FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 残念なこと
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

また行きたいです。って・・・。

土・日は工場に行ったり夫の母親の積もり積もったお話を拝聴したりその他、なかなかパソ君の前に沈めません。

悲しむべきことのような気がしているのですが。私のアタマは対雅子氏・反応・脳になってしまったのか、隅田川での花火大会が、と聞けば即、むむ、雅子さんはお妹さんの豪華高層マンションで、例年のように花火をご鑑賞遊ばしたのか、などと、思いが向いてしまうのですよ~。

残念なことに、大雨が降って、花火大会は途中までしか続けられなかった、とか。

皇太子さんは全国高校総合体育大会の開幕に際し、大分市で「日ごろ鍛えた力と技を十分に発揮してください」とあいさつされたとか。

もし、イフ、私が、練習一直線、酷寒炎暑の中を、ひたすら励んでの果てにその場に出て来ていた生徒なら。

ふん、あんたにもっともらしいこと、言われたくねえよ。

とか、強いジト目になって・・・いや、これは、斜に構えるは純粋なこと、なんぞ思い込んでいた、元・文芸部のふりょうの、思うことですね。きっと。

若い方々、もっとましで真摯で一生懸命な大人も沢山います。終了まで頑張ってくださいね!。

・・・どうでもいいことを書いています。雅子さんは、静岡県沼津の、学習院遠泳大会、愛子さんが参加されるそれに、付いて行っておられました。

皇太子さんは、公務ですよね。

雅子さんは、同じその日、娘の学校行事の付添。どうしても必要な付添では無い。でも、これもおそらく、大勢の人間が関わって、費用もかかって、傍からは異様な雰囲気のものではなかったのかな~、と。

以下の部分は「6月のシャンプー」さんのところからいただいて来ました。勝手なことをして、申し訳ありません。

>>>問題は どうやってついて行ったのか?ってこと

①南組生徒と同じバス
②バスの後ろから公用車で追跡(警備無し交通規制も無し)
③バスの後ろから公用車で追跡(警備あり交通規制あり)
④バスの後ろから私用車で追跡(警備無し交通規制も無し)
⑤前日に先回りし待ち構える

どれかね?

①生徒が委縮し教師も萎縮し運転手も委縮し、お通夜のようなバスの中で
雅子だけが愛子や周囲の生徒にマシンガントーク

②③④学習院の指導要領「ふりむくな!」を後部座席の生徒に実行させた

⑤知らされていない教師と生徒達、瞬時に笑顔が消え絶句と恐怖でお通夜のようになる

愛子はどうしているんだろう?
1人ビーチで水遊びなのかな?
まさか、まさかのまさか
不機嫌になって暴れたりしないように
うさこの柄のビーチボールや浮き輪
砂遊びセット持参で
雅子が監視し続けているだけとかだったら
<<<

・・・ありがとうございました。



私は、姑の話のインターバル、ちょっとのスキに、高森明勅氏の「秋篠宮摂政論を駁す」を読んでいたのですが、まわりくどくて・・・いえ私の読解力があまりに夏の胃酸みたいに薄いので、すとんと腑に落ちてくれませなんだ。

高森氏の記事よりはこの色

それに、ぐだぐだ言いたがるKUONはこの色で、進めるだけ進んでみます。

「(ひと月ほど前の週刊新潮の記事より)「雅子妃」不適格で「悠仁親王」即位への道 との記事だが、このタイトルからして異常だ。いやしくも現にご療養中の皇太子妃たる方に対し、「不適格」呼ばわりとは。しかも、万万が一「不適格」であっても、それは尊厳なる皇位の継承順位とは何のかかわりもないし、またかかわりがあってもならないことだ」

ああ、そうなんですか。あなたはそう思う、わたしの考えは違うよ。

この方はまず、ご自分の論の展開の仕方に酔っ払っておられると思う。まああ、酔わないと書けないが。酔ってると見苦しいが。

それと、前回も記したごとく、私の感じではこの方は、「民意」を解っていない。判りたくないのか。御年56歳、国学院の博士課程単位取得、とある。拓殖大学や防衛省の何とかの仕事をされ「政教関係を正す会」の幹事でもあられる。そっちの方向の方ではあるのですね。

パソコンを使用していないと考えにくく、であれば、どんどん増加している「東宮・ノー」の流れを、ご存じないはずは無い、と、普通に考えます。

そんな「民意」は不要、ですか。そうですか。

>>>「万万が一「不適格」であっても、それは尊厳なる皇位の継承順位とは何のかかわりもないし、またかかわりがあってもならないことだ」<<<

こう、言いきられるのは、雅子妃がこのまま天皇の妃になり、ご自分の宗教を一層押し通し、外戚であるはずの邪な者たちの手によって2650年の皇室に泥や何や塗りまくり、他国との不都合な癒着、我が国独自ののさまざまな伝統や美しいもの、すべてすべて、決まり事もあらばこそ、ぐちゃぐちゃの惨憺たるありさまに、しても、いい、と、いう意味ですかしら。

私はイヤですよ。

神道の長たる家の、第一後継者の妻が、高森氏は「ご病気由縁」に特化して語っておられる気がするのですが「不適格」でも関係ない、と、言っておられるのですね。

「療養中」の言葉を錦の御旗と振り立てるには、その「病気」の真偽から確かめる態度が必要でないかと、これは私の考えです。

高森先生は、自己申告の病気、あれはできない、これはしたいことなので出来る、という珍妙な病気の人間を、診断書も出して来ない「病人」を、丸抱えに信用して、周囲の(冷たい)視線から、かばっておあげになられますか。

>>>皇后陛下をダシにして皇太子妃殿下を攻撃するような卑劣な発言を繰り返している。<<<

のは「周囲の人」「近しい人」、というが・・・以下のお言葉、のことですね、

「皇后陛下はすでに、周囲には「皇太子妃には将来、皇后の仕事はつとまらないでしょう」

と漏らされている、・・・のこと?。それをリークしたとして

>>>皇室をお支えする宮内庁の幹部たる者が週刊誌の記者を前にして。匿名で(略)心根の卑しさはどうだ。唾棄すべき下劣さではないか。<<<

と、ものすごく怒ってはります。

私も実際、週刊誌の曰く近しい人、関係者って、どこのどなたよ? と首を傾げることはまま、あります。

怒りの高森氏はしかし、

(略)真っ赤な嘘だったことが判明した。それも、宮内庁の風岡典之長官が皇后陛下ご本人のお言葉をそのままご紹介するに近い形での、異例の極めて厳格な否定によってである。

風岡長官の発言はこういうものだ。

「皇后陛下は、皇太子妃殿下が傷ついておられるのではないかと大変心配なさっている。記事にあるようなこと(KUON註・上記の「ヨタ話」、皇后の仕事はつとまらないでしょう、こと)はなかったことを、必要であればお伝えしたいというご意向をお持ちだとうかがっている」

と。
ですと。

寡聞にして存じ上げませんのだが、ご自身が「創価」だと言われる風岡長官、どこで、こう、お話になられたのだろう・・・。

・・・皇后陛下に「大変心配」をおかけし、皇太子妃殿下を「傷つ」ける、許し難い振る舞いだ。このような人物を税金で、しかも宮内庁の幹部としていつまでも養い続ける必要があるのか。


とか、やっぱりお怒りです。

この方は、誰に、何の為にお怒りなのでしょうか。一生懸命の怒りのパフォーマンスに見えてしまうのはきっと、これから始まる、高森氏には断じて許し難し、の「秋篠宮摂政論」への、つなぎなのかな、とか、思った。

それにしても。

宮内庁の某幹部は「だめ」?。

風岡長官は「よし?」。

風岡長官の、高森氏によれば「信憑性の高い皇后陛下のお言葉」を、読ませて頂きますと。

皇后さまと雅子さんは、大変仲がおよろしくなく、姑様がお嫁さんを心配されて何か仰ることさえままならず、しかし必要であればそれをお伝えしたいご意向をお持ち、と。

ほとんど接点無しのご関係と、読んじゃう私は、ひねくれ者?。

税金で、養い続ける必要が、とか、宮内庁某氏について書いてある。

税金を払っているのは、どこの、誰だ?。

払っている人々は、いいかげん、なめられ、ふざけたたわごとを聞かされ続けている。


・・・おそらく、ここから、神道学者・高森先生の、本当に語りたい部分になるのでしょう。

それに関して、わたしの意見はただ一つ。

いろいろ、難しいことを書いておられますが、私は、秋篠宮さまが摂政に、などと、全く考えない。

皇太子が中心にいて、それを、秋篠宮さまがお支えするなど。

自分が足りない自覚も無く支えてもらう感謝も無く、相手がし易いように身を御する才覚、気配り、神経なく、プライドは高くより以上に妻及び外戚に牛耳られること必至の皇太子さまを、秋篠宮さまが。

自分の考えでは。それはダメです。

皇太子様には、そのお立場の方らしい身の処し方を。家族もろとも。


日本の象徴天皇位は、相応しいお方が、ただお一人。ごちゃごちゃややこしいものは不要。

いつもいつも、そう、考えています。

・・・高森先生の書かれたこの記事の、最終頁には、ひねくれKUONの胸が熱くなるような、天皇陛下のお言葉が、引用されています。胸をつかれたのは事実です(って、事実です、ってとこ、ナルの例の発言のマネ、しちゃった)。

そのうちに、ここでも、陛下の尊いお言葉を、ご紹介させていただきたく思っております。



コメントのお返事遅れてすみませんでした。

ともやんさん。

初めてのコメント、ありがとうございます。

そうなんですよ。

晩年の江田頭豊の放言していた内容。

「趣味は御所の庭の散歩」だと。

昭和帝は、水俣病の会長であった人物(あった、は過去形ですが、チッソの会社の終生名誉職でした)の孫にあたる雅子さんを「国民の気持ちが受け入れられないであろう」として、断固、結婚を反対されたのでした。表向きはその理由です。他にも幾つも「この結婚はならぬ」理由があったのですが、表向きはその理由を使われた。当時の後藤田正晴官房長官は「皇居の前にムシロ旗が立つ」と、政府としても反対された。それが、昭和天皇ご崩御のあと、ほどなく「小和田さんではいけませんか」と、皇太子の再びのアプローチは強硬で、と、されております。雅子さんの方も、近づくに懸命だった話は、長い間、抑えられていました。

皇太子の結婚を、最終的に今上両陛下は「皇太子の望むように」と、ご決断。

以後、オワリダ家の進撃が始まった。

正田家も、紀子妃の川嶋家の皆様も、身を慎まれてされなかったさまざまなことを、小和田家の皆さんは平然としてのけている。

日本の東宮さんは、まるでマスオさん。

情けない。あほらしい。かっこ悪い。

>>>妃は全く哀れで、、さびしい人こころない人、権力だけかざすちんけな人間にしか見えないです<<<

おっしゃる通り、ちんけな人と思います。自分のことが「見えない」って、こんなにも無様なことなんですね。

入内して後の20年、もったいない歳月だったよねえ、と、的外れな感慨さえ、抱いてしまいます。

よろしければまた、今回のような素直なご感想など、お寄せくださいね。


藍色さん。

はは。また出ましたよ、おかしな人が。いかなるあたりから出て来ておられるのか。賢げに見せているわりには感情、むき出しっぽく。でも、張り切って書いた感は、ありますね。

片山さつきさん。この人には全く、ノーコメントでしかないのだけど。

>>>「皇太子殿下の事を、私は浩宮時代から知っています。素晴らしい方です。廃太子だとか退位だとかとんでもない話です!」とか何とか、一気にまくし立てたのを思い出しました。<<<

高学歴の未熟な人、ですか。嫌いな女。

皇太子殿下は、確かに浩宮時代、気品もおありだったし、ボギャ貧でも紋切り型のことしか言わなくても、東宮様、であられるのだからそれで十分、と、思わせるオーラをお持ちでした。ことにしておきましょう。

国民は、皇太子に、そんなに多くは望まなかったと思う。あんなに大切に育ててもらって、素晴らしい方、とも言ってもらえなければ、それも何かな~の話で。

逆に、素直で疑いを知らずのお方だから、今のようなことに。今のようなところまで、来てしまったと考えると、難しいものだなあ、と。

お祖父様の仰ることは、お聞きになっておられたらよかったのかも、ですね。

ナルさん本人だけの問題でない、そういうお立場なのだから。そこが、大切なのに。

ナルさんに、いいところがあったとしたら、この結婚で、潰れました。組み合わせってこわいです。

余談ですが、私は勝谷氏、昔から好きな人です。

東宮夫婦の中東訪問時の動画など、さがしているのですが・・・


>>>さらに、おふたりは翌95年1月20日か1月30日までの予定でクウェート、アラブ首長国連邦(UAE)、ヨルダンの3か国をご訪問。各地で熱烈な歓迎を受けられた。

しかし、ご出発の3日前、全世界が悲しみに暮れた大惨事が起きる。阪神・淡路大震災である。

 淡路島付近を震源とするマグニチュード7.2のこの直下型大地震が発生したのは、'95年1月17日午前5時46分ごろ。とくに兵庫県南部や淡路島は、各地で建物の倒壊や火災が相次ぎ、死者約5500人、負傷者約3万7000人、倒壊家屋約21万戸、焼損面積約65万ヘクタール。戦後最大の被害(当時)を受けたのだった。

テレビなどを通じて伝えらえる震災の状況をご覧になるにつけ、このようなときに、日本を離れてもいいものか――おふたりはこの2度目の中東ご訪問を予定通り進めることに、ためらいを見せられたという。ある皇室記者はこう話す。

「とくに、皇太子さまは、東宮侍従たちに、“スケジュールを変更したほうがいいのでは”と何度も確認されたようです。しかし、クウェートとアラブ首長国連邦への訪問をイラクのクウェート侵攻とそれに続く湾岸戦争、イラク情勢の緊迫などによって過去2回延期していることなどを理由に、外務省が予定通りの訪問に固執し、それに宮内庁も押し切られる形で強行されたと聞いています<<<

・外務省が推したのですね、雅子さんを、外国へ、行かせてあげることを。皇太子はまだ、らしさの残っておられる時期でしたのでしょうか。

ナル君は、こんな↓ことを、いけしゃあしゃあと、お述べになってるし~。

>>>万博の名誉総裁を務める皇太子さまは、9月25日の閉会式にも出席する。(愛知万博の際の話)。

 午後に訪れたヨルダン館では、塩分濃度が高く人が入っても沈まない「死海」の水のプールを見学。

1995年の同国訪問に触れ、案内役の関係者に

「阪神大震災が起こり途中で日本に戻ったため、死海は見られなかったので、また行きたいです」と話した。<<<

どなたか、この○かを黙らせて下され~。

1995年阪神淡路大震災を尻目に強行した中東訪問で、アラブの現地では入手できないリドヴォー(ris de veau 仔牛の胸腺)を食べたいと我侭を言いパリのフォションまで買出しに行かせた、のは、雅子妃殿下です。

どなたか、この夫婦を、強制撤去させて下さいませんか~。

この時の、赤いドレスに白いストール・・・お祝い色のファッションが、取りざたされましたね~。

ばかもの。
スポンサーサイト





  1. 2013.07.31 (水) 00:25
  2. URL
  3. sarah
  4. [ edit ]

なんですって~!

パリへ、買出し~!?

「1995年阪神淡路大震災を尻目に強行した中東訪問で、
アラブの現地では入手できないリドヴォー(ris de veau 仔牛の胸腺)を食べたいと我侭を言い
パリのフォションまで買出しに行かせた、のは、雅子妃殿下です」

山口県の集中豪雨で、家や畑が壊れたり流されて途方にくれているお年寄りの、
「もう、やり直す気力がない」という言葉が胸に刺さりました。

東愚と東愚妃、
あなたたちは、こういう人たちの税金で生きているのではありませんか。

最近の東愚妃と壮年の学会・池田氏、お顔がよく似てきた感じが。
輪郭とかお鼻とか・・・、私の気のせいかもしれませんが。

オワッタ家はクチが卑しいです、東愚妃・その母・その姉妹も。
  1. 2013.07.31 (水) 10:01
  2. URL
  3. うさのうさみみ
  4. [ edit ]

非難の矛先

高森さんは確かチャンネル桜だったと思いますが、ちょうど悠仁様がお生まれになった時にご皇室について対談していて・・・
「親王さまご誕生!」の一報が届いた時に「これで私はかなり不利になりましたね」とかなんとか言ってたはず まあびっくり! 本当にご皇室に尊崇の念を抱いてる人間の言うことかいな?
この人、とにかく皇位継承を女系にしたい、女系こそ我が行く道、女系命でして
だからおそらく秋篠宮さまのなさることがことごとく気にいらないし、もしかしたら親王殿下をお産みあそばした紀子さまに憎悪の念すらあるのではと疑ってしまう 恐ろしいことです
小和田さんからなんかもらったのかなあ?
「愛ちゃまが天皇になったら宮内庁長官にしてやるわよ」って約束してもらったとか?
シャレにもならん話

なんとか女系を正当化しようと他を貶めるやりかたは、結局理論が破たんしてるようなので我々下々の者には到底理解しがたい「秋篠宮摂政絶対反対論」は横に置いとくのが得策ですね
新田均先生のお話は実にわかりやすい、こちらなら横に置かなくてすみますよ♡

今回はその件ではなくて・・・
東宮妃のことで東宮さんが非難されるのはまあ嫁取りしたから多少はしかたないにしても、最近は東宮さん一家のことで天皇皇后両陛下にまで非難の矛先が向き始めているようでして・・・
それがどうにも辛いです
両陛下はそれこそ血を吐く思いでご皇室を守ってこられた
我が家だから守る、のではなくてご皇室=日本だからですよね?
こんな私のような者のためにも日夜陛下は祈ってくださるのです
なんて有難い かたじけなさに涙こぼるる
それだけに両陛下まで非難されるのが辛くてたまらないです(T_T)
言論の自由は大切だけどこの忸怩たる思い、どうしたものか・・・

それもこれもしっかりしない長男夫婦のせい
平成の即位の礼、あのころの東宮さん立派やったなあと
普通男は結婚したら背負うものも大きくなって男ぶりも一段とあがるものですが、そうでない人もいるんですね~
それとも嫁取りがもとで本性が現れただけなんですかね? いわゆる似たもの夫婦って?

秋篠宮さま~! 紀子様をみつけてくれてどうもありがとうございます♡
紀子妃殿下!  悠仁様をお産みくださって本当にありがとうございます♡
神様っていらっしゃるんですね



 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・