FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 悲しいこと
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

漏れなく失笑がついて来ます。

BBさんのブログから。意を尽くされての記事をコマ切れにするのは失礼と承知ですが、すべて引用したいが難しいので、と言い訳しながら引かせていただきます。

この色の文字がBBさんです。

皇室支持者自体を分断するとか賢しら気なことをいう人はいますが、今や東宮支持者である人々は、無自覚ながら皇室瓦解者であり日本毀損者たちです。愚かすぎます。

こういうことです。
皇室は大事。日本には必然として、必要な存在。
しかし、その大本が腐ったら、日本の基幹であるゆえにこそ
日本自体が腐敗する、のです。
日本を守るべき皇室が、突き崩しの牙城になりつつあるぞ、ということなのです。

なぜ、皇室を守らねばならないか。
日本を守ってくれる存在だからだ。
しかし守ってくれるどころか、破壊する存在になりつつあるなら
破壊要素は取り除かねばなりません。


・雅子妃の父親 小和田恒氏の反日思想

・皇太子と中共との接点

・反日・韓国元首相と親密な皇太子  

・小和田恒氏と東京裁判

・ 雅子妃と皇太子を覆う、小和田恒氏の日本毀損史観

・「朝鮮半島と日本は結びつきが強い」皇太子発言

・・・などの過去のご自身の記事を再掲されています。どうぞ、BBさんのところですべて、お読み下さいと申し上げたい。

皇太子が親しく接触した潘基文(パン・ギムン)は、極めつけの超反日です。同じ時に会った韓昇洙(ハンスンス)と共に。極めつけの反日韓国人VIPがなぜ親しげに近づいてくるのか、それもお考えではないのでしょ

本論に入ります。

皇太子とその岳父小和田恒氏と親密な国連事務総長・潘基文がまた反日発言。http://www.hokkaido-np.co.jp/news/international/487776.html

国連事務総長、日本に異例の注文 「歴史顧みることが必要」(08/26 )

【ソウル共同】韓国を訪問中の国連の潘基文事務総長は26日、ソウルの韓国外務省で記者会見し、歴史認識問題をめぐり日本と中韓との対立が深刻化していることについて「日本政府と政治指導者は自らを深く顧みて、国際的な未来を見通すビジョンを持つことが必要だ」

と述べ、日本政府に注文を付けた。

具体的な点には言及しなかったが「侵略の定義は定まっていない」とした安倍晋三首相の発言などを念頭に置いているとみられる。国家間が対立する問題で、国連事務総長が一方の態度に問題があるとの認識を強い表現で示すのは異例だ。

・・・・・・・・・・・・・・・転載ここまで

日本政府への批判は、それ以上に言外に「過去の天皇」に向かっていると受け取るべきでしょう。
こういう反日と親密に交流を持つ皇太子とその岳父、小和田恒氏。

幾多ある潘基文の反日行為の一例。

http://www.youtube.com/watch?v=pYtsgvEtmSg
【韓国】潘基文 国連内で「反日ビラ」ばら撒き

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120920-OYT1T00448.htm

>潘基文 ( パンギムン )事務総長は19日の記者会見で、沖縄県・尖閣諸島や島根県・竹島を巡る日本と中国、韓国の対立について、「(東アジア)域内の緊張の高まりに憂慮を強めている」と語った

潘基文事務総長は、自身の事務総長再任を支持してくれた中共と、韓国に対しては見事に何も言いません。日本政府の尖閣諸島国有化による日中関係の悪化について、「双方の指導者が平和的に対話で解決することを願う」と発言。


わたしKUON、な~んにも考えないで人生の大方を来たのだなあ、と、遠い目になる今日この頃。

なんとなく、親中、親韓気分でもあった五十代、の終わりまで・・・。近くの国とは仲良くって、いいじゃん、ってな感じだった気がする。そーゆー日本人、多かったとも思う、と、自己を正当化もして。

しかし、そんなゆる~い人生の終わり近く、ふと目覚めて見ればエライことに。一種の浦島太郎現象か。

大変なことになっていた。実感です。

以下、再びBBさんです。

日系企業への放火・破壊・略奪や、日本人への暴行、中共での過激な反日デモはお目こぼし。国連事務総長の立場にある者の姿勢ではありません。露骨なまでの反日者としての立ち位置にあります。国連自体が基本、反日なので、このような偏った事務総長を置いています。
なぜ、わざわざ弱小国の人物を事務総長に選ぶのですか。


EUのファンロンパイ大統領とヨーロッパ委員会のバローゾ委員長は、温家宝首相にじきじき、中共での反日デモに懸念を表明したというのに、この反日国連事務総長は中国と韓国が何をしても無言で、一方的に日本を叩きます。

こういう男がなぜ、皇太子とその義父小和田恒氏と親しく交わるのか、普通の頭脳を持つ日本人なら、もうそろそろ現実を直視しないと、本当に日本が危ういです。

過去記事にそれぞれ詳しく述べてありますが、皇太子の天安門大殺戮に関係した中共要人への接近、反日国連事務総長、反日韓国元首相との接触は本当に危険です。
この事自体は、分かるでしょう?
反日国のVIPが「友好」と「親日」目的で次期天皇に近づきますか?

皇太子の一連の危うげな動きには外務省が噛んでいて、その外務省に未だ隠然たる力を持っているのが皇太子の義父(本来この呼称はふさわしくないが、あたかも入婿状態で密着しているので皮肉)の、小和田恒氏です。

いや、現在のなんとも歯がゆい中韓にヘタレの外務省の基礎を作り上げてきたのが、小和田恒氏です。図抜けた秀才ですが、心根は腐っています。
東京裁判肯定者にして、天皇陛下の戦争責任あり論者にして、日本は中韓に酷いことをしたので、何も言う資格はなく、ただ黙って金を差し出せ、というのが小和田恒氏の「日本ハンディキャップ論」であり、「ひざまずき外交」として愛国の士からは、侮蔑と厳しい批判を浴びる点です。日本側にメリット皆無の日韓合同ワールド・カップの推進者でもあった、国賊的立ち位置の方です。
竹島が提訴される可能性のあるハーグの裁判所に反日小和田氏が居座っているとは、
何の悪い冗談なのでしょうか。それとも、これも仕組まれたことか。ハーグは、娘の入内をステップアップの石として使ったとも言われています。
こんな思想の人物の娘を入内させたことじたいが、大失態なのです。
加えて母方はといえば昭和最大の企業犯罪チッソに連なる家。敢えて主語は省きます。しかし大失態の第一人者は皇太子です。
ご自分の欲望を、立場より優先して妃を選んで、今のていたらくです。
日本を足蹴になさるおつもりか!・・・・と責めたいところ、しかしおそらくは、ニコニコと無自覚でいらっしゃるのでしょう。


皇太子の、国連絡みでの一連の動きを見ていると、影の操作人の顔がどうしても、ある一つの可能性として浮かんでこざるを得ません。
雅子妃の皇室を皇室とも、天皇を天皇とも思わぬ、神社や神事をないがしろにされる有り様、反日組織である国連大学へのひんぱんなお出ましは、明らかに実父の影響下にあるでしょう。


竹島に韓国首相として初めて不法上陸、韓国領であるという標石を設置したのが、皇太子がNYで親しく交わり、会食を共にした韓昇洙(ハンスンス)です。

http://www.asahi.com/national/update/0308/TKY201303080359.html
 米ニューヨークを訪問していた皇太子さまは8日、全日空機で帰国した。6日に国連本部で開かれた「水と災害に関する特別会合」に出席。東日本大震災など日本の震災をテーマに基調講演し、世界の水問題研究者らと交流を深めた。
 特別会合の提唱者の1人、韓国の韓昇洙(ハンスンス)元首相は6日、朝日新聞の取材に応じ、皇太子さまの講演を「震災の歴史を踏まえた内容で、多くの聴衆に強い印象を与えた」と評価。「水のエキスパートとして今後も活躍していただきたい」と話した。 ←「日王」と天皇を「蔑称」で蔑み、足蹴にするような韓国反日要人が、この持ち上げぶり。
再び接触する気満々。水に関するイベントは、近い将来韓国で催される。

「水のエキスパートとして今後も活躍していただきたい」 ⇒これには裏工作の魂胆があります。後述。

そもそも、李明博大統領の竹島不法入国と、「天皇は土下座して謝るなら来い」発言の基礎を敷いたのは、韓昇洙(ハンスンス)です。

極めつけの反日二人がなぜ皇太子殿下にニコニコと近づいているのか、皇太子殿下に判断能力は残念ながらありません。構えが脆弱なところへ、小和田恒氏による自虐史観が刷り込まれ、更に反日国連要人であるパン・ギムンとハン・ハンスに近づけられ、訪韓更には訪中へ、謝罪旅行の布石が着々と打たれていると見るべきでしょう。

ハン・スンス元首相は「天皇謝罪訪韓」実現の推進者です。
パン・ギムンは、むろん協力者です。

危険  2015年 「水フォーラム」が韓国で開催されます。

そして、

なぜか、

◆2012年、皇太子の名誉総裁任期が2015年末まで延期される

◆ 世界水フォーラム、2015年開催地韓国決定!← 今ここ

皇太子の総裁任期延長は、水フォーラムを口実に皇太子を呼び寄せ、天皇になってからの
訪韓をスムーズにするための地ならしです。 

http://www.asahi.com/national/update/0308/TKY201303080359.html
米ニューヨークを訪問していた皇太子さまは8日、全日空機で帰国した。6日に国連本部で開かれた「水と災害に関する特別会合」に出席。東日本大震災など日本の震災をテーマに基調講演し、世界の水問題研究者らと交流を深めた。
特別会合の提唱者の1人、韓国の韓昇洙(ハンスンス)元首相は6日、朝日新聞の取材に応じ、皇太子さまの講演を「震災の歴史を踏まえた内容で、多くの聴衆に強い印象を与えた」と評価。「水のエキスパートとして今後も活躍していただきたい」と話した。
http://www.47news.jp/CN/200807/CN2008072901000556.html
【ソウル29日共同】日韓が領有権を主張する竹島(韓国名・独島)を訪問した韓国の韓昇洙首相は29日、同島が韓国領であることを示すための標石をヘリコプター発着場に設置した。
韓国政府によると、標石は縦22センチ、横32センチで「東海のわが領土 独島」と記され、韓首相の名前も刻まれている。
首相は同行した柳仁村文化体育観光相や鄭鍾煥国土海洋相らとともに標石の設置式を行ったほか、同島の警備隊員らを激励した。
聯合ニュースによると、韓首相は隊員らに対し、今回の訪問を契機に「独島は韓国の領土」と世界に認識させようと表明。領有権を守るため「断固とした対処」を強調する一方で、「長期的な視野に立ち、理性的、戦略的に対応していかねばならない」と語った。
2008/07/29 21:12 【共同通信】

皇太子殿下には皮肉ではなく、「竹島はどこの国の領土であるのか」「強制された従軍慰安婦は存在したのか」真面目にお尋ねしてみたいと思います。

竹島には、韓昇洙(ハンスンス)の名前を刻印した標石がハンスンス自身の手で設置されているのだが、ご存知でお会いになられたのか。そのような人物と親しく会って、食事まで共になさることは日本国の将来の「日王」が竹島が韓国領であることを認めたに等しいのですが、ご自覚でしょうか?


ハン・スンス首相は独島警備隊とともに昼食を取った席で、韓は「独島は歴史的、地理的、国際法的にわれわれの地であり領土」だと強く述べた。独島は鬱陵島の子島であり、誰が何と言おうとわれわれの息子だと強調し「最近は隣国が独島を自分の領土だと言っているが、戸籍を調べれば独島はわれわれの子だということが分かる。他国が独島の血縁についてあれこれ言うことがないようにする必要がある」と主張した。

こういう人物がなぜ、ニコニコと皇太子に手を差し伸べて会うのか、普通の頭脳の持ち主なら、解るでしょうに。日王の息子が、ニコニコ笑いながら握手している写真が韓国に流れただけで、まずいのです。

ご自分がお会いになった中共の要人が、天安門大虐殺の首謀者側であったという認識はおありで、接触されたのかどうか。普通の頭脳があれば、お解りのはずですが。

会見で、「雅子の人格否定」「キャリア否定」「新しい形の皇室」などと、およそそれまでの皇太子の語彙にはない言葉をまき散らしてのご発言は国民を仰天させましたが、要は雅子さま発発言であり、その背後にはたっぷりと左翼史観の小和田恒氏が控えているという構図です。
国民も、もう見抜きませんか。


皇太子はいともたやすく、人の操り人形になれるタイプのお方です。
ご自身の言葉を創り出し、それを長期に堅持する能力と主体性に
お欠けになっているようです。

操る主体が、中国と韓国になったら、日本を壊します。

池田氏のカルト教も、皇室と天皇を、日本支配のための傀儡にすることを目的としています。



ここにある文章を読むだけで、中国による皇太子の取り込み姿勢が明らかに読み取れます。中国は皇太子を中国に呼びつけたいのです。

いろいろ、関係者は言い訳していますが、明らかに政治的に仕組まれた出来事ですね。
それに、やすやすと乗る皇太子殿下。しかしこの「堤氏」とやらは何者なのか。「政治的意図は余り感じませんでした」。「あまり」というのは、少しは感じたということなのか。
学習院大学で人民解放軍のオペラを上演することじたいが「政治的意図」満載であろうに、そこに習近平の奥方がいて、皇太子と隣り合わせに座らされて政治的意図がない?
この堤氏、大馬鹿か売国の徒、いずれかです。

そして、相変わらず「報道自粛」という名の報道管制をする宮内庁。もし報道したら今後協力しないぞという恫喝が言外にあるのでしょう。

半島と支那勢力は、今後ますますあの手この手で皇太子を包囲して行きます。
危機的状況なので、歯に衣着せず言わせていただきます。ガードすべき宮内庁は創価勢力が入り込み、第一長官がノーパンしゃぶしゃぶ学会系、外務省は小和田恒氏が創りあげた中韓ヘタレ体質に加えて、池田大作氏が長期を見据えて放った手下(てか)が大勢。
そして、皇太子ご本人は外務省自虐史観の権化小和田恒氏が義父、同じく小和田思想の影響下に育った雅子さまが妃。

・・・・・これでもまだ気づかぬか!と、また今日もるる述べたのだけれど。
さても、愚民の多さよ。

付記 

皇室典範


   第一章 皇位継承

第三条  皇嗣に、精神若しくは身体の不治の重患があり、又は重大な事故があるときは、皇室会議の議により、前条に定める順序に従つて、皇位継承の順序を変えることができる。


・・・・・・

ことここに及んでは、あのこと、このこと、皇室典範の皇位継承に関する条文は、
もはや「解釈」の域になって来たとも思われます。携わる人間がどれほど、現状を
把握、いかほど腹をくくって事に臨むかにかかっているでしょう。

【追記】東宮夫妻の天皇皇后即位を喜ぶのは、韓国中国某カルト(これも韓国北朝鮮)ですが、したがって東宮夫妻擁護者の群れには、相当数韓国人工作員が紛れ込んでいるのでは、と睨んでいます。



ありがとうございました。

私、日本が日本でなくなるのイヤです。

夏に仕入れた中古本に紛れていた林真理子の、週刊文春に掲載されていたエッセイをまとめた一冊を、入浴の友として読んでいたら、ある種の感慨が。2007年頃のものです。

この作家を嫌いではないが(ほとんど読んでいるし)、な~んか、どう形容すればいいか、何も知らないに等しくて本業では有名でそれなりの力を持つって害だなあと感じてしまいました。皇太子妃なんだから、ブランドのバッグくらいばんばんお買いになって、と、阿呆なマサコ擁護をしていたのは、この春の頃でしたか。

皇太子妃らしくない女性、皇太子妃・業を、まともにやってない自堕落遊民だから叩かれているんだ、さえ判らないのね、と思った。出自だの邪悪な背景だの知らなくても、何もしないで遊んでいる人、と思えば、刻苦勉励して来たハヤシマリコさんには・・・。

池坊のお嬢様を「ちゃん」づけして呼ぶハヤシマリコ、になっているから・・・なのかな。そうは思いたくない気もする。でも、池坊って、それもねえ。1200年っても。これも、ああ「そうか」か。

今、雅子さんを庇うと、漏れなく失笑がついて来ますよ。

失笑では無い、冷笑、いや・・・


コメントありがとうございます。

うさのうさみみさん。

>>この国ね、あと千年経っても本当の意味での先進国にはなれませんね <<

はは。現・大統領のパクおばちゃんが、千年の恨み、とか言うてましたね。

溺れる犬は叩け、という国だから、どれだけお世話になったか、なんて気持ちは頂けるはずもなく期待しませんが、どうしても超えられない国に嫉妬するのはともかく、身の周りの、助けを必要とする人々に、思いっきり冷淡に遇する。

身障者用のエレベーターに身障者の乗れない国、と知って、呆然です。

40年近い付き合いの親友の息子が、知恵おくれと身体あちこち障害のダブルスコアで(本人・談)、その方面のことは、少し知っています。店先につながれている犬が怖くて何時間も電柱に隠れていた、とか、視力がどの程度なのか、調べる術も無くて不明のまま、とか、聞かなければ想像つかないことも、知ってしまいました。

うさみみさんの仰る「千年経っても云々」。大丈夫だよ~ん。

その恐れは無い。

千年の後には、無いから。何が無いって・・・つまり、そこが、ですよ。国自体が。

皇室から、あれらが、早く、出て行ってくれますように! 。


まめさん。

>>生 を持つ全ての者
いつ、我が身に災いが来るかともわからない。<<

それ本当です。

有名なスフィンクスの謎のごとく。

人は、生まれた時はハイハイして四本の足。

二本の足で歩く時期があって。

老いれば杖をついて三本の足になる。

私自身、かつては階段を二段跳びに駆け上り、発車寸前の列車に飛び乗り、駅の幾つくらいは平気で歩いたり、背中に二女をおんぶし、寝てしまった長女を抱っこして、坂の上にある自宅まで帰った体の持ち主でした。

現在は、歩けなくはないが、まっすぐ、さっさとは行かない。信号は次の青まで待つし、混み合う時間は何につけ避けることができる身の上になっているし、茶会とかそちら系の場所に縁が無くなって、いっそ気楽に。慣れたので不都合はありません。用心深くなったので、多分、事故にも遭いにくいと思います。なんちゃって不自由人、の、お気軽なレベルでは、今のところ、ある。今後は、わかりません。

癌は怖くないが血管が詰まるのはこわい。

脳血管が、突然ブチ切れなくても。ある日足を切断するはめにならなくても。

たった五ミリの段差につまずいて転んでしまう年齢にも、必ずなる、ことを、その身になるまではわからない・・・。。

。。。少し不自由な感じの身になって思う、年とって時間がかかるようになって、でもとにかく気持ちは、とっても楽になったことを。

まめさん。

身近に、どなたか、おられるのでしょうか。

またコメント下さいね。

すけみちさん。

あのう、気づくのが遅くて、申し訳ないことでございました。お許し下さい・・・。

>>もうすっかり「水総裁として」取り込まれてしまっているでしょう。親子ぐるみですから、あちらは。こちらは子育て間違ってしまったから「お互い干渉しない」とか。もう、キリストの慈愛と許しではどうにもならないから、どうしてよいやら困っているのでしょう。後は政府と国民とやらが決めればいい。親子で「あとよろ」は失礼。正しくまじめに生きている日本人に対して。ドブネズミは不浄なところも居心地がいいから、国連事務総長に韓国のドブネズミを置いた時から、自分たちの過去の罪状には一切触れず日本だけをバッシングし続けることはわかっていたはず。世界が彼らのようなドブ好みではないことを日本人はみせる必要がありそうですね。苦無い町なんて何もしません。したくないから。自分たちの生活安定だけ、それだけ。国民なんてどうでもいいのですから。胸を張って言うでしょう、「私たちは公務員です。仕事をするだけです」と。(G会員は個人のものだから関係ないもんね、と)どうぞ、バカ夫婦さまが日本を汚水で流しませんように。毎日、毎日衷心より祈り上げております。日本はいい国です。<<

書いて下さっている通り、皇太子さんは、何をしでかすかわからない存在になっています。

もっと本物の「・・・」なら、要らんことも発語されないで、直截な言質をとられなくて済むのですが、中途半端であられ、しかも「僕は皇太子だよ、えらいんだよ」とか、思い込んでおられるご様子ですので始末が悪い。悪すぎる。

某所へ出向いて謝ったり約束したり、してしまっちゃったら、どうにもならぬ恐怖。

廃太子をお願いするより無いです、いてもいなくてもいい、何をしてもされなくてもいい、というような、悠長な場合ではない。

どうすればいいのでしょう。

苦無庁は不甲斐無い庁、今は政府に対して向かって行くしかないようです。

サハラ砂漠にミジンコの涙を落として行くような苦行ですけども・・・。

本当にじりじりします。











スポンサーサイト





  1. 2013.08.27 (火) 18:05
  2. URL
  3. 瓶子
  4. [ edit ]

半島の事件

今日の記事を読んでいて あることを思い出しました

昔 ある皇国の皇太子が 当時併合していた とある半島に 自国では評判の悪い嫁さんを連れて ある式典の帰りに立ち寄りました

そこで 反皇国的な半島人に嫁さんともども撃ち殺されました
その日は彼らの結婚記念日だったそうです

その皇国の名は 「東の国」という大帝国でした

それが原因で 今までに無い大きな戦争が起きて 何十万 何百万の人間が死にました
そして 皇室もなくなってしまいました

後に残ったのは 立派な宮殿と 沢山の宝物だけでした

それが 長い長い戦争の世紀の始まりでした

「東の国」は「エスタライヒ」といいます
英語読みで「オーストリア」といいます

さて 大東亜の 日いずる国はどうなるのでしょうか
  1. 2013.08.29 (木) 11:59
  2. URL
  3. うさのうさみみ
  4. [ edit ]

一事が万事

そうか瓶子さんのおっしゃる評判の悪い皇太子妃
バルカン半島は世界の火薬庫って習いましたね

貴賎結婚だったんでしょう?
王族が貴族でない人と結婚するのって20世紀初頭ではありえない出来事で
(確か貴族ではなかったですよね?)
いくら評判が悪いったって我が国の皇太子妃ほどひどくはなかったでしょうが

好いた惚れただけでお妃選んじゃだめね
聞いてる? 交代しさん、あんたのことよ

お妃選びだけじゃない、中韓に抱き込まれてしまって・・・
なんか、ほら映画にもなりました、大英帝国の「王冠を捨てた恋?」の王様
「英国王のスピーチ」で出てきたジョージ6世の兄ちゃんの王様
あの人、ヒトラーともつきあいがあってナチスがドーバーを越えてたら傀儡にされるところだった

日本の誰かさんにそっくりじゃないですか!
水が好き? なんでそんなに執着するの
誰も教えてやらなかったの?
まさか!「帝王学」習ったでしょう?

一事が万事、根っから愚かだったのね
浜尾侍従さん粉骨砕身で養育申し上げたナルちゃんは最初から・・・
浜尾さんのお葬式にはお花が届いたけど交代しさん来なかった
忠誠に応えるやり方も身につかず、むなしいこと

「しっかりしたお妃さえお迎えできれば交代しさんは大丈夫」
浜尾さんの口癖だったそうで・・・
一番候補だってクニさんがお妃だったらどうだったかなあ・・・

「水」で半島にいくのかな?
日本を売るの? 宝も売るの? 心も売るの?
命まで失くすことにならねばいいけど
歴史は繰り返す?

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・