FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 今の思い
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

VS。

終戦記念日にはいつも東京にいない、東宮一家。

その日に花火をしていた年もあった。

今年も終戦記念日の前に静岡県須崎へご静養に。

GW、お盆。日ごろ会えない家族に会いに、お墓参りにと日本列島が民族大移動する時期に、わざわざ静養に出かける東宮一家。

国民はそこしか長期休み取れないから、混雑承知で里帰りするわけで。

実家は夫婦とも都内(細君の親は多く御所住まい?ほんと? とりあえず、在日の折りはね。在・日、と、一応お読み下さることを願います)休みは自在、っていうか、毎日休み。仕事せず。いつでも休める。娘の学校も夏休み・・学校休みでなくても、家の都合で風邪にもインフルエンザにも罹りたい放題。なら、時期をずらす配慮ぐらいしていいはずだろ、と、仰る方多数。わたしもそう思う。

日ごろの在・東京疲れの静養に、1年で最も混雑する時期を合わせるのが得意技。

満席立ち席混雑200%の新幹線を横目に、グリーン車を家族3人で1両貸切。

混雑する駅構内やホームで、この一家の為に通行規制。何も知らずに駅へ来て、予定していた列車に乗れなかったり炎暑の屋根なし部分で待たされたりの皆様が続出。一時間ほど(も)堰き止められたとか。当日はコミケのお客もいて混雑していたとか。

でも、仮病とか、税金泥棒とか、出て行けとかの声は、無かったみたい。うんと遠ざけた・・・ムリな無駄なスペースを沢山とって、その「いざ」に備えた説も。

国民との距離は、うんと沢山、どんどん遠くしてね。

右手で「お手振り」つづける両親と、バッグを支えた左手をゆらゆら振ってる内親王さまと。送り出す方も迎える方も、警備や出迎えで警察や役所関係者は休日返上で仕事、彼らの家族たちは父親不在のお盆帰省でしょうか。

8月20日には、三度ドタキャンの被災地、宮城に、皇太子だけ行く? 一緒に行きたいとかダダこねて、今まで行ってないのです。しつこいですが、私の、宮城県生まれ育ち、今後もずううっと宮城の人、な知人は、来ていらん、と言うてます。

彼女は「そうか」では全くないが、彼女の知人のそうかさんには、招集がかかる。すっごく喜んで服や靴まで買って備える人、そんなことまでしたくない人。集まる人は、過去や経歴を調査されるのですって。まああ、そんなとこだけ戦前の「特高」もどき?。税金泥棒、とは、言わない人を集めて並べる。そーゆーことなのね、なるまさ。いや、なるほど。。

知人は黙っていてね、と言うた、私は約束を守って誰にも言わない、しかし、ここに書いちゃった。。

どちらにせよ、その頃なら奥志賀ホテルにてご静養中。片手間に、数時間だけ訪問してあげておく、みたいな感じかな。でしょうね。

馬鹿にするなって、知人は、淡々と言うてました。


以下、これについて。

>>>これまで3度の頓挫! 宮城県警が困惑!「雅子さま」8月20日の被災地ご訪問
      
「8月20日 こまち31号 10:56東京発12:37仙台着、はやて112号 18:41仙台発20:24東京着 グリーン車予約出来ません

8月下旬~ 奥志賀のロッジで静養「須崎御用邸、那須御用邸、さらに春スキーに毎年訪れている奥志賀のロッジで避暑の予定。」≪週刊朝日8/16-23号≫

ホテルグランフェニックス奥志賀→「8/18~24日全館満室」。日本人の経営でないホテルを、全館貸切にするのがいつものやり方。これだけで数千万円のお金が要るのですって。お下品なことを申しますが、皇室用の費用から支払いをされ、どこかに、バックマージンが渡る図式ですね。

ホテルは、どなたかに、バックマージンを・・・正しいお金のペチリ方。おお、そうか。そうか。




2年前の3月。東北地方を巨大な地震が襲い、原子力発電所が爆発した。福一第3号機は水素爆発でない、核爆発でした。

大惨事が起こったのでした。過去形では語ってならないことです。

その年の夏にも、東宮一家はご静養をたっぷりとされた。

>>>『雅子さまと愛子さまはどうなるのか?』佐藤あさ子著・より一部引用させて頂きます。

朝から雨模様で肌寒かった21日は、りんどう湖ファミリー牧場で、湖に浮かんだ
遊覧船から花火を友だち家族と鑑賞した。皇太子ご一家が乗船するとすぐ、

「東日本大震災により被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。皆様の安全と一刻も早い復興をお祈りし、これから花火大会を始めます」

次々と夜空に打ち上げられた色とりどりの花火は20分間で約1000発。遊覧船からほんの数メートルの
水面でいくつも同時に花火が開いたとき、遊覧船の手すりにつかまって、湖面に身を乗り出す愛子さまとお友だちのシルエットが浮かんだ。

「きゃーきゃー」という歓声が、200メートルくらい離れたところまで聞こえてきた。

冷静に読めない記事でした。読み返しても腹が立つ。

>>>(2011年8月)東宮職関係者が「今年(補足:那須御用邸静養)はゆったりとしていただけるよう日程を細かく決めていない」と話すように、今回のご静養では、突然の外出や予定変更も多く、皇宮警察や栃木県警が右往左往する場面もあった。

21日は午前中から降り続く小雨の中、りんどう湖ファミリー牧場で遊覧船に乗りながらお友達5人と花火をご鑑賞されたのだが、

「花火大会の開始一時間半前まで、行くか行かないかの最終的な判断がされませんでした。22日は当初、ホテルでお友達の部屋に寄ったあとにレストランでランチの予定だったのですが、両方ともキャンセルになり、ご一家がホテルを出られる動線が大幅に変更になり、走り回る警官もいました」(宮内庁担当記者)

その日は、御用邸近くにある会員制ホテルのプールを貸し切られ、愛子さまがお友達と一緒に過ごされたという。

「十四時過ぎでしたが、薄曇りの天気の中、プールで濡れた三つ編みをほどいた愛子さまが、軽い足取りで車に乗り込んでいかれたのです。車の窓が開けられ、愛子さまはくつろいだ表情で」(宿泊客)

その姿を少し離れて目を細めて見ていたのは、雅子さまの母、小和田優美子さんらご親族だった。

!!。

学習院での、どこのランチが美味しいとか誰さんのバッグがどうだとか、の話題が主なものだという、雅子妃殿下の「ママ友」あんど その子どもたち、だけでなく、小和田優美子さん{ら}ご親族も一緒だったんだ!!。


「愛子さまは水泳が苦手という話もありますから、ご夫妻や親族が見守られる中で練習なさったのかもしれません。雅子さまにとっては母妹とのリラックスできるひとときだったのでしょう」(前出・宮内庁担当記者)

だから、そんなに皇室がイヤで苦痛で苦労でリラックスできなくて適応障害なところなら、出て行って下さいよ。

だれも止めはしねえよ。浄めの塩くらい、カンパさせていただきますとも。


>>>ご一家は那須ハイランドパークを訪れられ、アジアの雑貨などを販売する「アジアンオールドバザール」の中のレストランでエスニック料理を召し上がり、再び夜十一時近いお帰りとなった。<<<

という話もあるのでございます。

幼い愛子さんを連れて夜の遅くに帰った話には枚挙のいとまもありませんが。

>>>女性自身 2012年11月20日号<雅子さま“支え”の妹に打ち明けた「公務復帰が怖い…」<<<

↑こういう、はああああああ?な話も、時に女性誌では読めちゃう。雅子さまったら、お・茶・目。・・・なわけが無い。げす。

まあ。墓参に帰ったりしない人々も、でっかい荷物をがらがら押して、成田空港だのへ「Uターンラッシュされたりしているのだから。何より白人好きで、アジアじゃない外国が好きなマサコさんが、どーして国内だけで静養してなきゃいけないのかしら、わたくしの我慢を誰も知らない、限界に近いのよ、おっとが、外国も行き放題だって言うから、結婚もしたあげたのに、また殴ってやりたいわ、めらめら、とかなるのも、あり、かも知れないですが。

妃殿下、御所のキッチン、20年間使ったことの無い妻で、その待遇を望むのは、あつかましい。

・・・なんて悪口言ってると止まりません。

とっても情けない、ナルさんの過去の夏の「おもひで」をご紹介させていただきましょう。


>>> 特に2008年足漕ぎボート遊覧では雅子実妹である池田礼子の家族も同乗しており、彼らのために徳仁がボートペダルを踏んでやっている状態である。徳仁当人は優しい夫・父親・義兄・伯父さんとして振舞っているつもりなのであろうが、どう見てもOWD連中のパシリとしか映らないのが物悲しいところである。そのため足漕ぎボート光景は、徳仁が小和田家の下僕に成り下がっている力関係を象徴するものとして、スレ住民奥様方に印象付けられている・・・ドス子の事件簿、より。


一方。とってつけたようですが、秋篠宮家と両陛下との、お睦まじいお美しい、夏の「おもひで」を。

>>>両陛下、悠仁さまと和船に乗船 葉山御用邸近くの海で



 葉山御用邸(神奈川県葉山町)で静養中の天皇、皇后両陛下は(9月)14日午前、秋篠宮妃紀子さまと長男の悠仁さまと一緒に、御用邸近くの海で和船に乗られた。天皇陛下は昨年9月と今年5月にも、悠仁さまを伴い葉山で和船に乗られている。

午前7時すぎ、宮内庁職員らと海岸そばの艇庫から船を出した両陛下は、自ら櫓(ろ)を巧みに操り、300メートルほど沖合に。約20分間、船上から山並みなどの景観を楽しまれた。

 紀子さまに抱かれた悠仁さまは船に乗り込む前、集まった報道陣に「おはようございます」と大きな声であいさつ。乗船を終えた陛下は「とても海がよかった。少し疲れました」と話された。

海岸に戻られた後は、地元の人々と話をされたという。

船というものは最上位の人間の乗船は最後、下船は最初にするのが慣わしとか。一番に下りた陛下はそのままじっとしておられずお手伝いに回られたご様子

この和船は皇室の所有物、昭和天皇が生物調査のためにお造りになった御愛用艇9隻のうちの一つ「たけ」で、普段は葉山御用邸傍のしおさい博物館に保存されているとのこと。

>>>遊園地の足漕ぎボート・義妹家族らをご接待 

vs. 

昭和天皇所縁の和船・今上陛下ご自身による櫓漕ぎつき<<<

↑ こんな具合にはやした(はやしてない?)マスCOミもあって、雅子さんは、きいいって、とても機嫌がお壊れになられたとか。

何年も前から、灰皿が御所の空間を飛び回るがごとき怪奇現象があったのですね。。。

しかし、なんということなのでしょう、これ、現実の話で。

他の、考えの無い愚かなヒトビトの話でない。

皇太子夫婦のことだから。

だから、うぐぐ、情けない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメントをありがとうございます。

まめさん。

初めて来て下さって、ありがとうございます。書きたいことがあるのですが、今夜はここでパソを閉じる必要ありまして。

明日、また、きちんと、思うことを書かせてもらいたいです。

リンクさせてもらっている「頭の中のペヨンジュン」のやさいさん、「わがまま親父の独り言」の親父さんのお書きのものも、お読みになったらと思います。いろいろな事が。お時間を作っていただいて。

苦しまないで下さい。苦しまないで。

また、書きますね。ちょっと、待っていて下さいね。

え~、うさのうさみみさん、にも、また、書かせてもらいまち。よろしく!。

sarahさん。とっても失礼ですが、という訳ですので(どんな?)夜露詩句!。ですわ。また!。

スポンサーサイト





  1. 2013.08.15 (木) 08:56
  2. URL
  3. すけみち
  4. [ edit ]

敗戦記念日

きょうは「敗戦記念日」ですね。
バカ夫婦とその付属品、一年中、バカのひとつ覚えの「ご静養」。もう、いいよね。
どれほどの人々が恐怖と叫喚のなかで、あの津波に呑み込まれて亡くなったか。
バカたちには「まったく」関係ないことなんですよ、実際。被災地に寄り添うなんて官僚がつくった名文を天皇・皇后両陛下が使い出したものだから、「これ、いいね」で、バカも連発し始めたわけ?
鎮魂のこころが、も・し・も「本当に」あるのなら、一心に宮中神殿で祈ってほしい。(まあ、あるわけないけど。やりかた知らないし、やりたくないし)
それと、安倍のふぬけにも失望。外交は社交ではなく、武器をもたない戦争です。それを中・韓はいままさに実践しているじゃないですか。前回の総理時、靖国へ行かなかったことが悔いだから、今回は何があっても8・15に参拝すると言って、このざまです。やめるくらいなら、始めから言うな。
政治がバランスというなら、何度でもアメリカへ行って、嫌われるくらいしつこく日本の立場を主張し、靖国の問題くらいで内政干渉うけないようにするのが筋です。それをしないから、毎年、中韓から靖国のことを「ネタ」に脅かされるのですよね。このままだと、本当にまずい。アメリカなんて日本を守る気はありませんよ。面倒に巻き込まれて軍隊派遣がもういやなだけ。しかし、上も下もバカばっかりで疲れますね。私、これから靖国神社へ参拝にまいります。国のために尊い命を捧げてくれた御霊に感謝するのは、日本人として普通の心情です。そのあと、当家先祖への参拝に周る予定です。
  1. 2013.08.15 (木) 10:55
  2. URL
  3. うさのうさみみ
  4. [ edit ]

へらへら、にたにた・・・

68年前の今日、本当に暑かったそうです
皇国少年であった父は言っておりました(父、昭和7年生)
祖母が玉音放送で陛下のお声を初めて拝聴したときには、「日本は負けたんだ」と涙がでたそうです

二人とももうこの世の人ではありませんが・・・

戦後の食糧事情が劣悪なときに一応人並な苦労をしたけど、大分の田舎があったから「まだマシだった」と、私なんかには言えないせりふ
父はバラエティ番組で食べ物をおもちゃにするところを見たら激怒しておりました
ちょうど食べざかりの思春期に食料不足でしたからね、生涯忘れられなかったのでしょう

交代氏さんが愛子さんにミカンだかスイカだかころころやって遊ばせたって、もし父が聞いたらどうだったかな?
父は昭和天皇崩御のときに泣きながらビールを飲んでました
尊崇するご皇室の、東宮の今のありようを見たらどうでしょうかね・・・

交代氏さん夫婦・・・へらへらにたにた・・・
葬儀の時も、被災地訪問でも、おつつしみの日にも
この人たち心ってものがないのかしら?
ああ、東宮さんのお家で滅多に笑わない人いましたね、愛子さん
愛子さんはもう少し笑ったほうがいいかもね
でも無理ね、能力に「笑う」ってないみたい

びっくり・・・もうね多少のことではびっくりしませんけどやっぱりびっくり・・・
なんが悲しゅうて盆の国民大移動のこの時に、しかも今日は15日
そしてへらへら、にたにた・・・

もう「〇ね」と思ってしまった私、神様御許しを
十字をきる神様ではないですよ、天照大御神をはじめとする日本の神様

国体の護持はあのへらへらにたにた夫婦には無理だなあ
「国体?国民体育?」てなもんでしょう てんてるだいじんって読んだお妃だもの
泣けますわ(T_T)

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・