FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. ゆれ・ふら・とーく
  2. tb: 0
  3. cm: 3
  4. [ edit ]

少しの笑いと僅かな歓声

50年ほど前のこと、とだけ明らかにして、当時中学生だった私が記憶していることを書きます。

書いていいのかと言うおそれのようなものが拭いきれないのです。だからぼんやりと。

養父の家へ、さる宮様がおいでになりました。旧皇族とかでなく、元なんとかでなく、本物の宮様。私は、玄関でお脱ぎになった靴を揃えるよう、前もって言われていましたが、付いて来た方がすべてされました。

ちょっとした休息の場を養父の家が頼まれたようで、冷たいお茶だけお出ししたようです。一度だけでした。

養父自身は皇族をありがたがるタイプの人でなかったです。

他のところから宮様に、なんと呼ぶものか知りませんけれど、お金が包まれたとは、帰られてしばらくの後に知りました。

養父は、

「宮さんなんて、もらえるものはあたりまえに、えんりょもしらずにもってゆくもんだ」

と言っていたのを覚えています。

お金のことなんか全くご存じなく、けれど、それが魔法の力を持つ、ということは、知ってしまわれている、というような意味だったと思います。

もらうのでなく頂くではもちろんなく、くれたければ受け取るにやぶさかでない。あ、そう、という感じで。

・・・ただで物をもらってはいけない、など、他にもあれこれ厳しい人であった養父の言葉として、覚えているのだと思います。

・・・たとえば皇太子さんが、出先で出された何かを褒めれば、ぜひぜひお持ちください、といった話になることは容易に想像されます。

あらゆること、いろんな物に、その理屈はつくと思う。

↓有名過ぎる話ですが・・。

昭和天皇は相撲がお好きで、皇居でテレビでご覧になる時に、真剣勝負をしている相撲取りたちを、正座して見ておられたと。

贔屓の力士もおられたでしょうが、公正を欠くことを慮られて、特定の名を出されることは無かった。

比較することは失礼と知りつつ、少し書きたいことがあります。


皇太子さんは酒豪であられ、ビールもワインもその他も「美味しい」ものを好んでお飲みになるそうです。

日本酒が一番お好きとか。

日本の皇太子だから日本酒好きで、それでいいではないか・・・と言うのは、いささか早計のようで。



・天皇陛下の新嘗祭(毎年11月23日)に使用する御神酒は2000年まで月○冠だった。皇太子が月○冠嫌いもあって、2001年皇室御用達(宮内庁御用達)を外された。

・毎年皇室に納入している皇室御用達の日本酒は桜○宗、菊○宗、日○盛の3社。月○冠も2001年までは皇室御用達だった。

 桜○宗、菊○宗、日○盛は明治時代の大手3社だったことから皇室、宮内省御用達に選ばれた。3社は皇室御用達をアピールしている。

・日○盛惣花は大正天皇即位、昭和天皇即位、天皇陛下ご成婚、皇太子のご成婚、皇太子夫人雅子の納采の儀、天皇陛下三女結婚に使用された御用酒である。

・皇室の慶祝は日本○惣花が一番多く利用されるといわれる。しかし、純米吟醸酒惣花は非常にあまい酒なので来賓者に使うことができないお酒である。

・桜○宗金稀は春の園遊会、菊○宗雅は秋の園遊会に使用される。皇后陛下の納采の儀の納采酒は菊○宗が選ばれた。

・業界2位月○冠はかつて11月23日新嘗祭の御用酒だった。1980年代のバブル期、当時業界1位だった月○冠が皇室の慶祝や宮中晩餐会等で一番多く使用されたといわれる。

・天皇陛下(平成天皇)の即位、大嘗祭は月○冠の大吟醸酒大賞が選ばれた。

だが、皇太子が月○冠嫌いもあって皇室御用達を外された。現在、新嘗祭御用酒は他社(御用達3社ではない)に変更されたといわれる。

・国家元首クラスをむかえる宮中晩餐会は独禁法にふれるため他社の日本酒が使用されることが多くなったという。

すでに○姫、○龍、松○翠、幻、○広、真○鶴、〆○鶴等が皇室に納入したことがある、天皇陛下はあ○開、奥○松等日本酒会社を訪問したことがある。

・皇太子は酒豪で有名、日本酒、ワイン、焼酎通であるため、皇太子が天皇陛下に即位すると皇室に納入する酒造会社が一変するといわれる。


お酒のことだけ言っても、こういう具合。デパートを借り切って親子で買い物をした、ジャムを買うのに試食して・・・との話で私は、どんだけ人に迷惑かけて足止め食わせて、試食するなよ~~~、と、眉をひそめてしまったのでした。なんて程度でない、腹の中大噴火。

この気持ち、わかって下さる方は、ごてごて言わんでもわかって下さると信じる。

何をした、どうした、と、聞く話がすべて何もかも、聞くに堪えない無様さで。

皇室に入ったらお金の問題なんて、と公言しながら母子でブティックで注文ざんまい、店主が請求書を出したらば「えええっ、皇室に入内する、尊い身分になる、妃殿下になる、その、その、このわたくしどもに、あなた、お金なんぞ、請求するつもり???光栄ですってことになって当たり前でしょおおお、という態度であったことが今でも笑い者、の妃殿下、当然今も、そのあたりのケジメなんぞつけようのない、ス入りぼそぼそ西瓜あたまであろうと、不敬ながら、思っております。

もうこれ、これだけでも・・・・・・・・・・です。ばかもの。

その妻の感化よろしく、ボクが欲しいと言えば皆がくれたがる、あんなにありがたがるんだから、もらってあげてもいいよね、仕方ないからもらってあげる、不味いものはよこさないでよ、まさこも、きゃあ、うまいことトクしたわね、がっちょりよね、今日は、よしよし、エライエライ、してあげてもよくってよ。

・・・って、ワタシが、東宮夫婦のことひどいこと言うと、怒りの紙つぶてを下さる方、おられます。

ちょっと、ちょっと、お考えいただきたい。

この恥ずかしい二人が、ちっとも磨かれないでどんどんナマクラ刀に仕上げって行くばかりの二人が、日本の天皇、皇后になっても、本当にいいですか、恥ずかしくないですか。

「(KY太子)うちのまさこが貴国へ二人で行きたがっております」

「(貴国のヒト)おお、それは光栄なこと、ぜひ、お美しく英明なお妃さまとおいで下さい」

「そうですか、では行ってあげましょう、ホテルはツインのスゥィート、まさこは一人でないと眠れないのでね、繊細ですから。二つ要ります。一緒に寝て・・いや、眠ってくれないんです。

妻の両親や妹が来るかも知れないので、来たら同じクラスの部屋をとってやって下さいね。妻の機嫌が、、、はは、妻の身内を大切にする男でねワタシは。

はは。日本の千代田におりますのは、ワタシの両親です。帰ってから挨拶に出向いてにこっとすれば、特に母などは、それだけで安心しますから。お気づかいは不要。お土産も、両親の分はけっこうですから。

え?。

日本の天皇・皇后は、千代田の私の親の方ですが。

それが、え? 何か? え、ああ、もういいですか、そう願えれば幸いです。

ええと。食事はたっぷり、私と二人だけで摂れるようお願いします、外国ですと妻も私と一緒に食べてくれるんですよ、食べ方はチャイニーズ・スタイルなので、足元にシートと、テーブルクロスは汚してもいいようにビニールで・・・いや、外国でくらい、シルクのクロスを使わせてやりたいな。私どもに気を遣うなら、そういう風にしてもいいですよ。それから・・・」

「(貴国のヒト」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・今なら日本をおとせるかも・・・」

みたいなことに、なったら、どうします?。

どうもできない。

どうもできないので、かなしい。


藍色さん。

コメントありがとうございました。

皇太子さんが、無邪気に、いろんなところでいろいろ所望され、裏で嗤われ・・・情けない。嗤われる意味を、多分わかっておられないと思うと、何とも。

こういう話だけは、聞きとうもない、のですのに。

ばかもの。

大昔の、「宮様」を嗤っていた養父のことを、思い出していました。

藍色さんのお住まいの方へ交代氏さんがおいでて。

人気が無いのがばれてしまっていて。と。

この春の「スキーご静養」の時の、駅で「罵声」を「浴びせた」方の、奥様のお声なども、出ております。

ご存じかどうか、以下に。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<<<団塊世代の主人が、東京駅で東宮一家に罵声を浴びせてきたそうです。

「仮病、さぼりの税金泥棒! 皇室から出て行け! 食う寝る遊ぶだけの

税金泥棒! 皇室から出て行け! 陛下は働いておられるぞ! 皇室から

出て行け!」と言って。


「年配の男性SPが、ロープを持たない片方の手のひらをこちらに見せ、

前後に動かしながら、無言ながら、表情から『解りました、解りました、

抑えて、抑えて。』と言っているように感じた。自分はロープから2列目

辺りにいた。取り押さえられることは無かった。暴漢ではないのだから。

先導の男性(宮内庁役職者?)も東宮一家も、一瞬、何を言われたのか解ら

なかったかもしれないが、繰り返して言ったので解ったはず。通り過ぎる

時間は3、4秒しかなく、必要最小限のことを言った。自分の罵声を非難

する人はいなかった。『陛下は働いておられるぞ!』と言った時には、少し

の笑いと僅かな歓声が上がった。そばにいた人には、突然のことで心臓に

悪かったと思う。」  と夫は言っています。>>>

週刊誌によると、現場は騒然となったり真実の声の主が「取り押さえ」られたり、だったのですが、実際は一応事情は聞いたものの、警備の方(?)は紳士的な態度でソフトな対応だったようです。

ご本人も「暴漢ではないのだから」と。(微笑)。

聞こえたはずの皇太子はスルー。雅子さんは愛子さんの手を引き引き寄せ、体を固くし、本当かどうか、過呼吸になられたと。

「タミノエンサノ声」とかいうフレーズが、浮かびますです。

また、あまり報道されなかったこととして。

現地スキー場で「お迎え」されていた中の一人の女性が

「被災地へ行きなさいよ」

と、叫ばれた。

これも皇太子は聞こえないふり、平然とうすらと。(小さい「っ」を忘れたわけではありません)。

民の声は聞き流せ、ね。なるほど。

雅子さんは、静養に疲れて静養のはずがまた疲れて静養。よく、こんな風に言われていますね。。

スポンサーサイト





  1. 2013.07.14 (日) 21:47
  2. URL
  3. achabi
  4. [ edit ]

こんばんは。暑い毎日ですが、いかがですか?

この二人の真実を見聞きする度に、本当にぶん殴ってやりたくなる私です!
(食う寝る遊ぶ…の将来を約束されてる未来の天皇皇后両陛下の私達よ~!有り難く思いなさい!下々の者達よ!)ってな具合に一見優雅そうにお手ふりされてるのに、卑しさや狡さやわ隠せない目付きをしたマタコ様を見たら、『一つでもまともな仕事してから静養しなさいよ!』って叫んでやりたい!本気で本気で、二人には消えて欲しい!身の丈に合った人生を送るべきです。
それから、悠仁殿下の(一般電車での遠足)の記事を読んで、その御身を本気で心配してしまいました。
護らなければならない方達を護って頂きたいです。あんな成りすまし夫婦なんて、護る価値も無い(言い過ぎですね)!天皇皇后両陛下には、お辛い事とは思いますが、現実を早く直視して頂き、ご決断して頂きたいです。
  1. 2013.07.14 (日) 22:20
  2. URL
  3. やさい
  4. [ edit ]

親ばか、子はバカ

KUONさん、sarahさん、こんばんわ。

>>>この気持ち、わかって下さる方は、ごてごて言わんでもわかって下さると信じる。

はい、よ~~く わかります。 あ。 うん。

  1. 2013.07.15 (月) 00:11
  2. URL
  3. sarah
  4. [ edit ]

よくぞ!

書いてくださいました!

お師匠、achabiさん、やさいさん、お暑うございます~。

この夫婦のことを思うと、暑苦しさが増すばかりv-390
東京駅で、もし、あの時、その場にいたら、叫んだ男性に拍手をしていたと思いますv-391

M子妃を妻に選んだ皇太子・・・、彼は皇太子になるべきではなかったという思いが募っています。
以前から、報道された映像(実際に会ったことはないので)で、不思議な違和感がありました。
家族(天皇ご一家)と一緒でも、たくさんの人々に囲まれていても、
視線の絡み合いがないというか・・・、感情のやり取りが見えないというか・・・。

影がないような人物、体温がないような生物、のような感じがしていました。
この人は、自分以外の他人(親や妻も含めて)への愛情という感情はあるのだろうか。
強烈な自己愛は持っている、というのは確かだと思いますが・・・。

彼へ注がれた限りない両陛下の慈愛を思うと、
畏れながら、その慈愛の深さが今の災いを招いたのではないかと思っています。


ルイ16世 「暴動か」
ラ・ロシュフーコー・リヤンクール公爵 「いいえ、陛下。革命でございます」
(バスチーユ監獄陥落をルイ16世に報告した際のやりとり)

『何もなし』
(バスチーユ監獄が陥落した日のルイ16世の日記の全文)

ウィキからお借りしたルイ16世のイメージ・・・。
時代も国も違っていますが、私の中ではこの2人、よく似ています。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・