Welcome to my blog

今日も元気でいましょうね^^

CATEGORY PAGE

category: おそれながら、なこと  1/14

光あるところ

新年草々からからキェーッと毒吐いておりました。今日は明るいお写真を。昨年末の宮内庁職員の皆さま方の文化祭に秋篠宮殿下が出品された、ドンタオ鶏。ベトナムの鶏だそうで、脚が太い。どっしりと大地を踏みしめる堂々とした鶏、デフォルメ加減すばらしーっと、見惚れてしまいました。悠仁殿下がお生まれになった時の、まったき吉祥を思わせる龍雲。だったと思います。眞子内親王と佳子内親王、なかなかご紹介させてもらっていな...

  •  2
  •  0

喜びも悲しみも

伊太利との国交150年の節目だとか、お招きをいただいて親善訪問して下さっている秋篠宮同妃両殿下と、お迎えくださる方がたのお並びの一枚。詳しい方はどう思われるかわかりませんが、この画像に、ボッチチェルリの名画をおもいました。あるいは、ヴィスコンティの映画のシーン。淑やか、かつ有能な日本の親王妃の落ち着いたたたずまいが、泰西の名画の中にしっとりと納まっておられて、心地よいなあ、と。殿下は、いつものごと...

  •  5
  •  0

先帝の

  広き野を流れゆけども最上川海に入るまでにごらざりけり大正15年(1926)年の、昭和天皇御製。前年に山形県に行幸啓なさった折のおうたとか。長い川が海にいたるまでの、長い期間。広い野を川は流れて行くのです。その間にあるであろう、あるに決まっている、さまざまなこと。「海に入るまでにごらざりけり」これ、「にごらざりけり」は、にごらないでいた、あるいは、にごらないままだった、と、すでに起きた、終ったこ...

  •  7
  •  0

賢所を建て替える?。

No image

現・東宮妃、雅子妃殿下に対して「祭祀に出ない、さぼっている」の声が大きくなって行った頃、そうではない、妃殿下は病気なのであって、サボっておられるのではない。という説を読んだことがあります。祭祀の折りに、皇太子妃殿下が身にまとうのは十二単。髪はおすべらかし。十二単の重さはおよそ20㌔あって、すべてを付けるには2時間から3時間かかる。皇后と東宮妃はそれが正装。宮家の妃殿下はドレスなので、負担の重さは比...

  •  8
  •  0

陛下は、ふつうに。

No image

両陛下が葉山御用邸で静養に入られた、と。動画を数点、貼らせていただきます。大変お元気そうな両陛下。皇后さんはすたすたと平気でふつうに歩いておられます。けっこうな速足でもあり。陛下の左腕は、すっか「り美智子専用」のつかまれ棒と化しておられ、歩きにくそうなどの心配は大きなお世話の様相です。フイリピンの方を見ておられたとか。去年は「災害に襲われた伊豆大島の方を見ておられた」と。美智子さんはやはり、マニラ...

  •  0
  •  0