Welcome to my blog

今日も元気でいましょうね^^

ARCHIVE PAGE

archive: 2013年12月  1/3

雪がしろくて

No image

避難所のすべて閉ざさる そんなのがまだあったのと言ふ人もゐる春が来ればもはや3年ブルーシートと白き袋とばかり増えゆく帰阪する人らと落ち合ふP・Aに浪江の雪の重さ聞きをり楢葉から大阪へ帰る半年ぶり子はもう歩くとそそくさとT氏律儀にも並べる仮設住宅の一つ一つの窓のともしび自が家へもう還らない帰れない 今日見れば新しき仏壇が有る若い頃は田んぼ仕事がイヤだった罰あたったとYさんは泣く原発事故の後アカギレが無く...

  •  10
  •  0

行って来ます。

No image

こんばんは。秋篠宮妃殿下 紀子さまは、眞子さま、佳子さまとお揃いで「オペラ座の怪人」のミュージカルをご覧になったとか。とても美しいお三方で、客席も華やいですてきな一夜だったそうです。今日は皇室のお餅つきで、秋篠宮家の皆様も総出で。皇太子さんは愛子さんと二人で先に入られ、皇太子さんは車の窓を開けてお手振りをしながら皇居へ入られたそうです。人気の無いのを気にしておられるのだそうです。雅子さんは一人で、...

  •  8
  •  0

神話の昔のめおとのごとき。

No image

朝から出ていて、帰ったら冬休み中の孫息子・6年生が、ぼおっとテレビに向かっていた。「あべしゅしょうがやすくにじんじゃにおまいりとか言ってるよ」と言う。えっ?と、ぐるぐる巻きのマフラー、外そうとして焦って首しまりそうになりながら、神官さまに導かれて参拝される安倍総理大臣のお姿を拝しておりました。政治家にアタマを下げたことなど今まで無かった。でも、ありがとうございます、と、総理大臣に向かってアタマ下げ...

  •  4
  •  0

引き止めませんから。どうぞ。解放。

No image

「むつかしいと思うことも沢山あるし、辛いことも在ります。いつになったら慣れるのか見当もつきません。(中略)時には八方ふさがりのような気持ちになることもあります。」皇后陛下・美智子さまが昭和35年、ご結婚一年目の感想を問われてのお答えだそうです。けっこうはっきりと仰っているのに改めて驚きました。皇后陛下はほんとうに大変な中を通って来られ、胞状奇胎などの試練をも受けられた。しかしご実家のお母さまは「皇室...

  •  4
  •  0

絡む。イヴ。

No image

ワイングラスに(・・・)しゃぱしゃぱしゃぱとシャンパンを注いで。淡いオリーブ色の液体、小さなまん丸いプクプクの無数の泡たち。卓上には背の高い低いカラフルな幾本かの蝋燭。いっちょまえのシチュエーション。冷やした小エビやアボカドやアスパラガスのサラダ、チーズ、お定まりのチキンやBLT生春巻き。一番好きな艶消しの銀色のフォークで、ゆっくりと口に運びながら、ただいっぱいのシャンパンで、酔っ払ったのですか私。...

  •  8
  •  0

「ありがとう」・・・。

No image

「国民の幸せを祈りつつ、努めていきたいと思います」 ご会見全文 ■ご会見全文 --80年を振り返って特に印象に残っている出来事や、傘寿を迎えられたご感想、これからの人生をどのように歩もうとされているのかお聞かせ下さい 「80年の道のりを振り返って、特に印象に残っている出来事という質問ですが、やはり最も印象に残っているのは先の戦争のことです。私が学齢に達した時には中国との戦争が始まっており、その翌年の...

  •  3
  •  0

今朝の思いを。

No image

平成25年12月23日。天皇陛下 お誕生日おめでとうございます。お健やかに いついつまでものご長寿をお祈り申し上げます。心よりお願い申し上げます。精神性の欠片も持たず育もうとしなかった不敬不遜不逞の輩が、なるべくしてなる結果を。まさに迎えますように。このごとき悪しき言を発する自らをしっかりと自覚しつつ、あの者どもを否定します。微小なるミジンコなる身、それでも全身にミジンコの誇りを帯びて、あれらを否...

  •  12
  •  0

は?。

No image

「愛子さまが将来の天皇陛下ではいけませんか  女性皇太子の誕生」とかの本が出るらしい。宣伝になったりするのはイヤだけど、黙っていられません。 「天皇」がどんなお立場で何をなさって日々をどうお暮らしになられるか、わかって言っていますか。初めの「 から〆の 」まで。意味わかりません。天皇になってどうするんですか。何するんですか。どう生きさせるんですか、愛子さんを。・・・幻冬舎。初めの頃は意欲的ないい本、作...

  •  18
  •  0

「でんでんむしのかなしみ」

No image

少し引用をさせて頂きます。「私の子供の時代は,戦争による疎開生活をはさみながらも,年長者の手に護られた,比較的平穏なものであったと思います。そのような中でも,度重なる生活環境の変化は,子供には負担であり,私は時に周囲との関係に不安を覚えたり,なかなか折り合いのつかない自分自身との関係に,疲れてしまったりしていたことを覚えています。そのような時,何冊かの本が身近にあったことが,どんなに自分を楽しませ...

  •  7
  •  0

影子ちゃん Ⅲ

No image

影子ちゃんの記事について、けっこうな量の裏からのご訪問を受けました。・隠したいことをわざわざ晒して何のつもり、可哀そうではないか、些細なことで攻撃するお前(わたしのことです)の性根が我慢ならん。・まさかこんなことがあるはずがない、皇室の悪口言うな。分類するとこの2タイプです。@私の性根が我慢ならんとは、お気の毒ですが、このようなブログには近づいていただかないのが良策と存じます、どうぞそうなさって下...

  •  0
  •  0