FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 8
  4. [ edit ]

見ていただきたい動画があります。

これは昨日の記事ですが、後ろに続きがあります。読んで下さると嬉しいです。

続きの続きがあrます、読んで下さい、お願いします。

今夜は寝させていただきます。コメントも沢山いただき(ワタシが下さいとお願いしたのです~)本当にありがたいです。児玉先生の動画、ご覧になって下さい、生きる力が湧いて来ます。なんて言いながら「寝る」を断行する。

明日も、元気でいましょうね!





胸が震えています。

胸が熱いです。いっぱいです。

ご存知かも知れません、ご存知でなければ、ご覧になって下さい。

東京大学アイソトープ研究所センター長であられ、内科医でもあられる児玉龍彦氏が、証人として語っておられます。

広島の原爆の、何についてはどれだけ倍であり、癌はこのように発生する、と、シリアスな内容ですが、時に思いが溢れて絶句されるような「人としての真実」「生身の人の熱さ」が胸に迫り、勇気が湧きました、心が強くいられると思いました。

ご自身が、今、子供達を守るためにされていることを「法律違反」だと仰っている。法律と現状が合わないので、違反してる、と。
胸が詰まりました。
こんな風に、言っておられる方を、他に知らない。

このようなことが無かった時代の法律に、現状、縛られていて、思いはあっても動けないでいる方々への、優しい気持ちも透けて見える。

YOUTUBE♯at=16
2011.07.27
衆議院厚生労働委員会
満身の怒り・児玉龍彦

こういう方の、こういう話をお聞きしたかった。

怒りに、共感して、どうしょうもないです。

いま(7・31・0.50分)訪問したら、やさいさんのブログ(右側のリンク欄の「頭の中のベヨンジュン」)で、児玉龍彦教授の動画が見られるようにして下さっていました。
感謝です。
どうぞ、そちらでご覧になって下さい。
お父上がヒロシマで被爆しておられるやさいさん。今回は、コメントは受けられないと仰りつつ、紹介して下さっています。
もし、コメントいただくなら、よろしければ、これについては、KUONに書いていただければ、と、思います。
見てくださるだけで十分です、ご覧になって下さい。

ディランさん、お返事、明日、いっぱい書かせてもらいますね。

7月31日。

この場所に児玉先生の動画を貼り付けさせていただき、安堵し、また見たくなってスタートマークの三角押したら、画面は黒くなり、見られません。
<この動画はYOUTUBEの利用規約に反していたので削除されました>
と出ます。
自分が、いけないことをしたのか、申し訳ない。そう思いました。
やさいさんちへ行ったら、やさいさんのして下さった動画も、同じことでした。
今、これを書きつつ、もう一台、横の机にあるパソで、先生の声とお姿を確かめています。
そこへ行けば見られるのですから、何度も行って見させてもらいます。
ここで、ついに、見ていただけなかったことを、お詫び申し上げます。

YOUTUBE♯at=16です。
ご覧になって下さい。


31日夜

消されてしまった児玉先生の動画を、やさいさんが再び、見られるようにして下さっています。

粘り腰のやさいさん、お気持ち嬉しいです、ありがとうございます。

皆様、ご覧になって下さい。

後でまた、お会いしたいです、よろしくです。









スポンサーサイト





  1. 2011.07.30 (土) 15:39
  2. URL
  3. ディラン
  4. [ edit ]

日本は中国と大差ないんでしょうか…

KUON御姉様こんにちは。

新潟や福島の豪雨
とんでもないことになっていますね。

カンナムが浸かってる!
ウリ王子のマイバは無事か⁈なんて
騒いでいましたが
他所様のお国どころか
またしても自国の危機的状況が(>_<)

福島県の雨や土砂のニュースを
見ながら…
一体、福島県民が何をしたって云うんだ‼と、誰かの胸ぐらを引っ掴んでやりたいような気持ちになりました。

それと同時に…
あの川の氾濫した水は汚染水⁇
流れた土砂の汚染物質は何処へ⁇
…やっぱり最後は海か…(−_−;)

色々なことが過ぎりました(; ̄O ̄)

お魚買えないなあ…
漁師さんどうなるの⁇
福島に住んでる方はどうなるの⁇

どれを取っても悲しいです( i _ i )
切ないです…

長岡在住のチングにメールをしたら
大事な家財道具は全て二階にあげたとのこと…
信濃川が増水して緊迫しているようです。
どうかどうか雨が止みますように…

日本…いや、地球かな?
悲しい道を進んでるんですね
ヽ(;▽;)ノ
  1. 2011.07.30 (土) 19:54
  2. URL
  3. やさい
  4. [ edit ]

子供は未来

子供は未来。
BYJが云いましたね。

子供を守ることに全力を尽くしてください。
児玉龍彦教授が訴えておられますね。

子供を守ることは、私達の未来を守ることですね。

KUON姉さん、私のブログに、この記事をトラックバックしたかったけど、上手くできなくて、、

なので、YOUTOBEの画像を記事の中に埋め込むのが良いかと、お節介しにきました。

記事入力画面に、↓のコードをコピペしたら、動画を貼ることが出来ます。

<iframe width="425" height="349" src="http://www.youtube.com/embed/O9sTLQSZfwo?rel=0" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>



  1. 2011.07.30 (土) 22:15
  2. URL
  3. ディラン
  4. [ edit ]

再び、お邪魔いたします

先ほどは、職場からiPhoneで投稿したので
ハチャメチャで申し訳ありませんでした。
(でも一応、ちゃんと仕事はしてきましたよ^^;)

やさいさん、アド貼っていただいて
ありがとうございます。
早速見て来れました。

児玉先生の悲痛な雄たけび
胸がチクチクしています><
いや、グサグサしています。。。

グサグサしている今、この瞬間も
汚染物質は放出され続けているワケで

日本国民は出口のナイ洞穴に放り込まれてしまったンでしょうか?
事故車両を土に埋めた中国と
やっぱり日本は変わりないわ。。。

20年後?
がんの心配をしなくても
どうせ関東は地震で沈むーー;

そんな退廃的な考えも頭をよぎります。

凹みます。。。と、云うより
潰れますね(T T)

  1. 2011.07.31 (日) 03:44
  2. URL
  3. stainless steal
  4. [ edit ]

この国の行方に。。。

こんばんはKUONさん

「ご紹介 ありがとうございます」
と 云うには あまりにどうしようもない 日本の哀しい現実の お話でv-35

やはり 知ってても 知らなくても
予想通りの お国の現状でした

私は 原発について 本当に無知ではありますが
「形あるものは 壊れる」
という シンプルな理論の人なので いつか こういった事態が あるだろうな 有ったら きっと この国は事態収拾できない いえ しないんだろうな。。。

誰か scapegoatv-38を仕立てて
もっと言うと 用意しておいて

医学方面だって まったく知らないのです

ですが 元気に伸びざかりの 若い身体ほど
癌も 元気に 活動するらしいと

父は 進行性の胃癌ですが 高齢の為 進行より
老化が勝つ
から 胃袋切れば まず 余命は天命に近いでしょうと もう 何年も前に 手術しました 現に
その通り 元気に幸せな老後をすごしています

が。。。

その 理論で言うと 若年であれば 活動は活発なわけで 進行速度も 比べものにならないわけで


今日の 昨日の 大雨で 洗い流された 各種お化けは 風のむくまま 水の流れるまま

好きなだけ 分散いたしましたv-40

また このお部屋で呟いた幾つかの 危ない愚痴に
また エンドレスに 戻ると。。。

児玉龍彦教授の訴えのように
気骨があり
ご自身のプロとしての 誇りと 誠意と 知識と
持てるすべてをかけて
こうして 訴えられて

こんな しょうもない政府の国に
このような 見事な方が まだ 
他にも 沢山おられると

なのに まったく 機能していない政府のおかげで
埋もれる 技術 誠意 知恵知識 そして 未来v-18

未来。。。未来。。。v-254v-239

未来が育つ前に 育たなくていいものが むくむく
大きくなってしまうことに
その 可能性に 少子化大臣は どう お考えなのか
環境方面の大臣は どう 向き合うのか

最終的に。。。

「自然に任せる」 基本姿勢は そうなんじゃないか
また そこに 行きつく私


「日本沈没」 目前の日本かもしれませんね
ですが この国の政府は 沈没したのも
気づかないふり するんでしょうね

そこには 金色のお宝の分け合いに忙しくてv-61

未来が 短縮されているの 目に入らないのよね
きっとね
うちの 未来達は言います

「日本の寿命じゃねっ?」
「老齢化はつまり 国も でしょ?」


ああ シンプルな でも 未来のない オチで
申し訳ありません

「諦めたら だめでしょうv-217
そう 親として 云うものの 根拠がない

だから この動画 未来達に 見せますね
諦めちゃ ダメだと
本当は 親として ぶれないで言えたらいいのに
だから KUONさん ご紹介 感謝致しますv-22
  1. 2011.07.31 (日) 10:02
  2. URL
  3. yuuta
  4. [ edit ]

No title

KUONさん おはようございます
とても久しぶりのような気がします

PC朝一にやさいさんとこで見ました
児玉龍彦教授の熱弁というよりは叫び 訴え
何度も見直しました グッとこみ上げてきます
キーボードを打っている今もこみあげています

政府よ 真摯に受け止めて応えてください
子供達に安心安全な日本を残してください

ここ2,3日かなりの量の雨がふり
夜中には又もや地震 ぐ~らぐ~らとずい分長く揺れていました
半分眠っている頭で 日本列島はいろんな意味で
いずれ沈没してしまうのかな、、、と思ったりしていました

けれど そうなるかならないか その時までは生きているんです
暮らしているんですよね 今の子供達 そのまた子供達が

希望を捨てたくないです
そのためにも 児玉龍彦教授のような方々がたくさん声をあげていただきたいです
私たちはその声を受け止めて行きたいです


風ですが 一時よりやや持ち直していくらか元気(というのか?)になりました
家のあちらこちらに タラタラと色のついた液体をたらしながらも
ヨタヨタ ふわふわ歩けるようになりました
ホッとしたせいか こちらがやや夏ばて気味です
風ちゃんとおかゆを分け合って食べてるありさまです

KUONさん いつも喚起させてくれるお話をありがとうございます

追記
やさいさんにお礼を
やさいさん ブログにUPしてくださってありがとうございます
たくさんの方にみていただきたいですね 
  1. 2011.07.31 (日) 11:20
  2. URL
  3. えま
  4. [ edit ]

No title

kuonさん

児玉教授のお言葉すべて一つ一つ
受け止めました。

主人ともっとたくさんの人に知らせる手段はないのかと

児玉教授のような方がいて下さった事
希望が少し見えました。

言葉がみつかりません。
私は、この動画を、一人でも多くの人に見てもらうため、
動こうと思います。



  1. 2011.07.31 (日) 20:59
  2. URL
  3. sarah
  4. [ edit ]

ありがとうございました

今まで、ニュース番組の福島原発の解説などで、
「影響はありません、安心してください」
などと繰り返していた相当の肩書の学者の人たちにうんざりしていました。

でも、児玉先生に「科学者の良心」を見ました。

ありがとうございました。
  1. 2011.07.31 (日) 22:49
  2. URL
  3. muku
  4. [ edit ]

動画の紹介有難うございます

KUONさま、はじめてコメントさせていただきます。

やさいさんの所で、児玉先生の動画を拝見しました。

限られた時間の中、たぶん、時計を気にしながら、早口で・・・先生の子供達を思う切羽詰った気持ちがヒシヒシと感じられて・・・こんな先生もいらっしゃるんだ、という嬉しい気持ちと、こういう映像がテレビで流れない現実の厳しさ、権力と利権を握っている人たちに対する憤り、などなどで、私の胸もかきむしられるようです。

先生の早口は、のらりくらり、スロー再生か?と思うような政治を生業とする人の中身のない答弁とは、密度が、次元が全然違いますね!
あの人たちは、「しっかり」という言葉を多用しますけど、「しっかり」してない人に限って、そういう言葉を乱用するのではないかと・・・

先生のお話(DNDの二重螺旋が増殖のために一本になるときが放射線の影響を受ける)で、成長期の子供や妊婦さん、若者が放射線の影響を受けやすい理由を聞いてたら、ほんとに、これからの日本を背負っていくであろう子供たちはどうなるんだろうって、暗澹たる気持ちになりました。

民を思わず、権力と利権に群がる為政者・・・まるで、今見てる韓ドラ王朝時代劇みたいです。

明るい気持ちにならなければ、と思い、テレビのお笑い番組を見ても、目も虚ろな自分に気がついたりしてます。
初めてのコメなのに、愚痴でゴメンナサイ。お礼を一言言いたかっただけなのに・・・


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・