FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 怒っていること
  2. tb: 0
  3. cm: 3
  4. [ edit ]

あるのは、自己愛だけ。

被災者の方々を「慰問」する写真を、数分で撮らせて「これでよし」とした東宮夫婦は、来ましたよ~アピールを地味でなく、もっとわかりやすくするための「パレード」を企画していた。そこへ行くまでの道筋で、もう一つどこかを「ご訪問」しておこうということで、下水処理場、高齢者の介護施設、味噌加工場の、三択が示された。

選ばれたのが味噌加工工場。

涼しいし、においも一番我慢しやすいと、思ったのかな。

皇太子殿下は「水」の研究をされている方で、外国へまで講演をしに行かれる方。

酷い災害を受けた地域の、再開なった下水処理場など、大変関心を持たれる場ではないかと思うけど、決定権は奥さんだから、言ってもどうしようもないのですね。

はい、余計なことを考えてしまいました。

で、味噌工場に邪悪な法則が発動されたわけです。条件付きでも、とにかくお気の毒です。


読んではいませんが、女性週刊誌の新しい号の表紙に

雅子様、決意の岩手ご訪問

とかの文字が。福島へも、とかの噂もあり。

いいかげんにこの「決意の」って止めたら。

ご病気の雅子様が、ご気力振り絞り、心寄せる被災地へ、決意のご訪問。まるでお隣の国のジョンを称えるがごときこんなコピー、気持ち悪い、何より、そんな決意して来てもらわなあかん方々に対して、すっごく失礼。

何もせず出来ないなら、せめて失礼なことをするな。何する気も無いでしょう。あの夫婦。

両陛下は、両腕の無い画家さんの絵を見に行かれたりと、ご活躍。

愚愚夫婦を庇うためのパフォだとか見てしまいますが
「完全に別行動でお互い干渉し合わないおつもりらしい」

みたいなことを読むと、ほおお、そんな考え方もあるのかにゃ、と。。

でもそれなら、味噌屋さんの被害はどうなるの、誰も責任とらない、大昔の「カムイ伝」、よく意味もわからないまま夢中で読んだあれ、暴虐の権力者にどんなことをされても、無茶苦茶な目に遭わされても、座り込んで己の腕に噛みついて嗚咽をこらえる、しか術のなかった農民、下級武士、あのように、ただただ、お殿様のなさることに刃向えず、泣き寝入りするしか生きる手立てのなかった。。。あんな、時代なのかしらん、今の日本って。

両陛下、東宮ちゃんたちのすることに関わられない?。

単に一軒の味噌加工工場の話でない気がしますが。

今日は何をして馬鹿笑い・・鯨飲馬食・・酒痴肉丼・・ナルさんは、妻の身内のために走り回り、マサコはやっとやっと、気の置けない自分らしい夏の日々ってやつを、いぎたなくお過ごし・・・?。

学習院でのお取り巻きの夫人たちがご集結の、とあるホテルに、雅子サマも行かれて、お酒を呑んでお楽しみ、なんて話も。今までも何度もあったように。そのままお泊りも・・・?

そういう前例は、マサコ以前の東宮家には皆無だったはず。皇室に無かったはず。

宮内庁の皆様は国家公務員、前例の無いという事柄には、最も敏感に「引く」傾向の強い方々と推察されます、雅子サンが次々に実行中、ごり押し中の「新型うつ病治療プログラム」は、では、では・・・?。

もう、だめじゃん。

終わってる。終わりだ。オワリダ。そうか。

そうか、そうか、でも今は知ってます私。

やりたい放題のひどい目に遭っていた「カムイ」伝の時代の弱い立場の人々。その人々に、それこそ心添って動いた、暴れたのが、カムイ。カムイは「非・人」であった。

非・人だったカムイが、立ち向かったのは、暴虐非道の権力者。

今の世の、ある意味、日本の中の一つのヒエラルキー・トップの、誰より強い権力者、とも目される妃殿下。雅子氏。昔ならカムイの、きっぱり、敵方。

妃殿下とそこらの暴虐の徒と並べるなんて、の批判には当たらないです、雅子さんは、皇室の人・度、100パーセントのうちの、どれだけパーセントおありでしょう。0、とか?、今日はやたら疑問詞の多い日です。

無いよ、そんな匂い。邪悪な臭いしか無い。

・・・本来、カムイと同じく非・人の筋とも仄聞します。

それが、やりたい放題、税金無駄遣いし放題、一歩動けば迷惑の風が吹きまくりの、横暴な者の側にいて、自覚が全く無いなんて。

変なの。

出て行って欲しいと思います、有閑マダムの相手してるが、たのしくてシアワセ、なだけの東宮妃は不要です。

本気で本気で、そう、思っています。



さて。

会ったりメールしたりはほとんどないですが(メールするにも私、照れてしまうのです何故か)大切なお友達と私の思っているやさいさんのサイトで、動画を見ました。

障碍を持つ人々を、こってんぱんに蔑み、バカにし、こけにして、それを踊りにしている。わざわざ年長者(かの国の貴族階級だと言う、両班(やんぱん)とかの爺さんが、まだいとけない若い人たちに、障碍者を貶める動きを「踊り」と称して、教えている。

胸糞悪い、気持ち悪い動画でした。

日本人は、と書きはじめるとまた長くなるので後にして、この動画を見て、感じたのですよ。

東宮家の一人娘さん、愛子さんのことを。

私が、そんなに深く知らなかった雅子妃という女性のことを???とはっきり感じたのは、遅いのです、愛子さんの学習院での「いじめ」事件のあたりでした。

皇室の人がされることとしては、雅子さんの付添とか、いじめたという男児への扱いとか、おかしいなあ、変だなあ、と、ものすごい不審な感じ、でも放置していた。

その後とつぜん、目覚めの時が訪れ、いろいろ知って行ったのでした。

うんとうんと感じることはあります。知って行けば、皇居でのご会食に、愛子さんの都合で遅刻したとか早退したとか、どこかへお出かけの折りに愛子さんの都合でなかなか外へ出て来られなかったとか、その背景が見えて来て、実は男の子を突き飛ばしたり羽交い絞めにしたとか、もういっぱい話があって。

東宮家のいろんなシーンを沢山、貪るように見ているのですが、ぎごちない親子の像がそこにある。

とってつけたような親子に、見えます。

自然でない感じ、どう言えばいいか、うまく言えないんだけど。

皇太子さんは愛子さんを、運動会などで、見ている者がしらけるような爆裂な笑顔をさらけ出して見つめていたけど。

雅子さんは愛子さんを、ものすごく気持ちをこめてお育てのように見えた・・・けど。

なんか、違う。どう言えばいいのか。

なんとなくわかるのは、皇太子さんはともかくとして、雅子さんは愛子さんを、そのままで受け入れられなかったのだな、という。

やさいさんのブログで、朝鮮の人は障害者を、どう扱うか、と読んで、えげつない動画を見て、なんとなくわかる気がした。

もう既にしっかり解っていた気もするけど、もっと解った。

娘さんの普通でなさが、恥ずかしかったんだ。親が、一番、わが子を受け入れにくく、愛せなかった。

自分で自分をエリートだと定義していれば、落ち込む穴は深かったかも知れない。

でも、愛子さんは生まれて来て(噂にあるように、医学的な方法を用いての、いわゆる試験管ベビーであるのが、もしも本当でも、私は、それについては、言上げする人に対して言いたい。その方法しか無い夫婦が、その方法に頼ったとして、批判、非難される理由は無い、と。絶対にそれはそう考えます)、育って行っておられる。

見ている限り、不思議なくらい、放ったらかしのお子さんで、痛ましくさえあります。

特別扱いやぜいたくや自利自愛、そんなことばかり、肌から覚えて育っている。

チッソの呪いとやらを、愛子さんにかぶせる言い方はどうかと思うし、そう言いたい多くの方々の気持ちも、とても解る。

こんなに「特別」なお子さんも珍しいでしょう。

雅子さんは、子どもを育てる能力にも、かなり欠けた女性だと、私は思います。

皇太子さんにも同じ匂いを感じる。

こんなことを、どう言えばいいかなあと考えていたら。やさいさんがパシッと書いておられた。

これやん、と、ハタと膝を打った(古!)。

で、ここへ、その部分をお借りして来ます。やさいさんありがとう。

(自分の中にも、方向は違えど差別の感情はある。無いとか、きれいごとは言わない、げんざい、ばんばんに馬鹿にしている人もいるし=愚愚のこと、と私は、やさいさんに書いた)それに下さった答えです。

>>私にも、もちろん、差別したり区別したり・・あります。
きれいごとは言いません。
そうだからこそ、社会のルールが必要です。社会規範っていうかモラル?

けど、このように侮蔑の舞を笑いながら踊って何も批判もでない国があるというのが、ほ~~んと ビックリたまげた!!でした。

そこに愛があるのか? です。
全く ない!  です。

東宮様ご夫婦の行状にも、いちいち「愛」がないのです。
我子への愛も国民への愛も・・ない。この場合の愛は「思いやり」 ですね。
あるのは、自己愛だけ。<<
  



><<韓国は、障がい者には厳しい社会ですね>>

韓国人の身体障害者への差別意識は「病身舞(ビョンシンチュム)」に凝縮されているように思います。

日本統治時代には、身体障害者を侮辱しあざ笑う酷い踊りだとして禁止されていたのに、戦後、日本人がいなくなったら復活し、今では高校生や大学生までもが伝統祭などで踊るそうです。

舞というには程遠いものですが・・<< 「頭の中のベヨンジュン」より

(KUON)わたしは、この動画を見て、腹が立って悲しくて、大嫌いな国をますます、もっと、凄まじく、嫌いになりました。


スポンサーサイト





  1. 2013.08.26 (月) 23:44
  2. URL
  3. うさのうさみみ
  4. [ edit ]

こりゃひどい・・・

KUONさま、動画のアップどうもありがとうございます

話には聞いてましたが、こりゃひどいわ
怒りとともに何とも言えない薄ら寒さを感じました

そりゃね、身体が不自由だと歩き方もうまくいきませんよ
美しいとは言えないかもしれませんよ
でも、その様子を面白おかしく舞にまでするなんて、それが伝統芸能だなんて
わざわざ現代に復活させて若いひとに教えるなんて
世界で披露してみればいいのに、自分達の醜さを知らしめていいでしょう
この国ね、あと千年経っても本当の意味での先進国にはなれませんね

あ~日本人でよかった、日本万歳!
もし生まれ変わってもまた日本人がいい♡
朝鮮人になるくらいなら蚕の芋虫でいいです
そして、皇后陛下や妃殿下に絹にしてもらいます
  1. 2013.08.27 (火) 08:04
  2. URL
  3. まめ。
  4. [ edit ]

明日は我が身…

生 を持つ全ての者
いつ、我が身に災いが来るかともわからない。

10分後 一時間 あす 一月 後の姿
生きているかも解らない。

障害を笑うものは、我が身がそうなった時
ほら見たことか!! と笑われ孤独になればいい。

  1. 2013.08.27 (火) 09:33
  2. URL
  3. すけみち
  4. [ edit ]

ドブネズミの臭いがする

ドブネズミの臭いがするバカ夫婦。私はあんなのを次期天皇などと認めないのでこう表現させてもらいます。みんなに嫌われてもドブネズミはしたたかで、何せ強い。不浄だからね。もうすっかり「水総裁として」取り込まれてしまっているでしょう。親子ぐるみですから、あちらは。こちらは子育て間違ってしまったから「お互い干渉しない」とか。もう、キリストの慈愛と許しではどうにもならないから、どうしてよいやら困っているのでしょう。後は政府と国民とやらが決めればいい。親子で「あとよろ」は失礼。正しくまじめに生きている日本人に対して。ドブネズミは不浄なところも居心地がいいから、国連事務総長に韓国のドブネズミを置いた時から、自分たちの過去の罪状には一切触れず日本だけをバッシングし続けることはわかっていたはず。世界が彼らのようなドブ好みではないことを日本人はみせる必要がありそうですね。苦無い町なんて何もしません。したくないから。自分たちの生活安定だけ、それだけ。国民なんてどうでもいいのですから。胸を張って言うでしょう、「私たちは公務員です。仕事をするだけです」と。(G会員は個人のものだから関係ないもんね、と)どうぞ、バカ夫婦さまが日本を汚水で流しませんように。毎日、毎日衷心より祈り上げております。日本はいい国です。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・