KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 戯文 ジャムのかなしみ
  2. tb: 0
  3. cm: 9
  4. [ edit ]

ジャムのかなしみ  四   下界では準備中




      ジャムのかなしみ   四


1459249138365.jpg


東宮家の愛子さんです。

私にはこの写真が、とても複雑な思いを呼び起こします。

写真は、言うまでもなくKUONの戯文には無関係ですが、

愛子さん、新学年が始まりましたね。

お元気ですか?。




娘は横で、ちこくだめ、と、繰り返しながら父親のスーツの裾を引っ張っています。ランチとやらには、よほど待たせたくない誰かが呼んであるようです。ジャムにはわからないせかいです。

娘の肩を抱くようにぽんぽん叩きながらこうたいしろは、おばさんを見、SPを見、ちろちろ目を泳がせながら、じっと、まっすぐ立ったままです。


前回は ↑ の場面で終わっておりました。

続きます。


じぶんたちでやとってるくっきょうなものたちって、あのおじさんいってるけどそれも、ノッポン国のこくみんがおさめてる税金なんだぜ。そんな声が聞こえてきます。

あのおじさんは、ほんとうはおばさんなのよ、ひでぇんかというおばさんなのよ、と、ジャムは教えてあげたいのですが、声を出すことができないのが、瓶に詰められた姿のジャムのうんめいです。

それに、ザツコさんが「おじさん」でなく「おばさん」なのがじじつかどうかも、解り切っていません。

じれんまです。ジレンマ。そうです。


「捕まるわよ、あなた」

ふふん。おばさんは、口の左側をぎいいっと歪めて笑って、すると、とってもおそろしい人の顔になりました。

「エラそうにして通ると思ってるの、わたしを誰だと、何だと思ってるの、はぁあ」

ジャムは、今やすっかり、SPの味方です。頑張れ~、の気分です。

・・・捕まるのが恐ろしくて、ひでぇんか、あなた様のごとき訳知らずのお方に話をしようとは、もとより考えておりません。SPは、少し笑いながら、おばさんを見つめました。こうたいしろより年上のようですが、声は低くて、かっこいいオジサンです。

「すべての覚悟は定めて、計画をしてまいりました。

1年前から今日のこの日に、向かって参りました。ひたすら人心を集めさせてもらって参りました。ひでぇんか。ご存じないかもしれませんが」

と、SPは、優しい柔らかい目になって、おばさんに、話すのでした。おばさんは、フンと鼻を天井に突き上げて、ペンギンみたいに立っているこうたいしろに、バカみたい、と憎らしそうに言って、手に持ったままだった大きなチーズの塊を、ドスンと投げ落としました。

あ。チーズの悲しそうな声が聞こえたのは、誰と誰なのか、ジャムの耳(?)には届いた悲鳴でした。

「閣下、時間が足りなくなります」

もっと低い声がし、SPさんは、ん、と短く応えました。おばさんにまっすぐ向きました。


「太陽は、あなた様の上にだけ現れて、あなた様のみを照らすものにてはございません」

おばさんは、もう一度ふん、と鼻の先っぽを上に突き上げています。

「誰の上にも陽は照っているのでございます」

「早くここから出して。私だけでもいいわ、とりあえず。それか、電話かしなさい」

「報道の人間も政を行う者も、このデパートの株を所有する者も。社員も派遣の社員も、顧客も司法の関係者にも。あなた様の惨状を見難く感じる者がおります。国のため、憂うる者もおります。日ごろは微細な力であって、のっぽんはこれからどうなって行くかと、心痛めつつも、如何にするもままならぬと、強き諦念に身を委ねております者が、日を追うごとに、ひでぇんか」

「うるさいわアタマ痛いわ」

「増えまさっております、実際におります。そして、この美しいのっぽん国の、これからのために、微力ながら叶うならばなんらかの力を、と、望む者が、数多くいるのでございます」

「何言ってるか解らないわ。むずかしいこと嫌い、うるさいの大嫌い、のど渇いた、お腹も空いて来た、脚が棒になって来たわ、私をこんな目に遭わせて、どうなるか覚えていなさい」

「国民は苦しんでおります、ひでぇんかの慎みの無い態度、なすべきをなさず勝手気ままなご行動怠惰に過ぐるおんありさま、血税を貪るにお身内までも交えての傍若無人、お子さまを甘やかし遊ばすのみにて、公人にふさわしい」

「バイコのことは誰にもとやかく言わせません」

ひでぇんかが怒鳴りました。バイコさんはぴくっと震えて、体中が固くなったみたいに、ぱぱから離れようとして斜めになったまま動かなくなっています。

「バイコのことは何も言わせません、言うな、ワタクシに聞かせるな」

「ではお嬢さまのことは」

「他のことも、何も、言わないで」

「しかし本日は聞いていただくために」

「聞かないっ 何も言われたくないっ、ちょっとダル、何とかしなさいよ、この男、何とかして」

こうたいしろの名は「ダル」なのですね、ジャムは学習しています、わかりました、ダルさんは体を前後に揺らしながら

「はははははい、何とか、ですね、心得ました、何とかしましょう、しかし、が、どうすれば何とかなりますかね、ええと」

困りながらこうたいしろは、ブワンっと飛んで来たひでぇんかのバッグから、ひゅいと身を屈めて直撃を避けました。

すごい技だ。慣れてるな。ひそひそ声がジャムの耳に伝わって来ます。実にすごい反射技でした。多分。

「早くここを出しなさい、言うことはそれだけ、お腹が空くとワタクシはね、何も考えられなくなるの、子どもの頃・・・若い頃・・・」

ひでぇんかは、何かを思い出したようです。

「・・・時間に食べさせてさえくれれば、お母さまが人に言い触らすくらい、料理を作って時間に間に会うように並べてくれれば、ワタシだってオトコのことばっかり考えるようなことも無かったのよアタクシ・・」

「個人的な不幸の追憶でございますね」

「うるさい」

ひでぇんかは叫んで、左右の手の人差し指を、がばっと、ご自分の耳にお突っ込みになられたのでした。ぎゅぎゅっと力を込めて。

「うるさい黙れわたしを責めるなうるさい黙れわたしを責めるなうるさい黙れわたしを責めるな」

目を据えてぶつぶつと始めました。

「やはり、ひでぇんか、お考えいただきませんか」

「・・・考えると、頭の中をぶんぶんハチが飛ぶの」

「そのまま、静かにご自身と向き合われることなさらず、お考えなさらずでこの先も参られますか」

「私にどうしろって言うのよ、わからないことばっかり言って、お可哀想なザツコさまって、あなたは思わないのね、トカゲ男ね」

「卑しくもひでぇんか、のっぽん国のひでぇんかならば、おん自らのお考えをいただきたく存じます」

誰にも一つずつ備わっているおつむは、お帽子の台にてはございませんのですよ。SPさんが言うと、いきなりバイコさんが

「おぼうし。お皿。ばばあ。おぼうし、お皿、ばばあ」

少し笑いながら声を出しました。こうたいしろが、嬉しそうにそばに寄って、バイコさんのあたまを撫でました。

お皿。バイコさんがぱぱを見上げ、ぱぱさんは、バイコさんに合わせるように、おぼうし、おさら、おばあさま、と繰り返すのでした。

「ちがう、ぱぱ」

「何がちがうのかな?」

「おぼうしお皿ばばあ」

「ん? お帽子お皿ばあば?」

「ばあばちがうぱぱ」

「ばあばじゃないの? バイコちゃん」

「ばあばちがう、ばばあ」

言いながらバイコさんは、さっと、ひでぇんかを指さすのでした。


{はあああああ?}

SPに、何やら耳打ちされていたひでぇんかが、ふぎゃ、と叫んでそして、


「じゃあ父をどうやって、救ってやるの」

「・・・」

「がんじがらめなのよ、父だって」

「ご実家のお父上に関しては、あくまでひでぇんかのお案じなさるべきことにはございません」

「気になるじゃん、父だもの、親孝行が人間の基本と、ワタクシ、かつて灯台にておそわりましてよ」

「苦笑」

SPさんの顔に、本当に、「苦笑」の文字が浮かんだのです。

ぴっと顔が引き締まって、

「お立場よりお考えいただきますれば、カワッタ氏は市井の一人物にすぎません、ひでぇんか、そうであるべきなのでございますよ」

「冷たい切り捨て方ね」

「常識の範囲のこと」

「わたしのために必死で来たの、わたしの父は」

「お国のために、ひでぇんかはあるべきお方」

「父の今後をどう言うのそっちは」

「虚虚の栄華はお身の続く限りのこと、一夕の夢、砂上の楼閣、諸行無常にして、桜散らしの春の風、失礼、わたくし実はロマンを愛好する身にて」

「ロマンがあいこなの、へえ、ちっともわからない、どーゆー意味よ、さっぱりわかんない、お腹すいたのど乾いた、カップめんでも運ばせなさいよ、子分いるんでしょ」

「同志はおりますが子分はおりません」

「おんなじじゃん」

「いーえ」

「たばこ吸うわ」

「お立場を退かれて、なんぼでもお吸いなされませ」

「今の方が楽だもん退かない」

長引きそうだな。誰かの囁きが響き、SPさんはそちらの方に目を向けました。

すごい目だ、と、ジャムは、きっと、これがビビると言う・・が、ひでぇんかは平気。

間を置いて、やがて

「俗に申すに、まともに生きる天が下、なれば、お天道様とごはんは、付いて回ると」

「説教は嫌いなのよ私。本当は、いろんなこと何も解らないの、何聞いてもわからない、ただ、考えさせないで欲しいのよ」

・・・困りましたねえ。

SPは、本当に困っているみたいに、う~んとうなってぐるぐる首を回しました。

ひでぇんかは、脚が疲れたのか、片方ずつぶんぶん振り回し始めました。靴が一つ、飛んで、外国製のクッキーの、積み重なった袋たちの上に着地しました。

ひでぇんかは、けんけんして取りに行って、すぐに片足床についてしまい、靴を取って、床を歩いたままの足に、ひでぇんか様は、すぱん、と履いたのでした。

こうたいしろは、すこし立ち尽くしていましたが、何か気づいたように、周囲を取り囲んでいるSPたちに、笑顔を振りまき始めています。

「わたしは平和を愛しております、誰と争ったことも無いです、負けるとイヤな者ですね、」帽子を取られたり、ええ、平和がいいです酒も飲めますからね、コツレンの総裁にもなっておりますしね、殴られるくらいなら、土下座ってもんをしてみてもかまわないと考えておりますよ、ええ」


ねえ。ちこくだめ。ぱぱ。気になるのか娘は、突っ立ったまま一層つよく、目が据わって来ているようです。

あと、10分だ。

背後で声がします。



                              続く・・・でないと。

スポンサーサイト


  1. 戯文 ジャムのかなしみ
  2. tb: 0
  3. cm: 5
  4. [ edit ]

ジャムのかなしみ 一 (再)




毎日お日さまが昇り、お日さまが沈みます。ペンキの剥げた木椅子に掛けて、暮れて行く空を見ている時、わたしは、天動説を信じる人になっているようです。

地球と呼ばれる星。宇宙の闇に浮かぶ青く美しい水の星。その地球そのままを何もかもそっくりにマネっこしているような、知られざる星があります。

おきゅう。それが、その星の名です。

この小さな物語は、ちっちゃい☆「おきゅう」の、のっぽん、なる国、地球と同じく四季の彩りに恵まれ、真面目で嘘の無い生き方を「よし」とする人びとが生きる国の、ある時、ある日のある時間帯に発生した悲劇(え?)をもとに、「テヘもの書き」と(局地的に)さげすまれる、おきゅう人「くおん」が、テヘテヘとつづった、何の役にも立たない物語にてございます。

もうもう、この国の皇后の醜状になど、ふれることにイヤケがさしてしまっております。ふたとせの余も以前に書いたものを引っ張り出して参りました。楽しんでいただけたら、など思っています。



      ザツコの絢爛  あるいは 「ジャムのかなしみ」 プロローグ
  
 うでいっぱいタオル取り入れたたみ終へ露西亜紅茶(ロシアン・ティ)のジャムの明るさ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


いつもより早く、天井の明かりが、いっせいに灯りました。

ジャムは驚いて、まだまどろんでいた目を開けました。やはり明るい。どうしたのかしら。周囲を見回してみました。

みな、大人な顔して黙っています。何かを伝えられていて、今日が昨日とは違うのだと悟っている様子です。

ジャムはまだ、生まれてそんなにたっていない幼いジャムです。ここへ来たのも、何日か前のこと。箱に詰められて運ばれて、箱が開いて動かされて、今いるこの、棚に置かれました。

何となくわかったことでは、ここは、とうと、という大きな町で、そのとうとの中でもいちばん立派なデパート、というところの、地下、らしい。

お日さまがちっとも照っていません。電気と言うものが灯っている。灯っている間は、お客さんと言うひとたちが、歩き回っていて、立ち止まってジャムの置かれている棚を、指で数えるみたいにとんとんしたり、んん~と考えてから一つ、手に取ったり、戻したり、また違う人が来たり。

手に取った人を見上げる子どもが、ものすごくキャキャと笑ったり嬉しそうにぴょんと跳ねたりします。

そして

昨日も新しいジャムが来ました。青紫の色のジャムです。ちょっとだけ背が高い。きょろきょろと不安そうなジャムに、ジャムは、ここはデパートと言うところで・・・と、教えてあげました。教えてすぐにそのジャムは、買われて行きました。ここにいるのが「いい」のか、どこかへ買われて行くのが「いい」のか。ジャムにはわかりません。

「このジャムは、本当に美味しくて。とうとではここにしか無いので、幾つも買って帰りたいのですけど、重いし、店の方でも一度に沢山買われることを喜ばないみたいでね」

そんなことを横にいる人に話しながら、通って行くおくさまもいます。

ジャムにはよくは見分けがつかないのですが、女の人のお客さんで、若い娘さんでない人の中には、おくさまやおばちゃんや、おばさまや、が、いるそうなのです。

世の中はむずかしい、と、ジャムは思います。こんなのジャムの値段じゃないわよ。叱りつけるみたいに言って、ぽーんと、放るみたいに棚に戻した人もいました。なんだかわからないけどジャムは、ごめんなさい、なのかなあ、と、考えたりしました。

ジャムが生まれて育ったところは、しずく、という、とうとからは遠い、海に囲まれた温かい土地です。

海を見下ろす小高い山の上に、ジャムの樹は立っていました。

ジャムの樹の周りには、やはり、みたんという果物の樹が沢山、立っていました。

ジャムは、この「みたん」という太陽みたいな色をした果物を、煮て、作られたのです。

ジャムの樹の上を、気持ちのいい風が、吹き過ぎて行きました。

太陽は、ぽかぽかと、にこにこと、ジャムの樹を温めてくれました。

時には雨がたっぷり降って、ジャムの樹は、力いっぱい根っこから水を吸い上げるのでした。

肥料という物を、施されることもありました。

ジャムの樹の持ち主は、季節になると、少しだけ薬を使いました。よおく考えて、使うのだと、聞きました。

全く薬を使わないでは美味しいみたんを育てられないんだよ、と、おじさんは言っていました。

風と、太陽と、水と、豊かな肥料に育てられて、みたんの樹は輝く果実をいっぱい、つけました。

おじさんや、おばさんが、ひとつずつ果実を捥いで、籠に入れて、持って帰って、大事そうに柔らかく洗って、そして、お砂糖のほかはいろんなものを混ぜこまれないでジャムは、丸い、皮に守られていたみたんから、瓶に詰められたジャムになったのです。

みたんのジャムって、けっこうありそうで無いのよ。おじさんの娘さんで、お嫁に行ってそこで赤ちゃんを産んで、もう一人産んでまた産んで、その間もずっと、みたんをジャムにする作業をしに通って来ていた人が、言っていました。

オレンジのジャムはあるんだけどね。

ジャムは、自分が、あまり無いジャムなのだと聞いて、嬉しかった覚えがあります。

それを聞いてすぐ、透明の瓶を白い柔らかいものに包まれて、箱に入れられて、しずくの町から、出て来ました。

とうとの、この大きなデパートへ、手離されて来たのでした。



一緒に来て先に買われて行ったジャムは、ちゃんと、食べられたかなあ。

夜、少し眠りにつけない時は(これは大人っぽい言い方で、ジャムは気にいっているの)、ふるさとのことを思いだしたりもしました。

美味しく食べてもらいなさいね。

お嫁に行って子どもを産んで、ぽちゃぽちゃのアカンボを育てながら、みたんを煮に来ていた娘さんは、ジャムに、そう言葉をかけました。

赤ちゃんも病人も、美味しくてにっこにこになるジャムなのよこれは。

娘さんは、自分たちの小さな工房で作るジャムが、大好きなのだって。自慢なのだって。

・・・自分も、美味しく食べてもらえるといいなあ。

ジャムの、透明な夢は、それでした。


・・・いつもより早く灯された店内には、やはり、いつもとは違ったことが起こるようでした。

女の人・・・おくさんやおばさまやおばちゃんや若い女の人も多いいつもと違って、同じ黒っぽい服を着てネクタイを締めて、まっすぐに口を結んだ固そうな体の男の人たちが、まとまって入って来て、たたっと散りました。

SPだ。

渋い味の声がしました。棚のじいさん、です。もうずっと、このジャムやママレード売り場にいる、ちょーろー、なんて呼ばれている、物知りの棚です。

「やはり、ザツコたちが来るんだな」

「ザツコ?フー?」

向こうの方から、外国から来ていると言うマシュマロの声がしました。

中くらいの苦みの声が、

「こーたいしのよめさんだよ」

と言うのが聞こえました。

フーズ、ハー? とかの声も聞こえました。もにゅもにょと何かがそれに答え、

「プリンセス?」

と驚く声がして、

いいや。

しっかりと落ち着いた、棚のじいさん=ちょーろーの声が、どしっと、皆のざわざわを抑えるように響きました。

「あいつは、ろくでなしだ」

はっきりとした声でした。ジャムはびっくりしました。

「あいつら一家は、本物の、ろくでなしだ。ちゃあんと解っている。食べ物を粗末にし、敬意をもって向かわない、とんでもないろくでなしだよ」

時々、来やがるんだ。チョーローは言い放ち、

「ほうら来たぞ、みんな、見ておくんだ。」

声を沈めました。でも深くて太い声でした。

緊張してジャムは、ほうら、と言われたものの来る方を、見ました。

・・・来ました。

男の人と女の人と、それから、子ども。

男の人は右見てうんうん、左見てハイハイ、一人で、口を「いー」みたいにつむって、いやそれはいいんですけど、あの、女の人は。

女の人でしょう、きっと、髪長いし、お化粧してるし、でも、あの人は、

おくさんか、おばさまか、おばちゃんなのか。

う~ん解らないわ。ジャムは、どきどきしました。



                               続きます・・・おそらく。





NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・