Welcome to my blog

今日も元気でいましょうね^^

ARCHIVE PAGE

archive: 2011年08月  1/3

ご挨拶

No image

いつも来てくださって、読んでくださるみなさま。今日と明日は、このブログはお休みです。またお願いします。...

  •  2
  •  0

フライド・フィッシュ

No image

三時ごろ、イオンモールにいました。ちょっと座りたいねということになり、夫婦だけなら静かな喫茶店ですが、そうでないのでマクドナルドへ。私は、フィレオ・フィッシュを食べました。好きなんです。子供の頃、夏休みになると、母の里の田舎か亡父の妹である叔母の家へ、けっこう長く、預けられていました。叔母は、私くらいの子供が三人おり、皮肉ばっかり口にしているお婆さんがおり、家の前面を店にして、味噌や醤油や油を商っ...

  •  1
  •  0

ごん、ごん。

No image

こんばんは。ご無沙汰しました。雑の用で家へ帰れませんでした。留守中にも読んでいただいていて、ありがとうございました。今は、28日、日曜日になったところです。あくびをすると奥歯が痛い・・・虫歯かしら。いやですわ。ここからの分、夜中にかちかち打っていて、いつものように自分の考えなので消す必要ないとも思ったのですが、あまりムキになっていて、恥ずかしかったので、削除しました。既に読んでくださった方、ありが...

  •  3
  •  0

同感です。

No image

すみません、最後に追記があります。よろしくお願いします。コメントを下さっている方々にお返事させてもらおうと、再度、再再度、読み直していたら、アタマのてっぺんが、マグマを噴出したがって膨れ上がる火山みたいになって来て、仁義を忘れて後回しにして、吼えてみたくなったのでございます。原発マネーが、66年以降、少なくとも2兆5千億円。45年間ほどでの額。現在、福島原発の事故現場で仕事をしているフランスのアレ...

  •  4
  •  0

しちめんどくさいハナシです

No image

太宰治という作家がいます。若い頃にかかるハシカのような作家と、言われることもあるようです。私も太宰ハシカにかかった、けれど、な~にを、ぬらくら、ほざいておるか!という気分もあり、鼻息でフン!っと吹き飛ばしたい気分も身内に生じ、な~にがダザイじゃ~と、蹴飛ばしたい思い、もやもやしつつ、好むとなど知られることのどうやら口惜しく恥ずかしく、つづまりは作品の総て読んでいるありさま、そのごとき己の体たらくに...

  •  6
  •  0

あちこち行ってます。

No image

おはようございます。書いて空しいことを、書いてどうなると、考えていましたが、グチ、言ってみようと、思います。今朝の新聞に出ている、「放射性物質五万分の一に」福島第一  サリーが本格的稼動という記事。この「サリー」と言う名の東芝製の機械は、現場での新顔です。導入のことは言われていましたが、本格的に、と。記憶されていると思いますが、フランスのアレバという会社が、放射能のことなら任せなさい、ちゃーんとし...

  •  2
  •  0

花火を

No image

見て来ました。平城宮跡の花火、という風に覚えていたら、そこでの打ち上げでなく、平城宮跡から見える、花火でした。幼い孫を連れて人ごみに紛れることは、何かの時に自分の脚に自信がないので自粛、遠くからでも、夏の花火が見えればいいや~、と、思っていました。沢山の車、人、どこにも停まれなくて、流されるように追われるように、遠い遠い方へゆるゆる行って、細い道に入って、そこには警察官の姿も無く、一台分だけ空いて...

  •  1
  •  0

ひまわり

No image

映画のシーンのように、果ての見えないまで咲き盛るヒマワリを、見たいな。今朝、とっても綺麗な鮮やかな、生命力に溢れた向日葵の群生の写真を見て、胸が弾んで、こころが、ひまわり畑に飛びました。むかし、能登の海沿いの村をドライブしていて、ここに住みたいな、と思ったことがあります。丸々太った猫の大あくび。車の前を、何十匹も連なって、横へ、横へ、顔はのんびりと足は忙しそうに歩いていった蟹のファミリー。高台にあ...

  •  2
  •  0

切ない。

No image

私の聞いている限りでは、日本という国は、とても豊富な天然資源を持っている国なのだそうです。南の方の島の、海の中にも、沢山あるのだそうです。わたしは、ここ数ヶ月中に初めて聞いて、へええ、と感じていたのですが、勿論、ご存知の方は沢山おられるのでしょうね。どうも、私が書いていることはどれも、、ニュースとしては、あまり意味が無いように思います。知ってから、考えたり調べたりしてると、一ヶ月くらいはすぐに経過...

  •  0
  •  0

ご存知でしょうが見てください

No image

。かなり以前の番組ですがわかりやすいので・・・いただいたコメントへのお返事、遅れました、ごめんなさい。ディランさん。なんにも、詫びられること無いと思います。もしも誰かの心に、刺さってしまうことがあったらと、そのことについての痛みを、引き受ける覚悟で、書かれていると思います。同じことを書いても、人を傷つけるナイフになるか、否かは、ナイフが両刃であるかどうか、みたいな感じで、言葉を発する側の人間の気持...

  •  3
  •  0