Welcome to my blog

今日も元気でいましょうね^^

ARCHIVE PAGE

archive: 2016年05月  1/2

空に吸われし

月の最後の日は、銀行回りをします。4月5月は、震災関連で、わがミジンコ会社の売り上げにもいささかの影響がありました。大きな会社の工場のラインが止まってしまっていましたし。影響は、波のようにたゆたゆたゆと、伝わって来るのです。でも、おかげさまで、取引先への支払いも、働いて下さる方々のお給料の振り込みも、つつがなくできました。本当に困っておられる方が沢山いらっしゃるので、どうしようかと思いましたが、書...

  •  5
  •  0

うすねず色に

No image

    おほ海の磯もとどろによする波われてくだけてさけて散るかも鎌倉幕府三代将軍  源実朝 のうた。大好きなうたの一つです。われて 砕けて 裂けて と。て、て、て、の追い込みように迫力があり、海の大きな構図、だだーん、どどーん、の波の音が、気持ちいいのです。数え28歳の若さで実朝は、命を落としました。鎌倉・鶴岡八幡宮の大銀杏のもとで、甥の公暁に狙われて。太宰治の「右大臣実朝」も読みました。その中にあ...

  •  4
  •  0

似ておられる

No image

きのう、おとといと、仕事関連のお客さまを奈良へお迎えしていました。奈良駅のコインロッカーはすべて、伊勢志摩サミットのせいでしょう封鎖されていて、わが社のお客人もそうでしたが、あちこち、大きなカートを引いたり巨大なリュックを背負ったりの方が沢山で、エレベーターもぎゅうぎゅう詰め。夕方帰ってパソコンを開き、あるサイトで以下のコトバに出会いました。「悠仁さまは与勇輝の人形の男の子に似ておられる」ああそう...

  •  11
  •  0

頬のさやけき少年の

No image

今日25日にアップした、悠仁さまの運動会の記事のまわりが、おかしいです。少し様子を見ます。不具合のこと、ここからお詫びしております。・・・・・・・上のこと。残していた記事を使ってなんとかなりました。先に拍手やコメントなどを、いただいていたなら、いったん初めのアップは削除してのやり直しですので、お気持ちを無にして、申し訳ないことでしたと、お詫びとお礼を申し上げます。・・・また下さい(笑)。秋篠宮家の悠...

  •  14
  •  0

あなたはだあれ、愛子さん

人は時と共に変化するもの、ですかしら。これからご出勤の、銀座の・・・いや〇橋あたりの・・・ママ、では、ないと思うのです。ママと呼ばれたいヒトだとは、わかりますが。玉の輿とやらに乗ったつもりが、上昇志向の過剰なわりに才も努力も不足し、何より思い上がりが強く。テアラはずり落ちているわ、ドレスの胸もずり下がってるわ手袋もダルダルだわ。これを「すばらしい」とノセまくったひとびとがいたし、ノセられた本人も、...

  •  8
  •  0

なんにも言えない。

何か書きたいのですが。わたしは元気なのですが、なんなのだろう、これ。町内会の旅行に行くよりカジュアルな身支度のおふたり。飛行機は貸切、です。天皇と皇后です。・・・としか。こういうことは、なさらなかった。今回。見ると腹のたつ写真です。言いようのない写真です。TBS系(JNN) 5月18日(水)23時10分配信 天皇・皇后両陛下が来日中のガーナの大統領夫妻と会見されました。両陛下の負担軽減のため昼食会は行われず、会見...

  •  6
  •  0

惜別のうた

No image

惜別の歌 【作詞】島崎 藤村 【作曲】藤江 英輔1.遠き別れに 耐えかねて  この高殿に 登るかな  悲しむなかれ 我が友よ  旅の衣を ととのえよ2.別れと言えば 昔より  この人の世の 常なるを  流るる水を 眺むれば  夢はずかしき 涙かな3.君がさやけき 目の色も  君くれないの くちびるも  君がみどりの 黒髪も  またいつか見ん この別れ4.君がやさしき なぐさめも  君が楽しき 歌声...

  •  4
  •  0

ひとのこころの温度をおもう:追記あります

[照宮成子の作文][私はどういうめぐり合わせか高貴な家に生まれた。私は絶えず世間の注視の中にある。いつどこにおいてもわたしは優れていなければならない。私は皇室を背負っている。私の言動は直ちに皇室にひびいてくる。どうして安閑としていられよう。高い木には風が当たり易い。それなのに高きにありながら多くの弱点をもつ自分をみるときこの地位にいる資格があるかどうか恐ろしくなる。自分の能力は誰よりも自分で一番よく...

  •  9
  •  0

お背中。追記あります。

No image

「ヴィーナスの誕生」です。わくわくわく。思い出しました、紀子さまよりオエラいという皇太子の妃は。大騒ぎして行った、オランダ国王の戴冠式の折の晩餐会に、出て来ませんでした。そーゆー約束で、行ってやったらしかったです。晩餐会場の、まさこが本来なら就くべき席の背後には。レンブラントの巨大な絵画が飾られておりました。まあもったいない、この絵を見るチャンスを生かさなかったのね、まさこさん。当時の私はまだ、十...

  •  6
  •  0

イタリアでの両殿下

小さい声でナイショで申し上げます。この写真、青年向け一部のまんがみたいに「吹き出し」つけるとしたら。「オレのスケ、マブイだろ」あら違うかしら、「オイラのコレだよ、ハクいだろ」どちらにしても、神官さんの息子さんには見えませんで、のう。カシコそうにも、なあ。>強く美しく皇室を導く、ですって。・・・・・・・・・・・・・・・・・・うわあああ大汗。小汗。伊太利での両殿下の画像を取り入れていたらまちがえて上の...

  •  10
  •  0