今日も元気でいましょうね^^

返事の中までKUONです。

恥でないから笑ってる はじめに追加動画です



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



1492677862199.jpg

なぜだか皇室の春の園遊会に(あ、皇太子のおくさんだったっけ)、

和服で、

13年半ぶりに(半って(笑))、

おでましにならられましたまたこたま。

ご夫妻なかむつまじくお喋りお喋り、人前でないと会話も無いのでね、 だらだらと そろそろと歩まれ、

前を行く天皇陛下たちとの間が、どんどこ開いてしまい、でもとうぜん気になさるはずもなく、

故(ゆえ)にか故意か、

テレビ画面に全く皇太子とツマが映らず。


やがて(さすが)期待通りに今年も、ヒデンカのみ、待機させたクルマに乗って退出された、とのことでした。

御料牧場のジンギスカンや焼き鳥を振舞われるとはいえ・・・若きオリンピック選手がたは大量に楽しまれたとか・・・お客さまがたは何時間も立たれたまま、何より旧世代の、立ち食いには慣れておられない方々には、飲食のことはともかく、天皇よりのご招待を受けての、一世一代のハレの日(のはず)。

判っちゃいないだろう、二人。

またこたまは適応障害を病まれたままで、したいことをしたいようにすることが唯一の治療法だとか。ええご身分やもの、どないにでも出来はるんや。

都合のよいことにその疾病、決して治らずいつもにたにた笑ってゐる、そんなまたこたまを国民一同、言いかえれば納税者一同が、温かく見守ったらなアカンらしいねん。

シャアないね、子ども取り替えても他人の不幸は関係ないモン、でも。そのままほかされてるし。

ちっさな暴動一つも起きやへんのやもん・・・新しいほうりつに、ひっかかるかこの一言

凶暴を、共謀したらあかんのね、うんうん。特権持ったバカをバカにすんのは、どうなんやろね。

さあれ、またこたま、

今回は15分、滞在されたと賞賛されておいでやった。去年より長かったって。ご立派や。でもね、ヒミツよ、ホントは十分だったの。

1492714416239.jpg

今回残されたのはこの画像。

背後にやはり、 退出用 逃亡用車両が待っていたのね。

三回目やもん、初めての時の衝撃は薄れました。

客を招く側の後継ぎのオクサンが、とっとと逃げて行くなんて。逃がせてあげるなんて。

写っている川田龍平さんには、お体大丈夫ですか、とか言うたらしいけど。軽いおんなやな。

prm1511130009-p4.jpg

一昨年はこうやって逃げた。

皆さまご存じ。



スポンサーサイト

エア。

fc981169.jpg

春休み「スキーにいった」のは、このナルさんでした。長野駅にて。

空気入れてたの?

抜いたの?

1492097954757.jpg

ひこーき乗るから? なんで?。

で。

愛子さま 学習院の演奏会でチェロの演奏を披露

NHKニュース 4月16日 14時30分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170416/k10010950311000.html

皇太子ご夫妻の長女の愛子さまは、16日、学習院で開かれた演奏会でチェロの演奏を披露されました。

学習院では、幼稚園児からOBまでが参加して、毎年この時期に演奏会を開いています。

今月、女子高等科に進学した愛子さまは、客席で母親の雅子さまも見守られる中、初等科の管弦楽部のOGとしてステージに上がられました。

愛子さまはチェロを担当し、ワーグナーの歌劇「タンホイザー」の大行進曲を演奏されました。愛子さまは、今月8日の入学式までの休みの期間中も演奏会のために練習してきたということで、真剣な表情で指揮や楽譜を確認しながら息の合った演奏を披露し、演奏後は立ち上がって観客の拍手にこたえられました。

このあと、初等科からOBまでのおよそ400人による大合同演奏が行われ、愛子さまはエルガーの「威風堂々」とシュトラウスの「ラデツキー行進曲」の2曲を演奏され、客席からは大きな拍手が送られていました。


1492351441392.jpg

「愛子さん」だそうです。


 この「愛子さん」動画の最後に見えるえみが、わたしには異様です。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・



2015年。

b7f459ed_20170417090711ed2.jpg

中学二年生の時の、愛子さんです。

いま現在のあの家の状態を思えば。

そのままの愛子さん、どうしておられるでしょうか。

周囲の生徒さん方には、今年の愛子さん、どう見えているか。

見ない感じない喋らない、を、強いているのか。皇室のするそんなこと、罪深いと思います。

まさこさん。

皇太子は出発前、まさこは体調がどうの、スケジュールがああの、寛大に見守れと。恥を知らねば恥は無い。

いけしゃあしゃあと厚顔に、説明させられて発って行った。

娘さんの演奏会に出て来たのは、体調が整ったから。今までは、、そんな風にとりつくろえばよかった。

今は違うでしょう。

どこの誰だか愛子さんモドキを、一人で衆人の中に置いておけない。みていなければならない。

そんな義務を負われましたのか。重い重い義務ですね。

まさこの写真はでも、出ておりましたっけ?

どんなことがらからも逃げて、それでよしとして来たのに。

それとも。声援していたという写真も無い。義務などおえる人間ではない。

[愛子さまのチェロ」は、愛子さんでないし、エア。

まさこの声援も、エア?

すごいですね。


 

こういう現実も。

1491634334837.png

4月8日、入学された学校へ、今日は行きましたか。

先日の「恒例のスキー静養」。ご両親と共に、難しいコースも滑ったとか。今年は動画も写真もとても少ないです。

スキーをした証拠に、ゴーグル跡のお顔についた写真ですね、これ。

ゴーグルの跡は、つけられますよ簡単に。ゴーグルつけさせて、ほっぺとかその辺り、日焼けさせればいいだけのこと。マシンがあります。

顔でも何でも演出すればいいだけのこと。鼻でも顎でも頬の膨らみでも、どんな具合にでもする、して来たのですから。

あれだけ酷い痩せ方が、ゲレンデビュンビュン飛ばせるほどあっさりと復調するなど。まともな文明人なら信じようも無かった、今年はスキーは無理だかなあと思っていた、あの激痩せ愛子さん、どこへ行かれたか。

1487810969783.jpg

幼稚園の頃から、風邪だの下痢だの苛められたの、具合の悪さは無限に作り上げられ、それを押し通して来た「愛子さま」。の周囲。

中学時代も、保健室登校だの一時間滞在だの。卒業間近には一か月半の不登校やら、定期テスト前部投げだの。

あらゆる学童らしさから遠い存在だったにかかわらず、そこは東宮家のお嬢さん、けろりとした笑顔で卒業も入学も果たされた。

ゴーグル跡。(笑)。

こう出して来れば、 この愛子さんがスキーした愛子さん 、と。だまされてくれるヤサシい方々が、沢山おられる。だまされるだけでない、煽動するヤカラがいる。

愛子さまは年頃のせいでちょっとなんかありましたが(宮内庁の職員の云い)、元に戻られた、可愛くなられた、これからは女子高生ライフを楽しまれる、その後は皇太子になられる。

そういう目論見。そのために使い捨てられた犠牲者なんかどうでもいい、犠牲者など初めから存在しません、というわけ。


この愛子さん。その愛子さん。

何人も存在しました、わたしは確信しています。

1487989965954.png

この「愛子」さんは、学習院で孤独だったのでないですか。

中学校は楽しかったと仰せでしたね。そんな楽しい学校を、たくさん休んでおられました、愛子さん。

1487252623629_201702181214444f0.jpg



1487813251404.jpg



この二人、いや、この二人に見える、一人? これ、愛子さんだと。宮内庁が、言うてたのです。

1481643794306_201703231530176f1.jpg

これも「愛」子。

1486636039166.png

これも「愛」子。

1483373051054.png

お地赤? もしかして内親王の?

これ犯罪です。違うのか? わはは。

意味わかってないなら、なんでも平気でってことか。

1491622953903_2017041012091259f.png

今年の愛子さまのスキー画像、なのだそうで。

あ。確かに、あの日焼けが可能な感じでゴーグルの下部、出ております。

「だから、愛子さん」、なのか。なるほど。必死なんですね。この「愛子」さんでずっと通す決定なのか。他のあの子やあの子はもう、出てこない、出せないわけか。でも、

私の目には、スキー愛子さん、体の長さが違う。身長はその時どき異なるのが愛子さん、父ちゃんよりデカくなったりもあったけど。骨格も髪質もあれもこれも違う愛子さんたち、いましたけど。

このウェアの人、愛子さんに見えません私。

華麗な滑り、どんなもんよ、のお顔のアップも見せてくれたらよかったのに。

しかしまあ、進学した高校の入学式で、

「先生やお友達となんとかで、楽しくなんとか」

などと、卒業式と同じく、口の中に何か詰められているみたいにお話になられたアイコサマ。

1490173062899_20170324125454e48.jpg

卒業式。


偏差値72、英語ペラペラその他、大変ご優秀であらせられるという、アイコサマ。これから花ざかりの青春ですね。

そのうちには、楽しみなことにその利発さで、お母さまに、時にはお嬢ちゃんなりのアドバイスもして差し上げられるようにおなりか。

母子(ですよね?)で仲がおよろしく、バレンタインデーの頃には、ご一緒に、チョコだかクッキーだか、どっちみち嘘だからどっちでもいいようなもの、とにかく、作ったとかどうとか。
ここ一年少し以前からは、常ににこやかに顔を見合わせて微笑み合って。

お母さまがお好きなのか。

拒食症は母親との関係に原因の在ることが多いとか。精神科のドクターが愛子さんについて仰ってた、そんなの東宮家に限って、あるはずのない妄言だった・・・宮内庁、クレーム出さなかったです。どーしてかしら。ね。

1491542275388.jpg

こんな写真は、お嬢さんの目には届かないのか。そんなことないですよね。

先日の堂々たる作文。平和なんたらの。

あれ、20字×20行の原稿用紙でなく。キカイを用いて打ち込まれた文章。

パソコン、お使いになるのですね愛子さん。当然ですね、いずれは東大へお進みになるともっぱらの。

ネット・サーフィンなどされるなら、目に留まっておられるか。

特権をお持ちのお方、しんどいことは裏表の合わせ技。

そして。

とにかく愛子さんをナルの次のなんだったっけ、ナルの次の、ほらあれに、したい妄執に憑りつかれたおられる婆さま。

愛子と戦争の話をした、とか。平和について語りあったとか。

どえらいウソの花火を打ち上げておられましたが。

あの自称「慈愛」のお方の、こんな ↓ 画像を今日見ましてね。

あ~あ、あは~あ、と、何とも言えぬ心地がしたのですよ。

1491627075106.jpg

王妃さまは、愛子さんのお婆さまからお逃げになられました。肘つかまれていたら、堪らないですよ。

本当にご迷惑をおかけしたのです。王妃は結婚前はキャスターという仕事をされていた方。そちらの方面にアンテナを持っておられるでしょうね、今も。

こういう現実も、ご覧になるとよろしいかと思われます。

あなたがどなたか存じませんが。

愛子さんと名乗って行かれるなら。


もっと突っ込んで行きたいけど、もう、ぶっ倒れます。ミジンコくおんは。



・・・コメントのお返事は明日、ゆっくり書かせていただきます。



この子はだあれ?

1490152945724.jpg

これは、学習院の門の近くとやらで、ありがとうございます、とか言ってた「愛子さん」でしょうか?

1490149184501_2017032218213335a.jpg

3月22日なのですね。「愛子」さん、お父さんより背が高くなられて。

あたま、長くなられましたね。




1469157809018.jpg

去年の夏。どなた?

1480538788445_20170104195004f28.jpg

12月1日がお誕生日。内親王の愛子さんの、ね。

この方のお誕生日は、いつなのでしょうね。11月に撮られた写真なのだそうです。

1481643794306_201703231530176f1.jpg

これ、お誕生日に両陛下に挨拶に行く愛子さま、なのだそうです。


1483367893630.jpg

お正月~。

皇室のお節料理、独特らしいです。たんと、召し上がらなかったのかな。

ものすごく痩せておられます[愛子さま」。


1487795786745.jpg

おもうさまの(そんなコトバ、ご存じかな、この「愛子」さん)お誕生日に睦まじく。

ガリガリしておられます。

1487810969783.jpg

内廷皇族の、愛子さんなのでしょう? 海外へもそのようにひろまっています。

いっぱんの社会なら、きっと誰かが何かの手を差し伸べるんじゃないかな、と思ったりします。

皇室のヒトが、いけないことしたり悪いことしたりウソついたりだましたり税金をドロボーしたり子どもを取り換えたりするなんてエトセテラ、するはずがないと。

長く続く「平和」さまのおかげで、国民の多くの皆さまは、疑うことを知らず、なさらず、信じきっておられるのです。


1489387974660.jpg

向かって右は、どんな愛子さん?

遅刻ギリギリで登校、だから走って、とか。そんなはずはないですよ。

学校へは、顔を出せば「出席」。お昼から行っても、すぐに帰っても。

人もあろうにトーグー家の「愛子さま」が、遅刻とかなんとか。一般人民みたいなセコいこと、気になさるはずがないではありませんか。


1488790867734.jpg

左手、手提げバッグの中から、折れ曲がって生えてるみたい。とか書かれていました。

それは、間違った報道に対してキリリっと立ち向かわれる、おばばさまのご機嫌に委ねられるのでしょうね、そんなことありません、とか。

手も手、ですが。

あの、ぷっくり可愛らしかった「愛子さま」の唇。申すに畏れ多い、タラコになってしまっておられますが。

ええと。わからなくなって来ました、このお方は、どなたなのでしょうか?。


1487989965954.png

で、まあ。

週刊誌って失礼なことしますね。

学習院での孤独、ですと。他でもない[愛子さま」に向かって、言うにこと欠いて。

宮内庁からクレーム、来ましたか?

宮内庁には許されている、事実の歪曲やら画像の捏造やら、そんなこと、許されない立場の方々です、愛子さんについて、嘘っこ書くわけがないのに。

嘘っこの写真など、だせることでもなく・・・宮内庁(=ミテコさん)からクレーム、とか。あの役所のHPに出ていない。

不思議です。ここ、皮肉イヤミあてこすりですので、よろしくお読み取りくだしゃい)

不思議なことはいっぱい、何より

ひと月足らずで、ここまで細ってしまったお子が、ぽわ~んと膨らんで出て来た、このこと。

だあ~れも「違う」いわへんこと。

ん、たって。

本人が、学校生活は楽しかった、と、仰せであります。

三年ぶりにお声を聞かせて下さいました。長いことしゃべられたので、声を待っていた専門家はきっと、張り切っておられるでしょうね。


もう疲れましたので、ここまで。



何といいましょう。



お尋ねがありましたので、自分ももう一度読んでみたかったし、探してみました。


>実話ナックルズ 2004年7月号

群馬県T部落   文・上原 善広

同 和 地 区 指 定 さ れ て い な い 理 由 あ り の T 部 落

 群馬県T駅に降り立ったのは午後3時くらいだろうか。私は駅を出ると横を通り
駅舎の裏側に出た。
 部落は必ずしも一律全てが悪条件な場所にあるのではない、ということを以前
に書いたが、ここはそれとは正反対。いわゆる今までの偏見どおりの、条件が悪
悪い部落に入るか。 以前の地名は「××町」といい、道端の案内板によると、
昔は湿地帯の中を曲がりくねった道が続いていたので、それで××とつけられた
と、道端の案内板は解説している。
ここは非常に説明しにくい部落だが、非常に貴重な部落でもある。なぜなら
、ここから女性が一人、皇族に嫁いでいるからである。そもそもこの土地につ
いては、ある研究者の方に紹介していただいて知ったのだが、最初は私も半信
半疑であった。しかし今回実地に歩いててみて、それを確信するに至った。
 まず、日本有数の企業N社がここから誕生しているのだが、女性はその社長
の娘だった。地元では「粉屋の娘」と呼ばれていたという。何代にもわたって
記録的な成長を続けてきたこのN社だが、それはやはり「差別からの脱却」が
まず根本に、怨念のようにあったからであろうと思う。江戸期から商いに奮闘
してきたその歴史は、彼の地にあるN記念館でも辿ることができる。老舗の醤油
屋も現在彼の地にあるが、その醤油屋から分家してできたのがN社である。「こ
な屋」と「醤油屋」はいずれも女性の一族の経営で、 故に彼の地ではうどんが
名物となっているが、これは不味いのであまり有名でない。醤油もそう良質な
醤油でなかったと聞いている。

駅の裏にはそれらの工場群が散在する。日本を代表する大企業であるから、
本社はずいぶん前に東京に移してあるが、工場は小規模ながらまだこの発祥の
残っている。いずれも古い施設だ。その工場の一つをぐるりと回ると、その裏
にひっそりと、これもまた古ぼけた白山神社が祭られている。白山神社の周囲
には廃屋と呼んでもよさそうな、朽ちかけた家々が並ぶ。ここは女性が皇族へ
嫁いだため、行政から同和地区指定されなかった。 指定を受けると部落とわ
かってしまうからである。家々の横を泥川が流れる。
「貴 あ れ ば 賎 あ り」か ら 真 に 貴 も 賎 も な い 時 代へ・・・
 私はこのような事実をことさらスキャンダラスに書いて、読者や部落民の劣
情に訴えたいのではない。休刊した「噂の真相」三月号でも書いたが、この事
実を考えると、私たち「平民」よりも皇族の方が先進的ではないかと思うのだ。
なぜなら皇族は過去の身分上、最高位にいる。その彼らが過去の身分上最底辺
の部落民と結婚するなどということは、身分社会の崩壊を意味しているからだ。
ただ「平民」と「部落民」の結婚差別どころの騒ぎじゃない。無論、皇族や宮
内庁内には数々の激しい抵抗があったと予想できるが、私たちにそのことをう
かがい知ることはできない。
 私はこの事実を知ったとき「さすがは象徴天皇である」と、心の中で喝采し
た。私たちも税金を払っている身である。しかし、この事実は、公表されて初
めて意味を成すことである。公表すればそのまま、差別に対して皇族の先進性
がアピールできるではないか。これをもって「部落解放」を宣言しても良いく
らいの、画期的な「事件」なのだから。

 しかし、それはされなかった。そうした事実がまことしやかに広まることも
ほとんどなかった。一部の研究者や関係者だけの心に留め置かれたのである、
なぜか。
 女性が結婚したその当時は、残念ながら差別はまだまだ悲惨なものだったか
らである。
 しかし、これは快挙事であることは間違いない。現天皇が自らの祖先につい
て朝鮮半島を持ち出して一騒動になったことはまだ記憶に新しいが、今思えば
彼らしい自由な発言であるといえる。そして今回の皇太子による「雅子のキャ
リアや人格を否定する動きがあった」という発言は、この父にしてこの子あり
、真に勇気ある堂々とした発言だ。周囲の関係者や宮内庁職員の方が、天皇家
よりも閉鎖的で前近代的なのだろう。正に皇室の新時代の幕開けと見て良い。
私は今まで松本冶一郎の「貴あれば賎あり」を信じてきたが、これからはそん
な古臭い言葉なんか放棄したい。真に、貴も賎もないのだとしたい。
 こうした事実を、この稿で堂々と具体的に公表できたらいいのに。そして地
名も堂々と公表することができたとき、部落解放は成されたと見ても良いと私
は思う。
 彼の地を歩いたその夜、たいしてうまくない田舎町の飯と酒と女だったが、
それはたいそう私のはらわたに沁みた。彼らの「歴史的な結婚」の四十年に乾杯 <
しようではないか。


以上です。

この上原さんと仰るルポ・ライター氏、検索するとすぐにあれこれ出て来ます。著書も多いようです。

この記事は今から13年前のもの。今より受け入れられにくい状況下だったように思います。当時の私なら、アタマから信じなかったと思います。

まさこさんが皇太子と結婚するとなった時に、当時の官房長官だった後藤田氏が、皇居の前にむしろ旗が立つ、と反対された。

まさこさんについて、皇太子妃を迎える当然の調査をしようとしたら、解同から強いクレームが入った。で結局、身元の調査はなされなかった。

とは、知られたこと。

その一世代前の美智子さんの身辺は、調べられなかったのでしょうか。鳴り物入りの入内ではあったのでしたが。


何度も尋ねて下さったYさん。

館林・皇后とは、上記に由来する呼び名と思うのですが。いかがでしょう。

・・・このルポに、宮内庁その他からの「ものいい」がついたとは報じられていません。

私の知る限り、ではありますが。


皇后さんが、雑誌媒体やテレビ・ラジオなどの報道についてどんな態度であらせられるか、私は前回の記事に、

「事実でない報道には、
 大きな悲しみと戸惑いを覚えます」といった要望を宮内庁職員や記者クラブにしている。
 事実と違う場合は徹底して争う、という明確な意思表示、自己主張をする(p137)。

皇后は女性誌であれ一般週刊誌であれ、テレビの皇室番組であれ、
 「ここは事実と違う。どうしてこういうことが正されないのか」と頻繁に言う。


と、引用させていただいています。今でも時々、宮内庁からのクレームは発せられる。

新聞、雑誌、テレビ番組へのチェックは厳しくあらせられるようで。今上夫婦のことのみに関わらず。

東宮家についても、あれやこれ。

一例を挙げれば・・・いま目についたことで・・・以下のようです。

宮内庁:小学館に抗議文 女性セブンの雅子さま記事めぐり 
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101225k0000m040037000c.html
http://megalodon.jp/2010-1224-2019-51/mainichi.jp/select/jiken/news/20101225k0000m040037000c.html

1 名前:そーきそばφ ★[] 投稿日:2010/12/24(金) 19:15:27 ID:???0
宮内庁の野村一成・東宮大夫は24日、女性セブン12月31日・1月1日号の
「皇太子妃雅子さま 皇宮警察も大混乱 かまぼこ工場見学事件」の記事で、
事実と違う記述があるとして、出版元の小学館に抗議文を送ったと発表した。

記事では、愛子さまが校外研修で神奈川県小田原市のかまぼこ工場を訪れるにあたり、
雅子さまの同行が直前になって決まり、
宮内庁と皇宮警察が大混乱したことなどが記述されている。

野村東宮大夫は「雅子さまが同行する計画は1週間前から決まっており、
関係者と十分打ち合わせをしている」などと述べた。

小学館は「誤解を与える表現があったら遺憾」などとコメントした。【真鍋光之】

「女性セブン」(平成22年12月31日・平成23年1月1日号)に
「皇太子妃雅子さま 皇宮警察も大混乱 「かまぼこ工場見学事件」」の
見出しで書かれた記事に関する事実関係及び宮内庁東宮職としての対応は
下記のとおりです。

1. 「女性セブン」(平成22年12月31日・平成23年1月1日号)の
  「皇太子妃雅子さま 皇宮警察も大混乱 「かまぼこ工場見学事件」」と題する記事には,
  東宮ご一家に関するいくつかの事実無根の内容が含まれております。

  とりわけ,妃殿下が前日になりお付き添いを決定されたため,皇宮警察をはじめ
  関係者に迷惑をかけた旨の記述は,全くの誤報であり,今回のご視察への妃殿下の
  お付き添いは,既に一週間前には決定され,関係者との十分な打ち合わせを経て
  行われたものです。

  また,敬宮殿下が付き添いの上現地参加されたことについては,学習院初等科と
  事前に十分相談の上,学校の計画に沿う形で実施したものです。

  この他にもこの記事には多くの事実誤認があります。

2. 宮内庁東宮職においては,「女性セブン」編集部に対して,
  事実関係の誤りを指摘し,抗議しました。


例えば ↑ のごとくすったもんだ、するのですね。

一週間前に決めたり決まっていたり。決まったことを決められたように動くお方だったり。

そうなのなら、これは、書いた週刊誌がイケナイ。

週刊誌の「雅子さまいじめ」になるであろ。← 当時は、こんな論調も多かったのでした。

天皇よりお強い美智子さん。

美智子さんに何も言わせないマッハの強さのまたこたま。

どこのどなたが雅子さんを苛めるなんて 快挙 暴挙を成し遂げえたか。


おそらく、ここ数年の日本史の中の事実が、あばいたりする。


のではないでしょうか。

美智子さんのことも。

まさこさんのことも。

そう、考えています。


事実でない報道には、
 大きな悲しみと戸惑いを覚えます」
 

とおっしゃる皇后さん。

事実でないことばかりで目くらまされてきた、民。

嘘ばっかりついて来た内廷さんたち。どん詰りまで来て、いま、どうなんでしょうか。

悲しみや戸惑い、なんてきれいごとではないですよ。

愛子さんどうしておられますか。


1485062468791.jpg


1478870782911.jpg


1474896714789.jpg


1483367893630.jpg




 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・

五月雨の露もまだひぬ奥山の真木の葉がくれ鳴くほととぎす

さみだれの つゆもまだひぬ おくやまの まきのはがくれ なくほととぎす
   
金槐和歌集 源実朝


真木は「高野槇」ともいいます


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・

五月雨の露もまだひぬ奥山の真木の葉がくれ鳴くほととぎす

さみだれの つゆもまだひぬ おくやまの まきのはがくれ なくほととぎす
   
金槐和歌集 源実朝


真木は「高野槇」ともいいます


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん