得するようです。尊崇されるのはオブリス・ノブリージェがある徳のある皇位だけです。あんなドブネズミ夫婦が「いまさら」焦りを感じてどう動こうが、すでに時機遅し。何をするのも「ポーズ」だけ。する「ふり」だけ。しているように「見せる」だけ。そして、今までは体調が良くなかったが、少しづつ努力しているから次期天皇には私たちしかいないのよと言いたげ。東北人はノーと言わないだけ。はっきり断るのは「誰に対しても」失礼かな?と思うからです。べつにドブネズミ夫婦だから受けるのではないですよ。S学会員以外はね!ひとりでも多くの普通の心ある日本人が声を出して意思表示をし続けることです。それが一番のネズミ駆除剤になりますから。政府も宮内庁も総理も天皇両陛下も皇室会議も「何も」してくれないと私は考えています。なぜなら、国民なんてどうでもいいから。平民に関係ないでしょ。と思っているはず。ただ、これからも今まで同様に「お気楽に」飲み食いできればそれでいいのですから。何よりも決定権が国民には無いと思っているから不遜なのですよ。知ったようなことをいう評論家や皇室ジャーナリストなんてネズミに擦り寄るゴキブリみたいなもの。皇室が必要で、日本が好きで、安寧にこの国が続いていて欲しいと願うKUONさまをはじめ多くの方々のほうが余程純粋でまっすぐな光だと思います。私は資料を読み、整理する才能もないので、せめて人脈を使って多くの方に伝聞します。
  1. 2013.08.29 (木) 05:17
  2. URL
  3. アラ50
  4. [ edit ]

爆笑ふたたび。

うすらと厚顔…

うすらと厚顔…

だーっはっはっ!!
サイコーッッ!!


厚顔無恥無知むっちむち夫人ですもんね。


動けば莫大な金が無駄にかかり、善良なるしもじもがうんと振り回されますが

「ボクうすらでしょ♪」
「アタクシ厚顔ですのよ♪」

と醜態さらすわけですからね。

それもまたありかと。
  1. 2013.08.29 (木) 10:27
  2. URL
  3. うさのうさみみ
  4. [ edit ]

文春・・・?

新聞広告だけしか見てないので、内容を読んだらやっぱり「雅子さんあげ~」かも知れませんが
文春が交代しさんのこの前のなんちゃって公務を批判してるようです

あんたどうしたん?
トモノーとか使って交代しマンセー、雅子さんあげあげ記事ばかり載せてたくせに
ジャーナリストの良心が目覚めた?
違うか、まるで北の亡国じゃないや、某国のような盲目的マンセー記事では売れないことに気付いたのね?  図星だろ!

まあこんな声もほっとけないことになったのなら、それはそれで良し
期待せずにこれからも広告はチェックして、立ち読みしてやろうかな^^;

シャンプーさんが「よもつへぐい」って
あー、知ってますこの言葉
記憶の端にひっかかってました
まさに、交代しさん達のなさりよう
黄泉の国はどんなところでしょうか・・・
最高位の神官さんの長男なら小さい時から教えてもらったでしょう?
静かだけど怖ろしい、暗くてよもつシコメとやらもいて、交代しさん行くの?

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・