Welcome to my blog

今日も元気でいましょうね^^

ARCHIVE PAGE

archive: 2014年01月  1/2

ざつこちゃんはかんじない   シリーズⅥ  & 冬の怪談

No image

ざつこちゃん話は後の・・・・・・・・・・・・・・・の下に現れる予定です。人間は多面体。ざつこちゃんにもさまざまな面がある、それを、その日書きたいように書かせてもらっておりますが、なんと申しましょうか、事実はフィクションよりコワイ、と申しましょうか。やまのこ さんがBBさんのところのコメから借りて来られたものを、私がお借りして参りました。冬の怪談。ほんま、コワイです。これ、このままでいいのだろうかとも...

  •  6
  •  0

ざつこちゃん むしされる シリーズⅤ

No image

   ざつこちゃんむしされる    シリーズⅤ    イメージ短歌 「豊かにも育ちたるもの有るべしを 思ひ無くてか無為の20年」             ざつこちゃん話は・・・・・・の下からです。Japanese Princess Writes Poem About Traditional Slovenian Lace秋篠宮殿下、紀子妃殿下が昨夏、東欧のスロヴェニアへ訪問された際。少女たちが伝統のレースを編むところをご覧になった。  いくつものボビン...

  •  10
  •  0

ざつこちゃんのおもひで  ヨウコ    シリーズⅣ

No image

      ざつこちゃんのおもひで  ヨウコ    シリーズⅣ          イメージ短歌    おとうさまが嫁けと言うから来てあげた私がそんなに敬愛できない?」   (ザツコちゃん話は↓の・・・・・・以降から始まります。その前に、リアル雅子ざま話を少し)。雑誌AERA。2月3日号。「天皇皇后の熱き改革」なる文字が表紙に踊っており、進む皇室財産の解放、とか。陵墓の縮小とか。国民負担を考慮、お...

  •  8
  •  0

ざつこちゃんのしゅうぶん  シリーズⅢお清め動画追加。

No image

     ざつこちゃんのしゅうぶん(一) シリーズⅢ         イメージ短歌  「外交官ってフレコミでした実態はコピー番長と称ばれたアタクシ」         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「ええ。確かに、聞いておりました限りでは遠縁の子ども同士として、幼い頃には、そうでございますね曾祖母のおりました頃は、お正月や夏休みを共に過ごしたこともありました。あちらの方はそのうち、お父様...

  •  21
  •  0

ざつこちゃんのはんもん  シリーズⅡ

No image

   ざつこちゃんのはんもん 「その朝」のザツコちゃん         イメージ短歌  「シモジモよ黙し働き納税しわが静養を見守りなさい」               しもじもよ もだし はたらき のうぜいし わがせいようを みまもりなさい・・・・・・・・・・・・・けさもおきられなかった。あついカーテンをおろしたへやの、ダブルサイズでよういされた、しかしずっとひとりでつかっているベッドの上で、ざつ...

  •  19
  •  0

ざつこちゃんのけっしん Ⅰ(再)

No image

  「ざつこちゃんのけっしん。そのⅠ」           イメージ短歌  「御所で取るデリバリーピザ弱点はやはりチーズが冷めてることね」                                     作・何茶手くおんざつこちゃんのお口は、たべるためにあります。いま50さいですが、5さいのころからそうでした。ざつこちゃんのかこを、あさ~く、ふりかえってみましょう。おかあさんは、あまり、お...

  •  17
  •  0

ベターを目指す。

No image

以下は去年、2013年の春休みの、東宮一家のご静養スキーに費やされた税金です。皇太子一家のスキー静養2013in奥志賀グランフェニックスJR利用料金【 2,123,940円 】二百万一千・・・以下略東京長野グリーン7号車10,460円×52席×2回=1,087,840円  百八万・・・   東京長野指定席8号車7970円×65席×2回=1,036,100円  百三万・・・  2013年3月23日(土)から4月6日(土)満室確認【ルームチャージ料金のみ 23,190,000円】二...

  •  6
  •  0

つまんでみたの。

No image

雅子氏のうたは、誰かさんがそれらしく作ったものを、何首かの中から、これ、と、つまみ上げたもの。あまり上手でないようにプロの手で仕上げられて。高円家の長女さんの一首は、例えに出して申し訳ないですが、ご本人が元の部分を首ひねりながらでも「作ってみた」感があります。あのシュールさは、本人でないと出せない感がある。これは私感ですが。雅子氏の歌会始の儀のうたは、そうですらない。それだけの「努力」すらしない、...

  •  16
  •  0

悲しみだと。そんなことをお前が言うな。

No image

晴れているような黒い雲の被さって来るような。きーんと空気の冷たい冬のお天気です。19年前のあの日の今朝早く、大地が激しく揺れました。奈良では震度4だったと聞いていますが、そうとは思えないとにかく長い揺れでした。布団の中で天井に向いて目を見開いたまま動きだせず、まだ揺れてる、まだ揺れてる、と、なすすべの無い自分でした。当時営んでいた、小さな綺麗な壊れやすいモノばかりの小店。かつて都びとたちも行き交っ...

  •  8
  •  0

雪よ林檎の香のごとく降れ

No image

歌会始の儀、当日の昨日は、言いたいことを抑える良い子のわたくしでした(自分で言うか)。一般の部で選ばれた方々にとっては、何回目の方もおられましたけれど、、慶びの日、生涯忘れ得ぬ幸せの日、ハレの日であられたでしょう。うたを心の支えにしている方は多いのです。雅子とかいう存在への腹立ちも抑えようと。少ない自制心を昨日はかき集めていたのでした。歌会始にさきがけて陛下が発表された水俣のおうたに触れたいです。...

  •  9
  •  0