KUONのブログへようこそ。

ブログタイトル変えました。中身は変わらずKUONです。

ただありあけの

asagao17.jpg


万葉集に限定せず、で。夏のうたをまた少し、味わわせていただきます。



夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを 雲のいづこに 月宿るらむ

   なつのよは まだよひながら あけぬるを くものいづこに つきやどるらむ

                   清原深養父  「古今和歌集」 「百人一首」36番


清原深養父は、「枕草子」の清少納言の曾祖父にあたる人です。養父は「やぶ」と読みます。

「古今和歌集」「後撰和歌集」に多くのうたが選ばれており、琴の名手としても名高く、芸術愛好のひとであったと。いずれこのヘタレブログにも登場なさると思いますが(敬語(笑))、紀貫之(きのつらゆき)と親交が深かったそうなのでした。

忘れてしまいそうですので記しておきますが、この「紀」の文字ひともじの姓は今に続いていて「きぃ」さんと呼ぶ。その流れのお一人の「紀」さんも、今はもうおられませんが、うたをたのしまれていました。

夏の夜は、まだ宵かと思っていたのにもう明けてしまったようだ。と、夏の夜の短さが表現されている。

空の雲のどこに、月は宿っている…眠っているのだろうね、と思いを馳せているこの月は、中天に、鮮やかに美しく照っていた月だったのでしょうね。

この一首も、月に女性の面影をからめて「恋のうた」とも読めます。夏の短か夜は、もの思いの深さのゆえかとも。




風そよぐ ならの小川の 夕暮れは みそぎぞ夏の しるしなりける

   かぜそよぐ ならのおがわの ゆふぐれは みそぎぞなつの しるしなりけり

                   藤原家隆(従二位家隆) 「新勅撰和歌集」「百人一首」98番


京都の上賀茂神社を流れる「ならの」小川、夕暮れとなっているいまは、風がそよいで既に秋めく感じもあるけれど。

この「夏越しの祓(なごしのはらい)」をしていることが、まだ夏である証拠なのですね、とうたっています。

季節の先取り(先感じ?)、現代ではモードの世界もそうですが、言葉あそびを楽しんだこの方々の特徴のひとつでもあるようです。

夏越の祓は、全国あちらこちらの神社で今も受け継がれている行事です。上賀茂のそれは、毎年、モノクロではありますが写真入りで新聞が伝えます。祓い=はらい、を、はらえ、とも言うようです。

作者の藤原家隆は、「新古今和歌集」の選者の1人であり、あのあまりにも 名高い藤原定家とは、従兄弟であり友人でもありました。

定家については、これもまた、いずれミジンコブログにもお出まし下さるでしょう(敬語。(笑))。




ほととぎす 鳴きつる方を ながむれば ただ有明の 月ぞ残れる

   ほととぎす なきつるかたを ながむれば ただありあけの つきぞのこれる

                   藤原実定(後徳大寺左大臣) 「千載和歌集」「百人一首」81番


ほととぎすは、時鳥とも杜鵑とも不如帰とも表記されます。

万葉集から古今和歌集にかけてホトトギスを詠んだ歌は沢山あり、特に古今和歌集には多くが選ばれています。

夏を知らせる鳥だというだけでなく、抒情的な鳴き声が(聞いていただけなくて残念ですが)ひとの、思慕の情をかき立てるなどされていました。

ホトトギスの最初の声を聴くために、何人かで夜通し待ったとの解説もされる、風流なうたです。一人で待ったと読めばまた、感じ方が違うのでないかと思います。


ホトトギスが鳴いたと思ってそちらを眺めてみると、そこに鳥の姿はなくて、ただ有明の月が残っているだけでしたよ。


「ほととぎす」が、単に鳥のホトトギスであっても、どなたか髪の長い姿の人であっても。

さほどの強い思い込みは無く、どこかとぼけた味わいがあると、私は感じるのですが。

作者の藤原実定は、詩歌のみならず今様・神楽・管絃の名手であり、蔵書家としても知られる才能豊かな人でした。叱られるの承知で書きますと、完璧な貴族の一パターンを極めた人というか。極めたところは凄いです。

この後徳大寺左大臣・藤原実定は、平家が隆盛を誇る時代の左大臣でした。その当時の高級官吏。平家にあらずんば人にあらずとされた時代の、左大臣。

「源平の合戦」の後、鎌倉幕府が開かれる直前まで生きた人です。平家の隆盛から滅亡までも見たひとです。

諸行無情。

諸行無常。

そんな念も、胸ふところにほとほとと抱きながらの晩年だったのでしょうか。



スポンサーサイト

蝉時雨

暑い日が続きます。

わが家の裏庭の一部には、そのころ、蝉の幼虫がどっさり眠っていました。それを知らずキュウリの苗を3本、植えつけようとして、丸まっている幼虫群を発見。大げさではありません、いっぱいいたのです。

あらゴメンごめんと謝って、土を戻して覆いかぶせ、キュウリは、離れたあたりに植えました。

あの蝉たちなのでしょうか。

庭で、ぎゃんぎゃん鳴いています。蝉がぎゃんぎゃん鳴くわけが無いのですが、とにかく。

いっときも休まず鳴いています。

のど、乾かないのかなあ、など、今日はヒマなので、呑気なことを考えています。

婚活中なのですよね、今年生まれの蝉たち。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


万葉集に、犬をうたったうたは数首しかありません(私が知る限りは)。猫のうたは無いようです。

蝉のうたは、見つけることができました。


  石走る瀧もとどろに鳴く蝉の声をし聞けば都し思ほゆ

     いわはしる たきもとどろに なくせみの こゑをしきけば みやこしおもほゆ

                                3617 大石蓑麻呂


作者は遣新羅使の一員。安芸の長門(現・呉市)で、久しぶりに陸地にあがって。

山中での宴のひととき、豊富な水量の瀧、蝉しぐれ、したたる緑の中で、不意に郷愁を覚えたのでしょうか。

離れて来た奈良の都。懐かしい寧楽の都に、思いを馳せたのでしょう。

帰れるかどうかさえ分からない、当時の新羅への旅の途次で。

うたとしては特徴の無い、ありがちなうたですが、だからこそ、誰の気持ちにも添いやすい思いの一首と思います。


もう一首。

これは万葉集でなく、数百年くだった鎌倉時代のうたです。


  降るほどはしばしとだえてむら雨のすぐる梢の蝉のもる声

     ふるほどは しばしとだえて むらさめの すぐるこずゑの せみのもるこゑ

                                   藤原為守娘


藤原為守は、冷泉家の祖。いちばんはじめのひとです。このうたの作者は、その為守の娘。そのままの呼ばれ方で、1000年後の今に一首のうたを残しています。

いっとき激しく降って止み、また降って止む、村雨。

雨の間は声は途絶えているが、止めばたちまち今度は、いずれの木からも、わんわんと蝉しぐれ。

蝉時雨。日本の夏の情景、今も変わりません。

・・・日本人のこころは、大きく変わったのか。

変わったような、そうでもないような。

険しい言葉の大量シャワーに触れてしまうと、気持ちが沈みます。


どんな女性だったのか、どんな気持ちで詠まれた一首だったのか、まったくわからないけれど、うたは残り。

冷泉家もいま、うたの家として残っておられます。


 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (78)
ゆれ・ふら・とーく (137)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (63)
今の思い (254)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (6)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (90)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (15)
美しいこと (30)
厚かましい話 (58)
おそろしいこと。 (56)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (2)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (38)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (11)
みんなのうた (17)
くおんの万葉集 (10)
くおんの万葉集・番外もあり。 (2)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん