FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. あほらしいこと
  2. tb: 0
  3. cm: 3
  4. [ edit ]

「セレブ」の「瘴気」

先日来、迷惑だから来ないで欲しい、と断言する宮城県人の知人(わがちび会社のお取引先の事務員さん)のコトバをちらりとご紹介させてもらって来ました。

いつもは仕事の話しかしないです、念のため。でも、東宮話は少しする、電話でちょこっと。私の誘導尋問かもしれないが乗って下さる。

今回の「常に心にかかってやまない被災地への思いを形にする」東宮夫婦の半日の「ごこーむ」案の定だ、馬鹿くさいと言い切っていました。はっきり言えば「疫病神」だとも、言った。同感です。


当の七ヶ浜では訪問1週間前から白バイやパトカー、覆面が数十台も走り回る騒然とした状態に。警官の巡回もあり。と、あるサイトにあります。

>>>禁止事項のみピックアップ

・当日は仮設住民以外は絶対に敷地内に入れてはならない。
・仮設の住民は必ず名札着用
・仮設住民の名簿提出

を何度も言われた。 その上
・雅子さまの健康に触れてはならない
・愛子さまのことを聞いてはならない  

・(震災で孫を亡くし、自身も難病と闘病中の女性は
「話したいことがあっても禁止された話題なので…」)<<<

この大層なごこーむ。住民選別、言論圧殺。わあ、こわいコトバやあ。

ある宮内庁関係者によれば、
「体力の消耗が激しいからでしょうか、お病気になられてからの雅子さまは特に夏の時期のご公務を苦手とされていらっしゃるようです。そういった意味でも“奮起”されたといえるでしょう」。

ですと。夏は誰でもしんどいぞ。暑いぞ、疲れるぞ、多くのじいちゃんばあちゃんが、ぱったり倒れてるぞ。蝉だってとうとつに落ちて来る。自分の用をし終えて落ちてるんだろ。

ふざけてるね宮内庁。甘やかし放題ね宮内庁。本当のかいぬしは、表立っているひとでないので、雅子たんに都合の都合の悪いことなど、何一つ。

週刊Bによれば。

8月13日、東宮大夫の定例記者会見において。

「やっと実現しました」との小町長官に対して記者が「やっと、とはどういうことか」の質問。

過去二回のキャンセルは、正式発表してないのでキャンセルにはあたらない、というのが、宮内庁の、以前からの強弁。

「オランダ訪問」と「被災地一か所」が雅子妃の今年の達成目標。なのだったそうである。

当日の予定表を見て記者達は唖然とした。その内容は、実践された通りの、被災者に会うのは10分、というそれです。でも、味噌の会社を、あんなひどい目に遭わせてしまう予定は無かったと思われる。

「形式だけの訪問なら行かない方がまし」という記者もいたらしく、その記者には記者らしいで賞を贈呈したい。



・・・味噌加工工場での惨事の続きです。お気の毒と思いますが、現実に起こっていることであって。

HPを閉じておられないので、どんどんコメントが積もっています。

陛下にできることを東宮ができないわけが無い、というご説など、そりゃあ違うわ、と突っ込みたい気持ち沸騰ですが、黙って、原文のまま、無許可でコピーさせていただきます。


・>皇太子夫妻のあの格好はあらかじめこちらの組合さんと打合せ済みなのだそうです。
ですからなんら問題ないのだそうです。

宮内庁、意味不明。問題大あり。
「打ち合わせ済み」だったら、どんなルール違反も
非衛生も「なんら問題ない」ってめちゃくちゃ。
打ち合わせでOKした工場もいけないですよ。
あちらがいやだというなら、断らないと。
妥協したばかりに、物凄い風評被害受けたでしょ。

・宮内庁に電話で訊ねたものです。
東宮ご夫妻のおふるまいについて質問したところ そのようにお返事されたからそのように書いただけです。
打合せ済みならなんでもOK、というのがどうやら宮内庁のスタンスのようです。
(重篤な新生児が入院しているICUでも土足蓬髪OKなのですから 食品工場ぐらいなんでもないのかも知れません。
 あるいは全てロケ用のセット、とも取れますが)

宮内庁の職員は東宮ご夫妻に「ここは白衣に着替えていただきます」の一言も言えないのか?と重ねて聞いたところ
「お答えできません」とのことです。お答えできないということは 言っていないのだと思います。
そのようにお願いして、着替えないわけがないので。
(現に陛下は白衣に着替えている 陛下にできることを東宮さまができないはずがないのです)

一般的な場所ならばとにかく、特殊な場所(科学的に特殊な雰囲気の場所)での正しいお振る舞いについて 
全てのことを陛下や皇族がたが御存じのはずはないのです。
にも関わらず陛下や他の皇族方が正しく振る舞えるのは、あらかじめ当事者と職員間に綿密な打ち合わせがあるからです。
そして現場サイドからの依頼をうけ陛下には職員から情報を伝え、正しいお振る舞いをしていただいているわけです。
このように、宮内庁の職員は陛下にも「白衣に着替える」ということを伝えることが(職制上)できているわけです。

にもかかわらず、皇太子ご夫妻があのようなことになったのは 宮内庁東宮職の職員が
「意図的に」東宮ご夫妻との連絡をサボタージュしているということになります。
サボタージュしているので 「何も答えられない」としか返事ができないのです。

ただし、もう一点ありうるのが あの工場が特殊な場所ではなかったかもしれないということです。
つまり ただのセット、全てがやらせ ということですね。

宮内庁に対し、疑問が思うでしたらあなたも問い合わせしてみたらいかがでしょうか?
質問に答えられる部署は「総務」だそうですから 質問があるので総務に、と交換におっしゃってください。

・しかし、現在の東宮家の実質的な権限は雅子妃にあり、
東宮職も皇太子殿下も雅子妃の意向に逆らうことはできないと聞いております。
皇族が自分では何一つ決められない、意志を出せないなどということは、全くの間違いだと思います。
今回の件ですが、雅子妃が、仙台市内で行われたパレードで乱れた髪を見られるのを嫌がったので帽子を付けなかった、という話を聞きました。
もしこれが事実であれば、大変な問題だと思います。

・直接宮内庁へ抗議を出してる方はいらっしゃいますがw
岡田生産組合や視察した加工工場へも多くのクレームが届いた様子です。

宮内庁も拙い!と判ったのか、早速メディアに視察場面の放送中止要請が行ったそうですね。
工場視察は無かったものにしたい様ですw

・今回の騒動に関して意味深な書き込みがありました。

・419 :可愛い奥様:2013/08/21(水) 12:33:56.33 ID:AUyRRrI80
1年中お客さんに解放してる場所でのことで四の五の言われても困る。
想像力のない暇な専業にかかわってられないのが普通の人でしょ。

ソースはこちら

http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/ms/1376998112/398-498

・色々考えて行くとそのようにしか判断できないのです。
以前の長野こども病院も同様です。
あれらは全てセットです。 病気の子はすべて元気な子役です。
ですからおやつもお腹いっぱい食べているのです。


・・・いろんなお方のいろんな意見が。

・>皇太子夫妻のあの格好はあらかじめこちらの組合さんと打合せ済みなのだそうです。
ですからなんら問題ないのだそうです。

・雅子妃が、仙台市内で行われたパレードで乱れた髪を見られるのを嫌がったので帽子を付けなかった、という話を聞きました。

宮内庁も拙い!と判ったのか、早速メディアに視察場面の放送中止要請が行ったそうですね。
工場視察は無かったものにしたい様ですw


いや、もう、正気ですか、って感じです。

正気ではないのですが、初めから。

しょうき、という平仮名にあてはまる文字としては、正気、の他に笑気、焼燬、などがあります。

あの愚愚夫婦にもっともふさわしい「しょうき」は、

瘴気、この文字面でしょう。

雰囲気的に使いましたが、この言葉の意味は

>>熱病を起こさせるという山川の毒気。「造りざま、小きながら三層四層ならぬはなし。こは―を恐るればなり」〈鴎外訳・即興詩人〉<<

そうそう、この「毒気」ですがな。

これであそこに何かあったら、どうされるおつもりなんでしょう。

皇太子夫婦が来て、こんなことになった。

焼酎を視察(試飲も贈呈も?)したばっかりに、50万本廃棄するはめになった酒造会社もある、つい最近、ついこの前。

・・・雅子さんのバッグがバーキンでないとかあるとか、間違ったことを書いたかも知れません。お値段も、200まんえんとか300まんえんとか。

てへへ、セレブ音痴なのがばれましたぁ。

お付の方にバーキン持たせて、被災者の前には持って出なかったとかの細かい描写もあるようです。

ようわかりません。

言えるのは、300万円のヘルメス(フランス語風に発音願います、Hの文字を鼻に通して)バッグを振り回していても、雅子氏は「セレブ」には見えない。


うさのうさみみさん。

はい。ダダ~んと、書いて下さい。

ほんとに「申し訳ございません」って、おかしいのですよね。うん、うん。

みんな今は、そう言うけど。

雅子さんはどうも、普通に普通の会話さえご不自由なのではないかと、やっと本気で気づいています。

帰国子女だから、とかの言い訳は、帯日年数考えればもう、通らないですよね。

また。ピース!・・・てか。
スポンサーサイト





  1. 2013.08.22 (木) 17:42
  2. URL
  3. すけみち
  4. [ edit ]

踏み台

今回の宮城訪問。(単なる訪問、ご公務でなんかあるわけがないから)バカ夫婦の焦燥感と公務と言い張るために組まれた小芝居でしょう。場所を選び、ひとを選び、時間を選び。短い時間でいかに自分たちが「ご公務ごっこ」を演じられるかの踏み台にしたのではと思います。東北の人たちは概して多くを語りませんからバカ夫婦にとっても宮内庁にとっても都合のいい「これみよがし」に印籠を見せびらかすにはもってこいなのです。ところが、ひとのこころは心から出る真実のものだけに反応するようになっています。小賢しい小芝居したところで、現地の人々には「お見通し」なんですよ。喜んでいるのはG会員たちだけ。服装も装飾品も立ち振る舞いも言葉使いも「下品で劣等感の裏返し」に満ちた権力欲にまみれたカルト夫婦では頑張ったところで精々、あんなもの。普通の国民がもつ一般常識?彼らにそんなものがあるわけないですよ。どうしていいか解んない!んだから。そんなバカ息子を盲愛・慈愛で育ててこられた「子育て」は残念ながら失敗だったかもしれませんね。50にもなったら、嫁(穢)まで憑いたら、もう何を言っても聞かないでしょう。やはり、早くやめてもらいましょう。日本がこのままだと沈没しそうで心配です。ご英断なんぞ、ありませんから国民の「声」に聞かざるを得ないようにするしかなさそうです。神事をしない皇族は日本にとって必要ありません。大好きなカルトの国でも行って暮らしてもらいましょう。ほんとうに「税金泥棒」とはバカ夫婦のことです。
  1. 2013.08.22 (木) 21:13
  2. URL
  3. やさい
  4. [ edit ]

味噌クソ一緒

KUONさん、
ニュースでね、チラッと見て、頭が沸騰しました。

仮設住宅訪問の様子も惨かったけど、味噌工場のザンバラ髪雅子には、ホントたまげましたよ!
ええっ? そのまんま? 汚い!! 

何、あの説明してたオバサン?
いくら復興支援でも、ここの味噌は買えないわ・・(--;

存在そのものが迷惑なナル&マサ v-27

  1. 2013.08.23 (金) 10:40
  2. URL
  3. うさのうさみみ
  4. [ edit ]

いったいに東北の人々は

いきなり、司馬遼太郎さんのような書き出し

街道を行く・・・みたいな?
いったいに東北の人々は我慢強い

我慢強すぎでしょ!
ワッペンつけられて、あれダメこれダメ言われて、無意味なパレードのお陰で商売あがったりでまさに交代し夫婦の瘴気にあてられて

瘴気ってあのナウシカに出てきましたね(こうもり宮崎監督、竹島は日本領よ!)
「少し肺に入った、苦」って腐海の空を飛びながらナウシカが!
ただでさえ放射能汚染が心配なのに瘴気まで吸わされて

やっぱりね文句言わないとダメですよ
我慢強いのはそりゃ美徳ですけど、きちんと言うべきは言わねばね

なんですか仕込みの草加の人があちこちにいるんですね
そのやらせ仕込み部隊を除くと実際「ありがたや」って人はどのくらいいるんでしょうね
こんななんちゃって公務をいつまで続けるんでしょうね

KUON様も御存知でしょうが、べべこさまの覚醒ブログ
うさみみもあちこち見てますが何やら「視える」方には視えるらしいです
愛子さん流し雛説を、全く視えないうさみみもコメントしましたがそれ以外にも・・・
こちらの趣旨とずれてくるのであまり触れませんが
恐ろしいことです、いくら言論の自由があるとは言えあの上つ方の「四や四に様」が語られるなんて
建国以来脈々と続いてこられた皇室でこれほど憎まれ侮蔑される人っていませんでしたよね

どうか穏便に本来の清らかなお姿の皇室にもどりますように
祈ってはみるものの「穏便に」はすでに無理な気が激しく予感するうさみみです~なんか日本語が変・・・瘴気にやられた?





 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・